早産のすべて 基礎から臨床、DOHaDまで

出版社: メジカルビュー社
著者:
発行日: 2020-12-10
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784758319959
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

9,350 円(税込)

商品紹介

早産は,多くの産科医が遭遇するにもかかわらず,そのメカニズムは未だに解明されていない。本書では,2018年に発足した日本早産学会が行った大規模調査により得られた情報に基づいて作成した指針を紹介する。
1章では基礎編として早産の機序・病態生理を,2章では臨床編として最新の知見に基づく早産の診療・管理指針を,臨床現場において実際的なクリニカル・クエスチョン形式に基づいて解説する。

目次

  • ■I 基礎編
    陣痛発来機序と早産
    炎症カスケードからみた早産の発生機序
    ヒアルロン酸代謝からみた早産の発生機序
    腸内細菌叢と早産
    プレバイオティクスと早産
    カニズムについての検討
    羊膜の修復過程
     
    ■II 臨床編
    [定義/ 診断−日本]
    [定義/ 診断−海外との比較]
    [定義/ 診断−子宮頸管無力症]
    [定義/ 診断− pPROM]
    [定義/ 診断−絨毛膜羊膜炎]
    [疫学・リスク因子−リスク比,オッズ比]
    [疫学・リスク因子−年次推移]
    [疫学・リスク因子−諸外国との比較]
    [疫学・リスク因子−基礎疾患]
    [疫学・リスク因子−生活習慣]
    [疫学・リスク因子−歯周病]
    [疫学・リスク因子−早産歴,子宮頸管手術歴]
    [疫学・リスク因子−母体体重]
    [疫学・リスク因子−細菌性腟症]
    [疫学・リスク因子−子宮頸管長]
    [予防の実際−細菌性腟症]
    [予防の実際−ペッサリー]
    [予防の実際−子宮頸管縫縮術]
    [予防の実際−子宮頸管縫縮術]
    [予防の実際−子宮頸管縫縮術]
    [予防の実際−子宮頸管縫縮術]
    [予防の実際−プロゲステロン]
    [予防の実際−プロゲステロン]
    [母体・胎児評価と診断−予定日の確認]
    [母体・胎児評価と診断−母体評価]
    [母体・胎児評価と診断−他疾患との鑑別]
    [母体・胎児評価と診断−血液検査]
    [母体・胎児評価と診断−バイオマーカー]
    [母体・胎児評価と診断−発育の評価]
    [母体・胎児評価と診断−胎児健常性の評価]
    [母体・胎児評価と診断−胎児心拍数陣痛図]
    [検査所見−超音波断層法を用いた検査]
    [検査所見−超音波断層法を用いた検査]
    [検査所見−超音波断層法を用いた検査]
    [切迫早産治療−安静]
    [切迫早産治療−補液]
    [切迫早産治療−子宮収縮抑制薬]
    [切迫早産治療−β刺激薬]
    [切迫早産治療−β刺激薬]
    [切迫早産治療−β刺激薬]
    [切迫早産治療−インドメタシン]
    [切迫早産治療−オキシトシン受容体拮抗薬]
    [切迫早産治療−ニフェジピン]
    [切迫早産治療−硫酸マグネシウム]
    [切迫早産治療−硫酸マグネシウム]
    [切迫早産治療−併用療法]
    [切迫早産治療−短期投与 vs. 長期投与]
    [切迫早産治療−胎児/ 新生児への影響]
    [切迫早産治療−抗菌薬]
    [切迫早産治療−出生前ステロイド]
    [切迫早産治療−出生前ステロイド]
    [切迫早産治療−出生前ステロイド]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療のポイントは?
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [切迫早産治療−合併症妊娠における切迫早産治療]
    [分娩管理時−娩出のタイミング]
    [分娩管理時−娩出のタイミング]
    [分娩管理時−娩出のタイミング]
    [分娩管理時−娩出のタイミング]
    [分娩管理時−娩出方法]
    [分娩管理時−娩出方法]
    [分娩管理時−娩出方法]
    [新生児管理−蘇生のポイント]
    [新生児管理−新生児センターでの管理]
    [新生児管理−新生児センターでの管理]
    [早産児の予後−死亡率]
    [早産児の予後−最近の動向]
    [早産児の予後−長期予後]
    [DOHaDとその周辺−総論]
    [DOHaDとその周辺−低出生体重児との関連]
    [DOHaDとその周辺−PMPC]
    [DOHaDとその周辺−日本のエコチル調査]
    [pPROM−抗菌薬]
    [pPROM−子宮収縮抑制薬]
    [pPROM−妊娠週数別の対応]
    [pPROM−長期PROM]
    [pPROM−CAOS]
    [胎盤病理]

    ■Colum
     細菌の分類
     子宮頸管無力症の診断についての日米での差異
     子宮頸管縫縮術の適応と分類についての日米での差違
     プロゲステロン(17-OHPC)とプロゲストーゲン,プロゲスチン
     単一施設における早産児の推移
     子宮収縮抑制薬(tocolytics)の思い出話
     前期破水管理の変遷
     切迫早産・前期破水合併妊婦の看護のポイント

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...