医学と薬学 77/8 2020年8月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2020-07-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 白斑
電子書籍版: 2020-07-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,760 円(税込)

目次

  • 特集 白斑

    序文
    白斑の診療ガイドライン―世界と日本
    白斑の病因論―2020
    白斑の診断と鑑別診断―小児例と成人例
    白斑の治療アップデート
    免疫チェックポイント阻害薬と白斑
    白斑と再生医療
     ―iPS細胞からの色素細胞前駆細胞の誘導
    白斑研究の新たな視点

    Diagnosis
     光導波路伝搬光の減衰を増幅して抗原の検出を行う
      RSウイルス抗原検出迅速診断キット
     安定心不全患者におけるNT-proBNP濃度の変動と心臓血管事故の関係
     肝および造血幹細胞移植症例における
      サイトメガロウイルスモニタリングにおけるPCR法の有用性
     尿中有形成分分析装置3機種の比較検討
     化学発光酵素免疫測定法を用いた
      高感度新型コロナウイルスSARS-CoV-2抗原測定試薬の開発

    Health Care
     植物ポリフェノール混合原料「DVAN8876」を配合した
      頭皮用化粧品の養育毛作用

    Cosmetic
     加水分解バオバブエキス配合の男性の
      顔用ミスト状ローションのたるみ改善効果

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 白斑】

P.1119 掲載の参考文献
4) 鈴木民夫, 金田眞理, 種村篤, 他 : 日本皮膚科学会ガイドライン, 尋常性白斑診療ガイドライン. 日皮会誌 122 (7) : 1725-1740, 2012.
12) Nanja van Geel N, Wolkerstorfer A, Ezzedine K, et al : Validation of a physician global assessment tool for vitiligo extent : Results of an international vitiligo expert meeting Pigment Cell Melanoma Res 32 : 728-733, 2019.
P.1125 掲載の参考文献
13) Koch S, Stroisch TJ, Vorac J et al : AhR mediates an anti-inflammatory feedback mechanism in human Langerhans cells involving Fc ε RI and IDO. Allergy 72 (11) : 1686-1693, 2017.
16) Kazal B, Takahashi A, Mizutani Y et al : Glycoprotein Non-metastatic B (GPNMB)/Osteoactivin is expressed in human epidermal keratinocytes, but disappeared in the vitiligo lesional skin. (投稿中)
P.1131 掲載の参考文献
2) 鈴木民夫, 金田眞理, 種村篤他 : 尋常性白斑診療ガイドライン. 日皮会誌 122 (7) : 1725-1740, 2012.
14) 大磯直毅 : 脱色素性母斑, 伊藤白斑. 小児科診療 78 (11) : 1555-1558, 2015.
P.1140 掲載の参考文献
2) 鈴木民夫, 金田眞理, 種村篤他 : 日本皮膚科学会ガイドライン, 尋常性白斑診療ガイドライン. 122 : 1725-1740, 2012.
3) 加藤則人, 大矢幸弘, 池田政憲, 他 : 日本皮膚科学会ガイドライン, アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018. 日皮会誌 128 (12) : 2431-2502, 2018.
14) 種村篤 : 色素脱失・白斑-実臨床に沿った尋常性白斑の診療-. Skin Surgery 25 : 127-138. 2016.
15) Harris JE, Harris TH, Weninger W, et al : A mouse model of vitiligo with focused epidermal depigmentation requires IFN-γ for autoreactive CD8+ T-cell accumulation in the skin. J Invest Dermatol 132 (7) : 1869-1876, 2012.
26) Abdallah M, Abdel-Naser MB, Moussa MH, et al : Sequential immunohistochemical study of depigmenting and repigmenting minigrafts in vitiligo. Eur J Dermatol 13 (6) : 548-552, 2003.
32) 加藤裕史, 森田明理 : 尋常性白斑の外科的治療. Derma 171 : 27-32, 2010.
P.1149 掲載の参考文献
3) GLOBOCAN : Cancer Incidence, Mortality and Prevalence Worldwide. Lyon : World Health Organization, 2001.
P.1158 掲載の参考文献
P.1165 掲載の参考文献

