人口学事典(電子書籍版)

出版社: 丸善出版
著者:
発行日: 2018-12-20
分野: 医学一般  >  事典/辞典
ISBN: 9784621303078
電子書籍版: 2018-12-20 (電子書籍版)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

22,000 円(税込)

商品紹介

「地方消滅」が危惧され、希望子ども数の実現により出生力を1.8程度に向上させて2060年に1億人程度の人口を確保するためには、2040年頃までに出生力を置換水準の2.08まで回復させるという国全体としての人口ビジョン実現のための総合戦略が打ち出されました。このような時代状況を踏まえ、初学者からでも、人口について自ら調べ、考える手助けとなる、わかりやすくて使い勝手のよい事典を目指しました。

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • 編集委員一覧
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 見出し語五十音索引
  • 第I部 現代の人口問題
  • 第1章 人口成長 - 増加と減少
  • 人類史としての人口史
  • 世界の人口2000年史
  • 世界人口の将来
  • 日本の人口史
  • 現代日本の人口減少
  • アフリカの人口増加
  • スペイン風邪と人口減少
  • ペストと人口減少
  • 種痘と人口
  • ワクチン接種と乳幼児死亡率低下
  • 類人猿とヒトの増加
  • 遺伝子と人口
  • 災害と人口
  • 歴史上のカタストロフと人口危機
  • リプロダクティブ・ヘルス / ライツと人口増加
  • 食料資源と人口
  • 人口爆発と資源危機は現実か
  • 宗教と人口成長
  • 経済成長には人口増加が必須か
  • 第2章 人口の性・年齢構造の変化
  • 性比の不均衡
  • 出生性比と男児選好
  • 出生性比と女児選好
  • 遺伝学からみた性
  • 性比と結婚・出生
  • 性比と人口移動
  • 人口高齢化
  • 世代間移転と国民移転勘定
  • 人口ボーナスと人口オーナス
  • ユースバルジ
  • ベビーブームとベビーバスト
  • 丙午と性年齢構造
  • 人口と世代
  • 第3章 長寿と健康
  • 寿命の歴史的伸長と疫学的転換
  • 寿命の性差
  • 寿命の国際比較
  • 健康寿命 ( 余命 )
  • 寿命の将来
  • 寿命の地域差
  • 長寿化の帰結
  • 社会経済階層と死亡・健康
  • 生活習慣と死亡・健康
  • 健康格差
  • 医療技術の進歩と死亡・健康
  • 長寿リスク
  • 死亡率の将来的な上昇リスク
  • 生物学的寿命
  • 第4章 出生率の変化
  • 出生力転換をめぐる理論
  • 戦後日本の出生率低下
  • 欧米先進諸国の少子化
  • 東アジアの少子化
  • 発展途上地域の出生率低下
  • 性行動と避妊
  • 自然出生力と妊孕力
  • 生殖テクノロジーの発展
  • 婚前妊娠と婚外出生
  • 少子化の経済的背景
  • 少子化と日本の社会保障制度
  • 出生力と文化
  • 教育と出生力
  • 現代日本の「妊娠のしやすさ」をめぐる議論
  • 第5章 結婚とパートナーシップ
  • 結婚とパートナーシップ
  • 前近代日本の結婚・離婚・再婚
  • 現代日本の結婚行動
  • 離婚と再婚
  • 現代日本の結婚の地域性
  • 現代日本の夫婦と家族
  • 現代日本の国際結婚
  • 前近代ヨーロッパの結婚パターン
  • 欧米諸国のパートナーシップ形成
  • アジアの結婚行動
  • LGBT
  • 結婚と家族をめぐる価値意識の変化
  • 第6章 家族と世帯の変化
  • 世帯と家族
  • 世帯規模
  • 世帯構造
  • 離家
  • 世帯形成
  • 高齢者の居住状態
  • 家族と世帯の地域性
  • 家族周期の変化
  • 国勢調査以前の家族と地域性
  • 家族とライフコースの歴史的変化
  • ヨーロッパの伝統的家族と世帯
  • 東アジアの伝統的家族と世帯
  • 第7章 労働力と雇用
  • 若者と雇用
  • 高齢者の雇用
  • 男女雇用機会均等法と女性の就業
  • 非正規雇用問題
  • 医療・介護マンパワーの不足
  • 外国人労働者問題
  • 企業内教育と雇用
  • 経済のグローバル化と雇用
  • 失業問題
  • 学校から仕事へ
  • 労働市場の流動化
  • 地域再生と雇用創出
  • 日本的雇用システムと労働市場
  • 長時間労働の解消とワーク・ライフ・バランス
  • 多様化する雇用形態と働き方の見直し
  • 震災復興と雇用
  • 第8章 人口分布と地域人口
  • 歴史からみた過密と過疎
  • 教育の地域差
  • 経済の地域差
  • 財政力の地域差
  • 社会基盤と地域人口
  • 外国人の移動と分布
  • 地方消滅
  • 人口分布と国土計画
  • 地域人口とコンパクトシティ
  • 世界の都市化とメガシティ
  • 第9章 人口移動
  • 国際人口移動の新潮流
  • 途上国の過剰都市化
  • 中国の戸籍制度と国内人口移動
  • 日本の国際人口移動
  • 日系移民
  • 日本の国際結婚移動
  • 東京圏への一極集中
  • 過疎化と人口減少社会
  • 戦後日本のUターン移動
  • 居住経歴と生涯移動
  • 郊外化の終焉
  • 高齢人口移動
  • 結婚の地域的ミスマッチ
  • 東日本大震災と人口移動
  • 第10章 人口政策
  • 人口問題と人口政策
  • 出生促進政策と出生抑制政策
  • 国際人口移動をめぐる日本の政策
  • 戦前の人口政策と家族政策
  • 戦時下の人口政策
  • 戦後の人口政策
  • 人口減少と財政問題
  • 人口高齢化と年金制度改革
  • 人口高齢化と医療・介護
  • 少子化と家族形成支援
  • 第二次ベビーブーム以降の人口政策
  • 次世代育成支援対策と子育て
  • 結婚・出産・子育てをめぐる近年の政策
  • 第II部 人口学の方法
  • 第11章 学際科学としての人口学
  • 人口経済学
  • 人口地理学
  • 人口人類学
  • 数理人口学
  • 感染症の人口学
  • シミュレーション人口学
  • 生物人口学
  • 医療人口学
  • 考古人口学
  • 社会人口学
  • 歴史人口学
  • 人口と開発
  • 環境人口学・生態人口学
  • 家族人口学
  • 労働人口学
  • 農業と人口
  • 人口政策学
  • 宗教人口学
  • 第12章 人口統計
  • 人口の概念
  • 人口静態統計
  • 人口動態統計
  • 人口学的方程式
  • 住民基本台帳人口
  • 期間率の概念と生存のべ年数
  • 人口成長率
  • 人年人口
  • レキシス・ダイアグラム
  • コーホート率の概念
  • 現在推計人口
  • 国際人口移動統計
  • 世帯統計
  • 人口センサス
  • 人口調査
  • 第13章 死亡と寿命の分析
  • 死亡の測定
  • 死亡率の標準化
  • 平均寿命と生命表
  • 死亡データベース
  • 死亡率の数理モデル
  • 死亡率の経験モデル
  • リレーショナルモデル
  • リー・カーター・モデル
  • 寿命の差の要因分解
  • 死亡の小地域推定
  • 生命表と死因分析
  • 健康の生命表分析
  • 将来生命表
  • 多相生命表
  • 死因分類
  • 第14章 結婚と出生の分析
  • 結婚と出生の基礎統計
  • 結婚の年齢パターンの分析
  • 出生率変化の分析
  • 妊娠と出産の数理モデル
  • 結婚の生命表
  • 結婚と出生の経済学的分析
  • 結婚と出生の歴史人口学的分析
  • 出生力の近接要因
  • 自然出生力と抑制された出生力
  • 結婚と出生の人類生態学的分析
  • 出生意欲の分析
  • 家族形成プロセスの分析
  • 第15章 人口再生産の分析
  • 人口再生産
  • 人口成長と相互作用
  • 安定人口モデル
  • 離散時間人口モデル
  • 多状態人口モデル
  • 非線形人口モデル
  • 確率論的人口モデル
  • 両性人口モデル
  • 人口再生産指標
  • 基本再生産数
  • 人口動態事象モデル
  • ライフコースの分析
  • 人口高齢化とテンポ効果
  • 人口モメンタム
  • 人口転換の数理モデル
  • 第16章 人口分布の分析
  • 人口分布に関する統計
  • 人口分布の分析指標
  • 人口の集中度の測定
  • 都市化の測定
  • 都市の規模別分布の分析
  • 都市内人口密度分布の分析
  • 産業別・職業別人口の分析
  • 人口性比の分布の分析
  • 人口ポテンシャル
  • 人口の空間的拡散モデル
  • GISと地域人口分析
  • 第17章 人口移動の分析
  • 人口移動統計
  • 移動理由
  • 人口移動の分析指標
  • センサス間生残率法
  • 移動効果指数
  • 移動選択指数
  • 移動スケジュール
  • 人口移動の重力モデル
  • ハリス = トダロ・モデル
  • 地域間移動行列
  • 多地域人口成長モデル
  • 第18章 人口と世帯の将来推計
  • 将来人口推計
  • 将来人口推計の方法
  • 全国将来人口推計
  • 全国将来人口推計の出生仮定
  • 全国将来人口推計の死亡仮定
  • 全国将来人口推計の国際人口移動仮定
  • 全国将来人口推計の応用
  • 全国将来人口推計の国際比較
  • 地域将来人口推計
  • 地域将来人口推計の出生仮定
  • 地域将来人口推計の死亡仮定
  • 地域将来人口推計の人口移動仮定
  • 地域将来人口推計の応用
  • 地域将来人口推計の国際比較
  • 世帯数の将来推計
  • 世帯数の将来推計の方法 : 全国
  • 世帯数の将来推計の方法 : 都道府県
  • 世帯数の将来推計の応用
  • 第19章 人口学の応用
  • 応用人口学
  • マクロデータとミクロデータの連結
  • GISとビッグデータの応用
  • 人口学的属性と人間行動
  • 属性別人口の推計 : 教育と労働力状態
  • 属性別人口の推計 : 人種と言語・宗教
  • 属性別人口の推計 : 健康状態
  • 世代会計分析
  • エージェント・ベース・モデル
  • 公営施設の立地と公共サービス
  • 人口変動と予算配分政策
  • 人口学の政策的・法的応用
  • 人口学の公共政策への応用
  • 人口学の自然災害対策への応用
  • 人口学のマーケティング分析への応用
  • 人口学のアクセシビリティ分析への応用
  • 人口学の商圏分析への応用
  • 人口減少と市場規模
  • 付録
  • 【付録1】 大都市圏および非大都市圏の人口分布
  • 【付録2】 行政区分と人口分布 ( 都道府県 )
  • 【付録3】 行政区分と人口分布 ( 市区町村 )
  • 【付録4】 人口統計の入手方法
  • 和文参考・引用文献
  • 欧文参考・引用文献
  • 事項索引
  • 人名索引
  • 執筆者名索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I部 現代の人口問題

P.6 掲載の参考文献
河野稠果, 2000, 『世界の人口 第2版』東京大学出版会.
西秋良宏編, 2008, 『遺丘と女神-メソポタミア原始農村の黎明』東京大学出版会.
Bellwood, P., 2005, First Farmers : The Origins of Agricultural Societies, Blackwell. (長田俊樹・佐藤洋一郎監訳, 2008, 『農耕起源の人類史』京都大学学術出版会.)
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
P.7 掲載の参考文献
Livi-Bacci, M., 2011, A Concise History of World Population, 5th ed., John Wiley & Sons. (速水融・斎藤修訳, 2014, 『人口の世界史』東洋経済新報社.)
大塚柳太郎, 2015, 『ヒトはこうして増えてきた-20万年の人口変遷史』新潮社.
河野稠果, 2000, 『世界の人口 第2版』東京大学出版会.
P.8 掲載の参考文献
Clark, G., 2007, A Farewell to Alms : A Brief Economic History of the World, Princeton University Press. (久保恵美子訳, 2009, 『10万年の世界経済史』日経BP社.)
