新版 牛乳・乳製品の知識

出版社: 幸書房
著者:
発行日: 2017-10-25
分野: 衛生・公衆衛生  >  食品衛生
ISBN: 9784782104187
電子書籍版: 2017-10-25 (初版第1刷)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,117 円(税込)

商品紹介

酪農・乳業に携わる方の好適な入門書。初版の「牛乳・乳製品の知識」(1998年)から20年を経て、時代に即した入門書が出来上がりました。本書は、乳の科学から始め、発酵に寄与する微生物、乳製品の製造、品質保証、栄養機能、酪農・乳業史、そして現状と、酪農・乳業を網羅しています。

目次

  • 表紙
  • 発刊にあたって
  • 目次
  • 1. 乳の科学
  • 1.1 各種動物乳の成分組成
  • 1.1.1 牛乳の成分組成
  • 1.1.2 人乳の成分組成
  • 1.1.3 ヤギ, ヒツジ, 水牛, ラクダ, ウマの乳組成
  • 1.1.4 その他各種動物乳の一般成分組成
  • 1.2 乳脂肪
  • 1.2.1 脂肪酸と脂肪
  • 1.2.2 牛乳の脂肪酸組成
  • 1.2.3 トランス脂肪酸および共役リノール酸
  • 1.2.4 リン脂質
  • 1.2.5 糖脂質
  • 1.2.6 脂肪球および脂肪球皮膜
  • 1.2.7 乳脂肪の物理化学的性質
  • 1.2.8 クリーミング
  • 1.2.9 結晶化
  • 1.2.10 脂質の自動酸化
  • 1.3 糖質
  • 1.3.1 乳糖 ( ラクトース : lactose, Lac )
  • 1.3.2 乳中の微量糖質
  • 1.3.3 オリゴ糖
  • 1.3.4 オリゴ糖の生理機能
  • 1.3.5 乳糖の溶解度と結晶化
  • 1.4 たんぱく質
  • 1.4.1 たんぱく質の基礎
  • 1) アミノ酸の種類と性質
  • 2) たんぱく質の構造と相互作用
  • 1.4.2 乳たんぱく質
  • 1.4.3 カゼイン
  • 1) カゼインの1次構造と高次構造
  • 2) カゼインミセル
  • 3) カゼインミセルの生合成
  • 4) カゼインミセルの安定性と不安定化
  • 1.4.4 ホエイたんぱく質
  • 1) β - ラクトグロブリン ( β - Lg )
  • 2) α - ラクトアルブミン ( α - La )
  • 3) ラクトフェリン ( LF )
  • 4) 乳塩基性たんぱく質 ( milk basic protein : MBP )
  • 5) ラクトパーオキシダーゼ ( lactoperoxidase : LP )
  • 6) カゼインマクロペプチド ( CMP )
  • 1.5 加熱の影響
  • 1.5.1 加熱による pH の変化
  • 1.5.2 メイラード反応
  • 1.5.3 加温による皮膜形成
  • 1.5.4 加熱によるカゼインの変化
  • 1) β - Lg との相互作用
  • 2) κ - CN の遊離
  • 3) ミネラルの変化
  • 4) アミノ酸の変化
  • 1.6 乳の進化
  • 1.6.1 卵から乳へ
  • 1.6.2 カゼインの進化
  • 1.6.3 β - ラクトグロブリン ( β - Lg ) の進化
  • 2. 牛乳・乳製品と微生物
  • 2.1 微生物の基礎
  • 2.1.1 微生物の種類
  • 2.1.2 細菌の生育に及ぼす因子
  • 1) 栄養
  • 2) 水分活性
  • 3) 温度
  • 4) pH
  • 5) 光
  • 6) 酸素
  • 2.1.3 細菌の増殖
  • 2.2 乳酸菌
  • 2.2.1 乳酸菌の定義
  • 2.2.2 乳酸菌の発酵形式
  • 2.2.3 乳製品に利用される乳酸菌
  • 2.2.4 たんぱく質の分解
  • 2.2.5 クエン酸の発酵
  • 2.2.6 脂肪の分解
  • 2.2.7 菌体外多糖類 ( exopolysaccharide : EPS )
  • 2.2.8 乳製品に利用される乳酸菌以外の微生物
  • 1) プロピオン酸菌 ( Propionibacterium freudenreichii subsp. shermanii )
  • 2) リネンス菌 ( Brevibacterium linens )
  • 3) カビ類