【Diagnosis】

P.1173 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所感染症発生動向調査. 週報グラフ, RSウイルス感染症 https://www.niid.go.jp/niid/ja/10/2096-weeklygraph/1661-21rsv.html
2) 堤裕幸 : RSウイルス感染症. 感染症誌 79 : 857-863, 2005.
3) 河合直樹, 池松秀之, 岩城紀男, 他 : PCRによる高齢者を含めたRSウイルス検出例の検討-新しい迅速診断キットの試用経験を含めて-. 感染症誌 82 : 1-5, 2008.
4) イムノエース(R) RSV Neo 添付文書. 2018年7月改訂 (第7版) http://imunoace.jp/pdf/rsv/imunoace_rsvneo_packageinsert_c71.pdf
5) クイック チェイサー(R) RSV添付文書. 2015年10月改訂 (第9版) https://www.mizuho-m.co.jp/product/uploads/attach/11_QC_RSV_01.pdf
6) 国立感染症研究所病原体検出マニュアル : ヒトオルソニューモウイルス (RSウイルス) 病原体検出マニュアル 2.0版 令和2年6月12日 https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/RSVirus20200612.pdf
7) 大宮卓, 久保亨, 西村秀一 : イムノクロマト法を原理とする12種のRSウイルス迅速抗原検出キット製品のウイルス検出の感度性能の比較. 感染症誌 90 : 633-638, 2016.
11) 齋藤玲子, 齋藤孔良, Isolde Caperig Dapat, et al : わが国のRSVの分子疫学. IASR 35 (6) : 148-149, 2014.
P.1179 掲載の参考文献
2) 慢性心不全治療ガイドライン (2018年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2017tsutsui_h.pdf.
4) 蔦本尚慶, 斉藤能彦 : 新BNPと日常診療-心機能異常の早期発見のために. 南江堂, 東京, 2005.
10) 蔦本尚慶 : 心不全バイオマーカーとしてのナトリウム利尿ペプチドの歴史と展望. 医学と薬学 76 (10) : 1457-1473, 2019.
P.1187 掲載の参考文献
1) 小杉伊三夫 : サイトメガロウイルス (CMV). ウイルス 60 (2) : 209-220, 2010.
2) 日本造血細胞移植学会 : 造血細胞移植ガイドラインウイルス感染症の予防と治療 サイトメガロウイルス感染症 (第4版)
3) 一般社団法人日本臨床腎移植学会 : 腎移植後サイトメガロウィルス感染症の診療ガイドライン 2011.
P.1200 掲載の参考文献
1) 日本臨床衛生検査技師会 : 尿沈渣検査法 2010, 日本臨床検査技師会編, 2011.
2) 田中佳 : 各種尿中有形成分分析装置の特徴と運用方法. 検査と技術 46 (2) : 152-157, 2018.
3) 舛岡正二郎 : 全自動尿中有形成分分析装置「U-SCANNER II」. 生物試料分析 30 (4) : 309-312, 2007.
4) 堀田真希, 小林渉, 松田沙希子, 他 : 尿中有形成分分析装置Atellica UAS800の基礎的検討. 医学と薬学 75 (4) : 407-415, 2018.
5) 橋本綾, 田中佳, 松本正美, 他 : 全自動尿中有形成分分析装置UF-5000の性能評価. 医学検査 66 (3) : 255-265, 2017.
6) 久枝恵美子, 緒方清香, 今井郁子, 他 : 尿中有形成分分析装置三機種の比較および性能評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 33 (5) : 833-839, 2008.
P.1208 掲載の参考文献
2) WHO : Coronavirus disease (COVID-19) Situation Report- 154 : 22, 2020.
4) 診療の手引き検討委員会・作成班 : 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 診療の手引き・第2版 : 2020年5月18日.
5) 山川賢太郎, 藤本陽, 宮本和慶, 他 : イムノクロマト法を用いた新型コロナウイルスSARS-CoV-2抗原検出試薬の開発. 医学と薬学 77 (6) : 937-944, 2020.
7) Patterson E, Prince T, Anderson E, et al : Methods of inactivation of SARS-CoV-2 for downstream biological assays. bioRxiv, 2020. https://dx.doi.org/10.1101/2020.05.21.108035
8) Pastorino B, Touret F, Gilles M, et al : Evaluation of heating and chemical protocols for inactivating SARS-CoV-2. bioRxiv, 2020. https://dx.doi.org/10.1101/2020.04.11.036855
11) Hu X, An T, Situ B, et al : Heat inactivation of serum interferes with the immunoanalysis of antibodies to SARS-CoV-2. medRxiv, 2020. https://dx.doi.org/10.1101/2020.03.12.20034231

【Health Care】

P.1217 掲載の参考文献
1) 株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー. 2019年薄毛調査報告書
2) 眞鍋求, 坪井良治, 板見智, 他 : 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版. 日本皮膚科学会雑誌 127 (13) : 2763-2777, 2017.
3) 江浜律子, 岩渕徳郎, 飯野雅人, 他 : 女性の薄毛とアデノシンによる改善効果. 日本化粧品技術者会誌 45 (1) : 35-40, 2011.
4) 岩渕徳郎 : 育毛薬剤の開発と評価方法 (これまでと今後). 日本香粧品学会誌 42 (1) : 98-103, 2018.
5) 小野佳子 : ポリフェノールの機能解明に関する研究とその応用開発. 化学と生物 57 (9) : 525-531, 2019.
7) 山本將 : ヒト頭毛の成長-研究法, 頭毛の種類, 成長速度-. 山野研究紀要 12 : 95-102, 2004.
8) 鈴木啓子, 中野ひとみ : 香草類ポリフェノールの機能性. 日本調理科学会大会研究発表要旨集 29 : 163, 2017.
9) 立山千草, 本間伸夫, 並木和子, 他 : 食用花弁に含まれるポリフェノール類含有量と抗酸化活性. 日本食品科学工学会誌 44 (4) : 290-299, 1997.
11) Galati EM, Monforte MT, Kirjavainen S, et al : Biological effects of hesperidin, a citrus flavonoid. (Note I) : antiinflammatory and analgesic activity. Farmaco 40 (11) : 709-712, 1994.

【Cosmetic】

P.1222 掲載の参考文献
1) P Moussou, et al : Speci'men-The first natural agent made specifically for men's skin enabling healthy, more toned skin nor men. Household Personal Care 11 (2) : 2016.
3) Pascale Prouheze, et al : Preserving Hyalurosome to Limit Psychological Stress-Induced Premature Aging. IFSCC 3 : 141-147, 2017.

最近チェックした商品履歴

Loading...