超音波で拾う乳がん検診

出版社: 医学と看護社
著者:
発行日: 2019-06-10
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784906829989
電子書籍版: 2019-06-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,280 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,280 円(税込)

商品紹介

乳がん検診に携わる医療者のための手引き。関係するガイドラインを踏まえ、乳房超音波診断の検診から精密検査までを考慮して、一つひとつの症例を大切にした症例検討方式により編纂する。乳癌取扱い規約最新版に準拠。

目次

  • I章 J-STARTについて

    II章 高濃度乳房の取り扱い

    III章 技術面での注意点
     1.乳がん超音波検診に携わる医師が理解するべきこと
     2.技師の立場から

    IV章 高濃度乳房における乳がん超音波検診の今後

    V章 乳房造影超音波検査

    VI章 エラストグラフィ

    VII章 病理での注意とコツ

    VIII章 若年者・周産期の注意点

    IX章 症例検討―私はこう読む
     1.MGで検出されずUSで検出された乳癌4症例
     2.大きな乳房は要注意、超音波検査では腫瘤の検出は容易と思って気を抜くのは厳禁
        (高濃度乳房でも、全体を見渡せるマンモグラフィは有効)
     3.乳房超音波が有用なのは若い人だけじゃない!(マンモグラフィで検出できず、
        超音波検査で発見された高齢女性における乳癌の1例)
     4.超音波検査は高濃度乳房に対する乳がん検診の補助的モダリティとして推奨されるか?
     5.非腫瘤性病変を見落とさない―分布と左右差に注目を―
     6.ここまで見なきゃ! 乳房超音波。乳腺は乳房の膨らみ部分だけじゃない
        ( マンモグラフィでブラインドエリアであった乳癌の1例)
     7.鑑別診断に難渋した巨大乳房腫瘤の一例
     8.超音波の基礎が大事、病理組織と対比が重要。
        見落とさない、病変が見えてくる乳房超音波検査のコツ!!

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I章 J - STARTについて

P.11 掲載の参考文献

II章 高濃度乳房の取り扱い

P.14 掲載の参考文献

III章 技術面での注意点

P.19 掲載の参考文献
1) 鈴木昭彦 : マンモグラフィ検診の有効性. 乳癌の臨床 2015 ; 30 : 7-13
2) 笠原善郎 : 乳癌検診の偽陽性とそれにかかわる不利益について. 乳癌の臨床 2015 ; 30 : 23-8
4) 島田友幸 : 乳癌検診の過剰診断. 乳癌の臨床 2015 ; 30 : 37-43
5) 日本乳癌検診学会超音波検診精度管理委員会編 : 超音波による乳がん検診の手引き-精度管理マニュアル, 南江堂, 東京 ; 2016 : 5-26
6) 日本乳癌検診学会超音波検診精度管理委員会編 : 超音波による乳がん検診の手引き-精度管理マニュアル, 南江堂, 東京 ; 2016 : 27-35
7) 大貫幸二, 角田博子, 東野英利子, 他 : マンモグラフィと超音波検査の併用検診における総合判定基準. 日乳癌検診学会誌 2012 ; 21 : 273-9
9) 鈴木咲子, 角田博子, 川上美奈子, 他 : 乳がん検診におけるマンモグラフィ・超音波総合判定基準の有効性の検討. 日乳癌検診学会誌 2012 ; 22 : 115-22
10) 日本乳癌検診学会総合判定委員会編 : マンモグラフィと超音波検査の総合判定マニュアル, 篠原出版新社, 東京 ; 2015
P.30 掲載の参考文献
1) 日本乳腺甲状腺超音波医学会編 : 乳房超音波診断ガイドライン 改訂第3版, 南山堂, 東京 ; 2014 : 1-9, 63-91, 125-45

IV章 高濃度乳房における乳がん超音波検診の今後

P.36 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : がん予防重点教育及びがん検診実施のための指針 (平成28年2月4日一部改正)
3) 鈴木昭彦, 石田孝宣, 原田成美, 他 : シンポジウム 1 「高濃度乳房の問題点と対策」高濃度乳房とJ-START. 第28回日本乳癌検診学会学術総会抄録集 2018 : 72
4) 厚生労働省 : がん検診のあり方に関する検討会中間報告書 平成27年9月
5) 日本乳癌検診学会総合判定委員会編 : マンモグラフィと超音波検査の判定マニュアル, 篠原出版新社, 東京 ; 2015 : 18
7) 日本乳癌学会編 : 乳癌診療ガイドライン 2 疫学・診断編 2018年版, 金原出版, 東京 ; 2018 : 185-7
8) 特定非営利活動法人日本乳がん検診精度管理中央機構 www.qabcs.or.jp/index.html 2018年12月8日
9) 日本乳癌学会編 : 乳癌診療ガイドライン 2 疫学・診断編 2018年版, 金原出版, 東京 ; 2018:191

