医師が沈黙を破るとき

出版社: カイ書林
著者:
発行日: 2020-03-23
分野: 医学一般  >  医学一般
ISBN: 9784904865491
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,650 円(税込)

目次

  • プロローグ

    序章
    沈黙を破るメッセージ
    □ 序章 日野原重明先生からの遺言メッセージ
    第1章 平和といのち
    □ 日野原先生がオスラー先生を発見したのは敗戦直後であった
    現象と本もの、からだとこころ
    □ 徳田 安春 の個人史
    徳田 安春と若手医師との問答

    第2章 琉球の平和主義から学ぶ
    □ 沖縄―その悠久の歴史
    □ 沖縄の戦後
    □ 沖縄の人々の健康/li>
    □ 正しい歴史を伝え、知ることが、平和と民主主義のエネルギーになる
    第2章のまとめ

    第3章 対話編その1「平安山英盛先生と語る医師の平和活動」
    対話編その1「平安山英盛先生と語る医師の平和活動」
    □ 平安山英盛先生の生い立ち
    □ 沖縄県立中部病院で研修を始めて2年目のときに沖縄は日本に復帰
    □ 平安山先生は、優しい外科医としてロールモデルだった
    □ 定年退職後に命を守る平和活動を始めた
    □ 抗議活動はこうして始めた
    □ 沖縄県民に分断があるのが大きな問題である
    □ 医学部では平和や倫理を教えるべきである
    □ 非暴力で話し合い、医師として命を助けるための活動を続けたい。

    第4章 対話編その2「日野原重明先生と語る医のアート」
    □ 第1回:「アートから出発した医学」
    □ 第2回:「医師には知性と感性が求められる」
    □ 第3回:「判断は難しい。経験は過ちやすい」(ヒポクラテス)
    □ 第4回:「主治医とは何か、コンサルテーシヨンとは何か」
    □ 第5回:「いとおしむ心が医師には求められる」
    □ 第6回:「生命倫理を考える」
    □ 第7回:「感性を育てる」
    □ 第8回:「生活習慣病」ということばはこうして生まれた
    □ 第9回:自分で選択をするのが、「賢明な選択」
    □ 第10回:「伸びる教育、伸びない教育」
    □ 第11回:「教育にはシステムが必要です」

    第5章 21世紀の医師に求められる資質
    □ ケースその1:子どもの心雑音
    □ ケースその2:突然の聴力低下
    □ 医学部入試の諸問題
    □ アートとサイエンス
    □ ケース3:原因不明の寝汗
    □ ケース4:喘息死
    □ ケース5:2019年のある報道ケース
    □ 医師への信頼が揺らいでいる
    □ 優しさを持つ医師をどう育てるか
    □21世紀の医師の地球的役割

    付録 1 平和といのちを育むことば
    付録 2 平和といのちを学ぶための9冊の本
    付録 3 英文ハイライト

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...