理系総合のための生命科学 第5版

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2020-03-01
分野: 基礎・関連科学  >  生命科学
ISBN: 9784758121026
電子書籍版: 2020-03-01 (第5版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

細胞のしくみから発生や生態系,がんまで生命科学全般の理解に必要な知識を凝縮.高大接続を重視し,日本学術会議の報告書「高等学校の生物教育における重要用語の選定について(改訂)」を参考に用語を更新.

目次

  • 第I部 生命科学の基本概念
     1章 生物の基本概念と基本構造
     2章 生物の増殖と恒常性
     3章 個体–環境相互作用

    第II部 生命現象のしくみ ─遺伝,膜構造,代謝を中心に
     4章 タンパク質と酵素
     5章 核酸の構造とDNAの複製
     6章 遺伝子の発現
     7章 有性生殖と個体の遺伝
     8章 バイオテクノロジー
     9章 生体膜と細胞の構造
     10章 代謝と生体エネルギー生産
     11章 光合成

    第III部 生命現象のしくみ─増殖,形態形成,恒常性と環境応答を中心に
     12章 細胞内輸送と細胞内分解
     13章 細胞骨格と細胞運動
     14章 細胞間シグナル伝達系
     15章 細胞内シグナル伝達系
     16章 神経系の機能と生体恒常性
     17章 細胞周期
     18章 動物の発生
     19章 植物の発生
     20章 遺伝子発現の制御
     21章 ゲノムと進化
     22章 生物群集と生物多様性
     23章 感染と免疫
     24章 がん
     25章 創薬と生命科学
     26章 生活・環境と微生物
     27章 生物の情報科学
     28章 脳

    付録
    倫理に対する配慮と法の整備
    1.遺伝子組換え技術に対する考え方
    2.実験動物に対する考え方
    3.DNA配列と個人情報に対する考え方
    4.ヒトの胚や幹細胞を用いる研究に対する考え方

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I部 生命科学の基本概念

P.34 掲載の参考文献
Hamilton WD:Am Nat, 97:354-356, 1963
Hamilton WD:J Theor Biol, 7:1-16, 1964
Hamilton WD:J Theor Biol, 7:17-52, 1964
P.41 掲載の参考文献
1) Karigo T & Oka Y:Front Endocrinol(Lausanne), 4:177, 2013
2) Lee H, et al:Nature, 509:627-632, 2014
P.44 掲載の参考文献
1) Hirano A, et al:Nat Struct Mol Biol, 23:1053-1060, 2016
2) 吉種 光, 深田 吉孝:生体の科学, 67:512-516, 2016
3) 『昆虫の時計-分子から野外まで-』(沼田英治/編), 北隆館, 2014

第II部 生命現象のしくみ - 遺伝, 膜構造, 代謝を中心に

P.73 掲載の参考文献
1) Gamow G:Nature, 173:318, 1954
2) 「The Least Likely Man」(Portugal FH/著), MIT press, 2015
P.87 掲載の参考文献
2) Doudna JA & Charpentier E:Science, 346:1258096, 2014
P.89 掲載の参考文献
1) Newberger DS:Am Fam Physician, 62:825-832, 2000
2) Barker DJ, et al:N Engl J Med, 353:1802-1809, 2005
3) Youngson NA & Whitelaw E:Annu Rev Genomics Hum Genet, 9:233-257, 2008
4) Pembrey ME, et al:Eur J Hum Genet, 14:159-166, 2006
P.98 掲載の参考文献
1) Ohkura M, et al:PLoS One, 7:e51286, 2012
P.105 掲載の参考文献
1) Boyden ES, et al:Nat Neurosci, 8:1263-1268, 2005
2) Zhang F, et al:Nat Protoc, 5:439-456, 2010
3) Tye KM & Deisseroth K:Nat Rev Neurosci, 13:251-266, 2012
P.117 掲載の参考文献
1) Karnkowska A, et al:Curr Biol, 26:1274-1284, 2016
P.142 掲載の参考文献
『植物の生態-生理機能を中心に』(寺島一郎/著), 裳華房, 2013
P.143 掲載の参考文献
『植物が出現し, 気候を変えた』(西田佐知子/訳), みすず書房, 2015
『植物の生態-生理機能を中心に』(寺島一郎/著), 裳華房, 2013

