• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  医学と薬学 77/11 2020年11月号

医学と薬学 77/11 2020年11月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2020-10-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 肛門疾患
電子書籍版: 2020-10-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,760 円(税込)

目次

  • 特集 肛門疾患

    序文
    肛門疾患の診療
    痔核の治療
    痔瘻・肛門周囲膿瘍の診断と治療
    裂肛の治療
    その他の肛門疾患の治療

    研究
     Safety Evaluation of Tannase

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 肛門疾患】

P.1525 掲載の参考文献
1) 日本大腸肛門病学会編 : 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) ・直腸脱診療ガイドライン 2020年版, 南江堂, 東京, 2020.
2) 稲次直樹 : 痔の診断・治療の現況, そしてがんを見逃さないために. 大阪保険医雑誌 10 : 295-308, 2018.
3) 松島誠, 岡本康介, 深野雅彦 他 : 肛門疾患の診察法. 特集 肛門を極める. 臨床外科 34 (6) : 662-666, 2019
4) Goligher JC : Surgery of the Anus,Recyum and Colon, 5th Ed, p101, Billiere Tindall, London, 1984.
5) 日本消化器病学会関連研究会, 慢性便秘の診断・治療研究会編 : 慢性便秘症診療ガイドライン 2017年版, p42, 南江堂, 東京, 2017
6) 高橋知子, 田嶋太一, 角田明良, 他 : 肛門疾患に対する検査法-デフェコグラフィ (排便造影検査). 外科 80 (13) : 1301-1305, 2018.
7) 黒水丈次 : 肛門疾患に対する検査法-直腸肛門内圧検査. 外科 80 (13) : 1297-1300, 2018.
P.1534 掲載の参考文献
1) 日本大腸肛門病学会編 : 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) ・直腸脱診療ガイドライン 2020年度版, pp.19-21, 南江堂, 東京, 2020.
2) 岩垂純一 : 結紮切除術 (半閉鎖術) の工夫と術後成績. 日本大腸肛門病会誌 51 : 1067-1075, 1998.
3) 日本大腸肛門病学会 編 : 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) ・直腸脱診療ガイドライン 2020年度版, pp.16-18, 南江堂, 東京, 2020
4) 小原誠 : Aluminum Potassium sulfate and tannic acid (ALTA) 療法の予後に関する検討. 日本大腸肛門病会誌 67 : 80-85, 2014.
5) 日本大腸肛門病学会編 : 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) 2014 年度版. p18, 南江堂, 東京, 2014.
P.1541 掲載の参考文献
1) 辻順行, 家田浩男 : 肛門専門病院における新患5,447人の分析-特に3大肛門疾患と裂肛症例の分析-. 日本大腸肛門病会誌 66 (7) : 479-491, 2013.
2) Kurihara H, Kanai T, Ishikawa T, et al : A new concept for the surgical anatomy of posterior deep complex fistulas : The posterior deep space and the septum of the ischiorectal fossa. Dis Colon Rectum 49 (Suppl) : S37-44, 2006.
3) Sumikoshi Y, Takano M, Okada M, et al : New classification of fistulas and its application to the operations. Am J Proctology 25 (3) : 72-78, 1974.
4) 栗原浩幸, 金井忠男, 石川徹, 他 : 痔瘻の新分類-後方複雑痔瘻および低位筋間痔瘻を明確化した痔瘻分類. 日本大腸肛門病会誌 61 (8) : 467-475, 2008.
5) 日本大腸肛門病学会 (編) : 痔瘻. 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) ・直腸脱診療ガイドライン 2020年版 改訂第2版, pp.31-39, 南江堂, 東京, 2020.
6) 栗原浩幸 : 肛門周囲膿瘍と痔瘻. かかりつけ医もここまで診よう! 肛門部外来診療マニュアル, pp.43-49, 南江堂, 東京, 2019.
7) 栗原浩幸, 金井忠男, 金井慎一郎, 他 : 痔瘻の診断. 日本大腸肛門病会誌 66 (10) : 999-1010, 2013.
8) 内田好司, 栗原浩幸 : 肛門周囲膿瘍と痔瘻. 肛門疾患-解剖から手術まで, 金井忠男監, pp.103-145, 南山堂, 東京, 2014.
P.1549 掲載の参考文献
1) 岩垂純一, 隅越幸男, 小野力三郎 : 裂肛の治療. 外科治療 68 : 192-199, 1993.
2) Jiang JK, Chiu JH, Lin JK : Local thermal stimulation relaxes hypertonic anal sphincter : evidence of somatoanal reflex. Dis Colon Rectum 42 : 1152-1159, 1999.
3) Guillemot F, Leroi H, Lone YC, et al : Action of in situ nitroglycerine on upper anal canal pressure of patients with terminal constipation : a pilot study. Dis Colon Rectum 36 : 372-376, 1993.
4) Antropoli C, Perrotti P, Rubino M, et al : Nifedipine for local use in conservative treatment of anal fissures : preliminary results of a multicenter study. Dis Colon Rectum 42 : 1011-1015, 1999.