Maddison, A., 2007, Contours of the World Economy, 1-2030 AD, Oxford University Press. (政治経済研究所訳, 2015, 『世界経済史概観-紀元1年-2030年』岩波書店.)
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
P.9 掲載の参考文献
河野稠果, 2000, 『世界の人口 第2版』東京大学出版会, 第1章.
斎藤修, 2013, 「T・R・マルサス『人口論』」日本経済新聞社編『世界を変えた経済学の名著』日経ビジネス人文庫, pp.148-163.
P.11 掲載の参考文献
阿藤誠, 2016, 「世界の人口爆発再来か? 」『統計』, 67 (6) : 2-7.
阿藤誠・佐藤龍三郎編著, 2012, 『世界の人口開発問題』原書房.
United Nations Population Division, 2016, World Population Prospects : The 2015 Rivision. https://esa.un.org/unpd/wpp/
P.12 掲載の参考文献
梅棹忠夫編, 1891, 『文明学の構築のために』中央公論社.
鬼頭宏, 1996, 「明治以前 日本の地域人口」『上智経済論集』41 (2・3) : 65-79.
鬼頭宏, 2007, 『図説 人口で見る日本史』PHP研究所.
小山修三, 1983, 『縄文時代』中公新書.
斎藤修, 2018, 『1600年の全国人口-17世紀人口経済史再構築の試み』 (手稿本).
社会工学研究所編, 1971, 『日本列島における人口分布の長期時系列的分析』 (報告書).
須田昭義, 1952, 「我国文化中心の変遷と文化中心地帯の移動」日本人類学会編『日本民族』岩波書店, pp.7-15.
速水融, 1968, 『日本経済史への視角』東洋経済新報社.
吉田東伍, 1919, 『維新史八講』冨山房.
Farris, W. W., 2006, Japan's Medieval Population : Famine, Fer tility, and War fare in a Transformative Age, University of Hawai'i Press.
P.14 掲載の参考文献
石井太, 2010, 「人口モメンタム」人口学研究会編『現代人口辞典』原書房.
岩澤美帆, 2015, 「少子化をもたらした未婚化および夫婦の変化」高橋重郷・大淵寛編著『人口減少と少子化対策』原書房, pp.49-72.
大淵寛, 2002, 「少子高齢化社会の構造転換」『国民経済雑誌』186 (1) : 19-35.
河野稠果, 2007, 『人口学への招待』中公新書.
松田茂樹, 2013, 『少子化論』勁草書房.
山田昌弘, 2007, 『少子社会日本』岩波新書.
Lesthaeghe, R., 1995, "The Second Demographic Transition in Western Countries : An Interpretation", Mason, K. O. and Jensen, A. M. eds., Gender and Family Change in Industrialized Countries, Clarendon Press.
Lutz, W. and Qiang, R., 2002, "Determinants of Human Population Growth", Philosophical Transactions of the Royal Society, 23 August.
P.17 掲載の参考文献
河野稠果, 2007, 『人口学への招待-少子・高齢化はどこまで解明されたか』中公新書.
佐藤龍三郎・金子隆一編, 2016, 『ポスト人口転換期の日本』原書房.
P.18 掲載の参考文献
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
P.19 掲載の参考文献
早瀬保子, 1999, 『アフリカの人口と開発』アジア経済研究所.
P.20 掲載の参考文献
厚生労働省政策統括官, 2017, 『平成29年 我が国の人口動態-平成27年までの動向』厚生労働省政策統括官.
速水融, 2006, 『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ-人類とウイルスの第一次世界戦争』藤原書店.
速水融, 2009a, 「スペイン・インフルエンザは何を遺したか-歴史を視る立場」岡田晴恵編『増補新版 強毒性新型インフルエンザの脅威』藤原書店, pp.72-81.
Crosby, A. W., 2003, America's Forgotten Pandemic : The Influenza of 1918, Cambridge University Press. (西村秀一訳, 2009, 『史上最悪のインフルエンザ-忘れられたパンデミック 新装版』みすず書房.)
P.21 掲載の参考文献
井上孝, 2010, 「スペイン・インフルエンザによる死亡の拡散過程」高橋眞一・中川聡史編『地域人口からみた 日本の人口転換』古今書院, pp.77-98.
加地正郎, 2005, 『インフルエンザの世紀-「スペインかぜ」から「鳥インフルエンザ」まで』平凡社.
P.22 掲載の参考文献
飯島渉, 2000, 『ペストと近代中国』研文出版.
春日忠善, 1977, 「日本のペスト流行史」『科学』47 (11) : 687-700.
宮崎揚弘, 2015, 『ペストの歴史』山川出版社.
McNeill, W. H., 1976, Plagues and Peoples, Anchor Press. (佐々木昭夫訳, 1985, 『疫病と世界史 (上・下)』新潮社, 2007, 中公文庫.)
P.23 掲載の参考文献
飯島渉, 2000, 『ペストと近代中国』研文出版.
春日忠善, 1977, 「日本のペスト流行史」『科学』47 (11) : 687-700.
永島剛ほか編, 2017, 『衛生と近代-ペスト流行にみる東アジアの統治・医療・社会』法政大学出版局.
P.24 掲載の参考文献
井口乗海, 1929, 『痘瘡及種痘論』文光堂書店.
川口洋, 2015, 「統計資料から読み解く環境史-人口増加開始期の衛生・医療環境」『SEEDer』12 : 40-47.
須田圭三, 1992, 『飛騨の疱瘡史』教育出版文化協会.
Kawaguchi, H., 2014, "Faith Healing and Vaccination Against Smallpox in Nineteenth-Centuy Japan", Liu, T. ed, Environmental History in East Asia : Interdisciplinary Perspectives, Routledge, pp.273-295.
P.25 掲載の参考文献
添川正夫, 1987, 『日本痘苗史序説』近代出版.
Jannetta, A., 2007, The Vaccinators-Smallpox, Medical Knowledge, and the "Opening" of Japan, Stanford U. P. (廣川和花・木曾明子訳, 2013, 『種痘伝来-日本の <開国> と知の国際ネットワーク』岩波書店.)
Skold, P., 1996, The Two Faces of Smallpox-A Disease and its Prevention in Eighteenth- and Nineteenth-Century Sweden, Umea University.
P.26 掲載の参考文献
西田茂樹, 1986a, 「わが国近代の死亡率低下に対して医療技術が果たした役割について (1) 死亡率低下の死因構造について」『日本公衆衛生雑誌』33 (9) : 529-533.
西田茂樹, 1986b, 「わが国近代の死亡率低下に対して医療技術が果たした役割について (2) 死亡率低下に医療技術が果たした役割について」『日本公衆衛生雑誌』33 (10) : 605-616.
Keja, K. et al., 1988, "Expanded Programme on Immunization", World Health Statistics Quarterly, 41 (2) : 59-63.
McKeown, T., 1976, The Role of Medicine : Dream, Mirage, or Nemesis?, Nuffield Provincial Hospitals Trust.
P.27 掲載の参考文献
ローゼン, G., 小栗史朗訳 , 1974, 『公衆衛生の歴史』第一出版.
シュライオック, R. H., 大城功訳, 1974, 『近代医学の発達』平凡社.
マキューン, T., 酒井シヅ・田中靖夫訳 , 1992, 『病気の起源-貧しさ病と豊かさ病』朝倉書店.
P.30 掲載の参考文献
Hartl, D. L. and Clark, A. G., 2006, Principles of Population Genetics, 4th ed., Sinauer.
P.32 掲載の参考文献
大泉啓一郎, 2007, 『老いてゆくアジア-繁栄の構図が変わるとき』中公新書.
内閣府, 2016, 『平成28年度版 防災白書』.
Asian Disaster Reduction Center (ADRC), 2015, Natural Disaster Data Book 2015 An Analytical Overview.
Centre for Research on Epidemology of Disasters, 2015, "What is the Human Cost of Natural Disasters? (1994-2013)", Cred Crunch Newsletter, Issue No.3 (8 March).
Hirose, T., 1982, "Community Reconstruction and Functional Change Folllowing a Disaster in Japan", Disaster Research Center, University of Delaware, Preliminary Paper 74.
Munich, R. E., 2015, NatCatSERVICE, Loss events worldwide 1980-2014.
Rock Rockefeller Foundation, 2016, Report City Resilience Index, https://www.rockefellerfoundation.org/report/city-resilience-index/
UNFPA, 2007, State of World Population : Unleashing the Potential of Urban Growth. (国連人口基金, 2007, 『世界人口白書 拡大する都市の可能性を引き出す』.)
United Nations University Institute for Environment and Human Security (UNU-EHS) and Bundnis Entwicklung Hilft (BEH), 2017, World Risk Report.
Wisner, B. et al., 2004, At Risk : Natural Hazards : People's Vulnerability and Disasters, Routledge. (岡田憲夫監修, 渡辺正幸ほか訳, 2010, 『防災学原論』築地書館.)
P.33 掲載の参考文献
内閣府編, 2016, 『平成28年度版 防災白書』.
国際連合人口基金編, 2007, 『世界人口白書 拡大する都市の可能性を引き出す』.
P.34 掲載の参考文献
リヴィーバッチ, M., 2014, 速水融・斎藤修訳, 『人口の世界史』東洋経済新報社.
Mann, C. C., 2006, 1491 : New Revelations of the Americas Before Columbus, Vintage Books.
Modelski, G., 2003, World Cities : -3000 to 2000, Faros 2000.
UNAIDS, 2017, "Fact Sheet-Latest Statistics on the Status of the AIDS Epidemic", http://www.unaids.org/en/resources/fact-sheet
Wikipedia, 2017, "World War II casualties", https://en.wikipedia.org/wiki/World_War_II_casualties
P.35 掲載の参考文献
リヴィーバッチ, M., 速水融・斎藤修訳, 2014, 『人口の世界史』東洋経済新報社.
ダイアモンド, J., 楡井浩一訳, 2012, 『文明崩壊-滅亡と存続の命運を分けるもの』草思社文庫.
P.36 掲載の参考文献
国連人口基金, 1995-2018, 『世界人口白書』 (テーマによりリプロダクティブ・ヘルス/ライツを特集している年度も多く参考になる).
P.38 掲載の参考文献
Boserup, E., 1965, The Condition of Agricultural Growth : The Economics of Agrarian Change under Population Pressure, Earthscan.
P.39 掲載の参考文献
Cohen, J. E., 1995, How Many People Can the Earth Support?, W. W. Norton. (重定南奈子ほか訳, 1998,『新「人口論」-生態学的アプローチ』農山漁村文化協会.)
P.40 掲載の参考文献
ロンボルグ, B., 2003, 山形浩生訳, 『環境危機をあおってはいけない-地球環境のホントの実態』文藝春秋.
Boserup, E., 1981, Population and Technological Change : A Study of Long-Term Trends, University of Chicago Press. (尾崎忠二郎・鈴木敏央訳, 1991, 『人口と技術移転』大明堂.)
Ehrlich, P. R. and Ehrlich, A. H., 1990, The Population Explosion, Simon & Schuster.
P.41 掲載の参考文献
コーエン, J. E., 重定南奈子ほか訳, 1998, 『新「人口論」-生態学的アプローチ』農山漁村文化協会.
大塚柳太郎, 2015, 『ヒトはこうして増えてきた-20万年の人口変遷史』新潮選書.
P.43 掲載の参考文献
早瀬保子・小島宏編著, 2013, 『世界の宗教と人口』原書房.
Pew Research Center, 2015, The Future of World Religions : Population Growth Projections, 2010-2050.
P.50 掲載の参考文献
林玲子, 2015a, 「日本の女性と移動-国内人口移動と国際人口移動」『季刊・社会保障研究』51 (2) : 181-184.
原俊彦, 2009, 「札幌市の少子化-人口移動と性比の変化」『人口学研究』45 : 21-33.
Desjardins, B., 2004, "Why is Life Expectancy Longer for Women than It is for Men? ", Scientific American, Aug 30 (http://www.scientificamerican.com/article/why--is-life-expectancy-lo/).
United Nations, 2014a, World Urbanization Prospects : The 2014 Revision, CD-ROM Edition.
