すべての診療科で役立つ 栄養学と食事・栄養療法

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2019-01-10
分野: 臨床医学:一般  >  栄養/食事/輸血
ISBN: 9784758108980
電子書籍版: 2019-01-10 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

栄養素の基本から食品学,各疾患の食事・栄養療法まですべての医師が知っておくべき知識を網羅.各分野のエキスパートによる系統的な解説は現場の疑問に応え,食事・栄養オーダーの悩みを払拭します!

目次

  • 第1章 栄養素の消化・吸収と代謝
     1 エネルギー産生栄養素(三大栄養素)
     2 ビタミン
     3 ミネラル

    第2章 食事・栄養療法の実践
     1 栄養スクリーニング,栄養アセスメント
     2 必要栄養素量の計算
     3 投与経路と食品・栄養剤の選択
     4 食事・栄養療法の実施

    第3章 栄養指導の実際
     1 栄養食事指導と食習慣
     2 栄養指導に役立つツール
     3 運動と栄養

    第4章 食事・栄養療法に役立つ食品学
     1 食品の三次機能と機能性食品
     2 食品と薬物の相互作用
     3 食品と遺伝子の相互作用

    第5章 ライフステージと栄養
     1 妊娠・授乳期
     2 乳幼児
     3 成長期
     4 高齢期
     5 性差と栄養

    第6章 各疾患の食事・栄養療法
     1 肥満
     2 心因性の摂食障害
     3 摂食嚥下障害
     4 糖尿病
     5 脂質異常症・動脈硬化性疾患
     6 高尿酸血症・痛風
     7 高血圧・心血管疾患
     8 腎疾患
     9 肝疾患
     10 消化器疾患
     11 呼吸器疾患
     12 貧血
     13 骨粗鬆症・サルコペニア・フレイル
     14 褥瘡
     15 悪性腫瘍とターミナルケア
     16 周術期
     17 食物アレルギー
     18 先天性代謝異常症

    巻末付録 日本人の食事摂取基準(2015年版)

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 栄養素の消化・吸収と代謝

P.21 掲載の参考文献
1) 「日本人の食事摂取基準 (2015 年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114399.pdf), 厚生労働省
2) 「基礎栄養学 第3版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (田地陽一/編), 羊土社, 2016
3) 「食物繊維 第3版」 (日本食物繊維学会/監, 日本食物繊維学会編集委員会/編), 第一出版, 2008
4) 「最新栄養学 第10版」 (木村修一, 古野純典/監訳, 小川佳宏, 他/訳), 建帛社, 2014
5) Baer DJ, et al : J Nutr, 127 : 579-586, 1997
6) Grundy MM, et al : Food Funct, 9 : 1328-1343, 2018
7) 「ヒューマン・ニュートリション」 (細谷憲政, 他/日本語監修), 医歯薬出版, 2004
P.31 掲載の参考文献
1) 「食品・栄養 食事療法事典」 (Mahan LK, 他/著, 木村修一, 香川靖雄/日本語版監修, 越智由香, 他/訳), ガイアブックス, 2014
2) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
3) Fessler TA : Nutr Clin Pract, 28 : 722-729, 2013
4) Stehle P, et al : Eur J Clin Nutr, 70 : 886-893, 2016

