認知症に伴う生活習慣病・身体合併症

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2019-11-15
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784498229167
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,520 円(税込)

商品紹介

高齢認知症患者で多くの併存症を持つことは当然であり、認知症の治療のみならず、認知症患者が持つ併存症の治療も含めた包括的な診療が求められつつある。本書では認知症患者の身体合併症・生活習慣病についてディベート形式で平易に解説した。

目次

  • 第1章 服薬管理の問題
     高齢者の服薬管理の問題
     独居患者の服薬管理をどう進めるか
     認知症患者にみられる拒薬とその対策

    第2章 認知症由来の身体症状の治療
     A 固執症状
     B 反復行動
     C てんかん・けいれん発作

    第3章 認知症に伴う生活習慣病,身体合併症の治療
     認知症に伴う生活習慣病の実態
      A 高血圧
      B 糖尿病
      C 脂質異常症
      D 肺炎・誤嚥性肺炎
      E 心不全
      F 歩行障害
      G 排尿障害(尿失禁・頻尿)

    第4章 認知症に伴う睡眠障害の治療
     ガイドラインからみた睡眠障害の薬物療法
     実臨床からみた睡眠障害における薬物療法の実際
     睡眠衛生指導を実施しにくい理由
     事例から考える薬物療法のコツと注意点
     レビー小体型認知症でみられる睡眠障害の薬物療法
     睡眠薬の併用療法は効果があるのか

    第5章 認知症に伴う骨粗鬆症・骨折の治療
     認知症患者における転倒の実態
     知っておくべき骨粗鬆症の知識
     骨粗鬆症治療薬をどう選択するか
     骨粗鬆症治療薬の効果
     骨粗鬆症の治療目標
     骨折の外科的治療とその問題点
     高齢認知症患者の骨折に対する保存的治療の問題点

    第6章 認知症を伴う透析患者の治療と対応
     透析患者における認知症の実態とその問題点
     腎障害からみた抗認知症薬処方の手順と注意点
     腎障害からみた向精神薬処方の手順と注意点
     透析開始と継続の意思決定プロセスについて
     介護を進める上での注意点

    第7章 認知症に伴う食行動障害の治療
     認知症患者にみられる食行動障害をどう考えるか
     食行動障害への具体的な対策
     食行動障害に対する薬物療法の実際

    第8章 入院認知症患者の治療と対応
     認知症ケア加算からみた入院認知症患者の実態
     入院認知症患者にみられるBPSDへの対策
     事例から考える入院認知症患者の薬物療法
     知っておきたい身体拘束の知識

    第9章 在宅認知症患者の治療と対応
     認知症初期集中支援チームについて
     事例呈示
     認知症初期集中支援チームの問題点
     在宅認知症患者への援助,支援の注意点

    第10章 認知症診療における法律問題
     A 成年後見制度
     B 日常生活自立支援事業
     C 認知症と消費者被害
     D 認知症患者への虐待

    第11章 認知症診療に関連する医療制度
     A 自立支援医療制度
     B 精神障害者保健福祉手帳

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...