新型コロナ超入門

出版社: 東京化学同人
著者:
発行日: 2020-10-01
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784807920006
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,320 円(税込)

商品紹介

新型コロナウイルスの感染や変異はどのように起こる?
無症状感染者の特徴とは?ペットへの感染リスクと対応は?etc.
感染の次波に備えて、私たちが知っておくべき正しい知識をコロナウイルスの専門家がやさしく解説。
コロナウイルス以外に、いずれ来るほかの新興ウイルス感染症の流行に対処するうえでも役に立つ知識が満載。

目次

  • 第1章 私たちの生活と新型コロナウイルス
    次のウイルス感染症に備える/季節感のないウイルス/いつ発生したのかが重要/
     毎日コロナのことを考えている/抗体調査を信じていいの?/マスクは必要なのか/
     トレイのお金/人もペットも助ける/エビデンスはあるのか

    第2章 新型コロナウイルスの変異を正確に把握して次波に備える
     始まりは12月よりも前/それは夏に始まったのか/信じないのもアリ/
     フランスはさかのぼる/日本へも年末に侵入?/ダニが広めるウイルス感染症/
     ウイルス感染症では当たり前/新型コロナウイルスはもういない?/
     早まるコロナサイクル/もう野生動物から感染しない?/すでに次のコロナウイルスが/
     インターフェロンに打ち勝つウイルス/新型コロナウイルスが人に強いわけ/
     次波はどのようにやってくるのか/感染源を理解する/この章のまとめ

    第3章 無症状感染者の特徴を理解することが重要
     ソーシャルディスタンスを守らなくてもよい方法/完璧なマスク/自分は発症前の感染者?/
     スマートリングが救世主になるか?/本当に無症状感染者はいるのか/
     下水調査が早期警戒に役立つ/重症化のファクター/万能ワクチンの開発へ/
     SARS-CoV-Xは存在するのか/医療崩壊を起こさないことが重要/この章のまとめ

    第4章 ペットへの感染をくい止めろ ― 獣医から見た新型コロナウイルス
     SARSと動物感染/最初は香港から/次々とペットが感染/武漢市の猫/ペットが感染しても/
     動物園でも感染が/ミンクが悪いのか/動物の抗体調査/珍獣の抗体検査は難しい/
     動物への感染実験の重要性/フェレットと猫は感染する/猫は早く陰性になる/
     何個のウイルスがあれば感染する?/この章のまとめ:野生動物への感染を防げ

    第5章 未知のウイルスを発見する方法を体験する
     新型コロナウイルスという未知のウイルス/皆さんはウイルス学の研究者/
     最新のテクノロジーを使う/遺伝子を網羅的に検出する/次世代シーケンサーは平等主義/
     ターゲットはRNAウイルス/RNAだけを取出す/DNAを壊す/そして次世代シーケンサー/
     次世代シーケンサーの原理/遺伝子解析をやってみよう/未知のウイルスの正体は/
     ウイルスを分離する/ウイルス分離こそ重要/この章のまとめ

    第6章 新型コロナウイルスが細胞に感染するまで
     ウイルスの目的は何か/飛沫の中の冒険/無事に着地/効率の悪い感染/レセプターを探せ/
     もう一つ必要なアイテム/アイテムを使って一気に感染/TMPRSS2を阻害する治療薬/
     もう一つの侵入経路/エンドソームとリソソーム/さあ,細胞質の中へ/この章のまとめ

    第7章 新型コロナウイルスはどうやって増えるのか
     リボソームはタンパク質合成工場/せっせと鋳型をつくる/
     ウイルス粒子をつくるためのパーツ/きっかけをつくる「リーダーRNA」/
     いよいよ転写開始/増えすぎたウイルスタンパク質/ウイルス粒子の放出へ/
     修復できるから長くつくれる

    第8章 新型コロナウイルスの検査法をしっかり頭にたたきこむ
     PCR検査に優しく抗体検査に厳しい社会/PCRの基礎の基礎/Taqポリメラーゼは温泉が好き/
     DNAを増やしたあとも/感度と特異度の落とし穴/検出限界こそが重要/PCRは完璧ではない/
     唾液からPCR/群雄割拠の検査法/抗体はサスマタ/結論は中和抗体/
     安上がりで優れた中和試験/よく用いられるELISA法/いろいろな動物の抗体調査/
     簡単王者イムノクロマト法/抗体検査の落とし穴/一つの結論/血清をペアにする/
     アップデートされる抗体調査/日本は抑え込みに一度は成功した?

    第9章 次の波を乗り切るために
     O型は感染リスクが低い?/もしかしたら科学的根拠があるかも/
     抗生物質はウイルスに効く?/新型コロナウイルスに効く抗生物質/変化球の治療薬たち/
     抗がん作用をもつ駆虫薬/標的はインポーチン/広くウイルスに作用する薬を準備する/
     クロロキン論文の幕引き/次々と襲ってくるウイルスたち/混合感染に気をつけろ/
     この章のまとめ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...