5) Thomas GB, Zakhi Z, Ayman SA : Fissurectomy combined with high-dose botulinum toxin Is a safe and effective treatment for chronic anal fissure and a promising alternative to surgical sphincterotomy. Dis Colon Rectum 58 : 967-973, 2015.
6) 日本大腸肛門病学会編 : III. 裂肛, 肛門疾患 (痔核・痔瘻・裂肛) ・直腸脱診療ガイドライン 2020年版 改訂第2版.
7) Notaras MJ : The treatment of anal fissure by lateral subcutaneous internal sphincterotomy. Br J Surg 58 : 96-100, 1971.
8) Hoffmann DC, Goligher JC : Lateral subcutaneous internal sphincterotomy in treatment of anal fissure. Br Med J 3 : 673-675, 1970
9) Sthela MM, Graziela OSF, Fransisco SP, et al : How much of the internal sphincter may be divided during lateral sphincterotomy for chronic anal fissure in women? morphologic and functional evaluation after sphincterotomy. Dis Colon Rectum 56 : 645-651, 2013.
10) Gingold BS : Y-V anoplasty for treatment of anal stricture. Surg Gynecol Obstet 162 : 241-242, 1986.
11) 高野正弘 : 裂肛の手術-歯状線形成SSG法-. 大腸肛門誌 44 : 1155-1160, 1989.
12) 早川一博 : SSG法の新しい工夫. 大腸肛門誌 50 : 1115-1119, 1997.
13) Carmel AC : Modern surgical treatment of hemorrhoids and a new rectoplasty. Am J Surg 75 : 320-324, 1948.
14) Caplin DA, Kodner IJ : Repair of anal stricture and mucosal ectopion by simple flap procedure. Dis Colon Rectum 28 : 92-94, 1986.
15) Christensen MA, Pitsch RM, Cali RL, et al : "House" advancement pedicle flap for anal stenosis. Dis Colon Rectum 35 : 201-203, 1992.
16) 平田雅彦 : 皮膚弁移動術 (SSG法). どうする!? 痔疾患 外来で役立つ診療の実際, pp.55-58, 永井書店, 大阪, 2010.
P.1557 掲載の参考文献
1) 松田保秀, 浅野道雄, 田中荘一, 他 : 直腸肛門の性感染症の治療. 臨床外科 66 (12) : 1500-1508, 2011.
2) 厚生労働省 : 性感染症報告数, 感染症発生動向調査, 2019.
3) 「消化器内視鏡」編集委員会編 : 消化管感染症のすべて. 消化器内視鏡 31 (Suppl) : 230-279, 2019.
4) 岩垂純一 : 肛門疾患診療プラクティス, pp.124-146, 永井書店, 東京, 2001.
5) 辻仲康伸監 : 大腸肛門病ハンドブック, pp.346-355, 医学書院, 東京, 2011.
6) 豊永敬之, 松島誠, 香取玲美, 他 : 肛門部尖圭コンジローマの外科切除後の再発の危険因子. 日本大腸肛門病学会雑誌 59 (5) : 259-264, 2006.
7) 瀧上隆夫, 嶋村廣視, 竹馬彰, 他 : 痔瘻の鑑別診断と治療方針. 消化器外科 37 (10) : 1569-1578, 2014.
8) 前田耕太郎, 花井恒一, 佐藤美信, 他 : 壊死性筋膜炎 (フルニエ症候群) の治療, 臨床外科 66 (12) : 1496-1499, 2011.
9) 鵜瀞条, 松尾恵五, 新井健広, 他 : 痔瘻癌. 胃と腸 53 (7) : 992-994, 2018.
10) 永田務, 鶴田修, 草場喜雄, 他 : 内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除した肛門管癌. 胃と腸 53 (7) : 980-985, 2018.
11) 本間祐子, 山名哲郎, 阿部佳子, 他 : 肛門管類基底細胞癌, 胃と腸 53 (7) : 986-987, 2018.
12) 栗原浩幸, 金井忠男, 神藤英二, 他 : 稀な肛門腫瘍の治療. 臨床外科 66 (12) : 1524-1529, 2011.

【研究】

P.1567 掲載の参考文献
1) Barbesgaard P, Heldt-Hansen H P, Diderichsen B : On the safety of Aspergillus oryzae : a review. Appl Microbiol Biotechnol 36 : 569-572, 1984.
2) Blumenthal C Z : Production of toxic metabolites in Aspergillus niger, Aspergillus oryzae, and Trichoderma reesei : justification of mycotoxin testing in food grade enzyme preparations derived from the three fungi. Regul Toxicol Pharmacol 39 : 214-228, 2004.
3) Haslam E, R J N Tanner : Spectrophotometric assay of tannase. Phytochemistry 9 : 2305-2309, 1970.
4) Rouseff RL : Bitterness in foods and beverages, Developments in food science 25. Elsevier, Amsterdam, 1990.

最近チェックした商品履歴

Loading...