新しい薬疹

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2019-11-10
分野: 臨床医学:内科  >  皮膚科
ISBN: 9784830634710
電子書籍版: 2019-11-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,600 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

6,600 円(税込)

商品紹介

近年,生物学的製剤や分子標的薬,免疫チェックポイント阻害薬などの薬剤が登場し,従来にはなかった新しいタイプの薬疹が報告されている.本書では様々な原因薬別にその発生機序,症状,対処法について詳細に解説した.臨床写真がふんだんに掲載されており,アトラスとしても利用できる.皮膚科医はもちろん,原因薬剤を処方した一般内科医にも役立つ内容となっており,これまでになかった1冊となった.

目次

  • 序説 薬疹から皮膚有害事象へ

    第I章 薬剤による皮膚有害事象
    A 分子標的薬による皮膚有害事象
     1 分子標的薬による痤瘡とその治療
     2 分子標的薬による手足症候群とその治療
     3 分子標的薬による爪囲炎とその治療
     4 タキサン系薬剤による皮膚障害
     COLUMN 抗がん剤漏出の対処法
    B メラノーマ・リンフォーマ治療薬による皮膚有害事象
     1 抗PD-1抗体,抗CTLA-4抗体による皮膚障害
     2 BRAF阻害薬,MEK阻害薬による皮膚障害
     3 抗CCR4抗体による皮膚障害
     COLUMN 抗CCR4抗体による光線過敏症
    C 乾癬治療薬による皮膚有害事象
     1 生物学的製剤による投与時反応
     2 TNF-α阻害薬による逆説的反応
     3 生物学的製剤による皮膚感染症
     4 生物学的製剤による脱毛症
     COLUMN 急性汎発性発疹性膿疱症と膿疱性乾癬
     COLUMN 抗IL-4/IL-13受容体抗体による結膜炎
    D 特殊な薬剤による皮膚障害
     1 DPP-4阻害薬による水疱性類天疱瘡
     2 漢方薬による皮膚障害
     3 セツキシマブによるアレルギー
     4 ヒドロキシクロロキンによる薬疹
     5 ワルファリンによる皮膚障害
     COLUMN G-CSF製剤によるSweet症候群

    第II章 薬剤による特殊な皮膚障害
     1 近年の薬剤性光線過敏症
     2 ボリコナゾールによる光線関連皮膚癌
     3 ハイドロキシウレアによる皮膚潰瘍
     4 薬剤による皮膚硬化
     5 メトトレキサートとリンパ増殖異常症
     6 免疫グロブリン大量静注療法による汗疱状皮疹
     7 インスリン注射部位の硬結(インスリンボール)
     COLUMN 苔癬型薬疹:最近の原因薬

    第III章 有害事象の発生機序
     1 イミキモドの免疫変調作用
     2 EBウイルス感染症と薬疹
     3 Stevens-Johnson症候群/中毒性表皮壊死症の免疫異常
     4 DIHSにおけるウイルス再活性化と自己免疫疾患
     5 固定薬疹の発症機序-resident memory T細胞を含めて-

