ラング・デール薬理学 原著8版

出版社: 丸善出版
著者:
発行日: 2018-12-20
分野: 薬学  >  薬理学
ISBN: 9784621301708
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

9,504 円(税込)

学生・研究者からの高い信頼を誇る世界的な薬理学教科書。『Rang & Dale's Pharmacology』の最新版。薬理の基礎や薬物動態にも踏み込んでおり,豊富な図表と,臨床的な記述でアプローチされているため,医学部・薬学部双方で活用できる。オンラインアクセス機能「STUDENT CONSULT(原文閲覧,テストツール等)」や「電子書籍(Elsevier eLibrary)」もセットで,持ち運びにも便利。カラーで見やすく,程よいボリュームの中に薬理学のイロハから臨床応用まで網羅されており,カリキュラムの補習にも最適。

目次

  • 1部 基本原理
     1章 薬理学とは何か?
     2章 薬はどのように作用するか:基本原理
     3章 薬はどのように作用するか:分子機構
     4章 薬はどのように作用するか:興奮,収縮,分泌などの細胞応答 
     5章 細胞増殖,アポトーシス,修復,および再生
     6章 細胞メカニズム:宿主防御
     7章 薬理学における実験方法と測定
     8章 薬物の吸収と分布
     9章 薬物代謝と排泄
     10章 薬物動態学
     11章 個体差,薬理ゲノミクス,個別化医療

    2部 ケミカルメディエーター
     12章 ケミカルメディエーターと自律神経系
     13章 アセチルコリン性伝達
     14章 ノルアドレナリン作動性神経伝達
     15章 5–ヒドロキシトリプタミンおよび片頭痛の薬理学
     16章 プリン類
     17章 局所ホルモン1:ヒスタミンと生理活性脂質
     18章 局所ホルモン2:ペプチドおよびタンパク質
     19章 カンナビノイド
     20章 一酸化窒素と関連するメディエーター

    3部 主要臓器系に影響を及ぼす薬物
     21章 心臓
     22章 血管系
     23章 アテローム性動脈硬化とリポタンパク質代謝
     24章 止血と血栓症
     25章 造血機構と貧血の治療
     26章 抗炎症薬および免疫抑制薬
     27章 皮膚
     28章 呼吸器系
     29章 腎尿路系
     30章 消化管
     31章 血糖の制御と糖尿病治療
     32章 肥満
     33章 下垂体と副腎皮質
     34章 甲状腺
     35章 生殖系
     36章 骨代謝

    4部 神経系
     37章 中枢神経系の化学伝達と薬物作用
     38章 アミノ酸伝達物質
     39章 その他の伝達物質と調節物質
     40章 神経変性疾患
     41章 全身麻酔薬
     42章 鎮痛薬
     43章 局所麻酔薬とナトリウムチャネルに作用するその他の薬物
     44章 抗不安薬と催眠薬
     45章 抗てんかん薬
     46章 抗精神病薬
     47章 抗うつ薬
     48章 中枢神経系刺激薬と精神異常発現薬
     49章 薬物耽溺,依存,乱用

    5部 感染症とがんに対する治療薬
     50章 微生物を標的とした化学療法の基本原理
     51章 抗菌薬
     52章 抗ウイルス薬
     53章 抗真菌薬
     54章 抗原虫薬
     55章 駆虫薬
     56章 抗がん剤

    6部 スペシャルトピックス
     57章 薬物の有害作用
     58章 ライフスタイル・ドラッグとスポーツにおける薬物
     59章 バイオ医薬品と遺伝子治療
     60章 創薬と開発

    付録 いくつかの重要な薬理学的薬剤

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...