分子呼吸器病 23/1 2019年

出版社: 先端医学社
発行日: 2019-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1342436X
雑誌名:
特集: 呼吸器病学TOPICS 2018-19
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,160 円(税込)

目次

  • 特集 呼吸器病学TOPICS 2018-19

    1.細胞・分子生物学
     肺の老化メカニズムと肺気腫~細胞老化の視点から
     ヒト好酸球のマルチオミクス解析
    2.アレルギー・免疫・炎症
     線維化誘導-病原性ヘルパーT細胞による気道周囲の線維化誘導機構
     気道炎症と硫化水素
    3.形態・機能
     気道再生医療の現状と展望
    4.閉塞性肺疾患
     粘液貯留モデルマウスを用いたCOPD創薬ターゲット
     COPDに対するトリプル治療のエビデンスと適応
    5.びまん性肺疾患
     SP-C遺伝子変異による肺線維症自然発症モデル
     肺リンパ脈管筋腫症におけるエクソソーム解析
    6.感染症・結核
     多剤耐性結核と新規抗結核薬の効果と使用法
     インフルエンザと新規治療薬の作用機序および効果~他の薬剤との使い分け
    7.腫瘍
     免疫チェックポイント阻害薬の効果を増強する併用療法
     ドライバー遺伝子異常を有する希少肺がんの治療
    8.呼吸管理
     肥満促進因子としてのCO2
    9.臨床諸問題
     AMR対策アクションプラン
    10.肺循環・肺損傷
     IL-6過剰分泌とTAFRO症候群、Castleman病

    ◆第17回 肺サーファクタント分子病態研究会
     掲載にあたって
     タバコ煙中のアクロレインが肺サーファクタントタンパク質A(SP-A)に及ぼす影響
     特発性間質性肺炎急性憎悪における血中細胞外マトリックス分解産物濃度の検討
     Aquaporin-5によるTh2サイトカイン応答性の抑制とその機序
     当院における遺伝性肺疾患の診断支援
     肺サーファクタント恒常性維持機構とマクロファージを用いた新規治療戦略

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...