診断と治療 106/10 2018年10月号

出版社: 診断と治療社
発行日: 2018-10-01
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 0370999X
雑誌名:
特集: 嚥下障害と誤嚥性肺炎
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,700 円(税込)

目次

  • 特集 嚥下障害と誤嚥性肺炎

    ◆総論
    老化と摂食嚥下障害をめぐる諸問題
    嚥下のメカニズム:口腔,咽頭,喉頭の構造と神経筋の機能
    老化と嚥下機能
    嚥下機能評価の実際とその解釈

    ◆各論:誤嚥性肺炎について各論的に学ぶ
    誤嚥性肺炎の病態
    薬剤と誤嚥性肺炎―リスクと予防―
    加齢による嚥下機能の低下(presbyphagia)・オーラルサルコペニア・舌サルコペニアの
     病態と臨床現場での対応
    口から食べるための包括的アプローチ/嚥下機能リハビリテーション
    口腔内細菌と唾液の役割
    嚥下障害患者における口腔ケアの意義・内科医が知っておくべき口腔保清
    義歯不適合の影響・義歯装着と清掃・禁食中の内科医が知っておくべき口腔衛生
    内科医が知っておくべき要介助者・ケア提供者の口腔ケア・リハビリテーション
    誤嚥性肺炎の治療
    反復性誤嚥性肺炎と胃瘻造設,気管切開,気管食道分離
    摂食嚥下機能の訓練

    ◆誤嚥性肺炎と行政
    摂食嚥下障害に対する行政の取り組み

    連載
    ◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
      急性発症の腹痛で内科外来を受診した30代女性
    ◎人気の診療科紹介
      東京都立多摩総合医療センター内分泌代謝内科
    ◎注目の新薬
      ファセンラ(ベンラリズマブ) 

    臨床例
     IL-6が難治化に関与したと思われる気管支喘息の1例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...