第2章 食事・栄養療法の実践

P.39 掲載の参考文献
1) 「Principles of Nutritional Assessment 2nd Edition」 (Gibson RS/ed), p3, Oxford University Press, 2005
2) Fruchtenicht AV, et al : Rev Bras Ter Intensiva, 27 : 274-283, 2015
3) Bouillanne O, et al : Am J Clin Nutr, 82 : 777-783, 2005
4) Cederholm T, et al : Clin Nutr, 36 : 49-64, 2017
5) Jensen GL, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 2018
6) Lee JS, et al : Clin Nutr, 32 : 843-848, 2013
7) 「褥瘡ガイドブック 第2版」 (日本褥瘡学会/編), 照林社, 2015
8) Detsky AS, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 8 : 153-159, 1984
9) Kondrup J, et al : Clin Nutr, 22 : 415-421, 2003
10) Vellas B, et al : Nutrition, 15 : 116-122, 1999
11) 「高齢者の栄養スクリーニングツール MNA ガイドブック」(雨海照祥/監, 葛谷雅文, 他/編), 医歯薬出版, 2011
12) 「栄養・運動で予防するサルコペニア」 (葛谷雅文, 雨海照祥/編), 医歯薬出版, 2013
13) Kim HY & Jang JW : World J Gastroenterol, 21 : 7637-7647, 2015
14) 小野寺時夫, 他 : 日外会誌, 85 : 1001-1005, 1984
15) Buzby GP, et al : Am J Clin Nutr, 47 : 357-365, 1988
16) Ignacio de Ulibarri J, et al : Nutr Hosp, 20 : 38-45, 2005
P.47 掲載の参考文献
1) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
2) 「日本人の食事摂取基準 (2010年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html), 厚生労働省
3) 田中茂穂 : 実験医学増刊, 27 : 1058-1062, 2009
4) Miyake R, et al : J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo), 57 : 224-232, 2011
5) Ganpule AA, et al : Eur J Clin Nutr, 61 : 1256-1261, 2007
6) Caspersen CJ, et al : Public Health Rep, 100 : 126-131, 1985
7) 田中茂穂 : 静脈経腸栄養, 24 : 1013-1019, 2009
8) Fuller NJ, et al : Br J Nutr, 75 : 161-173, 1996
9) Long CL, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 3 : 452-456, 1979
10) Gibney ER : Proc Nutr Soc, 59 : 199-207, 2000
11) 「臨床栄養学 基礎編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
12) Okubo H, et al : Eur J Clin Nutr, 62 : 1343-1350, 2008
13) 高田和子, 他 : 栄養学雑誌, 69 : 57-66, 2011
14) National Institute for Health and Clinical Excellence : Nutrition Support for Adults : Oral Nutrition Support, Enteral Tube Feeding and Parenteral Nutrition, 2006
P.61 掲載の参考文献
1) 小山諭, 他 : 腎と透析, 63 : 256-267, 2007
2) 「静脈経腸栄養ガイドライン 第3版」 (日本静脈経腸栄養学会/編), 照林社, 2013
3) 小山諭, 他 : 消化器の臨床, 12 : 514-520, 2009
4) 小山諭 : 月刊薬事, 53 : 1473-1478, 2011
5) 「小腸機能からみた経腸栄養ハンドブック」 (渡辺明治/監), メディカルレビュー社, 2004
6) ASPEN Board of Directors and the Clinical Guidelines Task Force : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 26 : 1SA-138SA, 2002
7) 信岡隆幸 : 栄養療法の選択基準. 「一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 静脈経腸栄養テキストブック」 (一般社団法人日本静脈経腸栄養学会/編), pp192-199, 南江堂, 2017
8) 「入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の実施上の留意事項について」 (平成18年3月6日 保医発 第0306009号) の一部改正について (平成28年3月4日 保医発0304 第5号) (http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000114858.pdf), 厚生労働省
9) 小山諭, 他 : JJPEN, 21 : 401-405, 1999
10) 小山諭, 畠山勝義 : 栄養-評価と治療, 24 : 241-245, 2007
11) 小山諭, 他 : PPN処方の組み立て方と処方, 投与法. 「栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事? 」〔大村健二, BEAM (Bunkodo Essential & Advanced Mook) 編集委員会/編〕, pp142-145, 文光堂, 2014
12) 小山諭, 他 : 臨床外科, 66 : 724-730, 2011
13) 小山諭 : 臨床医, 30 : 1253-1257, 2004
14) 小山諭, 畠山勝義 : 綜合臨牀, 58, 1048, 2009
P.70 掲載の参考文献
1) 「静脈経腸栄養ガイドライン 第3版」 (日本静脈経腸栄養学会/編), 照林社, 2013
2) Tanaka H, et al : Gastroenterology, 114 : 714-723, 1998
3) Ihara T, et al : Digestion, 61 : 59-67, 2000
4) Okabe T, et al : Br J Anaesth, 114 : 77-82, 2015
5) Nishiwaki S, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 33 : 513-519, 2009

第3章 栄養指導の実際

P.77 掲載の参考文献
1) 「糖尿病療養指導ガイドブック 2018 糖尿病療養指導士の学習目標と課題」 (日本糖尿病療養指導士認定機構/編著), メディカルレビュー社, 2018
2) 「急性膵炎診療ガイドライン 2015 第4版」 (急性膵炎診療ガイドライン 2015 改訂出版委員会, 他/編), 金原出版, 2015
3) 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版」 (日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会/編), メディカルレビュー社, 2012
4) 「高血圧治療ガイドライン 2014」 (日本高血圧学会/編), ライフサイエンス出版, 2014
5) 「平成17年国民健康・栄養調査」 (https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou07/01.html), 厚生労働省
6) 「平成28年国民健康・栄養調査」 (https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h28-houkoku.pdf), 厚生労働省
7) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
P.83 掲載の参考文献
1) 「日本食品標準成分表 2015年版 (七訂) 」 (http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365297.htm), 文部科学省
2) 「日本食品標準成分表 2015年版 (七訂) 」アミノ酸成分表編 (http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365450.htm), 文部科学省
3) 「日本食品標準成分表 2015年版 (七訂) 」脂肪酸成分表編 (http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365451.htm), 文部科学省
4) 「日本食品標準成分表 2015年版 (七訂) 」炭水化物成分表編 (http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365452.htm), 文部科学省
5) 「食生活指針 (平成28年6月) 」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000128503.html), 文部科学省・厚生労働省・農林水産省
6) 「食事バランスガイド」 (https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-007.html), 厚生労働省・農林水産省
7) Kurotani K, et al : BMJ, 352 : i1209, 2016
8) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html), 厚生労働省
9) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) と健康な食事の基準づくりの状況」 (https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000053419.pdf), 厚生労働省
10) 「日本人の食事摂取基準 (2010年版) ブロック別講習会資料」 (https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/blockbetu-shiryou01.pdf), 厚生労働省
11) 「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」 (日本糖尿病学会/編著), 文光堂, 2013
P.89 掲載の参考文献
1) 「トレーニング科学ハンドブック」 (トレーニング科学研究会/編), 朝倉書店, 1996
2) 「ACSM's Guidelines for Exercise Testing and Prescription 10th Edition」 (American College of Sports Medicine/ed), Wolters Kluwer, 2017
3) 「健康運動実践指導者養成用テキスト」 (青木純一郎, 他/編), 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団, 2014
4) 「局所と全身からアプローチする 運動器の運動療法 (PT・OTビジュアルテキスト) 」 (小柳磨毅, 他/編), 羊土社, 2017
5) 齋藤健治 : 名古屋学院大学論集 医学・健康科学・スポーツ科学篇, 5 : 1-14, 2016
6) 「健康づくりのための身体活動基準 2013」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple.html), 厚生労働省
7) 「スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ? 」にこたえる」(寺田新/著), 東京大学出版会, 2017
8) Thomas DT, et al : Med Sci Sports Exerc, 48 : 543-568, 2016
9) 「小・中学生のスポーツ栄養ガイド スポーツ食育プログラム」 (財団法人日本体育協会, 樋口満/監, こばたてるみ, 他/編), 女子栄養大学出版部, 2010
10) Nattiv A, et al : Med Sci Sports Exerc, 39 : 1867-1882, 2007
11) 能瀬さやか, 他 : 女性トップアスリートにおける無月経と疲労骨折の検討. 日本臨床スポーツ医学会誌, 22 : 67-74, 2014
12) Mountjoy M, et al : Br J Sports Med, 48 : 491-497, 2014
13) 「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」 (川原貴, 他/著), 公益財団法人日本体育協会, 2013
14) 特殊型食物アレルギーの診療の手引き 2015 : 厚生労働科学研究班「生命予後に関わる重篤な食物アレルギーの実態調査・新規治療法の開発および治療指針の策定」 (https://shimane-u-dermatology.jp/theme/shimane-u-ac_dermatology/pdf/special_allergies.pdf), 「特殊型食物アレルギーの診療の手引き 2015」作成委員会
15) The World Anti-Doping Agency (http://www.wadaama.org/)?
16) 日本アンチ・ドーピング機構 (https://www.playtruejapan.org/)?