  • 2.2.9 スターター
  • 1) フレッシュカルチャー法
  • 2) 濃縮スターター法
  • 2.2.10 ファージ対策
  • 3. 乳製品の製造
  • 3.1 主な乳製品
  • 3.2 牛乳
  • 3.2.1 牛乳の種類
  • 3.2.2 牛乳の一般的な製造工程
  • 1) 受入検査および清澄化
  • 2) 均質化
  • 3) 殺菌
  • 4) 充填・包装
  • 5) 賞味期限の長い牛乳
  • 3.3 バター
  • 3.3.1 バターの種類
  • 3.3.2 バターの製造
  • 3.3.3 バター特性の季節変動
  • 3.3.4 乳脂肪の改質
  • 1) 分別乳脂肪の利用
  • 2) 飼料による改質
  • 3) コレステロール低減バター
  • 3.4 発酵乳
  • 3.4.1 発酵乳および乳酸菌飲料の規格
  • 3.4.2 発酵乳の種類と製造法
  • 3.4.3 発酵乳・乳酸菌飲料に用いられる乳酸菌
  • 3.4.4 ヨーグルトの品質に及ぼす影響
  • 1) 品質に影響する因子
  • 2) 原料
  • 3) 殺菌
  • 4) 保存
  • 3.5 チーズ
  • 3.5.1 チーズの規格と種類
  • 3.5.2 チーズの製造法
  • 1) 原料乳
  • 2) 殺菌
  • 3) 乳酸菌およびレンネット添加
  • 4) カッティングおよびホエイ排除
  • 5) 熟成
  • 6) プロセスチーズ ( processed cheese )
  • 7) 新しいチーズ製造技術
  • 4. 牛乳・乳製品の品質保証
  • 4.1 品質保証の考え方
  • 4.1.1 品質保証の PDCA サイクル
  • 4.1.2 商品の品質要件
  • 4.1.3 是正措置と予防措置
  • 4.1.4 危機管理体制
  • 4.2 食品衛生の基礎
  • 4.2.1 化学的危害
  • 4.2.2 微生物的危害
  • 4.2.3 物理的危害および異物対策
  • 4.3 食品工場における汚染防止対策
  • 4.3.1 ゾーニングとバリヤー
  • 4.3.2 空気と床
  • 4.3.3 洗浄
  • 4.4 消費期限と賞味期限
  • 4.4.1 消費期限と賞味期限の定義
  • 4.4.2 消費期限および賞味期限の設定
  • 4.4.3 保存試験
  • 5. 乳・乳製品の栄養健康機能
  • 5.1 乳・乳製品の栄養
  • 5.2 乳糖不耐症
  • 5.3 乳・乳製品とメタボリックシンドローム
  • 5.3.1 高血圧
  • 5.3.2 糖尿病予防
  • 5.3.3 乳製品摂取と血清脂質の関係
  • 5.3.4 トランス脂肪酸
  • 5.3.5 乳・乳製品と肥満
  • 5.4 乳製品と虫歯予防
  • 5.5 乳製品と骨の健康
  • 5.6 乳製品と運動
  • 5.7 最近わかってきた乳製品の健康効果
  • 5.7.1 美肌効果
  • 5.7.2 認知症予防効果
  • 6. 酪農・乳業史概論
  • 6.1 乳利用の起源
  • 6.2 日本における乳文化の伝来
  • 6.3 江戸時代の乳文化
  • 6.4 明治時代以降の乳文化
  • 6.4.1 東京における発展
  • 6.4.2 千葉県安房地区における発展
  • 6.4.3 北海道における発展
  • 6.4.4 明治以降の酪農乳業の発展のまとめ
  • 6.5 学校給食と牛乳
  • 7. 酪農乳業の現状
  • 7.1 牛乳・乳製品の生産および消費量
  • 7.1.1 世界の酪農および生乳生産量
  • 7.1.2 日本における乳牛飼育
  • 7.1.3 日本における酪農の発展と課題
  • 7.1.4 世界の乳製品生産状況
  • 7.1.5 乳製品の貿易と関税
  • 1) 貿易
  • 2) 関税
  • 7.2 乳製品の消費動向
  • 7.3 生乳取引の仕組み
  • 7.3.1 指定生産者団体
  • 7.3.2 生乳価格
  • 7.3.3 海外の仕組み
  • 7.4 地理的表示法 ( GI : geographical indication )
  • 7.4.1 ヨーロッパにおける品質承認システム
  • 7.4.2 日本における地理的表示
  • 索引
  • 追記
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1. 乳の科学

