BIO Clinica 34/5 2019年5月号

出版社: 北隆館
発行日: 2019-05-10
分野: 基礎・関連科学  >  雑誌
ISSN: 09198237
雑誌名:
特集: 免疫性神経疾患の治療学
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,343 円(税込)

目次

  • 特集 免疫性神経疾患の治療学

    TOP (巻頭言)神経変性疾患治療の展望

    ・総論:免疫性神経疾患の治療学:現在と未来
    ・多発性硬化症における疾患修飾薬治療の実践
    ・フィンゴリモド治療のベネフィットとリスク
    ・新規治療薬の開発
    ・血液浄化療法の意義と有用性
    ・自己免疫性脳炎の診断と治療
    ・IL-6阻害医薬の可能性

    NEWS FROM INDUSTRY
    ・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析
    ・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!
    ・パーキンソン病のイメージング研究:サル脳を対象にしたPET研究

    BIOLOGY TOPICS
    ・延髄の神経幹細胞による髄鞘修復
    ・主成分分析(PCA)を用いた進行型多発性硬化症動物モデルの解析
    ・軸索関連分子LOTUSを応用した多発性硬化症の診断バイオマーカー
    ・イメージング質量分析法を用いた多発性硬化症のバイオマーカー探索

    CLINICAL TOPICS
    ・脊髄性筋萎縮症:ヌシネルセン治療の効果を決める要因について
    ・多発性硬化症患者への漸進的筋弛緩法の試み
    ・多発性硬化症等の自己免疫疾患治療薬作出のための化合物スクリーニング
    ・進行性多巣性白質脳症のマネージメント
    ・多発性硬化症 他(多発性硬化症,視神経脊髄炎,ギラン・バレー症候群,
      神経ベーチェット病,自己免疫疾患脳炎の最近の話題)
    ・Charcot’s conceptから見る視神経脊髄炎

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...