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
United Nations, Department of Economic and Social Affairs, 2015b, Trends in International Migrant Stock : Migrants by Destination and Origin, United Nations database, POP/DB/MIG/Stock/Rev.2015.
P.53 掲載の参考文献
United Nations, Department of Economic and Social Affairs, 2015, The World's Women 2015-Trends and Statistics.
男女共同参画統計研究会, 2015, 『男女共同参画統計データブック 2015-日本の女性と男性』ぎょうせい.
P.54 掲載の参考文献
厚生労働省, 2010, 『平成22年度「出生に関する統計」の概況』厚生労働省.
Creland, J. et al., 1983, "Preferences for the Sex of Children and their Influence on Reproductive Behavior", World Fertility Survey Comparative Studies, No.27, International Statistical Institute.
Kukharenko, V. I., 1970, "The Primary Sex Ratio in Man (Analysis of 1014 Embryos)", Genetika, 6 : 142-149.
Miller, B. D., 1981, The Endangered Sex : Neglect of Female Children in Rural North India, Ithaca.
P.55 掲載の参考文献
P.56 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2016a, 「第15回出生動向基本調査 結果の概要」.
守泉理恵, 2008a, 「日本における子どもの性別選好-その推移と出生意欲との関連」『人口問題研究』64 (1) : 1-20.
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
Waldron, I., 1998, "Sex Differences in Infant and Early Childhood Mortality : Major Causes of Death ad Possible Biological Causes", United Nations ed., Too Young to Die : Genes or Gender, United Nations, pp.64-83.
Williamson, N. E., 1976, Sons or Daughters : A Cross-Cultural Survey of Parental Preferences, Sage Publications.
P.57 掲載の参考文献
United Nations, Department of Economic and Social Affairs, 1998, Too Young to Die : Genes or Gender?, United Nations.
Williamson, N. E. 1976, Sons or Daughters : A Cross-Cultural Survey of Parental Preferences, Sage Publications.
P.58 掲載の参考文献
P.59 掲載の参考文献
Gordo, I. and Charlesworth, B., 2000, "The Degeneration of Asexual Haploid Populations and the Speed of Muller's ratchet", Genetics, 154 : 1379-1387.
P.60 掲載の参考文献
安藏伸治, 1988, 「結婚に関する将来推計-性比尺度と一致性モデル」『政経論叢』56 (3・4) : 147-150.
小島宏, 1984, 「性比不均衡と結婚力 (Nuptiality) 変動-その結婚動向」『人口学研究』7 : 53-58.
鈴木透, 1989, 「結婚難の地域構造」『人口問題研究』45 (3) : 14-28.
原俊彦, 2009, 「札幌市の少子化-人口移動と性比の変化」『人口学研究』45 : 21-33.
P.61 掲載の参考文献
安藏伸治, 1988, 「婚姻に関する将来推計-性比尺度と一致性モデル」『政経論叢』56 (3・4) : 147-150.
小島宏, 1984, 「性比不均衡と結婚力 (Nuptiality) 変動-その研究動向」『人口学研究』7 : 53-58.
原俊彦, 2009, 「札幌市の少子化-人口移動と性比の変化」『人口学研究』45 : 21-33.
P.62 掲載の参考文献
内野澄子, 1984, 「女子人口移動の動向と特徴」『人口問題研究』厚生省人口問題研究所, 169 : 1-16.
工藤豪, 2011, 「結婚動向の地域性-未婚化・晩婚化からの接近」『人口問題研究』67 (4) : 3-21.
工藤豪, 2015, 「文化人類学的視点からみた結婚の地域性と多様性」高橋重郷・大淵寛編著『人口減少と少子化対策』 (人口学研究ライブラリー 16), 原書房, pp.153-178.
中川聡史, 2001, 「結婚に関わる人口移動と地域人口分布の男女差」『人口問題研究』57 (1) : 25-40.
原俊彦, 2009, 「札幌市の少子化-人口移動と性比の変化」『人口学研究』45 : 21-33.
P.63 掲載の参考文献
紀平英作編, 2007, 『グローバル化時代の人文学-対話と寛容の知を求めて (下) 共生への問い』京都大学学術出版会.
高橋眞一・中川聡史編, 2010, 『地域人口からみた 日本の人口転換』古今書院.
石川義孝ほか編, 2011, 『地域と人口からみた 日本の姿』古今書院.
P.67 掲載の参考文献
嵯峨座晴夫, 2012, 『人口学から見た少子高齢社会』佼成出版社.
浜口晴彦ほか編, 1996, 『現代エイジング辞典』早稲田大学出版部.
P.71 掲載の参考文献
P.72 掲載の参考文献
Jimenez, E. Y. and Murthi, M., 2006, "Investing in the Youth Bulge", Finance & Development, 43 (3) : 40.
Urdal, H., 2012, A Clash of Generation? Youth Bulges and Political Violence, Population Division, Department of Economic and Social Affairs, United Nations.
P.73 掲載の参考文献
ハインゾーン, G., 猪俣和夫訳, 2008, 『自爆する若者たち-人口学が警告する驚愕の未来』新潮選書.
P.74 掲載の参考文献
河野稠果, 2005, 「アメリカのベビーブーム-何故長く続いたか」『Reitaku International Journal of Economic Studies』13 (2) : 109-122.
Easterlin, R. A., 1987, Birth and Fortune : The Impact of Numbers on Personal Welfare, University of Chicago Press.
Ryder, N. B., 1980, "Components of Temporal Variations in American Fertility", Hiorns, R. W. ed., Demographic Patterns in Developed Societies, Taylor & Francis, pp.15-54.
P.75 掲載の参考文献
Morgan, P. S., 2003, "Baby Boom, Post-World War II", Demeny, P. and McNicoll G. eds., Encyclopedia of Population, (1) : 73-77.
P.76 掲載の参考文献
坂井博通, 1995, 「昭和41年「丙午」に関連する社会人口学的行動の研究」『人口学研究』18 : 29-38.
坂井博通, 1998, 『少子化への道』学文社.
P.77 掲載の参考文献
坂井博通, 1995, 「昭和41年「丙午」に関連する社会人口学的行動の研究」『人口学研究』18 : 29-38.
坂井博通, 1998, 「第3章 全体と部分のあやしい関係」『少子化への道』学文社, pp.123-127.
P.78 掲載の参考文献
朝日新聞, 2013, 『さとり世代を知っていますか 意外な素顔がわかる8つのレッスン』 (朝日新聞デジタルSELECT) Kindle版.
岡本洋一, 2011, 「戦後日本における世代形成-消費社会と世代」『同志社社会学研』15 : 43-56.
加藤久和, 2011, 『世代間格差-人口減少社会を問い直す』ちくま新書.
厚生労働省, http://www.mhlw.go.jp/
国土交通省, 2015, 「平成27年度補正予算案 三世代同居に対応した良質な木造住宅の整備の促進 (地域型住宅グリーン化事業の拡充) に係る情報提供について」.
国土交通省 国土交通政策研究所, 2009, 「三世代共生ユニバーサルデザイン社会の構築に向けた調査研究」『国土交通政策研究』第87号, http://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/kkk87.html
阪本節郎・原田曜平, 2015, 『たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書』東洋経済新報社.
高橋美由紀, 2005, 『在郷町の歴史人口学-近世における地域と地方都市の発展』ミネルヴァ書房.
長浜功, 1970, 「わが国における戦後世代論の展開と課題」『北海道大學教育學部紀要』17 : 1-15.
長山靖生, 2014, 『「世代」の正体』河出ブックス.
林谷啓美・本庄美香, 2012, 「高齢者と子どもの日常交流に関する現状とあり方」『園田学園女子大学論文集』46 : 69-87.
原田曜平, 2013, 『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』角川書店.
藤本耕平, 2015, 『つくし世代「新しい若者」の価値観を読む』光文社新書.
森岡清美, 1990, 「ライフコース研究におけるコウホートと世代」『成城文藝』成城大学文芸学部, 131 : 1-15.
e-Stat, 政府統計の総合窓口, 2016, https://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
P.81 掲載の参考文献
加藤久和, 2011, 『世代間格差-人口減少社会を問いなおす』ちくま新書.
森岡清美, 1990, 「ライフコース研究におけるコウホートと世代」『成城文藝』131 : 1-15.
P.86 掲載の参考文献
Bhat, P. N. M., 1989, "Mortality and Fertility in India, 1881-1961 : A Reassessment", Dyson, T. ed., India's Historical Demography : Studies in Famine, Disease and Society, Curzon Press, pp.73-118.
Costa, D. L., 2005, "Causes of Improving Health and Longevity at Older Ages : A Review of the Explanations", Genus 61 (1) : 21-38.
Crimmins, E. M. et al. eds., 2011, Explaining Divergent Levels of Longevity in High-Income Countries, National Academy Press.
Human Mortality Database, 2016, University of California, Berkeley, and Max Planck Institute for Demographic Research. Available at www.mortality.org.
McKeown, T., 1980, The Role of Medicine, Princeton University Press.
P.89 掲載の参考文献
堀内四郎, 2001, 「死亡パターンの歴史的変遷」『人口問題研究』57 (4) : 3-30.
ウィルモス, J. R., 石井太訳, 2010, 「人類の寿命伸長」『人口問題研究』66 (6) : 32-39.
P.90 掲載の参考文献
P.93 掲載の参考文献
山口喜一ほか編著, 1995, 『生命表研究』古今書院.
Preston, S. H., et al., 2001, Demography : Measuring and Modeling Population Processes, Blackwell Publishers.
P.94 掲載の参考文献
ウィルモス, J. R., 2010, 石井太訳, 「人類の寿命伸長-過去・現在・未来」『人口問題研究』66 (3) : 32-39.
リヴィーバッチ, M., 2014, 速水融・斎藤修訳, 『人口の世界史』東洋経済新報社.
United Nations, 2017, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
P.95 掲載の参考文献
United Nations, 2017, World Population Prospects : The 2017 Revision, United Nations Population Division.
ウィルモス, J. R., 石井太訳, 2010, 「人類の寿命伸長-過去・現在・未来」『人口問題研究』66 (3) : 32-39.
P.96 掲載の参考文献
P.97 掲載の参考文献
齋藤安彦, 1999,『健康状態別余命』日本大学人口研究所研究報告シリーズ No. 8.
P.98 掲載の参考文献
ウィルモス, J. R., 2010, 石井太訳, 「人類の寿命伸長-過去・現在・未来」『人口問題研究』66 (3) : 32-39.
United Nations, 2017, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
Wilmoth, J. R., 1997, "In Search of Limits", Wachter, K. W. and Finch, C. E. eds., Between Zeus and the Salmon, The Biodemography of Longevity, National Academy Press, pp.38-64
P.99 掲載の参考文献
United Nations, 2017, World Population Prospects : The 2017 Revision, United Nations Population Division.
ウィルモス, J. R., 石井太訳, 2010, 「人類の寿命伸長-過去・現在・未来」『人口問題研究』66 (3) : 32-39.
P.100 掲載の参考文献
菅桂太, 2018, 「市区町村別生命表作成の課題-小地域における死亡数の撹乱的変動とベイズ推定における事前分布のパラメータを設定する「地域」区分が平均寿命へ及ぼす影響」『人口問題研究』74 (1) : 3-28.
P.103 掲載の参考文献
United Nations, 1986, "Consequences of Mortality Trend and Differentials", Population Studies, (95)
P.104 掲載の参考文献
P.106 掲載の参考文献
国立がん研究センターがん情報サービス, 2016, 「日本人のためのがん予防法-現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法」, https://ganjoho.jp/public/pre_scr/prevention/evidence_based.html
Association of Faculties of Medicine of Canada, 2017, AFMC Primer on Population Health, 2nd ed., https://afmc.ca/AFMCPrimer.pdf
Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Handwashing : Clean Hands Save Lives, https://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html
International Diabetes Federation, 2015, IDF Diabetes Atlas 7th Edition (2015) -International Diabetes Federation, Brussels.
World Health Organization, 1986, "Ottawa Charter for Health Promotion", http://www.who.int/healthpromotion/conferences/previous/ottawa/en/
P.108 掲載の参考文献
P.109 掲載の参考文献
川上憲人ほか編, 2015,『社会と健康-健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ』東京大学出版会.
