別冊BIO Clinica 8/1 適応&修復のサイエンス 臨床応用の最前線

出版社: 北隆館
発行日: 2019-07-10
分野: 基礎・関連科学  >  雑誌
ISSN: 09198237
雑誌名:
特集: 適応&修復のサイエンス 臨床応用の最前線
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,157 円(税込)

目次

  • 特集 適応&修復のサイエンス 臨床応用の最前線

    カラーグラビア 病理アトラス 超多色細胞系譜イメージング

    総論 適応&修復のサイエンス 臨床応用の最前線
    1.様々な組織・臓器における適応・修復機構の動的イメージング
    2.疾患特異的マクロファージの機能的多様性
       ―線維化に関わるマクロファージサブタイプSatM―
    3.オルガノイドを活用した医科学研究
    4.高再生生物に学ぶ疾患治療の戦略
    5.ゲートウェイ反射による血管・臓器調節機構
    6.NASHの病態進展における肝臓の適応・修復機構
    7.循環器臓器のストレスに対する適応・修復機構
    8.慢性炎症に対する皮膚組織の適応・修復機構と疾患
    9.腎臓の障害と修復:急性腎障害から慢性腎臓病への移行
    10.炎症疾患における骨の障害と修復機構
    11.中枢神経疾患における適応・修復機構
    12.眼の適応・修復と疾患
    13.生体自己修復因子を利用した再生誘導医薬開発の現状
    14.他家間葉系幹細胞投与臨床展開までの道のり―基礎研究展開も含めて―
    15.“適応&修復”研究開発戦略のあるべき方向性

    NEWS FROM INDUSTRY
     バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「SixteensR」のメタボローム解析
    「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!
     乳酸菌代謝産物がアトピー性皮膚炎モデルマウスの皮膚バリアー機能と水分含量に及ぼす影響

    BIOLOGY TOPICS
     甲状腺ホルモンによるオートファジー制御機構
     マクロファージのインスリン受容体の生理・病理的役割:習慣的運動の効果
     慢性疼痛時のHMGB1の役割

    CLINICAL TOPICS
     頭蓋骨由来間葉系幹細胞の可能性
     GVHDの発症と慢性炎症
     悪性腫瘍患者のリンパ節マクロファージに着目した新規免疫モニタリング
     慢性腎臓病におけるマイクロRNAの役割と治療標的としての可能性
     三叉神経節の神経-免疫系システム
     脊髄性筋萎縮症患者の栄養管理

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...