最適治療を極める! クローン病

出版社: 医学と看護社
著者:
発行日: 2019-07-20
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784909888044
電子書籍版: 2019-07-20 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,300 円(税込)

商品紹介

患者の病態の理解と最適な治療を極める、好評の「潰瘍性大腸炎」に継ぐ姉妹編!

目次

  • 第1章 クローン病概念の成立と歴史的背景
     1.クローン病の歴史を知る─クローン病の由来は雑誌の投稿規定のいたずら?
     2.論文発表後の歴史
     3.第二次世界大戦後の科学的・治療的進歩
     4.治療の変遷

    第2章 クローン病の病態
     1.遺伝的素因:感受性遺伝子の問題
     2.環境因子:腸内細菌の役割
     3.腸バリア:上皮と自然免疫
     4.獲得免疫反応:エフェクター細胞と制御性T細胞

    第3章 クローン病の診断
     1.潰瘍性大腸炎とクローン病との違いについて
     2.クローン病の小腸・大腸内視鏡所見・治療のポイントとは?

     3.クローン病の診断基準
    第4章 クローン病の治療
     1.治療のポイント
     2.栄養療法
      1)クローン病における栄養障害
      2)栄養療法
     3.薬剤治療
      1)5-ASA製剤について
      2)ステロイド剤
      3)チオプリン製剤
      4)抗TNF-α抗体製剤
      5)Ustekinumab
      6)Vedolizumab
      7)Janus kinase(JAK)inhibitor

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 クローン病概念の成立と歴史的背景

P.13 掲載の参考文献
2) Morgagni GB. Seat and Causes of Diseases. New York : Hafner Publishing. ; 1960 : 64-6 [Book 111, Letter XXXI, Article 2].
3) Dalziel TK. Chronic interstitial enteritis. Br Med J. 1913 ; 2 : 1068-70.
6) Ross JR. Cicatrizing enteritis, colitis and gastritis ; a case report. Gastroenterology. 1949 ; 13 : 344-50.
7) Gottlieb C, Alpert S. Regional jejunitis. Am J Roentgenol Radium Ther Nucl Med. 1937 ; 38 : 881-3.
8) Wells C. Ulcerative colitis and Crohn's disease. Ann R Coll Surg Engl. 1952 ; 11 : 105-20.

第2章 クローン病の病態

P.25 掲載の参考文献
4) Worthey EA, Mayer AN, Syverson GD, et al. Making a definitive diagnosis : successful clinical application of whole exome sequencing in a child with intractable inflammatory bowel disease. Genet Med. 2011 ; 13 : 255-62.
57) Feagan BG, Sandborn WJ, Gasink C, et al ; UNITIeIM-UNITI Study Group. Ustekinumab as induction and maintenance therapy for Crohn's disease. N Engl J Med. 2016 ; 375 : 1946-60.

第4章 クローン病の治療

P.37 掲載の参考文献
5) 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班」 (鈴木班) 平成30年度分担研究報告書 クローン病治療指針, 2019.
P.43 掲載の参考文献
1) Yamamoto-Furusho JK, Penaloza-Coronel A, Sanchez-Munoz F, et al. Peroxisome proliferator-actvated receptor gamma (PPARγ) expression is downregulated in patients with active ulcerative colitis. Inflamm Bowel Dis. 2011 ; 17 : 680-1.
4) Stevens C, Lipman M, Fabry S, et al. 5-Aminosalicylic acid abrogates T-cell proliferation by blocking interleukin-2 production in peripheral blood mononuclear cells. J Pharmacol Exp Ther. 1995 ; 272 : 399-406.
P.47 掲載の参考文献
P.53 掲載の参考文献
9) 鈴木康夫. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度潰瘍性大腸炎・クローン病 診断基準・治療指針.
P.63 掲載の参考文献
1) 医薬品インタビューフォーム レミケード(R) 点滴静注用 100, 2018年8月改訂 (第28版).
14) Cheifetz A, Mayer L. Monoclonal antibodies, immunogenicity, and associated infusion reactions. Mt Sinai J Med. 2005 ; 72 : 250-6.
16) Parakkal D, Sifuentes H, Semer R, et al. Hepatosplenic T-cell lymphoma in patients receiving TNF-α inhibitor therapy : expanding the groups at risk. Eur J Gastroenterol Hepatol. 2011 ; 23 : 1150-6.
P.67 掲載の参考文献
P.71 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...