近藤克則, 2010, 『「健康格差社会」を生き抜く』朝日新聞出版.
P.110 掲載の参考文献
池田奈由ほか, 2011, 「日本 : 国民皆保険達成から50年 1-なぜ日本国民は健康なのか」『ランセット』日本特集号 : 29-43.
中央社会保険医療協議会, 2012, 費用対効果評価専門部会 (第3回) 資料, http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002f163.html
西田茂樹, 1986b, 「わが国近代の死亡率低下に対して医療技術が果たした役割について (2) 死亡率低下に医療技術が果たした役割について」『日本公衆衛生雑誌』33 (10) : 605-616.
堀内四郎, 2010, 「日本人の寿命伸長-要因と展望」『人口問題研究』66 (3) : 40-49.
The International Network of Agencies for Health Technology Assessment (INAHTA), http://www.inahta.org/
P.111 掲載の参考文献
堀内四郎, 2010, 「日本人の寿命伸長-要因と展望」『人口問題研究』66 (3) : 40-49.
池田奈由ほか 2011, 「1. なぜ 日本国民は健康なのか」『ランセット 日本特集号-国民皆保険達成から50年』pp.29-43.
P.112 掲載の参考文献
P.113 掲載の参考文献
日本アクチュアリー会, 2015, 「将来死亡率推計と年金アクチュアリー」『2014年度年次大会報告集』.
P.114 掲載の参考文献
ウィルモス, J. R., 2010, 石井太訳, 「人類の寿命伸長-過去・現在・未来」『人口問題研究』66 (3) : 32-39.
河野稠果, 2000, 『世界の人口 第2版』東京大学出版会.
堀内四郎, 2001, 「死亡パターンの歴史的変遷」『人口問題研究』57 (4) : 3-30.
Bourgeois-Pichat, J., 1978, "Future Outlook for Mortality Decline in the World", Population Bulletin of the United Nations, 11 : 12-41.
Gavrilov, L. A. and Gavrilova, N. S., 1991, The Biology of Life Span : A Quantitative Approach, Harwood Academic Publishers.
Lopez, A., 1999, "Alcohol and Smoking as Risk Factors", Health and Mortality : Issues of Global Concern, United Nations, pp.374-411.
Olshansky, S. J. et al., 1998, "Emerging Infectious Diseases : The Fifth Stage of the Epidemiologic Transition? ", World Health Statistics Quarterly, 51 (2/3/4) : 207-217.
United Nations, 2017, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
WHO, 2007, Protection from Exposure to Second-hand Tobacco Smoke : Policy Recommendations.
Wilmoth, J. R., 1997, "In Search of Limits", Wachter, K. W. and Finch, C. E. eds., Between Zeus and the Salmon, The Biodemography of Longevity, National Academy Press, pp.38-64
P.116 掲載の参考文献
柴田博, 2000, 『肉食のすすめ』経済界リュウブックス.
白澤卓二, 2002, 『老化時計-寿命遺伝子の発見』中公新書ラクレ.
瀬名秀明・太田成男, 2000, 『ミトコンドリアと生きる』角川書店.
本川達雄, 1992, 『ゾウの時間 ネズミの時間-サイズの生物学』中公新書.
Gavrilov, L. A. and Gavrilova, N. S., 1991, The Biology of Life Span : A Quantitative Approach, Harwood Academic Publishers.
Mori, Y. and Nakazawa, M., 2003, "A New Simple Etiological Model of Human Death", The Journal of Population Studies (人口学研究), 33 : 27-39.
P.119 掲載の参考文献
P.126 掲載の参考文献
阿藤誠, 2010, 「第二の人口転換」人口学研究会編『現代人口辞典』原書房, pp. 205-206.
佐藤龍三郎, 2008, 「日本の「超少子化」-その原因と政策対応をめぐって」『人口問題研究』64 (2) : 10-24.
Bongaarts, J. and Potter, R., 1983, Fertility, Biology, and Behavior, Academic Press.
van de Kaa, D. J., 2003, "Second Demographic Transition", Demeny, P. and McNicoll, G. eds., Encyclopedia of Population, Macmillan Reference, pp.872-875.
P.127 掲載の参考文献
日本人口学会編, 2002,「13. 生殖能力と出生力」『人口大事典』培風館, pp.477-513.
河野稠果, 2007,『人口学への招待-少子・高齢化はどこまで解明されたか』中央公論新社 (特に第4, 5, 6, 7章).
岩澤美帆ほか, 2016,「ポスト人口転換期の出生動向」佐藤龍三郎・金子隆一編『ポスト人口転換期の日本』原書房, pp. 55-90.
早瀬保子・大淵寛編, 2010, 『世界主要国・地域の人口問題』原書房.
P.128 掲載の参考文献
阿藤誠編, 1996, 『先進諸国の人口問題-少子化と家族政策』東京大学出版会.
厚生労働省, 2016a, 『平成28年我が国の人口動態 (平成26年までの動向)』.
国立社会保障・人口問題研究所, 2012, 『日本の将来推計人口-平成23 (2011) ~72 (2060) 年-附 : 参考推計 平成73 (2061) ~122 (2110)年 平成24年1月推計』人口問題研究資料第326号.
国立社会保障・人口問題研究所, 2016a, 「第15回出生動向基本調査 結果の概要」.
国立社会保障・人口問題研究所, 2016b, 『人口統計資料集 2016』.
鈴木透, 2012, 「日本・東アジア・ヨーロッパの少子化-その動向・要因・政策対応をめぐって」『人口問題研究』68 (3) : 14-31.
P.131 掲載の参考文献
佐藤龍三郎・金子隆一編著, 2016,『ポスト人口転換期の日本』原書房.
津谷典子・樋口美雄編, 2009,『人口減少と日本経済』日本経済新聞出版社.
P.132 掲載の参考文献
阿藤誠, 2005a, 「少子化をめぐる研究の課題と展望」『人口学研究』古今書院, pp. 1-10.
阿藤誠, 2011, 「超少子化の背景と政策対応」阿藤誠他編『少子化時代の家族変容-パートナーシップと出生行動』東京大学出版会, pp. 1-16.
山口一男, 2009, 『ワークライフバランス-実証と政策提言』日本経済新聞社.
INED (フランス国立人口統計学研究所, Institut national d'etudes demographiques), 2016, Developed Countries Demography, https://www.ined.fr/en/
van de Kaa, D. J., 1987, "Europe's Second Demographic Transition", Population Bulletin, 42 (1) : 1-59.
P.135 掲載の参考文献
阿藤誠ほか編, 2011, 『少子化時代の家族変容-パートナーシップと出生行動』東京大学出版会.
P.136 掲載の参考文献
田雪原, 2007, 『21世紀中国人口友展戦略研究』社会科学文献出版社. (中国語)672
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
P.138 掲載の参考文献
阿藤誠, 2016, 「世界の人口爆発再来か? -国連の新人口推計が示唆するもの」『統計』2016年6月号 : 2-7.
大橋慶太, 2016, 「アフリカの高出生率と家族計画に焦点を当てて」『統計』2016年6月号 : 15-22.
佐藤龍三郎, 2005, 「少子化とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」大淵寛・阿藤誠編著『少子化の政策学』原書房, pp.189-214.
Guttmacher Institute, 2016, Fact Sheet : Induced Abortion Worldwide, (pdf, online).
UN Inter-Agency Group for Child Mortality Estimation (IGME), 2015, Child Mortality Estimation, UNICEF (online), http://www.childmortality.org/index.php?r=site/index
United Nations, 2011a, World Fertility Reports 2009, (pdf, online).
United Nations, 2015a, World Population Prospects : The 2015 Revision, United Nations Population Division.
United Nations, 2015c, Trends in Contraceptive Use World Wide 2015, (pdf,online).
WHO, 2015, Trends in Maternal Mortality : 1990-2015 (Estimated by WHO, UNICEF, UNFPA, World Bank Group and the United Nations Population Division), (pdf, online).
P.141 掲載の参考文献
佐藤龍三郎・池上清子, 2012, 「出生力転換とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」阿藤誠・佐藤龍三郎編著『世界の人口開発問題』原書房, pp.137-174.
P.142 掲載の参考文献
Trussell, J., 2007, "Choosing a Contraceptive : Efficacy, Safety, and Personal Considerations", Hatcher, R. A. et al. eds., Contraceptive Technology : Nineteenth Revised Edition, Ardent Media, pp.19-47.
United Nations, 2016, World Contraceptive Use 2016, United Nations. (http://www.un.org/en/development/desa/population/publications/dataset/contraception/wcu2016.shtm1)
P.144 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2016d, 「表4-12 有配偶女性の年齢 (5歳階級) 別出生率 : 1930~2010年」『人口統計資料集 2016年版』, http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2016.asp?fname=T04-12.htm
Wood, J. W., 1994, Dynamics of Human Reproduction : Biology, Biometry, Demography, Aldine de Gruyter.
P.145 掲載の参考文献
Wood, J. W., 1994, Dynamics of Human Reproduction : Biology, Biometry, Demography, Aldine de Gruyter.
日本人口学会編, 2002, 「13. 生殖能力と出生力」『人口大事典』培風館, pp.477-513.
P.146 掲載の参考文献
斎藤英和, 2015, 「平成26年度倫理委員会 登録・調査省委員会報告 (2013年分の体外受精・胚移植等の臨床実施成績および2015年7月における登録施設名)」『妊産婦誌』67 (9) : 2077-2121.
CDC, 2015, 2013 Assisted Reproductive Technology National Summary Report, http://www.cdc.gov/art/pdf/2013-report/art_2013_national_summary_report.pdf
P.147 掲載の参考文献
柘植あづみ, 2005, 「第7章 生殖補助医療に関する議論から見る「日本」」『現代生殖医療 社会科学からのアプローチ』世界思想社, pp.138-158.
利光惠子, 2012, 『受精卵診断と出生前診断 その導入をめぐる争いの現代史』世界書院.
シリーズ生命倫理学編集委員会編, 2012, 『シリーズ生命倫理学 6, 生殖医療』丸善出版.
P.148 掲載の参考文献
岩澤美帆, 2017, 「2000年代の日本における婚外子-父親との同別居, 社会経済的状況とその多様性」『人口学研究』53 : 47-61.
岩澤美帆・鎌田健司, 2013, 「婚前妊娠結婚経験は出産後の女性の働き方に影響するか? 」『日本労働研究雑誌』638 : 17-32.
落合恵美子, 2004, 「歴史的に見た 日本の結婚」『家族社会学研究』15 (2) : 39-51.
Suzuki, T., 2005, "Why is Fertility in Korea Lower than in Japan? ",『人口問題研究』61 (2) : 23-39.
P.149 掲載の参考文献
Wu, L. and Wolfe, B. eds., 2001, Out of Wedlock : Causes and Consequences of Nonmarital Fertility, Russell Sage Foundation.
P.150 掲載の参考文献
内閣府, 2005, 『平成17年版国民生活白書』.
内閣府, 2014, 『平成26年版少子化社会対策白書』.
P.151 掲載の参考文献
加藤久和, 2007, 『人口経済学』日経文庫.
阿部正浩ほか, 2016, 「政府はどのような少子化対策を行ってきたのか? 」阿部正浩編『少子化は止められるか?』有斐閣, pp. 21-45.
P.152 掲載の参考文献
厚生労働省, 2015a, 『平成27年版 厚生労働白書-人口減少社会を考える』厚生労働省.
内閣府, 2015a, 『平成27年版少子化社会対策白書』.
P.156 掲載の参考文献
河野稠果, 2000, 『世界の人口 第2版』東京大学出版会.
早瀬保子, 2013, 「宗教と出生力」早瀬保子・小島宏編『世界の宗教と人口』原書房, pp. 31-62.
Caldwell, J. C., 1998, "Mass Education and Fertility Decline," Demeny, P. and McNicoll, G. eds., The Eastern Reader in Population and Development, Eastern Publications.
United Nations, 2011b, World Contraceptive Use 2010.
United Nations, 2011c, World Abortion Policies 2011.