第4章 食事・栄養療法に役立つ食品学

P.98 掲載の参考文献
1) 「食品学 I (栄養科学イラストレイテッド) 」 (水品善之, 他/編), 羊土社, 2016
2) 「機能性表示食品に関する情報」 (http://www.caa.go.jp/foods/index23.html), 消費者庁
3) Virgili F & Marino M : Free Radic Biol Med, 45 : 1205-1216, 2008
4) Tian L, et al : Free Radic Biol Med, 24 : 1477-1484, 1998
5) Mozaffarian D, et al : Circulation, 111 : 157-164, 2005
6) 「健康・栄養科学シリーズ 基礎栄養学 改訂第4版」 (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所/監, 奥恒行, 柴田克己/編), 南江堂, 2012
7) Tanaka H, et al : J Clin Biochem Nutr, 45 : 93-100, 2009
8) Sreedhar R, et al : Drug Discov Today, 21 : 843-849, 2016
P.102 掲載の参考文献
1) 「やさしくわかりやすい食品と薬の相互作用 基礎と活用」 (城西大学薬学部医療栄養学科/編著), カザン, 2007
2) 「最新版「トクホ」のことがよくわかる 保健機能食品・サプリメント 基礎と活用」 (城西大学薬学部医療栄養学科/編著), カザン, 2007
3) 「食品-医薬品相互作用ハンドブック」 (城西大学薬学部医療栄養学科/訳), 丸善出版, 2005
4) 「患者さん目線から考えるがんの栄養・食事ガイドブック」 (松浦成昭, 左近賢人/監, 矢野雅彦, 飯島正平/編), メディカルレビュー社, 2017
5) 「健康食品」の安全性・有効性情報 (素材情報データベース) (https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/indiv.html), 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
6) ナチュラルメディシン・データベース (http://jahfic.or.jp/nmdb), 一般社団法人 健康食品・サプリメント情報センター
7) 食品-医薬品相互作用データベース (https://www.josai.ac.jp/education/pharmacy/fdin_db/index.html), 城西大学薬学部
P.107 掲載の参考文献
1) Rui L : Compr Physiol, 4 : 177-197, 2014
2) Ferrell JM & Chiang JY : Acta Pharm Sin B, 5 : 113-122, 2015
3) Clapper JR, et al : Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 305 : G483-495, 2013
4) Heo HS, et al : Mol Cells, 36 : 25-38, 2013
5) Renaud HJ, et al : PLoS One, 9 : e88584, 2014
6) Svahn SL, et al : PLoS One, 11 : e0155099, 2016
7) Cong WN, et al : PLoS One, 8 : e70257, 2013
8) Kamei A, et al : Mol Nutr Food Res, 61, 2017
9) Yao R, et al : PLoS One, 9 : e87142, 2014
10) Kobayashi Y, et al : Sci Rep, 7 : 13510, 2017
11) Jenjaroenpun P, et al : PeerJ, 1 : e201, 2013
12) Pirola CJ, et al : Gut, 64 : 800-812, 2015
13) van der Knaap JA & Verrijzer CP : Genes Dev, 30 : 2345-2369, 2016
14) Painter RC, et al : Reprod Toxicol, 20 : 345-352, 2005