P.82 掲載の参考文献
1) Jennes, Fundamentals of Dairy Chemistry 3rd ed. 1-38 (1988)
2) 日本食品成分表 5訂, 文部科学省 (2015)
4) 井戸田ら, 日本小児栄養消化器病学誌 5 : 145-158 (1991)
9) Uniacke-Lowe & Fox , Encyclopedia of Dairy Science 2nd ed. pp.518-529 (2011)
10) 片岡, 岡実動研報 No.3 : 24-32 (1985)
11) Osthoff, IDF WDS Cape Town (2012)
15) Jennes & Clark, Fundamentals of Dairy Chemistry 3rd ed. 171-213 (1988)
17) 稲葉恵一, 新版 脂肪酸化学 第2版, 平野二郎編, 幸書房 (1990)
21) Smit et al., Am. J. Clin. Nutr. 92 : 34-40 (2010)
22) CODEX Alimentarius Commision CX/NFSDU 12/34/13
24) 春田裕子, 乳業技術 63 : 38-51 (2013)
27) 菅野長右エ門, 日畜会報 51 : 75-88 (1980)
29) 津郷友吉・小山進, 乳業技術講座 第1巻 牛乳, pp.58, 朝倉書店 (1963)
30) 津郷友吉ら, 食衛誌 6 : 553-554 (1965)
32) 佐藤清隆, J. Grad. Sch. Biosp. Sci. Hiroshima Univ. 48 : 77-94 (2009)
33) 曽根敏麿, 油化学 11 : 775-782 (1969)
34) 寺尾純二, 農化誌 64 : 1819-1826 (1990)
35) 斎藤忠夫, 乳業技術 50 : 38-57 (2000)
37) 浦島ら, 化学と生物 50 : 498-509 (2012)
38) 出家ら, 雪印乳業研究所報告 No.78 : 19-26 (1982)
43) 金井・石坪, 乳業ジャーナル 6月号 : 44-48 (2014)
44) Fox, Adv. Dairy Chem. 3rd ed. Vol.3 : 1-15 (2005)
45) Walstra & Jenness, Dairy Chemistry and Physics pp.27-41 (1984)
46) 堂迫俊一, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, pp.1-7, 幸書房 (2016)
47) 堂迫俊一, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, pp.14-22, 幸書房 (2016)
51) Van Boekel & Ribadeau-Dumas, Neth. Milk Dairy J. 41 : 281-284 (1987)
52) Rutherfurd & Gilani, SPIFAN June 2012
53) Farrel Jr. et al., J. Dairy Sci. 87 : 1641-1674 (2004)
54) DATEX Working Group, EFSA Sci. Rep. 231 : 1-107 (2009)
56) Eigel et al., Proc. Natl. Acad. Sci. USA 76 : 2244-2248 (1979)
59) 青木, 化学と生物 41 : 494-496 (2003)
60) 青木ら, ミルクサイエンス 66 : 125-143 (2017)
61) Schmidt, Neth. Milk Dairy J. 34 : 42-64 (1980)
64) Schmidt & Poll, Neth. Milk Dairy J. 40 : 269-280 (1986)
70) 織田ら, 乳業技術 60 : 9-22 (2010)
71) 川上浩, ミルクサイエンス 62 : 85-104 (2013)
74) 筧ら, ミルクサイエンス 53 : 183-186 (2004)
75) Kawakami, Food Sci. Technol. Res. 11 : 1-8 (2005)
77) Kussendragen & Hooijgonk, Br. J. Nutr. 84 : s19-s25 (2000)
78) Carlsson et al, Infct. Immun. 40 : 70-80 (1983)
79) IDF Bulletin No.234 : 5-16 (1988)
80) 平野まゆみ, ミルクサイエンス 47 : 195-199 (1998)
82) Domingues-Moreira et al., J. Clin. Exp. Dent. 3 : e452-e455 (2011)
84) Kawasaki et al., Milchwissenschaft 48 : 191-196 (1993)
85) Thoma-Worringer et al., Int. Dairy J. 16 : 1324-1333 (2006)
87) 祐川金次郎, Milk Protein pp.171-226, 酪農技術普及学会 (1971)
88) van Boelel, Food Chem. 62 : 403-441 (1998)
89) O'Brien & Morrissey, IDF Bulletin No.238 : 53-61 (1989)
90) ISO18329/IDF193 (2004)
91) 田口ら, 東洋食品研究所研究報告 29 : 129-133 (2013)
92) 新本ら, 日本食科工誌 62 : 156-158 (2015)
93) 成田・熊崎, 名古屋女子大紀要 44 : 97-102 (1997)
94) 荒井基, 家政学誌 24 : 95-98 (1973)
95) Singh, NZ J. Dairy Sci. Technol. 233 : 257-273 (1988)
99) Donato et al., Dairy Sci. Technol. 89 : 3-29 (2009)
101) van Boekei, Int. Dairy J. 9 : 237-241 (1999)
102) 浦島ら, ミルクサイエンス 53 : 81-100 (2004)
105) Jolles et al., Eur. J. Biochem. 158 : 379-382 (1986)
106) Rapiz et al., Nature 324 : 383-385 (1986)