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I章 薬剤による皮膚有害事象

P.8 掲載の参考文献
1) 水谷仁, ほか : 分子標的治療 総論. がん患者に対するアピアランスケアの手引き, 国立がん研究センターがん患者の外見支援に関するガイドライン研究班編, 金原出版, P52-60, 2016
3) 中原剛士 : 上皮成長因子受容体 (Epidermal Growth Factor Receptor : EGFR) 阻害薬による皮膚障害-臨床症状, 治療・対策, 病態・発症機序について. 西日皮 77 : 203-209, 2015
6) 山本有紀, ほか : EGFR 阻害薬に起因する皮膚障害の治療手引き-皮膚科・腫瘍内科有志コンセンサス会議からの提案. 臨床医薬 32 : 941-949, 2016
8) 相馬良直 : ステロイド外用剤の副作用. 皮膚臨床 48 : 69-76, 2006
P.13 掲載の参考文献
3) Diasio RB : Oral DPD-inhibitory fluoropyrimidine drugs. Oncology (Williston Park) 14 : 19-23, 2000
P.18 掲載の参考文献
15) Park K, et al : Epidermal growth factor receptor inhibitors selectively inhibit the expressions of human β-defensins induced by Staphylococcus epidermidis. J Dermatol Sci 75 : 94-99, 2014
P.24 掲載の参考文献
15) 久保正英 : タキサンと強皮症様変化. 皮膚臨床 54 (臨増) : 1571-1574, 2012
17) 岡田佳与, ほか : タキサン系抗がん剤による皮膚硬化早期病変におけるバーシカン沈着増加. 臨皮 71 (Suppl) : 153-155, 2017
19) Prieto Garcia A, Pineda de la Losa F : Immunoglobulin E-mediated severe anaphylaxis to paclitaxel. J Investig Allergol Clin Immunol 20 : 170-171, 2010
20) 相原道子 : 乳癌治療薬による皮膚障害. 皮病診療 31 : 664-670, 2009
21) 木村盛彦, ほか : 進行・再発乳癌に対するPaclitaxel Weekly投与の臨床経験. 癌と化療 27 : 1703-1708, 2000
P.26 掲載の参考文献
P.34 掲載の参考文献
1) 小野薬品工業オプジーボ(R) 適性使用ガイド
2) 小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社 ヤーボイ(R) 点滴静注液 50mg 添付文書
12) Hwang SJ, et al : Cutaneous adverse events (AEs) of antiprogrammed cell death (PD) -1 therapy in patients with metastatic melanoma : a single-institution cohort. J Am Acad Dermatol 74 : 455-461, 2016
P.41 掲載の参考文献
P.49 掲載の参考文献
7) 米倉健太郎 : 抗CCR4抗体mogamulizumab治療における皮膚障害とその対策. 血液内科 68 : 481-486, 2014
P.51 掲載の参考文献
P.56 掲載の参考文献
1) 大槻マミ太郎 : 生物学的製剤の使い方. 皮病診療 33 (増) : 144-149 , 2011
6) 日本皮膚科学会乾癬生物学的製剤検討委員会 (委員長 : 大槻マミ太郎) : 乾癬における生物学的製剤の使用ガイダンス (2018年版). 日本皮膚科学会ホームページ
8) Okuyama A, et al : Fcγ receptor IIIb polymorphism and use of glucocorticoids at baseline are associated with infusion reactions to infliximab in patients with rheumatoid arthritis. Ann Rheum Dis 70 : 299-304, 2011
P.60 掲載の参考文献
1) 山口由衣 : TNF-α阻害薬による逆説的反応-乾癬様・掌蹠膿疱症様皮疹-. アレルギーの臨床 37 : 445-449, 2017
2) 朝比奈昭彦 : Biologicsによる薬疹. 臨皮 63 : 9-13, 2009
3) 尾本百香, ほか : アダリムマブによる治療中に乾癬性関節炎から汎発性膿疱性乾癬へ移行した1例. 皮膚臨床 61 : 597-601, 2019
5) 唐川大, ほか : 生物学的製剤による皮膚障害-乾癬様皮疹を含めて. 臨皮 65 : 10-14, 2011
P.65 掲載の参考文献
5) Kolbinger F, et al : β-defensin 2 is a responsive biomarker of IL-17A-driven skin pathology in patients with psoriasis. J Allergy Clin Immunol 139 : 923-932, 2017
6) 角木基彦, 岩倉洋一郎 : IL-17と感染防御. 臨免疫・アレルギー科 57 : 430-436, 2012
11) Dejima T, et al : Protective role of naturally occurring interleukin-17A-producing γδ T cells in the lung at the early stage of systemic candidiasis in mice. Infect Immun 79 : 4503-4510, 2011
P.71 掲載の参考文献
1) 伊藤泰介 : 円形脱毛症. 皮膚免疫アレルギーハンドブック, 戸倉新樹ほか (編), 南江堂, p301-309, 2018
12) Cantaert T, et al : Type I IFN and TNFα cross-regulation in immune-mediated inflammatory disease : basic concepts and clinical relevance. Arthritis Res Ther 12 : 219, 2010
