医学と薬学 77/09 2020年9月号

出版社: 自然科学社
著者:
発行日: 2020-08-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
電子書籍版: 2020-08-27 (第1版第1刷)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,760 円(税込)

商品紹介

医学総合月刊誌「医学と薬学」は1979年創刊の伝統ある雑誌です。毎月の特集記事と投稿論文の二元掲載により、豊富な医学・薬学の情報を掲載し、大学、病院など医療関係者に広く読まれております。

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 摂食障害 - 最近のトピックス】
  • 序文
  • 摂食障害と認知行動療法
  • 小児領域における摂食障害
  • 摂食障害を精神科診療所で診る
  • 肥満と過食症
  • 栄養療法
  • 腸内細菌と摂食障害
  • わが国における摂食障害の治療体制
  • 【研究】
  • 川崎病の原因ウイルス培養の試み
  • 【Health Care】
  • 日本人女性のCHARCOLE COFFEE DIET摂取が体重および肌状態へ与える影響 - 無作為化比較試験 -
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 摂食障害 - 最近のトピックス】

P.1248 掲載の参考文献
P.1256 掲載の参考文献
1) American Psychiatric Association : Diagnostic and statistical manual of mental disorders. Fifth edition (DSM-5). American Psychiatric publishing, 2013 (日本精神神経学会 日本語版用語監修, 高橋三郎, 大野裕監訳 : DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル, 医学書院, 2014)
2) National Institute for health and Care Excellence : NICE guideline, Eating disorders : recognition and treatment 2017. https://www.nice.org.uk/guidance/ng69
5) Schmidt U, Treasure J, Alexander J : Getting Better Bit (e) by Bit (e) : A Survival Kit for Sufferers of Bulimia Nervosa and Binge Eating Disorders. Psychology Press Ltd, New York, 1993.
10) Amemiya N, Takii M, Hata T, et al : The outcome of Japanese anorexia nervosa patients treated with an inpatient therapy in an internal medicine unit. Eat Weight Disord 17 (1) : e1-8, 2012.
13) Fairburn CG : Cognitive Behavior Therapy and Eating Disorders. Guilford Press, New York, 2008.
17) 平成29年度国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費研究事業「心身症・摂食障害の治療プログラムと臨床マーカーの検証 (代表 安藤哲也) 」 : 摂食障害に対する認知行動療法 CBT-E 簡易マニュアル, 2018. https://www.ncnp.go.jp/nimh/shinshin/edcenter/pdf/cbt_manual.pdf.
18) Fairburn CG : 切池信夫監訳, 摂食障害の認知行動療法, 医学書院, 東京, 2010.
20) 高倉修 : 摂食障害の時間的変遷-長期経過の中で心身に何が起こるのか-. 精神科治療学 33 (11) : 5, 2018.
P.1264 掲載の参考文献
1) 傳田健三 : 子どもの摂食障害の現状. 教育と医学 64 : 4-14, 2016.
5) 山縣然太郎班 : 平成25年度厚生労働科学研究費補助金「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究. 15歳の女性の思春期やせ症 (神経性食欲不振症) の発生頻度. 「健やか親子21」における目標に対する最終評価・分析シート, pp.80-81, 2013.
6) 作田亮一 : 子どもの摂食障害-早期発見と包括的治療. 日本小児科学会誌 123 (3) : 548-557, 2019.
8) ブライアン・ラスク, ルーシー・ワトソン : 作田亮一監, わかって私のハンディキャップ 3 摂食しょうがい 食べるのがこわい, 大月書店, 東京, 2015.
10) 作田亮一 : 子どものための「食育」最新知識. 過食, 拒食などの食行動異常の指導. 小児内科 40 : 1482-1485, 2008.
11) 作田亮一 : やせ・栄養不良児の食生活の問題と対応. 特集 子どものやせ・栄養不良児への対応. 小児内科 41 : 1279-1283, 2009.
12) 作田亮一 : 噛めない. 特集 ちょっと気になる症候のみかたと考え方. 小児内科 43 : 1765-1767, 2011
16) 日本小児心身医学会 摂食障害ワーキンググループ : 他施設共同研究「摂食障害グループ」神経性無食欲症に関する調査報告-診療状況および二次調査. 子どもの心とからだ 17 : 69-72, 2008.
19) 作田亮一 : リフィーディング症候群. 金子一成監, 日経メディカル 編, 100症例に学ぶ小児診療, pp.25-26, 日経BP社, 東京, 2017.
20) マリア・ガンシー : 井口敏之, 岡田あゆみ, 荻原かおり監訳, 家族の力で拒食を乗り越える 神経性やせ症の家族療法ガイド, 星和書店, 東京, 2019.
P.1271 掲載の参考文献
1) 永田利彦 : 重症摂食障害患者の身体管理・入院治療. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信 他編, 今日の精神疾患治療指針 第2版, pp.299-302, 医学書院, 東京, 2016.
2) 永田利彦, 切池信夫 : 米国における摂食障害患者の治療の現況 : COPE病棟 (ピッツバーグ大学摂食障害専門病棟) での重症患者の治療経験から. 精神医学 40 : 781-785, 1998.
4) 永田利彦 : パーソナリティ障害を併存するうつ病【気分障害UPDATE-難治性うつ病に対しあきらめず取り組む】各疾患へのアプローチ. 医学のあゆみ 272 : 404-408, 2020.
5) 永田利彦 : 生きづらさを超える (エピローグ). こころの科学 209 : 98-103, 2020.
6) 永田利彦 : 摂食障害の生きづらさ (イントロダクション). こころの科学 209 : 17, 2020.
7) Fairburn CG : Overcoming binge eating : the proven program to learn why you binge and how you can stop, second edition. Guilford Press, New York, 2013〔永田利彦監訳, 谷口麻起子, 江城望訳 : 過食に打ち勝つ (仮題), 金剛出版, 東京, 印刷中).
9) Bruch H, Czyzewski D, Suhr MA : Conversations with anorexics. Basic Books, New York, 1988 (岡部祥平, 溝口純二訳 : やせ症との対話-ブルック博士, 思春期やせ症患者と語る, 星和書店, 東京, 1993).
11) Lock J, Le Grange D : Treatment manual for anorexia nervosa : a family-based approach, second edition. Guilford Press, New York, 2013 (永田利彦監訳 : 神経性やせ症治療マニュアル, 金剛出版, 東京, 印刷中).
12) NICE : Eating disorders : recognition and treatment ; NICE guideline [NG69]. National Institute for Health and Care Excellence, London, 2017.
13) Lowe MR : Weight suppression, in Brownell KD, Walsh BT (eds) : Eating disorders and obesity : a comprehensive handbook, Third edition, pp.116-120, The Guilford Press, New York, 2017.
14) Gull WW : Anorexia nervosa (apepsia hysterica, anorexia hysterica). Transactions of the Clinicul Society of London 7 : 22-28, 1874.〔Obesity Research 5 (5) : 498-502, 1997〕