第5章 ライフステージと栄養

P.112 掲載の参考文献
1) 「平成28年 (2016) 人口動態統計 (確定数) の概況」 (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei16/index.html), 厚生労働省
2) 「平成28年国民健康・栄養調査報告」 (https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h28-houkoku.html), 厚生労働省
3) 中林正雄 : 日産婦誌, 51 : 507-510, 1999
4) 「妊産婦のための食生活指針」 (https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0201-3a.html), 厚生労働省
5) 「産婦人科診療ガイドライン-産科編 2017」 (日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会/編), 日本産科婦人科学会, 2017
6) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
7) Takimoto H, et al : Eur J Nutr, 46 : 300-306, 2007
8) MRC Vitamin Study Research Group : Lancet, 338 : 131-137, 1991
9) 「授乳・離乳の支援ガイド」 (https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/s0314-17.html), 厚生労働省
10) 井戸田正 : 日本小児栄養消化器病学会雑誌, 5 : 145-158, 1991
P.117 掲載の参考文献
1) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
2) 「乳幼児身体発育調査報告書」, 厚生労働省, 2011
3) Greenbaum LA : Pathophysiology of body fluids and fluid therapy.「Nelson Textbook of Pediatrics 17th ed」 (Behrman RE et al eds), Saunders, 191-252, 2004
4) Holliday MA & Segar WE : Pediatrics, 19 : 823-832, 1957
5) 「Seminars in neonatal nutrition and metabolism」 (Abbott Laboratories Ross Products Division), Columbus, 1994
6) Preuss HG : Electrolytes : Sodium, Chloride, and Potassium.「 Present Knowledge in Nutrition Volume 1, 9th edition」 (Bowman BA & Russell RM/eds), pp409-421, Intl Life Science Inst, 2006
7) Rigo J, et al : Eur J Clin Nutr, 49 Suppl 1 : S26-38, 1995
8) Matsuo K, et al : Pediatr Int, 51 : 559-562, 2009
9) 「ビタミンD欠乏性くる病・低カルシウム血症の診断マニュアル」 (http://jspe.umin.jp/pdf/vitaminFD_manual.pdf), 日本小児内分泌学会
10) 「授乳・離乳の支援ガイド : 離乳編」 (http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-17c.pdf), 厚生労働省
11) Franchetti Y & Ide H : BMC Public Health, 14 : 334, 2014
P.121 掲載の参考文献
1) 「学校保健統計調査」 (http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/1268826.htm), 文部科学省
2) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
3) 平成12年乳幼児身体発育調査報告書 (厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課/監, 財団法人母子衛生研究会/編), 母子保健事業団, 2002
4) 平成12年度学校保健統計調査報告書, 文部科学省生涯学習政策局調査企画課, 2003
5) 「食育基本法・食育推進基本計画等」 (http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kannrennhou.html), 農林水産省
6) 「日本人小児の体格の評価」 (http://jspe.umin.jp/medical/taikaku.html), 一般社団法人日本小児内分泌学会
P.126 掲載の参考文献
1) Bernstein M & Munoz N : J Acad Nutr Diet, 112 : 1255-1277, 2012
2) Alibhai SM, et al : CMAJ, 172 : 773-780, 2005
3) AHN導入に関する意思決定プロセスにおける留意点. 「高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン 人工的水分・栄養補給の導入を中心として 2012年版」 (日本老年医学会/編), pp29-34, 医学と看護社, 2012
4) 「高齢者ケアと人工栄養を考える 本人・家族のための意思決定プロセスノート」 (清水哲郎, 会田薫子/著), 医学と看護社, 2013
5) Sampson EL, et al : Cochrane Database Syst Rev : CD007209, 2009
6) Morley JE, et al : J Am Med Dir Assoc, 14 : 392-397, 2013
7) Clegg A, et al : Lancet, 381 : 752-762, 2013
8) Cruz-Jentoft AJ, et al : Age Ageing, 39 : 412-423, 2010
9) Fried LP, et al : J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 56 : M146-156, 2001
P.130 掲載の参考文献
1) 「平成28年国民健康・栄養調査報告」 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h28-houkoku.html), 厚生労働省
2) 中村丁次 : 産婦人科の世界, 47 : 489-494, 1995
3) 中村丁次 : 産婦人科治療, 76 : 688-691, 1998
4) 中村丁次 : 日本内科学会雑誌, 84 : 1273-1278, 1995
5) Arai H, et al : J Atheroscler Thromb, 12 : 98-106, 2005
6) 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版」 (日本動脈硬化学会/編), ナナオ企画, 2017
7) Kida K, et al : Diabet Med, 17 : 59-63, 2000
8) 「高血圧治療ガイドライン 2014」 (日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会/編), ライフサイエンス出版, 2014

