臨床病理 68/5 2020年5月号

出版社: 克誠堂出版
発行日: 2020-05-25
分野: 臨床医学:基礎  >  雑誌
ISSN: 00471860
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,310 円(税込)

目次

  • 原著
     Estimation of Cross-Sectional Vascular Area and Volume Elastic Modulus
    in Brachial Arteries Using Automated Oscillometric Measurements:
    Reproducibility between Examiners and Intra-Rater Reliability in Medical Laboratory

    症例
     フィブリノゲン低下の著しい重症線溶亢進型DICに認められた
      2つのフィブリノゲン遺伝子変異

    トピックス:臨床化学検査の標準化に関するトピックス
     ALPおおびLD測定法の標準化
     TSHのハーモナイゼーションについて

    第66回学術集会
     シンポジウム4:抗菌薬適正使用支援チーム(AST)活動の課題とその解決法
      ASTから現場の医師にどのように問いかけるか【抄録】
      感染症医がいない施設でのAST活動の実際【抄録】
      外注検査センターを利用してAST活動を進めるには?
      微生物検査室業務をAST(Antimicrobaial Stewardship Team)
       業務にどのように繋げていくか?【抄録】
      STの活動事例 症例を元に【抄録】
     日本医学会連合加盟学会連携フォーラム・シンポジウム:
       ゲノム医療新時代に向けて、病理部と臨床検査部の協調体制のあり方
      がんゲノム医療における診療体制と病理部門・病理学会
       および臨床検査部門・臨床検査医学会の連携
      がんゲノム医療の医療実装に必要な臨床検査部と病理部の連携
      臨床検査と病理検査(診断)の統合はなされ得るか
       ―CAPの歴史と現状から見たその方向性―
      遺伝子関連検査のためのISO 15189施設認定の
       プログラム構築と課題対応

    資料

    日本臨床検査医学会ニュース

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...