P.157 掲載の参考文献
P.158 掲載の参考文献
苛原稔, 2015, 「文部科学省高校生用啓発教材「健康な生活を送るために」の中の「20. 健やかな妊娠・出産のために」に関する意見」日本生殖医学会webサイト 2015年9月7日, http://www.jsrm.or.jp/announce/089.pdf.
河邉宏, 1981, 「戦前における中等教育の普及と出生力との関係」『人口問題研究』158 : 1-10.
白波瀬佐和子, 1999, 「女性の高学歴化と少子化に関する一考察」『季刊社会保障研究』34 (4) : 392-401.
早瀬保子, 1994, 「女性の教育水準と出生力の国際比較分析」河野稠果『発展途上国の出生力-人口保険調査の国際比較』アジア経済研究所 (IDE-JETRO).
松村迪雄, 2000, 「国勢調査からみた我が国人口の姿 (9) 出生率」『統計』51 (2) : 36-38.
守泉理恵, 2005, 「少子化時代の教育と家族形成」大淵寛・兼清弘之編『少子化の社会経済学』原書房, pp.107-132.
Becker, G. S., 1991, A Treatise on the Family, Enlarged Edition, Harvard University Press.
P.159 掲載の参考文献
守泉理恵, 2005, 「少子化時代の教育と家族形成」大淵寛・兼清弘之編『少子化の社会経済学』原書房, pp.107-132,
早瀬保子, 1994, 「女性の教育水準と出生力の国際比較分析」河野稠果『発展途上国の出生力-人口保険調査の国際比較』アジア経済研究所 (IDE-JETORO).
ロバート・D・ラザフォードほか, 2004, 「日本における教育別出生力の推移 (1968~2000年)」日本大学人口研究所, East-West Center, 総務省統計研修所.
P.160 掲載の参考文献
西山千恵子・柘植あづみ編著, 2017, 『文科省/高校「妊活」教材の嘘』論創社.
広野彩子, 2014, 「キーパーソンに聞く-いつか妊娠したい人が知っておきたいタイムリミット-米サンディエゴ州立大学のジーン・トウェンギ教授に聞く米国「妊活」事情」『日経ビジネスオンライン』2014年7月4日, http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140626/267590/
Wood, J. W., 1994, Dynamics of Human Reproduction : Biology, Biometry, Demography, Aldine de Gruyter.
P.161 掲載の参考文献
P.166 掲載の参考文献
岩澤美帆, 2013, 「失われた結婚, 増大する結婚 : 初婚タイプ別初婚表を用いた1970年代以降の未婚化と初婚構造の分析」『人口問題研究』69 (2) : 1-34.
Todd, E., 1999, La diversite du monde, Seuil. (荻野文隆訳, 2008, 『世界の多様性』藤原書店.)
P.168 掲載の参考文献
阿藤誠, 1997, 「人口変動と家族変動」阿藤誠・兼清弘之編『人口変動と家族』大明堂.
落合恵美子, 2004, 「歴史的に見た 日本の結婚」『家族社会学研究』15 (2) : 39-51.
黒須里美編著, 2012, 『歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚』麗澤大学出版会.
高木侃, 1987, 『三くだり半-江戸の離婚と女性たち』 平凡社.
坪内良博・坪内玲子, 1970, 『離婚-比較社会学的研究』創文社.
速水融, 2009b, 『歴史人口学研究-新しい近世 日本像』藤原書店.
Fuess, H., 2004, Divorce in Japan : Family, Gender, and the State, 1600-2000, Stanford University Press.
Hajnal, J., 1965, "European Marriage Patterns in Perspective", Glass, D. V. and Eversley, D. E. C. eds., Population in History, Edward Arnold, pp.101-143. (木下太志訳, 2003,「ヨーロッパ型結婚形態の起源」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
P.171 掲載の参考文献
黒須里美編, 2012,『歴史人口学から見た結婚・離婚・再婚』麗澤大学出版会.
Fuess, H., 2004, Divorce in Japan : Family, Gender, and the State, 1600-2000, Stanford University Press.
P.172 掲載の参考文献
総務省統計局, 2016, 『労働力調査 (詳細集計) 長期時系列データ』, http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm
津谷典子, 2006, 「わが国における家族形成のパターンと要因」『人口問題研究』62 (1・2) : 1-19.
津谷典子, 2015, 「国勢調査からみた女性の社会的地位の変化」『統計』66 (7) : 1-6.
文部科学省, 2016, 『文部科学統計要覧 (平成28年版)』.
山田昌弘, 1999, 『パラサイト・シングルの時代』ちくま新書.
Kurosu, S. et al., 1999, "Regional Differentials in the Patterns of First Marriage in the Latter Half of Tokugawa Japan", Keio Economic Studies, 36 (1) : 13-38.
P.175 掲載の参考文献
阿藤誠ほか編, 2011, 『少子化時代の家族変容-パートナーシップと出生行動』東京大学出版会.
阿藤誠・津谷典子編著, 2007, 『人口減少時代の日本社会』原書房.
P.176 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2012, 『日本の将来推計人口-平成23 (2011) ~72 (2060) 年-附 : 参考推計 平成73 (2061) ~122 (2110)年 平成24年1月推計』人口問題研究資料第326号.
国立社会保障・人口問題研究所, 2017b, 『日本の将来推計人口 (平成29年推計)』.
余田翔平, 2014, 「再婚からみるライフコースの変容」『家族社会学研究』26 (2) : 139-150.
P.177 掲載の参考文献
McLanahan, S. and Sandefur, G. D., 1994, Growing Up With a Single Parent : What Hurts, What Helps, Harvard University Press.
P.178 掲載の参考文献
石川義孝, 2003, 「わが国農村部における男子人口の結婚難」石原潤編『農村空間の研究 (下)』大明堂, pp.289-305.
工藤豪, 2011, 「結婚動向の地域性-未婚化・晩婚化からの接近」『人口問題研究』67 (4) : 3-21.
工藤豪, 2015, 「文化人類学的視点からみた結婚の地域性と多様性」高橋重郷・大淵寛編著『人口減少と少子化対策』 (人口学研究ライブラリー 16), 原書房, pp.153-178.
国土庁計画・調整局, 1998, 『地域の視点から少子化を考える』大蔵省印刷局.
由井義通, 2007, 「世帯の多様化の地域的差異」石川義孝編著『人口減少と地域-地理学的アプローチ』京都大学出版会, pp.17-41.
渡邊吉利, 1993, 「都道府県別未婚率と初婚年齢の推移」厚生省人口問題研究所編『都道府県別未婚率と初婚年齢の推移』研究資料第277号, pp.1-30.
P.179 掲載の参考文献
石川義孝, 2003, 「わが国農村部における男子人口の結婚難」石原潤編『農村空間の研究 (下)』大明堂.
工藤豪, 2015, 「文化人類学的視点からみた結婚の地域性と多様性」高橋重郷・大淵寛編著『人口減少と少子化対策』原書房, pp.153-178.
P.180 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2017a, 『現代日本の結婚と出産-第15回出生動向基本調査 (独身者調査ならびに夫婦調査) 報告書』.
P.181 掲載の参考文献
落合恵美子, 2004, 『21世紀家族へ-家族の戦後体制の見かた・超えかた』有斐閣選書.
筒井淳也 , 2016, 『結婚と家族のこれから-共働き社会の限界』光文社新書.
国立社会保障・人口問題研究所, 2017, 『現代日本の結婚と出産-第15回出生動向基本調査 (独身用調査ならびに夫婦調査) 報告書』.
P.182 掲載の参考文献
P.184 掲載の参考文献
Hajnal, J., 1965, "European Marriage Patterns in Perspective", Glass, D. V. and Eversley, D. E. C. eds., Population in History, Edward Arnold, pp.101-143. (木下太志訳, 2003,「ヨーロッパ型結婚形態の起源」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
Hajnal, J., 1983, "Two Kinds of Pre-Industrial Household Formation System", Wall, R. et al. eds., Family Forms in Historic Europe, Cambridge University Press. (浜野潔訳, 2003,「前工業化期における二つの世帯形成システム」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
Saito, O., 1996, "Historical Demography : Achievements and Prospects", Population Studies, 50 (3) : 537-553. (中里秀樹訳, 2003, 「歴史人口学の展開」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
Saito, O., 2005, "The Third Pattern of Marriage and Remarriage : Japan in Eurasian Comparative Perspectives", Engelen, T. and Wolf, A. P. eds., Marriage and the Family in Eurasia : Perspectives on the Hajnal Hypothesis, Aksant.
Wrigley, E. A. and Schofield, R. S., 1981,The Population History of England, 1541-18871 : A Reconstraction, Edward Arnold.
P.186 掲載の参考文献
P.187 掲載の参考文献
Plakans, A., 2003, "Family : History", Demeny, P. and McNicoll, G. eds., Encyclopedia of Population, Macmillan Reference, Vol. I, pp. 343-348.
Saito, O., 1996, "Historical Demography : Achievements and Prospects", Population Studies, 50 (3) : 537-553. (中里英樹訳, 2003, 「歴史人口学の展開」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
P.189 掲載の参考文献
P.190 掲載の参考文献
Beardson, T., 2013, Stumbling Giant : The Threat to China's Future, Yale University Press.
Hajnal, J., 1965, "European Marriage Patterns in Perspective", Glass, D. V. and Eversley, D. E. C. eds., Population in History, Edward Arnold, pp.101-143. (木下太志訳, 2003,「ヨーロッパ型結婚形態の起源」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
P.192 掲載の参考文献
P.195 掲載の参考文献
針間克己・平田俊明編著, 2014, 『セクシュアル・マイノリティへの心理的支援-同性愛, 性同一性障害を理解する』岩崎学術出版社.
杉浦郁子ほか編, 2016, 『プロブレム Q&A パートナーシップ・生活と制度-結婚, 事実婚, 同性婚 増補改訂版』緑風出版.
P.196 掲載の参考文献
落合恵美子, 2004, 「歴史的に見た 日本の結婚」『家族社会学研究』15 (2) : 39-51.
落合恵美子編, 2013, 『親密圏と公共圏の再編成-アジア近代からの問い』京都大学学術出版会.
鈴木透, 2012, 「日本・東アジア・ヨーロッパの少子化-その動向・要因・政策対応をめぐって」『人口問題研究』68 (3) : 14-31.
Atoh, M., 2008, "The Relevance of Ideational Changes to Family Transformation in Postwar Japan", Jayakody, R. et al. eds., International Family Change : Ideational Perspectives, Lawrence Eribaum Associates, pp. 223-250.
Cherlin, A., 2009, The Marriage-Go-Round : The State of Marriage and the American Family Today, Alfred A. Knoof.
P.199 掲載の参考文献
Jayakody, R. and Thornton, A., 2008, International Family Change : Ideational Perspectives, Routledge.
P.204 掲載の参考文献
石崎晴己編, エマニュエル・トッド, 2001, 『世界像革命-家族人類学の挑戦』藤原書店.
Becker, G. S., 1991, A Treatise on the Family, Enlarged Edition, Harvard University Press.
Goode, W. J., 1963, World Revolution and Family Patterns, Free Press.
Le Play, P. G. F., 1877-1879, Les ouvriers europeens, Alfred Mame et fils.
Murdock, G. P., 1949, Social Structure, Collier-Macmillan Limited. (内藤莞爾監訳 , 1978, 『社会構造-核家族の社会人類学』新泉社.)
Parsons, T. and Bales, R. F., 1955, Family : Socialization and Interaction Process, Free Press. (橋爪貞夫ほか訳, 1981,『家族』黎明書房.)
Shorter, E., 1975, The Making of the Modern Family, Basic Books. (田中俊宏ほか訳, 1987, 『近代家族の形成』昭和堂.)
United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Statistics Division, 2008, Principles and Recommendations for Population and Housing Censuses, Revision 2, Statistical Papers Series M No. 67/Rev.2.
van de Kaa, D. J., 1987, "Europe's Second Demographic Transition", Population Bulletin, 42 (1) : 1-59.
Wachter, K. W. et al., 1978, Statistical Studies of Historical Social Structure, Academic Press.