第6章 各疾患の食事・栄養療法

P.135 掲載の参考文献
1) 「糖尿病ストップ大作戦」 (坂根直樹/編著), 東京法規出版, 2016
2) 「質問力でみがく保健指導」 (坂根直樹, 佐野喜子/編著), 中央法規出版, 2008
3) Stunkard AJ, et al : Compr Psychiatry, 50 : 391-399, 2009
4) 「ポーションコントロールダイエット」 (坂根直樹, 山内惠子/編著), 東京法規出版, 2017
5) Yamauchi K, et al : Nutr J, 13 : 108, 2014
6) 「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
7) Jensen MD, et al : Circulation, 129 : S102-138, 2014
8) Yancy WS Jr, et al : Ann Intern Med, 162 : 805-814, 2015
9) 「クイズでわかる保健指導のエビデンス 50」 (坂根直樹/著), 中央法規出版, 2013
10) Mackie GM, et al : Obes Res Clin Pract, 11 : 131-139, 2017
11) Stern JS, et al : Obes Res, 3 : 591-604, 1995
12) Wing RR & Hill JO : Annu Rev Nutr, 21 : 323-341, 2001
P.138 掲載の参考文献
1) 「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」 (American Psychiatric Association/原著, 日本精神神経学会/監, 高橋三郎, 大野裕/監訳, 染矢俊幸, 他/訳), 医学書院, 2014
2) 「神経性食欲不振症のプライマリケアのプライマリケアのためのガイドライン (2007年) 」 (http://www.edportal.jp/pro/pdf/primary_care_2007.pdf), 厚生労働省難治性疾患克服研究事業「中枢性摂食異常症に関する調査研究班」
3) Kawai K, et al : Biopsychosoc Med, 8 : 20, 2014
4) 「摂食障害 医学的ケアのためのガイド 第3版 <日本語版>」 (http://www.jsed.org/AEDGuide_JP.pdf), 日本摂食障害学会
5) 山下さきの, 他 : 静脈経腸栄養, 29 : 1379-1383, 2014
P.142 掲載の参考文献
1) 大熊るり, 他 : 日摂食嚥下リハ会誌, 6 : 3-8, 2002
2) Belafsky PC, et al : Ann Otol Rhinol Laryngol, 117 : 919-924, 2008
3) 若林秀隆, 栢下淳 : 静脈経腸栄養, 29 : 871-876, 2014
4) Utanohara Y, et al : Dysphagia, 23 : 286-290, 2008
5) 「摂食・嚥下障害ベストナーシング」 (向井美恵, 他/編著), p63, 学研メディカル秀潤社, 2010
6) 「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
7) 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 医療検討委員会 : 日摂食嚥下リハ会誌, 17 : 255-267, 2013
8) 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 医療検討委員会 : 日摂食嚥下リハ会誌, 19 : 234-238, 2015
P.146 掲載の参考文献
1) 「平成27年国民健康・栄養調査」 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h27-houkoku.html), 厚生労働省
2) 「糖尿病治療ガイド 2018-2019」 (日本糖尿病学会/編・著), p29, 文光堂, 2018
3) Inzucchi SE, et al : Diabetes Care, 35 : 1364-1379, 2012
4) American Diabetes Association : Diabetes Care, 40 : S33-43, 2017
5) 「日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言」 (http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=40), 日本糖尿病学会
6) 「肥満症診療ガイドライン 2016」 (日本肥満学会/編), ライフサイエンス出版, 2016
7) Horikawa C, et al : J Diabetes Investig, 5 : 176-187, 2014
8) Hodge AM, et al : Am J Clin Nutr, 86 : 189-197, 2007
9) Wang L, et al : Am J Clin Nutr, 78 : 91-98, 2003
10) Harding AH, et al : Am J Epidemiol, 159 : 73-82, 2004
11) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114399.pdf), 厚生労働省
12) 「糖尿病診療ガイドライン 2016」 (日本糖尿病学会/編著), 南江堂, 2016
13) Sluijs I, et al : Diabetes Care, 33 : 43-48, 2010
14) Song Y, et al : Diabetes Care, 27 : 2108-2115, 2004
15) 「糖尿病食事療法のための食品交換表第7版」 (日本糖尿病学会/編著), 文光堂, 2013
16) Lagiou P, et al : BMJ, 344 : e4026, 2012
17) Wheeler ML, et al : Diabetes Care, 35 : 434-445, 2012
19) Hayami T, et al : J Diabetes Investig, 6 : 587-590, 2015
20) Peters AL, et al : Diabetes Care, 38 : 1687-1693, 2015
21) Borsheim E, et al : Clin Nutr, 27 : 189-195, 2008
P.151 掲載の参考文献
1) 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版」 (日本動脈硬化学会/編), 日本動脈硬化学会, 2017
2) 「日本人の食事摂取基準 2015年版」 (菱田明, 佐々木敏/監), pp125-126, 第一出版, 2014
3) Berger S, et al : Am J Clin Nutr, 102 : 276-294, 2015
4) Mozaffarian D, et al : N Engl J Med, 354 : 1601-1613, 2006
5) Brown L, et al : Am J Clin Nutr, 69 : 30-42, 1999
6) Tada N, et al : J Atheroscler Thromb, 18 : 723-734, 2011
7) Rimbach G, et al : Food Chem Toxicol, 46 : 1308-1319, 2008
8) Sacks FM, et al : Circulation, 113 : 1034-1044, 2006
「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版」 (日本動脈硬化学会/編), p10, 日本動脈硬化学会, 2018
