日本臨牀 78/増刊1 高血圧学 上

出版社: 日本臨牀社
発行日: 2020-06-30
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 00471852
雑誌名:
特集: 高血圧学 上
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

19,800 円(税込)

目次

  • 特集 高血圧学 上 ―高血圧制圧の現状と展望―

    ◇序文:変革と未来

    I.高血圧制圧:総論
     1. 日本高血圧学会の挑戦 - 高血圧診療のムーンショット
     2.高血圧制圧と脳卒中・循環器病対策基本法
     3.高血圧制圧のための基礎研究
     4.高血圧制圧のための高血圧関連疾患モデル動物研究
     5.高血圧パラドックス克服に向けた戦略
     6.高血圧制圧のためのポピュレーションアプローチ
     7.国策としての減塩に向けた戦略:ナッジ理論を活用した英国減塩成功事例に学ぶ
     8.高血圧制圧のためのガイドライン普及
     9.高血圧制圧のためのデータサイエンス (Digital Hypertension)
     10.高血圧制圧のための地域医療
     11.高血圧制圧のための今後の臨床研究テーマ

    II.多面的研究・診療が必要な高血圧学の現状と展望
     1.脳・神経領域における高血圧学の現状と展望
     2.循環器領域における高血圧学の現状と展望
     3.腎臓領域における高血圧学の現状と展望
     4.内分泌領域における高血圧学の現状と展望
     5.糖・脂質代謝領域における高血圧学の現状と展望
     6.老年医学における高血圧学の現状と展望
     7.薬学および薬理学領域における高血圧学の現状と展望

    III.食塩と高血圧の研究
     1.食塩過剰摂取による高血圧発症機序の研究
     2.食塩感受性高血圧とは:分子機序はどこまで解明されたか
     3.食塩過剰摂取と予後
     4.減塩の重要性:減塩の危険性を指摘する研究に潜む問題

    IV.血圧調節系と高血圧成因論に関する現状と展望
     1.高血圧の遺伝学
      (1)本態性高血圧のゲノム解析
      (2)高血圧におけるDNAメチル化の役割
      (3)Non-coding RNA解析 (miRNA, lncRNA)
      (4)单一遺伝子異常による高血圧・低血圧
     2.中枢・自律神経系による血圧調節
      (1)中枢神経系
      (2)自律神経系
     3.心血管系による血圧調節
      (1)心血管リモデリング
      (2)内皮機能
     4.腎血圧調節系
     5.肥満症、メタボリックシンドローム、インスリン抵抗性
     6.慢性炎症
     7.食塩以外の生活習慣(運動、飲酒、喫煙)
     8.睡眠障害
     9.血圧リズムと時計遺伝子
     10. 加齢・性差
     11. 腸内細菌叢
     12.妊娠高血圧症候群の発症機序

    V.レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系 (RAA系)研究の現状と展望
     1.高血圧研究における RAA系の最新の知見と今後の展望:総論
     2.組織RA系(脳内RA系を含む)
     3.アンジオテンシン受容体(AT1受容体、AT2受容体、ATRAP)
     4.プロレニン受容体の最新分子生物学
     5.ACE2-アンジオテンシン1-7-Mas系
     6.キマーゼ
     7.アルドステロン(アルドステロンブレイクスルーを含む)
     8.ミネラルコルチコイド受容体関連高血圧(MR-pendrin系など)
     9. RAA系と細胞老化
     10.レニン-アンジオテンシン系と認知症

    VI.高血圧領域における循環生理活性物質研究の進歩と展望(RAA系を除く)
     1.カリクレイン・キニン系
     2.カテコラミン系
     3.アドレノメデュリン
     4.バソプレシン
     5.ナトリウム利尿ペプチド
     6.エンドセリン
     7.アディポネクチン
     8.レプチン
     9.グレリン―循環器領域について―

    VII.高血圧関連モデル動物に関する最新知見
     1.高血圧関連疾患モデル動物作製の現状と展望
     2.SHR, SHRSPおよび新しい系統樹立
     3.Dahl食塩感受性ラット
     4.遺伝情報から『読み解く』心腎連関:
       ヒスタミンアゴニストに誘導される抗炎症プログラミング
     5.エンドセリン関連遺伝子改変動物と高血圧研究
     6.メタボリック症候群モデル動物と高血圧研究

    VIII.日本における高血圧の疫学と観察研究の最新知見
     1.日本における高血圧の疫学データから見る高血圧制圧の課題と展望
     2.日本における観察研究と高血圧の疫学
      (1)BOSHI研究
      (2)EPOCH-JAPAN
      (3)久山町研究
      (4)Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS)
      (5) J-HOP研究
      (6) JMS コホート研究
      (7)ながはまコホート
      (8) NIPPON DATA研究からの知見
      (9)大迫研究
      (10)SONIC研究
      (11)吹田研究
      (12)端野・壮瞥町研究
      (13)東北メディカル・メガバンク計画

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...