P.73 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献
P.80 掲載の参考文献
12) 西江渉 : DPP-4阻害薬関連水疱性類天疱瘡. 西日皮 78 : 583-588, 2016
18) 木村徹子, ほか : DPP-4 (dipeptidyl peptidase-4) 阻害薬内服後に発症した水疱性類天疱瘡患者の臨床病型の検討. 日皮会誌 128 : 2645-2651 , 2018
P.87 掲載の参考文献
1) 福田英三, 福田英嗣 : 薬疹情報 第17版 (1980-2016). 福田皮ふ科クリニック, 2017
2) 百瀬葉子, ほか : 煎剤中の黄耆による扁平苔癬型薬疹. 日皮アレルギー会誌 12 : 30-34, 2004
3) 金指麦子, ほか : Cinnamic Aldehyde含有漢方薬による薬疹の4症例. 皮膚臨床 37 : 715-719, 1995
4) 久保田智樹, ほか : 葛根湯中のマオウによる播種状紅斑丘疹型薬疹の1例. 日皮アレルギー会誌 12 : 9-13, 2004
5) 清水秀樹, ほか : 総合感冒薬および麻黄の成分である塩酸プソイドエフェドリンによる急性汎発性発疹性膿疱症. 日皮会誌 115 : 2245-2249, 2005
6) 内藤裕史 : 腸間膜静脈硬化症と漢方生薬・山梔子との関係. 日医会誌 142 : 585-591, 2013
7) 金澤伸雄, ほか : 漢方薬内服により誘発されたショウガアレルギー. J Environ Dermatol Cutan Allergol 9 : 424, 2015
8) Lim YL, Thirumoorthy T : Serious cutaneous adverse reactions to traditional Chinese medicines. Singapore Med J 46 : 714-717, 2005
9) 永尾圭介 : 薬疹の検査法-薬剤添加リンパ球刺激試験 (DLST) の原理と読み方-. Derma 198 : 29-34, 2012
10) 西村明子, ほか : 健常人における漢方薬によるリンパ球刺激試験に関する検討. 皮の科 9 : 452-457, 2010
12) 花田豪郎, ほか : 好塩基球活性化試験が原因薬剤の同定に有用であった葛根湯による薬剤性肺障害の1例. 日呼吸誌 1 : 135-140, 2012
P.93 掲載の参考文献
1) 千貫祐子, ほか : セツキシマブによるアナフィラキシーショックの4例-α-gal特異的IgE検出による回避の可能性-. 日皮会誌 124 : 179-183, 2014
5) Commins SP, et al : The relevance of tick bites to the production of IgE antibodies to the mammalian oligosaccharide galactose-α-1,3-galactose. J Allergy Clin Immunol 127 : 1286-1293, 2011
6) 千貫祐子, ほか : 牛肉アレルギー患者20例の臨床的および血清学的解析. 日皮会誌 123 : 1807-1814, 2013
8) 千貫祐子 : セツキシマブによるアナフィラキシー. Derma 264 : 69-75, 2017
9) Hashizume H, et al : Repeated Amblyomma testudinarium tick bites are associated with increased galactose-α-1,3-galactose carbohydrate IgE antibody levels : A retrospective cohort study in a single institution. J Am Acad Dermatol 78 : 1135-1141, 2018
P.98 掲載の参考文献
5) Wallace DJ : Antimalarial drugs in the treatment of rheumatic diseases. In : Furst DE, editor. Wellesley MA : UpToDate : 2017.
8) Mates M, et al : Desensitization to hydroxychloroquine--experience of 4 patients. J Rheumatol 33 : 814-816, 2006
12) Cameron MC, et al : Hydroxychloroquine-induced fatal toxic epidermal necrolysis complicated by angioinvasive rhizopus. Dermatol Online J 20 : pii 13030/qt1q90q0h5, 2014
14) Girijala RL, et al : Pustular DRESS Syndrome Secondary to Hydroxychloroquine With EBV Reactivation. J Drugs Dermatol 18 : 207-209, 2019
17) 佐野栄紀 : 生物学的製剤のパラドックス反応機序. 臨皮 69 (増) : 59-62, 2015
18) McCoy SS, et al : Exacerbation of Psoriasis due to hydroxychloroquine. ARCHIVES OF MEDICINE 7 : 9, 2015
P.102 掲載の参考文献
4) 長谷川元 : 透析患者に対するワーファリン使用に関する諸問題 有効性と危険性, Calciphylaxis , ワーファリン皮膚壊死, ワーファリン関連腎症. 日血管外会誌 26 : 83-90, 2017
5) 中村考伸, ほか : Calciphylaxis によると考えられた陰茎壊死の1例. Skin Surg 19 : 98-102, 2010
6) 林松彦, ほか : 全国調査に基づくカルシフィラキシス診断基準の提案. 日透析医学会誌 45 : 551-557, 2012
7) 渡邉萌理, ほか : Deep dissecting hematomaの1例. 皮膚臨床 56 : 683-686 , 2014
P.104 掲載の参考文献

