小児科診療 83/12 2020年12月号

出版社: 診断と治療社
発行日: 2020-12-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03869806
雑誌名:
特集: 医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,080 円(税込)

目次

  • 特集 医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」

    I.鎮静と医療安全
     日本の医療安全制度と病院認証制度の発展
    「MRI 検査時の鎮静に関する共同提言」ができるまで
    「MRI 検査時の鎮静に関する共同提言」公表後に何が変わったか?:放射線科の立場から
    麻酔科医から見た「MRI 検査時の鎮静に関する共同提言」
    「Sedation Essence in Children under restricted Environment:SECURE講習会」について

    II.鎮静の基礎
     薬物動態の基礎
     小児に使用する鎮静薬の特徴と注意点
     鎮静薬の管理上の問題点

    III.医療現場における鎮静の実際
     救急外来での鎮静・鎮痛
     腎臓領域の鎮静
     血液・腫瘍領域の鎮静
     循環器領域の鎮静
     神経領域の鎮静
     呼吸器領域の鎮静:気管支鏡検査時の鎮静
     消化器内視鏡検査の鎮静・麻酔
     小児集中治療領域の鎮静
     新生児領域での鎮静

    IV.鎮静の今後
     薬に頼らない子どものMRI検査への挑戦―子ども中心の視点から―
     小児鎮静にかかわる医療事故の過去・現在・未来
     患者安全のために:最高質安全責任者(CQSO)養成プロジェクトについて
    「小児の鎮静」の将来

    原 著
     福岡県におけるRSウイルス流行期間の検討

    症例報告
     非侵襲的陽圧換気療法が有効であった先天性両側声帯麻痺の1例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...