16) 野村俊明 : ロジャーズ派の精神療法およびカウンセリングの副作用【精神療法・カウンセリングの副作用】. 精神神経学雑誌 117 : 452-456, 2015.
19) 岡田俊 : 社交不安・緘黙と自閉スペクトラム症【不安症と双極性障害, 自閉スペクトラム症の合併】. 精神科 33 : 444-448, 2018.
20) 新美妙美, 樋端佑樹, 本田秀夫 : 発達障害診療における小児科から精神科へのトランジション【大人の発達障害】. 精神科治療学 32 : 1573-1578, 2017.
22) 永田利彦, 山田恒, 村田進哉 他 : 摂食障害における社会不安障害. 精神医学 49 : 129-135, 2007.
24) 永田利彦, 和田彰, 山田恒他 : 繰り返し自傷症候群へのolanzapineの有効性. 臨床精神医学 33 : 1609-1615, 2004.
25) 永田利彦 : 不安症を併存する双極性障害の治療 : 自閉スペクトラム症, 境界性パーソナリティ障害の視点から. 不安症研究 11 : 24-34, 2019.
P.1279 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成30年「国民健康・栄養調査」の結果 結果の概要, 2018. https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html (2020年6月25日アクセス)
9) 日本精神神経学会 日本語版用語監修, 高橋三郎, 大野裕監訳, 染矢俊幸, 神庭重信, 尾崎紀夫他訳 : DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引, pp.165-166, 医学書院, 東京, 2014.
19) Arias FH, Sanchez SR, Gorgojo JJM, et al : Clinical differences between morbid obese patients with and without binge eating. Actas Esp Psiquiatry 34 : 362-370, 2006.
83) NICE : Core interventions in the treatment and management of anorexia nervosa, bulimia nervosa and related eating disorders, Clinical Guideline 9. National Collaborating Centre for Medical Health, National Institute for Clinical Excellence, London 2004.
89) Kabat-Zinn J : Wherever you go, there you are : Mindfulness meditation in everyday life. Hyperion, New York, 1994.
P.1289 掲載の参考文献
4) National Institute for Health and Care Excellence (NICE) : Eating Disorders : Recognition and Treatment ; National Institute for Health and Care Excellence (NICE) : London, UK, 2017.
6) Fairburn CG, Cooper Z, Shafran R : Enhanced cognitive behavior therapy for eating disorders ("CBT-E") : An overview. In : Fairburn CG, editor. Cognitive Behavior Therapy and Eating Disorders. Guilford Press, New York, 2008.
7) 田中茂穂 : 総論エネルギー消費量とその測定方法. 静脈経腸栄養 24 (5) : 1013-1019, 2009.
12) The Royal College of Pathologists : MARSIPAN : Management of Really Sick Patients with Anorexia Nervosa, 2nd ed. Royal College Psychiatrists and Royal College of Physicians London, London, UK, 2014.
13) The Royal College of Pathologists : Jounior MARSIPAN : Management of Really Sick Patients under 18 with Anorexia Nervosa. Royal College Psychiatrists and Royal College of Physicians London, London, UK, 2012.
14) Yager J, Michael Devlin CJ, Halmi KA, et al : Practice Guideline for the Treatment of Patients with Eating Disorders, 3rd ed. Work Group on Eating Disorders, American Psychiatric Association Steering Committee on Practice Guidelines Area and Component Liaisons Staff : Washington, DC, USA, 2006.
17) 日本摂食障害学会監 : Academy for Eating Disorders (AED) レポート 第3版 <日本語版>, 摂食障害 医学的ケアのためのガイド, pp.8-14, 2016.
P.1296 掲載の参考文献
1) 須藤信行 : 腸内細菌とサイコメタボリズム. 血管医学 16 : 49-55, 2015.
2) 須藤信行 : 脳機能と腸内細菌叢. 腸内細菌学雑誌 31 : 23-32, 2017.
4) 須藤信行 : 腸内細菌とストレス応答・行動特性. Brain and Nerve 68 : 595-605, 2016.
11) Moore PR, Evenson A : Use of sulfasuxidine, streptothricin, and streptomycin in nutritional studies with the chick. J Biol Chem 165 (2) : 437-441, 1946.
P.1304 掲載の参考文献
4) 安藤哲也 : 厚生労働省摂食障害治療支援センター設置運営事業の背景, 現状と課題. 精神保健研究 63 : 43-51, 2017.
5) 平成26~28年度厚生労働科学研究費補助金障害者政策総合研究事業 (精神障害分野), 「摂食障害の診療体制整備に関する研究」総合研究報告書, 2017年3月. https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201616020B
6) 平成29~31年度AMED 長寿・障害総合研究事業 (精神障害分野), 「摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発」AMED研究開発課題データベース. https://amedfind.amed.go.jp/amed/search/task_search_details.html
7) 国立精神・神経医療研究センター : 令和元年度精神保健対策費補助金摂食障害治療支援センター設置運営事業報告書, 令和2年3月. https://www.ncnp.go.jp/nimh/shinshin/edcenter/material_01.html
8) 厚生労働省 : 第7次医療計画, 医療計画, 医療, 健康・医療, 分野別の政策一覧, 政策について. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryou_keikaku/index.html
9) 安藤哲也 : 摂食障害の長期予後を決める要因. 精神保健研究 62 : 53-59, 2016.
13) 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター : 精神保健福祉資料, 精神保健研究所精神医療政策研究部. https://www.ncnp.go.jp/nimh/seisaku/data/
15) 安藤哲也 : 摂食障害と地域連携. 特集 摂食障害の今日的理解と治療 II. 精神科治療学 33 (12) : 1455-1461, 2018.
16) 摂食障害情報ポータルサイト : (一般の方) http://www.edportal.jp/index.html, (専門職の方) http://www.edportal.jp/pro/
18) 厚生労働省 : 医療機能情報提供制度 (医療情報ネット) について, 医療, 健康・医療, 分野別の政策一覧, 政策について. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/teikyouseido/index.html