第II章 薬剤による特殊な皮膚障害

P.111 掲載の参考文献
11) Hong JH, et al : Fenofi brate-Induced Photosensitivity-A Case Report and Literature Review. Dermatol Sinica 27 : 37-43, 2009
P.117 掲載の参考文献
11) 戸倉新樹 : 光線過敏型薬疹. 最新皮膚科学体系 第5巻 (1版), 玉置邦彦編. 中山書店, P75-82, 2004
12) Fukushima A, et al : A Case of Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Suspected to Be Induced by Voriconazole Phototoxicity. Jpn J Dermatol 126 : 411-418, 2016
13) Tone J, et al : Two Cases of Rapidly Progressive Squamous Cell Carcinomas Emerging during Long-term Voriconazole Therapy. J Environ Dermatol Cutan Allergol 10 : 29-34, 2016
P.122 掲載の参考文献
2) 本間大, 飯塚一 : ヒドロキシカルバミド (ハイドレア(R)) による皮膚潰瘍. 皮膚臨床 54 (臨増) : 1583-1587, 2012
3) 畠清彦 (監) : ハイドレア(R) カプセルを服用される患者さまへ. ブリストル・マイヤーズ スクイブ, 2016 (https://www.bms.com/assets/bms/japan/documents/11-27-17/HDpatient1607.pdf)
5) 村田朋子, ほか : ハイドロキシウレアによる難治性の皮膚潰瘍部に生じた有棘細胞癌の1例. 臨皮 63 : 249-252, 2009
6) 石川由華, ほか : ハイドレア内服中に顔面に多発した有棘細胞癌. 皮病診療 27 : 1281-1284, 2005
7) Ito E, et al : Hydroxyurea-induced amyopathic dermatomyositis presenting with heliotrope erythema. Dermatol Online J 20 : pii : 13030/qt2r11f768, 2014
9) 岩間英明, ほか : 分層植皮術を施行したヒドロキシカルバミドによる下腿潰瘍の1例. 皮膚臨床 58 : 376-379, 2016
10) 井上雄二, ほか : 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-1 : 創傷一般. 日皮会誌 121 : 1539-1559, 2011
11) 臼井圭子, ほか : ハイドロキシウレアを18年間内服後に生じた下腿潰瘍. 皮膚臨床 50 : 609-612, 2008
12) 東前和奈, ほか : ハイドロキシウレアによる皮膚潰瘍 : 薬剤中止後にも症状が再燃した1例. 皮の科 12 : 74-78, 2013
13) 矢野有沙, ほか : ハイドロキシウレアの投与中に生じた難治性皮膚潰瘍部に有棘細胞癌およびボーエン病を合併した1例. Skin Cancer 32 : 39-43, 2017
15) Salmon-Ehr V, et al : Multiple actinic keratosis and skin tumors secondary to hydroxyurea treatment. Dermatology 196 : 274, 1998
P.130 掲載の参考文献
9) Extra JM, et al : Phase I and pharmacokinetic study of Taxotere (RP 56976 ; NSC 628503) given as a short intravenous infusion. Cancer Res 53 : 1037-1042, 1993
17) NSFとガドリニウム造影剤使用に関する合同委員会 : 腎障害患者におけるガドリニウム造影剤使用に関するガイドライン 第2版. 2009 (https://cdn.jsn.or.jp/jsn_new/news/guideline_nsf_090902.pdf)
P.135 掲載の参考文献
1) 竹石美智雄, 三村俊英 : ロイコボリンおよびクエストランによるレスキュー. リウマチ科 32 : 178-184, 2004
2) 糟谷啓, ほか : メトトレキサート投与中の関節リウマチ患者の下腿に出現したB細胞リンパ腫の1例. 臨皮 64 : 319-322, 2010
3) 糟谷啓 : 免疫抑制剤とリンパ増殖性疾患. 皮アレルギーフロンテ 8 : 81-84, 2010
4) 糟谷啓, ほか : 免疫抑制剤とリンパ腫. 日皮会誌 126 : 1433-1438, 2016
8) 青田泰雄, ほか : 腸管穿孔を契機に診断に至ったメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患 (methotrexate-associated lymphoproliferative disorder : MTX-LPD). 日老医誌 54 : 567-572, 2017
