女性の動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針 2018年度阪

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2018-12-26
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784787823731
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,320 円(税込)

商品紹介

好評を博した,「女性医学」の視点で作られたユニークな指針である本書が5年ぶりに全面改訂.「吹田スコアに基づくリスク区分」,新規薬剤を盛り込み,動脈硬化性疾患全般を含むよう内容を拡充.新たに「動脈硬化性疾患と保険診療」の項目も加え,より使いやすくなった.女性ヘルスケア専門医試験の教科書として,臨床現場の頼れる診療ガイドとして,ぜひご活用ください.スマホやタブレットでも閲覧できるオンライン電子版付き.

目次

  • 1.動脈硬化性疾患の疫学
      (1)冠動脈疾患
      (2)脳卒中
      (3)その他の疾患
    2.動脈硬化性疾患危険因子の特徴
      (1)脂質異常症
      (2)喫煙
      (3)糖尿病
      (4)高血圧
      (5)妊娠高血圧症候群,妊娠糖尿病,多囊胞卵巣症候群,子宮内膜症
        1)妊娠高血圧症候群
        2)妊娠糖尿病
        3)多囊胞卵巣症候群
        4)子宮内膜症
    3.動脈硬化性疾患危険因子の経年的変化
      (1)脂質異常症
      (2)高血圧
      (3)糖尿病(耐糖能異常を含む)
      (4)メタボリックシンドローム
      (5)喫煙
      (6)慢性腎臓病(CKD)
      (7)高尿酸血症
      (8)睡眠時無呼吸症候群
    4.脂質異常症・高血圧・糖尿病と動脈硬化性疾患
      (1)脂質異常症
      (2)高血圧
      (3)糖尿病
    5.閉経前女性の脂質異常症
    6.周閉経期?閉経後女性の脂質代謝特性
      (1)エストロゲン低下による女性の脂質代謝特性
      (2)TG上昇はLDLを小粒子化し,small dense LDLを増加させる
    7.脂質異常症の検査・管理方法
      (1)脂質検査の方法
      (2)脂質異常症の診断基準
      (3)脂質異常症の管理基準とリスク区分別脂質管理目標値
      (4)閉経前脂質異常症の管理
      (5)周閉経期-閉経後脂質異常症の管理
    8.脂質異常症の治療
      (1)生活習慣の改善
      (2)薬物療法
        1)HRT
        2)脂質異常症治療薬
        3)併用療法

    付 録
    付録1.脂質異常症治療薬一覧表
    付録2.臨床検査値などの基準
    付録3.動脈硬化性疾患と保険診療

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...