Wall, R., 2010, "Ideology and Reality of the Stem Family in the Writings of Frederic Le Play", Fauve-Chamoux, A. and Ochiai, E. eds., The Stem Family in Eurasian Perspective, Peter Lang, pp.53-80.
P.206 掲載の参考文献
総務省統計局, 2017, 『国勢調査報告第1巻 人口世帯総数』総務省統計局.
P.208 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2013a, 『日本の世帯数の将来推計 (全国推計)-2010 (平成22) 年~2035 (平成47) 年-2013 (平成25) 年1月推計』人口問題研究資料第329号.
Murdock, G. P., 1949, Social Structure, Collier-Macmillan Limited. (内藤莞爾監訳 , 1978, 『社会構造-核家族の社会人類学』新泉社.)
P.210 掲載の参考文献
国立社会保障・人口問題研究所, 2014, 『現代日本の世帯変動』.
山田昌弘, 1999, 『パラサイト・シングルの時代』ちくま新書.
Danziger, S. and Rouse, C. E., 2007, The Price of Independence : The Economics of Early Adulthood, Russell Sage Foundation.
Goldscheider, F. K. and Goldscheider, C., 1999, The Changing Transition to Adulthood : Leaving and Returning Home, Sage Publications.
van Poppel, F. et al., 2004, The Road to Independence : Leaving Home in Western and Eastern Societies, 16th-20th Centuries, Peter Lang AG, European Academic Publishers.
P.211 掲載の参考文献
P.212 掲載の参考文献
廣嶋清志, 1983, 「戦後日本における親と子の同居率の形式人口学的分析モデル」『人口問題研究』167 : 18-31.
廣嶋清志, 1984, 「戦後日本における親と子の同居率の人口学的実証分析」『人口問題研究』169 : 31-42.
廣嶋清志, 1988, 「結婚後の競合を考慮した親子同居可能率のモデル」『人口問題研究』186 : 14-34.
P.213 掲載の参考文献
廣嶋清志, 1989, 「低出生力化は核家族化を促進するか? 」『人口問題研究』189 : 42-46.
P.214 掲載の参考文献
青井和夫ほか, 1986, 「世帯情報解析モデル (INAHSIM) による世帯の将来予測-世帯推計への総合的アプローチ」『ライフ・スパン』寿命学研究会, 6.
稲垣誠一, 2007, 『日本の将来社会・人口構造分析-マイクロ・シミュレーションモデル (INAHSIM) による推計』日本統計協会.
鈴木透ほか, 2012, 「高齢者の居住状態の将来推計」『人口問題研究』68 (2) : 37-70.
廣嶋清志, 2017, 「人口学と家族研究-家族制-親子同居をめぐって」藤崎宏子・池岡義孝編著『現代日本の家族社会学を問う-多様性のなかの対話』ミネルヴァ書房, pp.129-149.
P.215 掲載の参考文献
稲垣誠一, 2007, 『日本の将来社会・人口構造分析-マイクロシミュレーションモデル (INAHSIM) による推計』日本統計協会.
鈴木透ほか, 2012, 「高齢者の居住状態の将来推計」『人口問題研究』8 (2) : 37-70.
P.216 掲載の参考文献
加藤彰彦, 2009, 「直系家族の現在」『社会学雑誌』26 : 3-18.
加藤彰彦, 2010, 「少子化・人口減少の歴史的意味」『比較家族史研究』24 : 49-69.
P.217 掲載の参考文献
加藤彰彦, 2009, 「直系家族の現在」『社会学雑誌』26 : 3-18.
熊谷文枝, 1997, 『日本の家族と地域性 (上) (下)』ミネルヴァ書房.
清水浩昭, 2013, 『高齢化社会 日本の家族と介護-地域性からの接近』時潮社.
P.218 掲載の参考文献
岡田あおい, 2006, 『近世村落社会の家と世帯継承-家族類型の変動と回帰』知泉書館.
木下太志, 2002, 『近代化以前の日本の人口と家族-失われた世界からの手紙』ミネルヴァ書房.
小山隆, 1959, 「家族形態の周期的変化」喜多野清一・岡田謙編『家-その構造分析』創文社, pp.69-83.
戸田貞三・鈴木榮太郎編, 1942, 『家族と村落』日光書院.
友部謙一, 2007, 『前工業化期日本の農家経済-主体均衡と市場経済』有斐閣.
野々山久也・清水浩明編著, 2001, 『家族社会学の分析視角』ミネルヴァ書房.
光吉利之ほか, 1986, 『日本の社会学 3 伝統家族』東京大学出版会.
森岡清美, 1962, 「家族周期論研究序説」『社会科学ジャーナル』4 : 1-26.
森岡清美, 1964, 「家族周期論研究序説 (二)」『社会科学ジャーナル』5 : 1-26.
森岡清美, 1975, 「家族周期的アプローチの強みと弱み」『季刊社会保障研究』10 (4) : 64-68.
森岡清美, 1990, 「ライフコース研究におけるコウホートと世代」『成城文藝』成城大学文芸学部, 131 : 1-15.
森岡清美・望月嵩, 1983, 『新しい家族社会学』培風館.
Rowntree, B. S., 1901, Poverty : A Study of Town Life, Macmillan.
Sorokin, P. A., 1931, A Systematic Source Book in Rural Sociology, Vol. 2, University of Minnesota Press.
Tschajanow, A., 1923, Die Lehre von der bauerlichen Wirtschaft, Campus Verlag.
P.219 掲載の参考文献
岡田あおい, 2006, 『近世村落社会の家と世帯継承-家族類型の変動と回帰』知泉書館.
友部謙一, 2007, 『前工業化期 日本の農家経済』有斐閣.
光吉利之ほか, 1986, 『伝統家族』 (リーディングズ日本の社会学 3) 東京大学出版会.
P.220 掲載の参考文献
落合恵美子編著, 2015, 『徳川 日本の家族と地域性 歴史人口学との対話』ミネルヴァ書房.
黒須里美ほか, 2012, 「徳川期後半における初婚パターンの地域差」黒須里美編著『歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚』麗澤大学出版会, pp.24-56.
坪内良博・坪内玲子, 1970, 『離婚-比較社会学的研究』創文社.
中島満大, 2016, 『近世西南海村の家族と地域性-歴史人口学から近代のはじまりを問う』ミネルヴァ書房.
速水融, 1986, 「明治前期統計にみる有配偶率と平均結婚年齢-もうひとつのフォッサ・マグナ」『三田学会雑誌』79 (3) : 265-277.
速水融, 2009b, 『歴史人口学研究-新しい近世 日本像』藤原書店.
P.221 掲載の参考文献
落合恵美子編著, 2015, 『徳川日本の家族と地域性 歴史人口学との対話』ミネルヴァ書房.
中島満大, 2016, 『近世西南海村の家族と地域性-歴史人口学から近代のはじまりを問う』ミネルヴァ書房.
速水融, 2009, 『歴史人口学研究 新しい近世日本像』藤原書店.
P.222 掲載の参考文献
有賀喜左衞門, 1965, 『日本の家族』至文堂 (再録 : 1971『有賀喜左衞門著作集』6, 未來社).
大竹秀男, 1982, 『封建社会の農民家族 (改訂版)』創文社.
大藤修, 1996, 『近世農民と家・村・国家』吉川弘文館.
笠谷和比古, 1999, 「『家』の概念とその比較史的考察」笠谷和比古編『公家と武家II』思文閣出版.
加藤彰彦ほか編著, 2016, 『家と共同性』日本経済評論社.
黒須里美編著, 2012, 『歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚』麗澤大学出版会.
鈴木榮太郎, 1940, 『日本農村社会学原理』時潮社 (再録 : 1968『鈴木榮太郎著作集』1・2, 未來社).
戸田貞三, 1937, 『家族構成』弘文堂 (復刻版 : 1970, 新泉社).
中島満大, 2016, 『近世西南海村の家族と地域性-歴史人口学から近代のはじまりを問う』ミネルヴァ書房.
長谷川善計ほか, 1991, 『日本社会の基層構造-家・同族・村落の研究』法律文化社.
平井晶子, 2008, 『日本の家族とライフコース-「家」生成の歴史社会学』ミネルヴァ書房.
平井晶子, 2015a, 「東北農村における結婚パターンの変容-一八・一九世紀の歴史人口学的分析」笠谷和比古編『徳川社会と日本の近代化』思文閣出版.
平井晶子, 2015b, 「宗門人改改帳の記載形式-記載された家族を読む」落合恵美子編著『徳川日本の家族と地域性-歴史人口学との対話』ミネルヴァ書房.
P.223 掲載の参考文献
落合恵美子編著, 2006, 『徳川日本のライフコース-歴史人口学との対話』ミネルヴァ書房.
黒須里美編著, 2012, 『歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚』, 麗澤大学出版会.
平井晶子, 2008, 『日本の家族とライフコース-「家」生成の歴史社会学』ミネルヴァ書房.
P.224 掲載の参考文献
石崎晴己編, エマニュエル・トッド, 2001, 『世界像革命-家族人類学の挑戦』藤原書店.
岡田あおい, 1995, 「歴史の中に埋もれていた家族」川北稔・竹岡敬温編著『社会史への途』有斐閣.
二宮宏之, 1986, 『全体を見る眼と歴史家たち』木鐸社.
ラスレット, P., 1988, 酒田利夫訳, 「日本からみたヨーロッパの世帯とその歴史」斎藤修編著, 1988, 『家族と人口の歴史社会学-ケンブリッジ・グループの成果』リブロポ-ト.
Aries, P., 1960, L'enfant et la vie familiale sous l'ancien regime, Librairie Plon. English translation, 1962, Centuries of Childhood, Vintage Books. (杉山光信・杉山恵美子訳, 1973, 『<子供> の誕生-アンシァン・レジーム期の子供と家族生活』みすず書房.)
Aries, P., 1978, "L'histoire des mentalites", Le Goff, J. (dir.), La nouvelle histoire, Retz. (中内敏夫訳, 1983, 「心性史とは何か」『<教育> の誕生』 新評論.)
Collomp, A., 1972, "Famille nucleaire et famille elargie en Haute-Provence au XVIIIe siecle", Annales. Economies, Societes, Civilisations, 4 (5) : 969-975. (福井憲彦訳, 1983, 「18世紀オート=プロヴァンスにおける核家族と拡大家族」『家の歴史社会学』 新評論.)
Flandrin, J. -L., 1976, Familles parente, maison, sexualite dans l' ancienne societe, Hachette. (森田伸子・小林亜子訳, 1993, 『フランスの家族-アンシャン・レジーム下の親族・家・性』 勁草書房.)
Hajnal, J., 1965, "European Marriage Patterns in Perspective", Glass, D. V. and Eversley, D. E. C. eds., Population in History, Edward Arnold, pp.101-143. (木下太志訳, 2003,「ヨーロッパ型結婚形態の起源」速水融編『歴史人口学と家族史』藤原書店.)
Le Play, P. G. F., 1884, L'organisation de la famille, 3e ed., Alfred Mame et fils.
Mitterauer, M. und Sieder, R., 1977, Vom Patriarchat zur Partnerschaft : Zum Strukturwandel der Familie, Beck. (若尾祐司ほか訳 , 1993, 『ヨ-ロッパ家族社会史-家父長制からパートナー関係へ』名古屋大学出版会.)
Segalen, M., 1980, Mari et femme dans la societe paysanne, Flammarion. (片岡幸彦監訳, 1983, 『妻と夫の社会史』新評論.)
Shorter, E., 1975, The Making of the Modern Family, Basic Books. (田中俊宏ほか訳, 1987, 『近代家族の形成』昭和堂.)
Stone, L., 1979, The Family Sex and Marriage in England 1500-1800, Penguin. (北本正章訳, 1991, 『家族・性・結婚の社会史-1500年-1800年のイギリス』 勁草書房.)
Todd, E., 1990, L'invention de l'europe, Editions du Seuil. (石崎晴己訳, 1992, 『新ヨーロッパ大全 I』 ; 石崎晴己ほか訳, 1993, 『新ヨーロッパ大全 II』藤原書店.)
P.225 掲載の参考文献
二宮宏之ほか編, 2010, 『<新版> 家の歴史社会学』藤原書店.