第III部 生命現象のしくみ - 増殖, 形態形成, 恒常性と環境応答を中心に

P.154 掲載の参考文献
1) Takeshige K, et al:J Cell Biol, 119:301-311, 1992
2) Tsukada M & Ohsumi Y:FEBS Lett, 333:169-174, 1993
P.213 掲載の参考文献
1) Grimes DT & Burdine RD:Trends Genet, 33:616-628, 2017
2) Omran H, et al:Nature, 456:611-616, 2008
3) Nonaka S, et al:Cell, 95:829-837, 1998
P.215 掲載の参考文献
『Developmental Biology 11th Edition』(Gilbert SF, et al, eds), Sinauer Associates, 2016
『ギルバート発生生物学』(阿形清和, ほか/訳), MEDSi, 2015
P.216 掲載の参考文献
1) 『だましのテクニックの進化 昆虫の擬態の不思議』(藤原晴彦/著), オーム社, 2015
2) Nishikawa H, et al:Nat Genet, 47:405-409, 2015
P.222 掲載の参考文献
1) Stowe BB & Yamaki T:Annu Rev Physiol, 8:181-216, 1957
2) Xie X, et al:Annu Rev Phytopathol, 48:93-117, 2010
P.224 掲載の参考文献
1) Hwang I, et al:Annu Rev Plant Biol, 63:353-380, 2012
2) Mockaitis K & Estelle M:Annu Rev Cell Dev Biol, 24:55-80, 2008
P.226 掲載の参考文献
1) Zazimalova E, et al:Cold Spring Harb Perspect Biol, 2:a001552, 2010
2) Jan Petrasek & Friml J:Development, 136:2675-2688, 2009
P.249 掲載の参考文献
Veeramah KR & Hammer MF:Nat Rev Genet, 15:149-162, 2014
Marciniak S & Perry GH:Nat Rev Genet, doi:10.1038/nrg.2017.65. [Epub ahead of print], 2017

Advance ヒトと生命科学

P.269 掲載の参考文献
1) Sakaguchi S:Annu Rev Immunol, 22:531-562, 2004
2) 堀昌平:実験医学, 25:2834-2875, 2007
P.272 掲載の参考文献
1) 岡崎拓, 他:生化学, 87:693-704, 2015
P.279 掲載の参考文献
Benjamin DI, et al:Cell Metab, 16:565-577, 2012
Losman JA & Kaelin WG Jr:Genes Dev, 27:836-852, 2013
P.281 掲載の参考文献
1) Dick JE:Blood, 112:4793-4807, 2008
2) 『ワインバーグがんの生物学 第2版』(武藤誠, 青木正博/訳), 南江堂, 2017
2) 米田俊之:実験医学増刊 癌と微小環境, 27:241-248, 2009
P.282 掲載の参考文献
1) 『ワインバーグがんの生物学 第2版』(武藤誠, 青木正博/訳), 南江堂, 2017
P.292 掲載の参考文献
Quintas-Cardama A, et al:Nat Rev Drug Discov, 6:834-848, 2007
P.293 掲載の参考文献
1) 『研究開発型製薬企業の国際競争力と成長戦略』(八木 崇, ほか/著), 医薬産業政策研究所, 2010
P.316 掲載の参考文献
『カンデル神経科学 第5版』(金澤一郎, 他/監), MEDSi, 2014
P.317 掲載の参考文献
1) 『Pheromones and Animal Behavior』(Tristram D. Wyatt), Cambridge University Press, 2014
2) 『化学受容の科学』(東原和成/編), 化学同人, 2012
P.319 掲載の参考文献
1) 『さえずり言語起源論脱-新版小鳥の歌からヒトの言葉へ』(岡ノ谷一夫/著), 岩波書店, 2016
2) 「つながりの進化生物学』(岡ノ谷一夫/著), 朝日出版社, 2013
P.321 掲載の参考文献
1) Dudai Y, et al:Proc Natl Acad Sci U S A, 73:1684-1688, 1976
2) Tsien JZ, et al:Cell, 87:1327-1338, 1996
3) 『行動遺伝学入門』(小出剛, 山元大輔/編著), 裳華房, 2011
P.322 掲載の参考文献
『Hippocampal Place Fields:Relevance to Learning and Memory』 (Mizumori SJY, et al, eds), Oxford University Press, 2008
『Rhythms of the Brain』(Buzsaki G, et al, eds), Oxford University Press, 2011
P.323 掲載の参考文献
1) Srinivasan MV, et al:Science, 287:851-853, 2000
2) Esch HE, et al:Science, 411:581-583, 2001

最近チェックした商品履歴

Loading...