病理と臨床 37/6 2019年6月号

出版社: 文光堂
発行日: 2019-06-01
分野: 臨床医学:基礎  >  雑誌
ISSN: 02873745
雑誌名:
特集: 遺伝性腫瘍と病理―トピックス―
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,190 円(税込)

目次

  • 特集 遺伝性腫瘍と病理―トピックス―

    ●遺伝性腫瘍概論

    [各論・遺伝性腫瘍と病理]
    ●家族性大腸腺腫症とLynch症候群の診断の流れ
    ●多発性内分泌腫瘍症候群の原因遺伝子同定から病理診断まで
    ●遺伝性小児腫瘍の病理組織形態と遺伝子異常:網膜芽腫,Wilms腫瘍を中心に
    ●‌遺伝性腫瘍診療への病理医の関わり:Birt-Hogg-Dubé症候群診療情報ネット

    [治療開発研究のトピックス]
    ●遺伝子情報を用いた遺伝性乳癌卵巣癌の予防と治療
    ●次世代シークエンサーを用いた原因遺伝子探索研究と臨床ゲノム情報統合データベースの構築
    ●二次的所見と遺伝カウンセリング:静岡がんセンタープロジェクトHOPEの経験

    【連載】
    〈マクロクイズ〉[122]
    〈神経病理─変性疾患のみかた─〉[3]
    ●αシヌクレイノパチー(1)Parkinson病・Lewy小体型認知症・純粋自律神経不全症
    〈次世代病理技術講座〉[3]
    ●マルチプレックスPCR,リアルタイムPCR,デジタルPCR,リキッドバイオプシー
    〈今月の話題〉
    ●腎腫瘍におけるTFE3免疫染色結果の解釈:陽性か?陰性か?
    ●日本病理学会の市民への大規模情報発信について ~健康未来EXPO 2019への出展~
    【Information】

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...