「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版」 (日本動脈硬化学会/編), pp43-44, 日本動脈硬化学会, 2018
P.155 掲載の参考文献
1) 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版」 (日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会/編), メディカルレビュー社, 2010
2) 金子希代子 : 日本医師会雑誌, 140 : 275-278, 2011
3) Williams PT : Am J Clin Nutr, 87 : 1480-1487, 2008
4) 疋田美穂, 細谷龍男 : 高尿酸血症と痛風, 10 : 134-139, 2002
5) Gibson T, et al : Ann Rheum Dis, 42 : 123-127, 1983
6) Choi HK & Curhan G : Arthritis Rheum, 51 : 1023-1029, 2004
7) Wang M, et al : Clin Rheumatol, 32 : 1641-1648, 2013
8) Choi HK, et al : N Engl J Med, 350 : 1093-1103, 2004
9) Zhang Y, et al : Ann Rheum Dis, 71 : 1448-1453, 2012
10) Kaneko K, et al : Biol Pharm Bull, 37 : 709-721, 2014
11) Choi HK & Curhan G : BMJ, 336 : 309-312, 2008
P.158 掲載の参考文献
1) 「高血圧治療ガイドライン 2014」 (日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会/編), ライフサイエンス出版, 2014
2) Eckel RH, et al : Circulation, 129 : S76-99, 2014
3) 「平成28年国民健康・栄養調査の結果」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html), 厚生労働省
4) Ohta Y, et al : Hypertens Res, 30 : 1077-1082, 2007
5) 「心筋梗塞二次予防に関するガイドライン (2011年改訂版) 」〔循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010年度合同研究班報告) 〕 (http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_ogawah_h.pdf), pp12-15, 日本循環器学会
6) Ohta Y, et al : Hypertens Res, 27 : 243-246, 2004
7) Ohta Y, et al : Clin Exp Hypertens, 37 : 454-458, 2015
8) Kawano Y, et al : Am J Hypertens, 11 : 1141-1146, 1998
9) Kawano Y, et al : Hypertension, 32 : 260-265, 1998
10) Appel LJ, et al : N Engl J Med, 336 : 1117-1124, 1997
11) Kawano Y : Hypertens Res, 33 : 181-191, 2010
P.164 掲載の参考文献
1) 「CKD診療ガイド 2012」 (日本腎臓学会/編), 東京医学社, 2012
2) 「慢性腎臓病に対する食事療法基準 2014年版」 (日本腎臓学会/編), 東京医学社, 2014
3) 「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン 2018」 (日本腎臓学会/編), 東京医学社, 2018
4) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
5) 「AKI (急性腎障害) 診療ガイドライン 2016」〔AKI (急性腎障害) 診療ガイドライン作成委員会/編〕, 東京医学社, 2016
6) 「エビデンスに基づくネフローゼ症候群診療ガイドライン 2017」〔丸山彰一/監, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 (難治性疾患政策研究事業) 難治性腎疾患に関する調査研究班/編〕, 東京医学社, 2017
7) 中尾俊之, 他 : 透析会誌, 47 : 287-291, 2014
8) 「慢性透析患者の減塩目標について」 (http://www.jsdt.or.jp/info/1939.html), 日本透析医学会
P.170 掲載の参考文献
1) 「アルコール性肝障害診断基準 2011年版」 (http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/sankou.html), 日本アルコール医学生物学研究会 (JASBRA)?
2) 「臨床栄養医学」 (日本臨床栄養学会/監), 南山堂, 2009
3) 「NAFLD/NASH診療ガイドライン 2014」 (日本消化器病学会/編), 南江堂, 2014
4) Tilg H & Moschen AR : Hepatology, 52 : 1836-1846, 2010
5) Hasegawa T, et al : Aliment Pharmacol Ther, 15 : 1667-1672, 2001
6) Sanyal AJ, et al : N Engl J Med, 362 : 1675-1685, 2010
7) 「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
8) 西口修平, 他 : 肝臓, 57 : 353-368, 2016
9) Kato M & Moriwaki H : Hepatol Res, 30 : 59-62, 2004
10) 「認定NSTガイドブック 2017 改訂第5版」 (日本病態栄養学会/編), 南江堂, 2017
11) Shiraki M, et al : Hepatol Res, 43 : 106-112, 2013
12) 馬嶋真子, 他 : 日本臨床栄養学会雑誌, 36 : 106-111, 2014
P.176 掲載の参考文献
1) 「NSTのための臨床栄養ブックレット 2 疾患・病態別栄養管理の実際 消化管の疾患」 (山東勤弥, 他/編), 文光堂, 2009
2) 「消化性潰瘍診療ガイドライン 2015 改訂第2版」 (日本消化器病学会/編), 南江堂, 2015
3) 佐々木雅也 : 便秘症・下痢症. 「臨床栄養医学」 (日本臨床栄養学会/監), pp300-304, 南山堂, 2009
4) 「慢性便秘症診療ガイドライン 2017」 (日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会/編), 南江堂, 2017
5) 「潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針 [平成28年度改訂版] 」 (http://www.ibdjapan.org/pdf/doc01.pdf), 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」 (鈴木班)?
6) 藤山佳秀, 馬場重樹 : 食道・胃・腸疾患. 「臨床栄養実践ガイド」 (丹羽利充/編), pp160-166, 中外医学社, 2014
7) Takaoka A, et al : J Clin Biochem Nutr, 56 : 208-214, 2015