14) Cornejo CM, et al : Low-dose radiotherapy for primary cutaneous anaplastic large-cell lymphoma while on low-dose methotrexate . Cutis 98 : 253-256, 2016
P.138 掲載の参考文献
4) 市川博雄, ほか : 免疫性神経疾患に対する免疫グロブリン静注療法の副作用に関する研究. 神経治療 19 : 607-614, 2002
5) 他田正義, ほか : 大量免疫グロブリン静注療法 (IVIG) による汗疱様皮膚障害. 脳と神経 55 : 401-405, 2003
7) 横山恵美, ほか : 特発性血小板減少性紫斑病患者に免疫グロブリンを大量投与後に生じた汗疱の1例. 皮膚臨床 46 : 1246-1247, 2004
8) 田口佳代子, ほか : 免疫グロブリン大量療法にて生じた汗疱の4例. 皮膚臨床 49 : 1073-1076 , 2007
9) 定平知江子, ほか : 免疫グロブリン大量療法後に汗疱からはじまる皮膚障害を呈した2例. J Environ Dermatol Cutan Allergol 4 : 154-162, 2010
13) 鈴木敬子, ほか : γグロブリン大量療法により汗疱様皮疹を生じた1例. 皮の科 4 : 31-35, 2005
P.143 掲載の参考文献
1) 平成28年国民健康・栄養調査結果の概要 : 厚生労働省健康局健康課栄養指導室栄養調査課係 : (https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf)
4) Storkel S, et al : Iatrogenic, insulin-dependent, local amyloidosis. Lab Invest 48 : 108-111, 1983
6) 伊藤志保, ほか : Insulin-induced lipohypertrophyの1例. 臨皮 51 : 1020-1022, 1997
8) 吉嵜友之, 本田宗宏 : インスリン吸収に及ぼす影響を検討しえた皮下局所的アミロイド沈着の1例. 糖尿病 55 : 786-792, 2012
9) 田嶼尚子, ほか : 1型糖尿病の実態調査, 客観的診断基準, 日常生活・社会生活に着目した重症度評価の作成に関する研究. 平成28年度厚生労働科学研究成果データベース (https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201608013A)
10) 末木博彦 : アミロイドーシス診療のアルゴリズム. 皮膚臨床 55 : 167-175, 2013
12) 楠和久, ほか : インスリン注射による皮下腫瘤の病理組織, 画像所見およびインスリン吸収についての検討. 糖尿病 58 : 388-397, 2015
13) 高尾真理子, ほか : インスリン注射部位に生じた限局性皮膚アミロイドーシスの1例. 皮膚臨床 54 : 796-797, 2012
14) 大谷稔男 : インスリンボール. 臨皮 67 : 18-22, 2013
P.145 掲載の参考文献
1) 福田英三, 福田英嗣 : 薬疹情報 (第17版). 福田皮ふ科クリニック, 2017
2) 檜垣祐子 : 苔癬型薬疹. 薬疹のすべて, 池澤善郎, 相原道子編, 南江堂, p213, 2008
3) 福田英嗣 : 苔癬型薬疹 今と昔. 皮膚病診療 32 : 563-569, 2010
4) 小玉肇 : 苔癬型薬疹と扁平苔癬. 皮膚科診療プラクティス 19 薬疹を極める, 塩原哲夫ほか編, 文光堂, p165-168, 2006
5) 川島啓道, ほか : ニボルマブによる扁平苔癬型薬疹の1例. 皮膚臨床 61 : 17-21, 2019
7) 塩原哲夫 : Lichen PlanusとLichenoid Drug Eruption . 皮膚臨床 38 : 1207-1211, 1996

第III章 有害事象の発生機序

P.152 掲載の参考文献
7) Kataoka S, et al : Distinct kinetics of two pathologies induced in mice by topical treatment with imiquimod cream : Psoriasis-like inflammation and systemic autoimmunity. J Dermatol Sci. pii : S0923-1811 (18) 30214-17, 2018
P.157 掲載の参考文献
P.162 掲載の参考文献
P.169 掲載の参考文献
5) Kano Y, et al : Sequelae in 145 patients with drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms : survey conducted by the Asian Research Committee on Severe Cutaneous Adverse Reactions (ASCAR). J Dermatol 42 : 276-282, 2015
P.174 掲載の参考文献
10) Rai R, et al : Multifocal bullous fixed drug eruption mimicking Stevens-Johnson syndrome. Indian J Dermatol Venereol Leprol 68 : 175-6, 2002
11) 水川良子, 狩野葉子 : 口唇に生じる固定薬疹. Derma 251 : 22-28, 2016

最近チェックした商品履歴

Loading...