消化器ナーシング 25/7 2020年7月号

出版社: メディカ出版
発行日: 2020-07-01
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 24344575
雑誌名:
特集: 1.消化器患者の急変・トラブル ベスト&ワースト対応! 2.終末期患者のケアとキュア“もしも”リスト
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

1,980 円(税込)

目次

  • 特集1 出会ったらどうする? こんなケース
        消化器患者の急変・トラブル ベスト&ワースト対応!
    特集2 はじめてさんに伝えたい
        終末期患者のケアとキュア“もしも”リスト

    特集1 出会ったらどうする? こんなケース
        消化器患者の急変・トラブル ベスト&ワースト対応!
     ◆特別企画 動画でチェック! 病棟急変時の対応
     ◆1 手術後、患者さんのドレーン刺入部のガーゼが赤く染まっている!(術後出血)
     ◆2 大腸憩室炎で入院中の患者さんが、腹部全体に強い痛みを訴えている!(消化管穿孔)
     ◆3 消化管穿孔の疑いで経過観察中の患者さんがぐったりしてきた!(敗血症)
     ◆4 術後離床が進まない患者さんが嘔吐した!(腸閉塞)
     ◆5 黄疸がある患者さんが「腹痛と寒気がある」と、家族からナースコールが!(急性胆管炎)
     ◆6 急性胆管炎の患者さんが、ERCP後に心窩部痛を訴えている!(急性膵炎)
     ◆7 虫垂炎で保存加療(抗菌薬投与)中の患者さんが、腹部全体に強い痛みを訴えている!
       (急性虫垂炎)
     ◆8 鎮痛薬投与後、患者さんが体のかゆみと呼吸困難感を訴えている!(アナフィラキシー)
     ◆9 肝硬変で入院中の患者さんが「何かごそごそしている」と、
        同室の患者さんからナースコールが!(肝性脳症)
     ◆10 夜間、術後患者さんが点滴ルートを抜いて興奮している!(せん妄)
     
    特集2 はじめてさんに伝えたい
        終末期患者のケアとキュア“もしも”リスト
     ◆1 病棟における終末期キュア&ケアの考えかた
     ◆2 終末期の苦痛症状ケア“もしも”ケース
     
    【連 載】
    ◆あの日のたられば 私をつくった「できごと」と「それから」
    ・新人のころ、“患者さんの気持ちにすぐに応えられる看護師”であれば…
    ◆教えて、ロンドン先生! 消化器内視鏡看護の ここだけ“Tips”
    ・知っていますか? 患者さんが内視鏡検査を受ける流れ
    ◆素敵なあなたの笑顔を見たいから 忘れられないストーマ患者の記録
    ・生涯にわたるストーマケアの重要性を実感したJさんとの出会い
    ◆ナースのお悩み背負い投げ 鳥ボーイのコミュニケーション道場!
    ・第四訓 相談を円滑に行うには『分からないことを明確にすること』が大切だ!

    【Campanio!】医療・看護・介護のトピック19本!
    ◆日本の大腸がんのはなし
    ・がん抑制遺伝子p53と長生きなゾウ
    ◆医療者のための歩行介助のコツ
    ・体勢を崩してからでは間に合わない! 転倒を効果的に予防する介助の方法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...