8) 「急性膵炎診療ガイドライン 2015 第4版」 (急性膵炎診療ガイドライン 2015 改訂出版委員会/編), 金原出版, 2015
9) 佐々木雅也 : 膵疾患 急性膵炎. 「ビジュアル栄養療法 メカニズムからわかる治療戦略」 (丸山千寿子, 中屋豊/編), pp42-48, 南江堂, 2012
10) 佐々木雅也 : 膵疾患 慢性膵炎. 「ビジュアル栄養療法 メカニズムからわかる治療戦略」 (丸山千寿子, 中屋豊/編), pp49-52, 南江堂, 2012
11) 「慢性膵炎診療ガイドライン 2015 改訂第2版」 (日本消化器病学会/編), 南江堂, 2015
P.181 掲載の参考文献
1) 「COPD (慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療のためのガイドライン 2018 [第5版] 」 (日本呼吸器学会COPDガイドライン第5版作成委員会/編), メディカルレビュー社, 2018
2) Schols AM, et al : Am J Respir Crit Care Med, 157 : 1791-1797, 1998
3) Schols AM, et al : Am J Clin Nutr, 82 : 53-59, 2005
4) 「Global Strategy for the Diagnosis, Management and Prevention of COPD」 (http://goldcopd.org/gold-2017-global-strategy-diagnosis-management-prevetioncopd/), Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease (GOLD), 2017
5) Zhu M, et al : Int J Chron Obstruct Pulmon Dis, 11 : 2597-2607, 2016
6) Teramoto S, et al : J Am Geriatr Soc, 56 : 577-579, 2008
7) 「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
8) Maeda K, et al : Clin Nutr, 35 : 1147-1152, 2016
P.186 掲載の参考文献
1) 「Haemoglobin concentrations for the diagnosis of anaemia and assessment of severity, Vitamin and Mineral Nutrition Information System」Geneva, WHO, 2011 (WHO/NMH/NHD/MNM/11.1) (https://www.who.int/vmnis/indicators/haemoglobin.pdf)?
2) 成田美和子 : 日内会誌, 104 : 1375-1382, 2015
3) 「鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂 [第3版] 」 (日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会/編), 響文社, 2015
4) 松田晃 : 日内会誌, 95 : 2010-2015, 2006
5) 「三輪血液病学 第3版」 (浅野茂隆, 他/監), 文光堂, 2006
6) Stouten K, et al : BMC Fam Pract, 17 : 113, 2016
7) Komine M : Int J Hematol, 71 : 8, 2000
8) 「チーム医療を担う医療人共通のテキスト 病気がみえる vol.5 : 血液 第2版」 (医療情報科学研究所/編), メディックメディア, 2017
P.190 掲載の参考文献
1) 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版」 (骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会/編), ライフサイエンス出版, 2015
2) 「新しい臨床栄養学 改訂第6版」 (後藤昌義, 瀧下修一/著), 南江堂, 2014
3) 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html), 厚生労働省
4) 「食事バランスガイド」について (http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/), 農林水産省
5) 四群点数法とは (http://4fgmethod.jp/about/), 一般社団法人栄養検定協会
6) 石井光一, 他 : Osteoporosis Japan, 13 : 497-502, 2005
7) 「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド) 」 (本田佳子, 他/編), 羊土社, 2016
8) Cruz-Jentoft AJ, et al : Age Ageing, 39 : 412-423, 2010
P.194 掲載の参考文献
1) DESIGN(R) (http://www.jspu.org/jpn/info/design.html), 日本褥瘡学会
2) 門野岳史, 他 : 日本褥瘡学会誌, 17 : 487-557, 2015
3) Langer G & Fink A : Cochrane Database Syst Rev : CD003216, 2014
4) Wakabayashi H : J Gen Fam Med, 18 : 153-154, 2017
P.199 掲載の参考文献
1) Tisdale MJ : J Natl Cancer Inst, 89 : 1763-1773, 1997
2) Fearon K, et al : Lancet Oncol, 12 : 489-495, 2011
3) 高木久美 : 臨床栄養, 130 : 914-920, 2017
4) 吉川貴己, 他 : 臨床栄養, 120 : 863-869, 2012
5) 「NST・緩和ケアチームのためのがん栄養管理完全ガイドQOLを維持するための栄養管理」 (比企直樹, 他/編), pp26-27, 文光堂, 2014
6) 「がん栄養療法ガイドブック 第2版」 (Elliot L, 他/英語版編, 中屋豊, 他/日本語版監), メディカルレビュー社, 2011
7) 「がん薬物療法における支持療法」 (西條長宏/編), 医薬ジャーナル社, 2005
8) Arends J, et al : Clin Nutr, 36 : 11-48, 2017
9) Dewys WD, et al : Am J Med, 69 : 491-497, 1980
10) Salas S, et al : Radiother Oncol, 87 : 195-200, 2008
11) Capuano G, et al : Head Neck, 30 : 503-508, 2008
12) 「終末期がん患者の輸液療法に関するガイドライン 2013年版」 (日本緩和医療学会緩和医療ガイドライン委員会/編), 金原出版, 2013
13) 東口高志, 他 : 外科治療, 96 : 934-941, 2007
P.207 掲載の参考文献
1) August DA & Huhmann MB : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 33 : 472-500, 2009
2) McClave SA, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 33 : 277-316, 2009