速水融ほか編, 2003, 『歴史人口学と家族史』藤原書店.
姫岡とし子, 2008, 『ヨーロッパの家族史』山川出版社.
P.226 掲載の参考文献
李光奎, 1978, 服部民夫訳, 『韓国家族の構造分析』国書刊行会.
落合恵美子ほか, 2004, 「中国明代黄冊の歴史人口学的分析-万暦徽州黄冊底籍に見る世帯・婚姻・承継」佐藤康行ほか編『変貌する東アジアの家族』早稲田大学出版部, pp.110-141.
佐藤康行, 2004, 「はじめに」佐藤康行ほか編『変貌する東アジアの家族』早稲田大学出版部, pp.vii-xx.
嶋陸奧彦, 2010, 『韓国社会の歴史人類学』風響社.
津波高志, 2004, 「済州島一海村における家-世帯構成と夫婦関係を中心に」佐藤康行ほか編『変貌する東アジアの家族』早稲田大学出版部, pp.19-48.
中島満大, 2016, 『近世西南海村の家族と地域性-歴史人口学から近代のはじまりを問う』ミネルヴァ書房.
速水融, 2009b, 『歴史人口学研究-新しい近世 日本像』藤原書店.
平井晶子, 2008, 『日本の家族とライフコース-「家」生成の歴史社会学』ミネルヴァ書房.
前田卓, 1992, 『女が家を継ぐとき-東北・北関東に見る女性の相続』関西大学出版部.
Lee, J. Z. and Wang, F., 1999, One Quarter of Humanity : Malthusian Mythology and Chinese Realities, 1700-2000, Harvard University Press.
Todd, E., 2011, L'origine Des Systemes Familiaux, Tome I : L'eurasie, Gallimard. (石崎晴己監訳, 2016, 『家族システムの起源 I ユーラシア (上・下)』藤原書店.)
P.227 掲載の参考文献
佐藤康行ほか編, 2004, 『変貌する東アジアの家族』早稲田大学出版部.
速水融, 2009, 『歴史人口学研究-新しい近世日本像』藤原書店.
Todd, E., 2011, L'origine des systemes familiaux, Tome I : L'Eurasie, Gallimard. (石崎晴己監訳, 2016, 『家族システムの起源 I (上) (下) ユーラシア』藤原書店.)
P.232 掲載の参考文献
伊藤実, 2013, 「大学新卒者の就業実態と雇用促進策」樋口美雄編『若年者の雇用問題を考える』日本経済評論社, pp.207-260.
厚生労働省, 2015b, 「新規学卒者の離職状況 (平成24年3月卒業者の状況)」平成27年10月30日報道発表資料.
松浦司・野田知彦, 2013, 「同族企業における人事・労務管理制度の形成と離職率への影響-中小企業に注目して」『経済分析』186 : 137-162.
水落正明, 2006, 「学卒直後の雇用状態が結婚タイミングに与える影響」『生活経済学研究』第22・23巻合併号 : 167-176
P.234 掲載の参考文献
小崎敏男・永瀬伸子編著, 2014, 『人口の高齢化と労働政策』原書房.
清家篤・山田篤裕, 2004, 『高齢者就業の経済学』日本経済新聞社.
総務省統計局, 2016, 『労働力調査 (詳細集計) 長期時系列データ』, http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm
労働政策研究・研修機構, 2012, 「高年齢者の継続雇用等, 就業実態に関する調査」JILPT調査シリーズ No.94
P.235 掲載の参考文献
P.237 掲載の参考文献
松浦民恵, 2017, 「企業における女性活躍推進の変遷-3つの時代の教訓を次につなげる」佐藤博樹・武石恵美子編『ダイバーシティ経営と人材活用-多様な働き方を支援する企業の取り組み』東京大学出版会, pp.83-103.
山口一男, 2010, 『ワークライフバランス-実証と政策提言』日本経済新聞出版社.
脇坂明, 2011, 「均等法後の企業における女性の雇用管理の変遷」『日本労働研究雑誌』615 : 38-51.
P.238 掲載の参考文献
浅野博勝ほか, 2011, 「非正規労働者はなぜ増えたか」『非正規雇用改革-日本の働き方をいかに変えるか』鶴光太郎・樋口美雄他編著, 日本評論社.
厚生労働省, 2012a, 『望ましい働き方ビジョン-非正規雇用問題に総合的に対応し, 労働者が希望する社会全体にとって望ましい働き方を実現する』.
P.239 掲載の参考文献
鶴光太郎ほか, 2011, 『非正規雇用改革 日本の働き方をいかに変えるか』日本評論社.
労働政策研究・研修機構, 2010, 「非正規社員のキャリア形成-能力開発と正社員転換の実態」労働政策研究報告書 (117).
労働政策研究・研修機構, 2013, 「特集 非正規労働と「多様な正社員」」『日本労働研究雑誌』 (636).
P.240 掲載の参考文献
経済産業省製造産業局産業機械課ロボット革命実現会議, 2015, 「ロボット新戦略 ビジョン・戦略・アクションプラン」 (2015年1月), http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150123004/20150123004b.pdf
厚生労働省, 2016b, 「厚生労働省医療従事者の需給に関する検討会医師需給分科会 中間取りまとめ」 (2016年6月), http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000120207_6.pdf
厚生労働省社会援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室, 2015, 「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計 (確定値)」 (2015年6月), http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000088998.html
厚生労働省社会援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室, 2016, 「外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会報告書」 (2016年3月), http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000115138.html
厚生労働省社会保障改革推進本部社会保障改革に関する集中検討会議, 2011, 「第10回参考資料 医療・介護に係る長期推計 (主にサービス提供体制改革に係る改革について)」 (2011年6月), http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/syakaihosyou/syutyukento/dai10/siryou1-2.pdf
P.241 掲載の参考文献
厚生労働省, 2015, 『平成27年度版 厚生労働白書-人口減少社会を考える』厚生労働省.
P.242 掲載の参考文献
経済財政諮問会議, 2018, 「経済財政運営と改革の基本方針 2018」
厚生労働省, 2018, 「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ (平成29年10月末現在)」
日本学生支援機構, 2016, 「平成27年度私費外国人留学生生活実態調査概要」.
入管協会, 2009, 『平成20年版 在留外国人統計』.
法務省入国管理局, 2001, 「本邦における不法残留者数について (平成13年1月1日現在)」.
P.243 掲載の参考文献
梶田孝道ほか, 2005, 『顔の見えない定住化』名古屋大学出版会.
鈴木江理子, 2009, 『日本で働く非正規滞在者』明石書店.
宮島喬・鈴木江理子, 2014, 『外国人労働者受け入れを問う』岩波書店.
P.244 掲載の参考文献
一守靖, 2016, 『日本的雇用慣行は変化しているのか-本社人事部の役割』慶應義塾大学出版会.
今野浩一郎・佐藤博樹, 2002, 『人事管理入門』日本経済新聞出版社.
佐藤博樹編著, 2010, 『働くことと学ぶこと 能力開発と人材活用』ミネルヴァ書房.
原ひろみ, 2014, 『職業能力開発の経済分析』勁草書房.
守島基博, 2006, 「ホワイトカラー人材マネジメントの進化」伊丹敬之ほか編著『組織能力・知識・人材』有斐閣, 第10章.
渡辺直登, 2004, 「人的資源開発」高木晴夫監修, 慶應義塾大学ビジネススクール編, 『人的資源マネジメント戦略』第8章, 有斐閣, pp.113-128.
P.245 掲載の参考文献
今野浩一郎・佐藤博樹, 2002, 『人事管理入門』日本経済新聞出版社.
守島基博, 2006, 「ホワイトカラー人材マネジメントの進化」伊丹敬之ほか編著, 『組織能力・知識・人材』有斐閣, 第10章.
原ひろみ, 2014, 『職業能力開発の経済分析』勁草書房.
高木晴夫監修, 慶應義塾大学ビジネススクール編, 2004, 『人的資源マネジメント戦略』有斐閣.
P.246 掲載の参考文献
桜健一・岩崎雄斗, 2012, 「海外生産シフトを巡る論点と事実」『BOJ Reports & Research Papers』2012年1月, 日本銀行.
新・ 日本的経営システム等研究プロジェクト編, 1995, 『新時代の「日本的経営」』日本経営者団体連盟.
内閣府政策統括官 (経済財政分析担当), 2013, 『日本経済 2012-2013 厳しい調整の中で活路を求める日本企業』.
P.247 掲載の参考文献
阿部正浩, 2011, 「雇用ポートフォリオの規定要因」『日本労働研究雑誌』61 : 15-27.
伊藤恵子, 2013, 「企業活動のグローバル化と国内労働市場」『日本政策金融公庫論集』18 : 41-62.
深尾京司・天野倫文, 2004『対内直接投資と日本経済』日本経済新聞出版社.
P.248 掲載の参考文献
小野旭, 1994, 『労働経済学』東洋経済新報社.
水野朝夫, 1992, 『日本の失業行動』中央大学出版部.
P.249 掲載の参考文献
小野 旭, 1994, 『労働経済学』東洋経済新報社.
P.250 掲載の参考文献
厚生労働省職業安定局, 2012, 『望ましい働き方ビジョン-非正規雇用問題に総合的に対応し, 労働者が希望する社会全体にとって望ましい働き方を実現する』.
労働政策研究・研修機構, 2014, 『若年者の就業状況・キャリア意・職業能力開発の現状 (2) -平成24年版「就業構造基本調査」より』JILPT資料シリーズ No.144.
OECD, 2000, From Initial Education to Working Life : Making Transitions Work.
P.251 掲載の参考文献
小杉礼子, 2003, 『フリーターという生き方』勁草書房.
P.252 掲載の参考文献
アベグレン, J., 1958, 山岡洋一訳, 『日本の経営』日本経済新聞社.
奥平寛子, 2008, 「整理解雇判決が労働市場に与える影響」『日本労働研究雑誌』572 : 75-92.
玄田有史, 2004, 『ジョブ・クリエイション』日本経済新聞社.
水野朝夫, 1992, 『日本の失業行動』中央大学出版部.
村松久良光, 1995, 「日本の雇用調整-これまでの研究から」猪木武徳・樋口美雄編『日本の雇用システムと労働市場』日本経済新聞社.
山本勲, 2010, 「賃金調整・雇用調整とフィリップスカーブの変化-90年代の変化とその背景」樋口美雄編『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策 6 労働市場と所得分配』, 慶應義塾大学出版会, pp.47-80.
P.253 掲載の参考文献
濱口桂一郎, 2009, 『新しい労働社会-雇用システムの再構築へ』岩波新書.
鶴光太郎ほか編, 2009, 『労働市場制度改革』日本評論社.
神林龍, 2017, 『正規の世界・非正規の世界』慶應義塾大学出版会.
P.255 掲載の参考文献
内閣府まち・ひと・しごと創生本部, 『まち・ひと・しごと創生総合戦略 (2017 改訂版)』.
吉田良生, 廣嶋清志編, 2011, 『人口減少時代の地域政策』原書房.
P.256 掲載の参考文献
吉田良生, 2011, 「会社組織」小崎敏男ほか編『キャリアと労働の経済学』日本評論社, pp.97-118.
吉田良生, 2012, 「若者の雇用多様化と雇用システム」小崎敏男・牧野文夫編『少子化と若者の就業行動』原書房, pp.47-74.
P.257 掲載の参考文献
吉田良生, 2011, 「会社組織」小崎敏男ほか編『キャリアと労働の経済学』日本評論社, pp.97-118.
吉田良生, 2012, 「若者の雇用多様化と雇用システム」小崎敏男・牧野文夫編著『少子化と若者の就業行動』原書房, pp.47-74.
P.259 掲載の参考文献
山口一男・樋口美雄, 2008, 『論争 日本のワーク・ライフ・バランス』日本経済新聞出版社.
山本勲・黒田祥子, 2014, 『労働時間の経済分析』日本経済新聞出版社.
P.260 掲載の参考文献
厚生労働省, 2015c, 『就業形態の多様化に関する調査』.
P.262 掲載の参考文献
太田聰一, 2015, 「労働市場から見た震災直後・復興過程における経済状況」齋藤誠編『震災と経済』大震災に学ぶ社会科学 (4), 東洋経済新報社, pp.101-136.
