細隙灯顕微鏡スキルアップ

出版社: メジカルビュー社
著者:
発行日: 2019-09-10
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784758316385
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

9,900 円(税込)

商品紹介

細隙灯顕微鏡を用いた診断は,眼科医にとって基本であり,必ずマスターしなければならない。角膜を観察するための検査というイメージが強いが,白内障診断,緑内障診断のための隅角や視神経乳頭の観察,網膜の観察など多種多様な疾患に対応する検査であり,そのためには各部位ごとに観察する際のポイント,所見のみかた等を身につけることが大切である。豊富な具体的所見に加えて類似や鑑別の所見も示し,迅速に正しく判断するコツを写真で理解し習得できる書籍。

目次

  • I  スリットランプによる観察方法
     直接照明法
     間接照明法
     スクレラルスキャタリング法(強膜散乱法)
     徹照法
     広汎照明法
     ブルーフリーフィルターを用いた観察
     ローズベンガル染色・リサミングリーン染色を用いた観察
     Seidelテスト
     鏡面反射法
     前房の観察
     隅角の観察
     前置レンズを用いた硝子体・網膜の観察

    II  部位別所見の見方
    【角膜・結膜】
    【水晶体・偽水晶体】
    【緑内障】
    【視神経】
    【ぶどう膜】

    III スリット所見で知る網膜硝子体の極めつけ診断ポイント
     後部硝子体剥離
     星状硝子体症
     嚢胞様黄斑浮腫
     硬性白斑
     硝子体出血・混濁
     脈略膜新生血管—activityの推測—
     漿液性網膜剥離と網膜色素上皮剥離—眼底所見からの推測—
     脈絡膜腫瘍
     網膜裂孔
     近視性網膜分離症
     drusenとreticular
     単純出血と近視性脈絡膜新生血管
     黄斑円孔と層状円孔

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...