2. 牛乳・乳製品と微生物

P.107 掲載の参考文献
1) 日本食品分析センター, 2, No.38 : 1-3 (2003)
2) 日本食品分析センター, 4, No.33 : 1-3 (2014)
3) 松村 & 中田, 生物工学 89 : 739-743 (2011)
6) 橋場炎, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, 幸書房, pp.29-47 (2016)
7) 宮本拓, 現代チーズ学, 斉藤ら編, 食品資材研究会, pp.93-107 (2008)
9) 佐々木, 福井, ミルクの事典, 上野川ら編, 朝倉書店, pp.266-274 (2009)
10) IDF Bulletin no.377 (2002)
11) 井越敬司, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, 幸書房, pp.97-125 (2016)
12) Zcourari et al., Lait 72 : 1-34 (1992)
13) 中西ら, 日畜会報 35 : 173-177 (1964)
14) 中西, 油化学 14 : 683-686 (1965)
16) 田中, 現代チーズ学, 斉藤ら編, 食品資材研究会, pp.185-201 (2008)
18) 佐々木, 福井, ミルクの事典, pp.266-274, 朝倉書店 (2009)
19) 石井哲, ミルクの事典, 上野川ら編, 朝倉書店, pp.275-281 (2009)

3. 乳製品の製造

P.149 掲載の参考文献
1) 厚労省令第142号 12月25日 (2014)
7) 雪たねニュース No333, 9月1日 (2010)
8) 岩附ら, 日本食科工誌 48 : 126-133 (2001)
9) 岩附ら, 日本食科工誌 46 : 535-542 (1999)
10) 藤川咲子, 川村周三, 日本農業機械学誌 75 : 37-44 (2013)
11) FDA Guide inspection of aseptic processing and packaging for the food industry Feb. 2001
12) 山住ら, ミルクサイエンス 56 : 209-218 (2008)
13) J-Milk, 牛乳容器今昔物語, 12月27日 (2014)
14) 全国牛乳容器環境協議会 http://www.yokankyo.jp/cat02.html
15) 青島靖次, 日本紙容器・機器協会 http://www.namp.or.jp/column15.html
16) 食安発第1030002号
18) 七滝謙, 食品機械装置 7月号 : 86-91 (1999)
19) 浅岡宏, 羽原一宏, 乳業技術 61 : 24-34 (2011)
20) 渡辺ら, ミルクサイエンス 46 : 81-88 (1997)
22) 鈴木ら, 畜産会報 53 : 161-169 (1982)
25) 仁木良哉, ミルクサイエンス 51 : 111-120 (2002)
27) 日本食品標準成分表 七訂 文科省 (2015)
29) 仁木ら, 日畜会報 71 : J347-J354 (2000)
30) 岡ら, 日本食品保蔵科学学会誌 38 : 347-350 (2012)
31) 青木ら, ミルクサイエンス 66 : 125-143 (2017)
33) チーズプロフェッショナル協会, チーズの教本 2017, 小学館, pp.26-27 (2017)
34) 田中穂積, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, 幸書房, pp.65-96 (2016)