3) McClave SA, et al : JPEN J Parenter Enteral Nutr, 40 : 159-211, 2016
4) Weimann A, et al : Clin Nutr, 25 : 224-244, 2006
5) Kreymann KG, et al : Clin Nutr, 25 : 210-223, 2006
6) Braga M, et al : Clin Nutr, 28 : 378-386, 2009
7) Singer P, et al : Clin Nutr, 28 : 387-400, 2009
8) Weimann A, et al : Clin Nutr, 36 : 623-650, 2017
9) Berrios-Torres SI, et al : JAMA Surg, 152 : 784-791, 2017
10) Moghissi ES, et al : Diabetes Care, 32 : 1119-1131, 2009
11) Qaseem A, et al : Ann Intern Med, 154 : 260-267, 2011
12) Lazar HL, et al : Ann Thorac Surg, 87 : 663-669, 2009
13) Rhodes A, et al : Crit Care Med, 45 : 486-552, 2017
14) 寺島秀夫, 他 : 日外会誌, 94 : 1-12, 1993
15) 寺島秀夫, 米山智 : INTENSIVIST, 3 : 373-397, 2011
16) 寺島秀夫 : 外科と代謝・栄養, 50 : 111-126, 2016
17) 寺島秀夫, 米山智 : 外科と代謝・栄養, 45 : 199-210, 2011
18) Yoneyama S, et al : Eur Surg Res, 54 : 34-43, 2015
19) Burden S, et al : Cochrane Database Syst Rev, 11 : CD008879, 2012
20) 寺島秀夫 : レジデントノート増刊, 18 : 832-841, 2016
21) Smith MD, et al : Cochrane Database Syst Rev, : CD009161, 2014
22) Amer MA, et al : Br J Surg, 104 : 187-197, 2017
23) 寺島秀夫 : プラクティス, 30 : 325-335, 2013
24) 寺島秀夫, 米山 智 : 外科と代謝・栄養, 49 : 53-57, 2015
25) Elke G, et al : Crit Care, 20 : 117, 2016
26) 寺島秀夫 : 日集中医誌, 20 : 359-367, 2013
27) 寺島秀夫 : INTENSIVIST, 3 : 423-433, 2011
28) 深柄和彦 : 静脈経腸栄養, 28 : 909-913, 2013
P.213 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギー診療ガイドライン 2016」 (海老澤元宏, 他/監, 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会/作), 協和企画, 2016
2) 「食物アレルギーの診療の手引き 2017」 (https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/manual2017.pdf), AMED研究班
3) 「アナフィラキシーガイドライン」 (https://anaphylaxisguideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF), 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会, 2014
4) Simons FE, et al : World Allergy Organ J, 4 : 13-37, 2011
5) 柳田紀之, 他 : 日本小児アレルギー学会誌, 28 : 201-210, 2014
6) Ebisawa M & Sugizaki C : J Allergy Clin Immunol, 121 : S237, 2008
7) 「平成25年度学校生活における健康管理に関する調査事業報告書」 (https://www.gakkohoken.jp/book/ebook/ebook_H260030/H260030.pdf), 公益財団法人 日本学校保健会
8) 「平成26年度児童生徒の健康状態サーベイランス事業報告書」 (https://www.gakkohoken.jp/book/ebook/ebook_H280010/index_h5.html), 公益財団法人 日本学校保健会
9) 今井孝成, 他 : アレルギー, 65 : 942-946, 2016
10) 池松かおり, 他 : アレルギー, 55 : 533-541, 2006
11) Ohtani K, et al : Allergol Int, 65 : 153-157, 2016
12) 柳田紀之, 他 : 日本小児アレルギー学会誌, 28 : 835-845, 2014
13) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」 (https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2017.pdf), 厚生労働科学研究班
15) Du Toit G, et al : N Engl J Med, 374 : 1435-1443, 2016
16) 「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」 (http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=205), 日本小児アレルギー学会
17) 消費者庁ホームページ (http://www.caa.go.jp)?
18) 「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku03.pdf), 厚生労働省
19) 「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」 (https://www.gakkohoken.jp/book/ebook/ebook_1/1.pdf), 日本学校保健会
P.218 掲載の参考文献
1) 特殊ミルク共同安全開発委員会, PKU治療指針改定委員会 : 特殊ミルク情報, 48 : 82-84, 2012
2) Mutoh K, et al : J Inherit Metab Dis, 31 Suppl 2 : S343-347, 2008
3) Saheki T, et al : J Inherit Metab Dis, 31 : 386-394, 2008
4) 「新生児マススクリーニング対象疾患等診療ガイドライン 2015」 (日本先天代謝異常学会/編), 診断と治療社, 2015
5) Yamaguchi S, et al : Mol Genet Metab, 107 : 87-91, 2012
6) 「タンデムマス導入にともなう新しいスクリーニング対象疾患の治療指針」 (特殊ミルク共同安全開発委員会/編), 恩賜財団母子愛育会, 2007
7) 「2013年度改訂 わかりやすい肝型糖原病食事療法」 (特殊ミルク共同安全開発委員会/編), 恩賜財団母子愛育会, 2013
8) Panetta J, et al : J Inherit Metab Dis, 27 : 487-498, 2004
9) 「ミトコンドリア病診療マニュアル 2017」 (日本ミトコンドリア学会/編, ミトコンドリア病診療マニュアル編集委員会/作成), 診断と治療社, 2016

最近チェックした商品履歴

Loading...