V章 乳房造影超音波検査

P.42 掲載の参考文献
5) 位藤俊一 : 乳房ソナゾイド造影超音波診断ガイドブック, 南江堂, 東京 ; 2016
7) 貴田岡正史, 熊田卓, 松田康雄, 他 : 肝腫瘤の超音波診断基準 (案). Jpn J Med Ultrasonics 2010 ; 37 : 157-66
12) 何森亜由美, 位藤俊一 : 特集 超音波診断装置の新潮流-低流速検出能に優れた血流イメージング-. 乳腺 : 非造影と造影の有用性. 映像情報Medical 2015 ; 47 : 466-70

VI章 エラストグラフィ

P.49 掲載の参考文献
3) Shiina T, Doyley MM and Bamber JC : Strain imaging using combined RF and envelope autocorrelation processing. Proc IEEE Ultrason Symp1996 : 1331-4
4) 伊藤吾子, 植野映, 東野英利子, 他 : 乳腺疾患におけるElastographyの臨床応用. New Wave of Breast and Thyroid Sonology 2003 ; 6 : 50-1
5) Ueno E, Itoh A : Diagnosis of breast cancer by elasticity imaging (EI). Eizo Joho Medical 2004 ; 36 : 2-6
7) Barr RG, Nakashima K, Amy D, et al : WFUMB guidelines and recommendations for clinical use of ultrasound elastography : Part 2 : Breast. Ultrasound Med Biol 2015 ; 41 : 1148-60
8) Ueno E, Umemoto T, Waki K, et al : New Quantitative Method in Breast Elastography : Fat Lesion Ratio (FLR). RSNA 2007 November 27

VII章 病理での注意とコツ

P.57 掲載の参考文献
1) 日本乳癌学会編 : 臨床・病理 乳癌取扱い規約 第18版 第1章 乳腺腫瘍の組織学的分類, 金原出版, 東京 ; 2018 : 24-67
2) 日本乳癌学会編 : 乳腺腫瘍学 第2版 病理, 金原出版, 東京 ; 2016 : 11-37

IX章 症例検討 - 私はこう読む

P.76 掲載の参考文献
1) 乳房の構成の分類について : 日本乳がん精度管理中央機構 www.qabcs.or.jp/news/entry-921.html
P.81 掲載の参考文献
2) 日本乳癌学会編 : 乳癌診療ガイドライン (2) 疫学・診断編 2018年度版, 金原出版, 東京 ; 2018
3) 日本乳癌検診学会総合判定委員会編 : マンモグラフィと超音波検査の総合判定マニュアル, 篠原出版社, 東京 ; 2015
P.86 掲載の参考文献
1) 日本乳癌学会編 : 臨床・病理 乳癌取扱い規約 第18版, 金原出版, 東京 ; 2018 : 28-29
2) 日本乳腺甲状腺超音波医学会編 : 乳房超音波診断ガイドライン 改訂第3版, 南江堂, 東京 ; 2014 : 83-91, 119-120
P.90 掲載の参考文献
1) 日本乳腺甲状腺超音波検査学会編 : 乳房超音波診断ガイドライン 改訂第3版, 南江堂, 東京 ; 2014 : 5-7, 63-70, 107
2) 日本医学放射線学会/日本放射線技術学会編 : マンモグラフィガイドライン 第3版増補版, 医学書院, 東京 ; 2017 : 7-11
3) 日本乳癌学会編 : 臨床・病理 乳癌取扱い規約 第18版, 金原出版, 東京 ; 2018 : 24, 28-29
4) 何森亜由美 : 誰も教えてくれなかった乳腺エコー, 医学書院, 東京 ; 2014 : 72
P.103 掲載の参考文献
1) 日本乳腺甲状腺超音波検査学会編 : 乳房超音波検査ガイドライン 改訂第3版, 南江堂, 東京 ; 2014 : 1-4, 57-61, 63-70, 83-86, 97, 142-3
2) 日本医学放射線学会/日本放射線技術学会編 : マンモグラフィガイドライン 第3版増補版, 医学書院, 東京 ; 2017 : 39-44
3) 角田博子, 尾羽根範員 : 乳がん超音波検診-精査の要・不要, コツを伝授します, 医学書院, 東京 ; 2016 : 21

最近チェックした商品履歴

Loading...