36) チーズプロフェッショナル協会, チーズの教本 2017, 小学館, pp.57-177 (2017)
37) 小泉&近藤, 乳の科学, 上野川修一編集, pp.87-98, 朝倉書店 (2015)
39) Kosikowski, F., Cheese and Fermented Milk Foods 2nd ed., chap.7, p.9, Kosikowski & Associates, pp.90-108 (1982)
40) チーズプロフェッショナル協会, チーズの教本 2017, 小学館, p.50 (2017)
41) チーズプロフェッショナル協会, チーズの教本 2017, 小学館, p.35 (2017)
43) 井越敬司, チーズを科学する, チーズプロフェッショナル協会編, 幸書房, pp.97-127 (2016)
45) 川崎功博, 現代チーズ学, 齋藤, 堂迫, 井越編集, 食品資材研究会, pp.211-234 (2008)
46) Kawasaki, Y., Milchwissenschaft 63 : 149-152 (2008)
47) チーズプロフェッショナル協会, チーズの教本 2017, 小学館, pp.48-49 (2017)

4. 牛乳・乳製品の品質保証

P.172 掲載の参考文献
1) 川口昇, ミルクの事典, 上野川ら編集, 朝倉書店, pp.414-417 (2009)
2) 長尾英二, ミルクの事典, 上野川ら編集, 朝倉書店, pp.410-414 (2009)
5) 菊池政則, ミルクの事典, 上野川ら編集, 朝倉書店, pp.386-394 (2009)
6) 国民生活センター プレスリリース, 食品の異物混入に関する相談の概要. 1月26日 (2015)
7) 消費者庁, 食安基発第0225001号, 2月25日 (2005)
8) 消費者庁食品表示課, 加工食品の表示に関する共通 Q&A 第2集 4月 (2011)
9) 上門英明, ミルクの事典, 上野川ら編集, 朝倉書店, pp.428-432 (2009)

5. 乳・乳製品の栄養健康機能

P.193 掲載の参考文献
1) 上西ら, 日本栄食誌 51 : 259-266 (1998)
2) 七訂日本食品成分表
3) Am. J. Clin. Nutr. 48 : 1099-1104 (1988)
5) Martini et al., Am. J. Clin. Nutr., 45 : 462-436 (1987)
6) EFSA Panel on Dietetic Products, Nutrition and Allergies, EFSA J., 8 : 1777 (2010)
7) 小山浩子, 乳和食, 中村丁次監修, 主婦の友社 (2013)
9) Murakami et al., Am. J. Clin. Nutr. 80 : 1161-1169 (2006)
13) Warensjo et al., Am. J. Clin. Nutr. 42 : 194-202 (2010)
15) Chen et al., Am. J. Clin. Nutr. 96 : 735-747 (2012)
17) WHO Technical Report Series no916 : 105-128 (2003)
19) 葛谷雅文, 化学と生物 52 : 328-330 (2014)
20) Campbell et al., J. Int. Soc. Sports Nutr. 4 : 8 (2007)
21) 七訂日本食品成分表 アミノ酸
24) 後藤ら, 日本栄食誌 65 : 105-111 (2012)
25) 春田裕子, 乳業技術 63 : 38-51 (2013)
26) Markus et al., Am. J. Clin. Nutr. 75 : 1051-1056 (2002)

