PHARM TECH JAPAN 36/2 2020年2月号

出版社: じほう
発行日: 2020-02-01
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 09104739
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,200 円(税込)

目次

  • REPORT
    ■山口東京理科大学・山口県製薬工業協会
     包括連携協定を締結、GMPカレッジ開講へ
    ■桂化学株式会社 高薬理活性原薬製造設備が稼働へ
     -CDMOとしてニッチ領域、少量多品種に対応-
    ■立命館大学総合科学技術研究機構 創薬科学研究センター
     製剤技術研究コンソーシアム 2019年度 第3回研究会開催

    INTERVIEW
    ■Axcelead Drug Discovery Partners株式会社
    創薬ソリューションプロバイダーとして存在感を示す
    ■日本CMO協会技術・人材育成委員会
    技術者の資質向上でCMO業界の発展に寄与

    ベンチャー企業 INTERVIEW
    ■株式会社JUNTEN BIO
     日本発の細胞治療で世界の医療に貢献へ

    PHARM TECH JAPAN ONLINE
    ■2019年12月度、月間閲覧ランキング
    ■PHARM TECH JAPANバックナンバー2019年12月度、閲覧ランキング

    第6回 インターフェックスWeek 大阪
    ■第6回 インターフェックスWeek 大阪
    ■第6回 再生医療EXPO 大阪
    ■[セミナー演者に聞く]
    ・洗浄バリデーションに対する実践的な取り組み~課題と対策~ 
    宮嶋勝春 氏
    ・医薬品開発におけるQbDアプローチ 今さら聞けない「QbDって何?」 
    岡崎公哉 氏
    ・バイオ医薬品連続生産の実用化に向けた最新の開発状況と課題 
    川瀬琢央 氏
    ・シミュレーションとAIの融合による創薬プロセスの効率化 ~LINCの挑戦~ 
    本間光貴 氏

    ARTICLES
    ■データインテグリティ対応のポイント~実践例から学ぶ~
    ■バイオ医薬品のCMC薬事担当者養成~基礎をおさえ、一歩進んだ次世代CMC薬事へ~(第1回)
     バイオ医薬品開発を取り巻く環境変化と今後の展望
    ■医薬品の物性評価 Q&A 質問募集 日本薬剤学会物性FG
    ■固形医薬品製剤の連続生産プロセスの実現・推進を目指して
    ■【対談】嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第7回)
     細胞加工製品における品質の考え方(2/3)
    佐藤陽治氏×嶽北和宏氏
    ■セルバンクの“clonality”について考える(第1回)
    ■核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第4回)
     アンチセンス・モルフォリノ核酸医薬品の特徴と研究動向
    ■進め!! 医療薬学研究(第4回)
     臨床で遭遇する問題点を端緒とするリバース・トランスレーショナル研究
    ■今さら聞けない「QbDって何?」(第12回)医薬品品質保証のパラダイムシフト
    ■USP-NF Onlineの導入に際して
    ■ISPE 日本本部 医薬品品質システム(PQS)セミナー印象記
    ■欧州の市販後薬事規制(第13回)
    GVP Module 9 シグナル管理
    ■製剤研究者が注目する一押しトピック
    ■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.148)

    Study of GMP
    ■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第26回)リスクを下げるためのOJT

    製剤技術
    ■【製剤と粒子設計】D-マンニトール直接打錠用賦形剤 グラニュトールR

    ●行政ニュース
    再生医療等安全性確保法見直しへ

    ●News Topics

    ■World News Topics
    ガイドライン関連、品質関連、警告書関連

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...