太田聰一, 2015, 「労働市場から見た震災直後・復興過程における経済状況」『大震災に学ぶ社会科学 第4巻 「震災と経済」』第4章, 東洋経済新報社, pp.101-136.
鈴木俊光ほか, 2015, 「被災地企業の雇用管理」東北大学大学院経済学研究科地域産業復興調査研究プロジェクト編『東日本大震災復興研究 IV 新しいフェーズを迎える東北復興への提言』第4章, 南北社, pp. 61-76.
P.263 掲載の参考文献
内閣府, 2012, 『平成24年度年次経済財政報告-日本経済の復興から発展的創造へ』.
厚生労働省職業安定局, 2016, 「被災3県の雇用について-震災後5年を振り返って」.
P.268 掲載の参考文献
須田昭義, 1952, 「我国文化中心の変遷と文化中心地帯の移動」日本人類学会編『日本民族』岩波書店, pp.7-15.
P.269 掲載の参考文献
鎌田元一, 1984, 「日本古代の人口について」『木簡研究』6 : 131-154.
鬼頭宏, 1996, 「明治以前日本の地域人口」『上智経済論集』41 (2・3) : 65-79.
鬼頭宏, 2007, 『図説 人口で見る 日本史』PHP研究所.
P.270 掲載の参考文献
原俊彦, 2016a, 「日本の人口転換と地域社会の持続可能」『家族社会学研究』28 (2) : 11-25.
Moretti, E., 2013,The New Geography of Jobs, Mariner Books.
P.271 掲載の参考文献
Moretti, E., 2013, The New Geography of Jobs, Mariner books, Houghton Mifflin Harcourt.
原俊彦, 2016, 「日本の人口転換と地域社会の持続可能」『家族社会学研究』 28 (2) : 11-25.
P.272 掲載の参考文献
橘木俊詔・浦川邦夫, 2012, 『日本の地域間格差』日本評論社.
内閣府, 2004a, 『平成16年度年次経済財政報告』.
森川正之, 2010, 『地域間経済格差について-実質賃金・幸福度』RIETI Discussion Paper Series 10-J-043.
P.273 掲載の参考文献
小崎敏男, 2018, 『労働力不足の経済学-日本経済はどう変わるか』日本評論社.
内閣府, 2004,『平成16年度 年次経済財政報告』.
山田浩之・徳岡一幸編, 2007, 『地域経済学入門 (新版)』有斐閣.
P.274 掲載の参考文献
増田幹人, 2011, 「地域人口構造と地方財政」吉田良生・廣嶋清志編著『人口減少時代の地域政策』原書房, pp.129-148.
Kuznets, S. S., 1960, "Population Change and Aggregate Output", NBER.
P.276 掲載の参考文献
山口三十四, 2001, 『人口成長と経済発展-少子高齢化と人口爆発の共存』有斐閣.
山田浩之・徳岡一幸, 2007, 『地域経済学入門 新版』有斐閣コンパクト.
P.278 掲載の参考文献
石川義孝編, 2007, 『人口減少と地域 地理学的アプローチ』京都大学学術出版会.
石川義孝編, 2011, 『地図で見る 日本の外国人』ナカニシヤ出版.
是川夕, 2008, 「外国人の居住地選択におけるエスニック・ネットワークの役割-国勢調査データを用いた人口移動理論からの分析」『社会学評論』59 (3) : 495-513.
是川夕, 2009, 「非類似性指数からみた在日外国人の住み分けの現状と要因-国勢地域小地域集計を用いた分析」『人口学研究』44 : 1-17.
中川雅貴ほか, 2016, 「外国人の市区町村間移動に関する人口学的分析」『地学雑誌』125 (4) : 475-492.
福本拓, 2010, 「東京および大阪における在日外国人の空間的セグリゲーションの変化-「オールドカマー」と「ニューカマー」間の差異に注目して」『地理学評論』88 (3) : 288-313.
P.280 掲載の参考文献
日本創成会議・人口減少問題検討分科会, 2014, 『成長を続ける21世紀のために「ストップ少子化・地方元気戦略」』, http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03.pdf
P.281 掲載の参考文献
増田寛也編, 2014, 『地方消滅』中公新書.
加藤久和, 2016, 『8000万人社会の衝撃』祥伝社新書.
P.282 掲載の参考文献
玉川英則編著, 2008, 『コンパクトシティ再考-理論的検証から都市像の探求へ』学芸出版社.
P.283 掲載の参考文献
下河辺淳, 1994,『戦後国土計画への証言』日本経済評論社.
P.284 掲載の参考文献
饗庭 伸, 2015, 『都市をたたむ-人口減少時代をデザインする都市計画』共栄書房.
海道清信, 2007, 『コンパクトシティの計画とデザイン』学芸出版社.
Dantzig, G. B. and Saaty, T. L., 1973, Compact City : A Plan for a Liveable Urban Environment, W. H. Freeman. (森口繁一監訳, 奥平耕造・野口悠紀雄訳, 1974, 『コンパクトシティ-豊かな生活空間四次元都市の青写真』日科技連出版社.)
P.285 掲載の参考文献
鈴木浩, 2007, 『日本版コンパクトシティ-地域循環型都市の構築』学陽書房.
松永安光, 2005, 『まちづくりの新潮流-コンパクトシティ・ニューアーバニズム・アーバンビレッジ』彰国社.
P.286 掲載の参考文献
村松伸ほか編, 2016, 『メガシティ 2 メガシティの変化と多様性』東京大学出版会.
Chandler, T., 1987, Four Thousand Years of Urban Growth : An Historical Census, Edwin Mellen Press.
Hayashi, R., 2015, Internationality of Asian Megacities-Viewed Through Mobility Comparison, Working Paper Series (E), 23, National Institute of Population and Social Security Research.
United Nations, 2014a, World Urbanization Prospects : The 2014 Revision, CD-ROM Edition.
P.287 掲載の参考文献
P.292 掲載の参考文献
中山裕美, 2014, 『難民問題のグローバル・ガバナンス』東信堂.
錦田愛子編, 2016, 『移民/難民のシティズンシップ』有信堂高文社.
墓田桂, 2016, 『難民問題-イスラム圏の動揺, EUの苦悩, 日本の課題』中公新書.
King, R. et al., 2010, People on the Move : An Atlas of Migration, Myriad Editions.
P.295 掲載の参考文献
Castles, S. et al., 2013, The Age of Migration : International Population Movements in Modern World, Macmillan. (関根政美・関根 薫訳, 2011, 『国際移民の時代』名古屋大学出版会.)
King, R. et al., 2010, People on the Move : An Atlas of Migration, Myriad Editions.
墓田桂, 2016, 『難民問題-イスラム圏の動揺, EUの苦悩, 日本の課題』中公新書.
P.296 掲載の参考文献
P.297 掲載の参考文献
新田目夏実, 2007, 「アジアの都市化の新局面」新津晃一・吉原直樹編『グローバル化とアジア社会-ポストコロニアルの地平』東信堂, pp.99-142.
生田真人, 2011, 『東南アジアの大都市圏-拡大する地域統合』古今書院.
P.300 掲載の参考文献
石川義孝, 2005, 「日本の国際人口移動の転換点」石川義孝編著『アジア太平洋地域の人口移動』明石書店, pp.327-351.
石川義孝ほか編, 2011, 『地域と人口からみる 日本の姿』古今書院.
岩崎信彦ほか編, 2003, 『海外における日本人, 日本のなかの外国人-グローバルな移民流動とエスノスケープ』昭和堂.
是川夕, 2015, 「外国人労働者の流入による日本の労働市場の変容-外国人労働者の経済的達成の特徴, 及びその決定要因の観点から」『人口問題研究』71 (2) : 122-140.
P.303 掲載の参考文献
石川義孝, 2014, 「日本の国際人口移動-人口減少問題の解決策となりうるか? 」『人口問題研究』70 (3) : 244-263.
吉田良生・河野稠果編, 2006,『国際人口移動の新時代』原書房.
Ishikawa, Y. ed., 2015, International Migrants in Japan : Contributions in an Era of Population Decline, Kyoto University Press and Trans Pacific Press.
P.304 掲載の参考文献
石川義孝, 2005, 「日本の国際人口移動の転換点」石川義孝編著『アジア太平洋地域の人口移動』明石書店, pp.327-351.
国際協力事業団, 1994, 『海外移住統計 (昭和27年度~平成5年度)』業務資料 No.891.
P.305 掲載の参考文献
梶田孝道ほか, 2005,『顔の見えない定住化-日系ブラジル人と国家・市場・移民ネットワーク』名古屋大学出版会.
吉田忠雄, 2006, 『南米日系移民の軌跡』人間の科学新社.
P.306 掲載の参考文献
石川義孝ほか, 2014, 「2005~2010年における新規流入移動と国内移動からみた外国人の目的地選択」『京都大學文學部研究紀要』53 : 293-318.
落合恵美子ほか, 2007, 「日本への外国人流入からみた国際移動の女性化-国際結婚を中心に」石川義孝編『人口減少と地域-地理学的アプローチ』京都大学学術出版会, pp.291-319.
竹下修子, 2017, 「行政による結婚支援事業の変遷-山形県最上地方の事例から」『愛知学院大学文学部紀要』46 : 29-35.
P.307 掲載の参考文献
佐竹眞明・ダアノイ. M. A., 2006, 『フィリピン-日本国際結婚-移住と多文化共生』めこん.
竹下修子, 2000,『国際結婚の社会学』学文社.
武田里子, 2011, 『ムラの国際結婚再考-結婚移住女性と農村の社会変容』めこん.
P.308 掲載の参考文献
大江守之, 1995, 「国内人口分布変動のコーホート分析-東京圏への人口集中プロセスと将来展望」『人口問題研究』51 (3) : 1-19.
小池司朗, 2017, 「東京都区部における「都心回帰」の人口学的分析」『人口学研究』53 : 23-45.
中川聡史, 2005, 「東京圏をめぐる近年の人口移動-高学歴者と女性の選択的集中」『国民経済雑誌』191 (5) : 65-78.
藤井多希子・大江守之, 2006, 「東京大都市圏郊外地域における世代交代に関する研究-GBIを用いたコーホート間比較分析 (1980年~2020年)」『日本建築学会計画系論文集』71 (605) : 101-108.
P.309 掲載の参考文献
井上孝・渡辺真知子編著, 2014, 『首都圏の高齢化』原書房.
宮本みち子・大江守之編著, 2017, 『人口減少社会の構想』放送大学教育振興会.
P.310 掲載の参考文献
大野晃, 2005, 『山村環境社会学序説-現代山村の限界集落化と流域共同管理』農山漁村文化協会.
作野広和, 2006, 「中山間地域における地域問題と集落の対応」『経済地理学年報』52 : 264-282.
増田寛也, 2014, 『地方消滅-東京一極集中が招く人口減少』中央公論新社.
山崎亮, 2016, 『縮充する日本-「参加」が創り出す人口減少社会の希望』PHP研究所.
P.311 掲載の参考文献
石川義孝, 2001,『人口移動転換の研究』京都大学学術出版会.
斎藤晴造, 1976,『過疎の実証分析-東日本と西日本の比較研究』法政大学出版局.
藤山浩, 2015,『シリーズ田園回帰 1 田園回帰1%戦略』農山漁村文化協会.
P.312 掲載の参考文献
石川義孝, 1994, 『人口移動の計量地理学』古今書院.
井上孝, 2002a, 「人口学的視点からみたわが国の人口移動転換」荒井良雄ほか編『日本の人口移動-ライフコースと地域性』古今書院, pp.53-70.
井上孝, 2016, 「ポスト人口転換期の人口移動」佐藤龍三郎・金子隆一編著『ポスト人口転換期の日本』原書房, pp.111-133.
国立社会保障・人口問題研究所, 2013b, 『第7回人口移動調査報告書』.
P.313 掲載の参考文献
江崎雄治, 2007, 「地方圏出身者のUターン移動」『人口問題研究』63 (2) : 1-13.
清水昌人, 2009, 「市町村別のコーホート累積社会増加比-長野県の事例」『人口学研究』44 : 33-42.