発達障害のバリアを超えて

出版社: クリエイツかもがわ
著者:
発行日: 2019-02-28
分野: 医療技術  >  介護/福祉
ISBN: 9784863422544
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,160 円(税込)

発達障害の診断名がついた学生や成人、その保護者の思いを紹介し、現場の教師、保育者、大学や就労支援の取り組み、成人期の実態や課題を示すとともに、研究者が発達障害の新たなとらえ方を提起する。

目次

  • 第1部 発達障害? ほんとのところを聞いてみる
        ―本人・家族の声
     01 「生きづらさ」って何だろう―私の場合
     02 はじまりは小2の春の突然の出来事
     03 本人・親、一人ひとりの声から問う

    第2部 発達障害の新しい見方
        ―保育・学校・就労現場から
     01 保育現場から―要支援児の受け入れのなかで
     02 子どもの願いの実現は“つながり”をつむぐなかで
     03 子どもが安心して通える中学校にするために
     04 サポート校で伸びていく子どもたち
     05 大学で学ぶ発達障害の学生たち
     06 発達障害をもつ人への就労支援について
     07 就労移行支援事業所とその取り組み
     08 司法と発達障害

    第3部 発達障害の新たなとらえ方
        ―研究者からの提起
     01 発達障害は、いつからどのように問題になってきたか
     02 障害のある子どもの家族支援
     03 大学での合理的配慮の提供と「個の尊重」
     04 発達障害とトラウマ
     05 発達障害の臨床

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...