ブラッシュアップ急性腹症 第2版

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2018-11-20
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784498140394
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

5,184 円(税込)

腹痛診療のバイブルが,およそ4年半ぶりに全面改訂.腹痛の初期診療とは「手術が必要な疾患をピックアップする作業」である,とのコンセプトにさらに磨きをかけた.グローバルスタンダードの流れを踏まえた修正を施し,画像診断を中心に最新の知見を追加.著者の個人的経験に基づく記述にはこの間に得られた新たなエビデンスを付記した.

目次

  • 第1章 腹痛疾患へのアプローチ
     1 病歴聴取
     2 身体所見
     3 初期診断と鑑別疾患
     4 確定診断のための検査
     5 確定診断がつかないとき
     6 経過観察と再評価
     7 各種アプローチ法

    第2章 熟知すべき代表的な外科疾患
     1 急性虫垂炎
     2 小腸閉塞
     3 大腸閉塞
     4 上部消化管穿孔
     5 下部消化管穿孔
     6 胆石症/急性胆嚢炎
     7 急性胆管炎/総胆管結石症
     8 急性腸管虚血
     9 破裂性腹部大動脈瘤
     10 嵌頓ヘルニア

    第3章 外科的疾患の鑑別となる疾患
     1 急性憩室炎
     2 急性膵炎
     3 急性腸炎/感染性下痢症
     4 非感染性腸炎
     5 アニサキス症
     6 急性潰瘍/急性胃炎
     7 強い腹痛を呈する内科的疾患
     8 腹痛をきたす胸部疾患

    第4章 頻度は低いが緊急手術(処置)が必要な疾患
     1 破裂性腹腔動脈瘤
     2 内ヘルニア
     3 腸重積
     4 輸入脚症候群

    第5章 知識として知っておくべき疾患・病態
     1 腹痛をきたす婦人科疾患
     2 腹痛を呈する泌尿器科疾患
     3 小児の腹痛
     4 肝疾患に関連した腹痛
     5 脾疾患
     6 大網・腸間膜の疾患
     7 分類不能な疾患
     8 術後および医原性の腹痛

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...