6. 酪農・乳業史概論

P.217 掲載の参考文献
1) 平田昌弘, ユーラシア乳文化論, 岩波書店 (2013)
2) 三宅裕, オリエント 39 : 83-101 (1996)
5) Warinner et al., Sci. Rep. 4 : 7104 DOI : 10.1038/srep07104
6) Yang et al., J. Archael. Sci. 45 : 178-186 (2014)
7) 平田昌弘, 酪農乳業史研究 5 : 1-12 (2011)
8) 平田昌弘, New Food Industry 53 (5) : 75-81 (2011)
9) ポール・キンステッド, (訳) 和田佐規子, チーズと文明, 築地書館 (2013)
10) 廣野卓, 古代日本のチーズ, 角川書店 (1996)
11) 平田ら, 日畜会報 84 : 175-190, 2013
12) 和仁皓明, 乳技協資料 28 (6) : 24-30 (1979)
13) 平田昌弘, New Food Industry 53 (12) : 84-97 (2011)
14) 平田昌弘, ミルクサイエンス 59 : 9-22 (2010)
15) 越智猛夫, 日本食生活学会誌 6 (1) : 14-21 (1995)
16) 有賀ら, 日畜会報 59 : 253-260 (1988)
17) 斉藤&勝田, 家政学会誌 40 : 201-206 (1989)
18) 佐藤健太郎, 関西大学東西学術研究所紀要 45 (4) : 47-65 (2012)
20) 林克郎, 酪乳史研究 no.7 : 10-15 (2013)
21) 足立&矢澤, 酪乳史研究 No.9 : 11-27 (2014)
22) 斉藤多喜男, 横浜開港資料館館報 No.15 : 7 (1986)
23) 和仁皓明, 酪乳史研究 No.7 : 5-9 (2013)
24) 佐藤奨平, 酪乳史研究 No.10 : 30-44 (2015)
25) 中垣正史, HOMASニューズレター no.66 : 1-8 (2012)
26) 中垣正史, HOMASニューズレター no.67 : 1-5 (2012)
27) 中澤弥子, J-milk H24社会文化研究報告書 pp.112-175 (2014)

7. 酪農乳業の現状

P.245 掲載の参考文献
1) 国際酪農連盟日本国内委員会編, 世界の酪農状況 (2016)
4) 仮屋喜弘, 畜産会経営情報 No.173 : 1-15, 4月15日 (2004)
5) 清水徹朗, 本田敏祐, 農林金融 3月 : 36-51 (2009)
7) チーズの教本 2016, チーズプロフェッショナル協会編, 小学館 (2016)
10) 小林信一, 日経新聞 11月23日 (2015)
11) 日本乳業協会, 日本乳業年鑑資料編 (2015)
13) 林克郎, MILK CLUB 111 : 26-29 (2016)
14) 農水省ホームページ, 6月23日 (2017) http://www.maff.go.jp/j/kanpo/nougyo-kyousou-ryoku/
16) 農水省生産局資料, 12月 (2016) 平成29年度加工原料乳生産者補給金単価等算定概要
17) Japan Dairy Council No.525 EU共通農業政策と乳価決定システムについて
18) Japan Dairy Council No.554 クオータ緩和で二極化が進むEU酪農
19) 亀岡鉱平, 農林金融 9月号 : 19-31 (2015)
20) 矢野麻未子, 畜産の情報 6月号 : 1-21 (2012)
21) 清田麻衣, New Food Industry 53 : 68-75 (2011)
23) 清水池義治, 畜産の情報 1月号 : 1-15 (2017)

最近チェックした商品履歴

Loading...