【研究】

P.1307 掲載の参考文献
1) 浅井利夫 : 川崎病の原因は馬ウイルス性動脈炎ウイルスか. 医学と薬学 75 : 649-651, 2018.
2) 浅井利夫 : 川崎病と馬ウイルス性動脈炎の海外発生状況について. 医学と薬学 76 : 649-651, 2019.
3) 全国家畜畜産物衛生指導協会 : 馬ウイルス性動脈炎. 平成21年3月発行.
4) 吉田敦, 他 : 感染症診断に向けた微生物検査. 日本臨床微生物学会雑誌 23 : 253-258, 2013.
5) 近藤高志 : 馬ウイルス性動脈炎. 日本獣医学会誌 70 : 622-625, 2017.
6) 森下佑馬, 他 : 先天性心疾患術後早期に発症した川崎病3症例の検討. 第39回日本川崎病学会抄録集 161 : 2019.
7) 田邊雄大, 他 : CHDに対する開心術を実施した川崎病の臨床像. 第39回日本川崎病学会抄録集 114 : 2019.

【Health Care】

P.1321 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 「平成30年国民健康・栄養調査」2018.
2) 厚生労働省 : 「健康日本21 (第二次) 」平成24年7月10日厚生労働省告示430号. 2012.
3) 武井貞治 : 健康日本21 (第二次) 中間評価について. 保健師ジャーナル 75 (7) : 548-551, 2019.
4) 医療法人社団翔友会品川美容外科 : 「ダイエットに関する意識調査」2017年3月2日発表 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000024208.html [最終アクセス 2020年7月20日]
5) オレンジページくらし予報「肌の悩み」調査. 2018年1月16日ニュースリリース. 株式会社オレンジページ. http://www.orangepage.net/attachments/uploads/top_informations/attachment/0000000163/20180111154501.pdf [最終アクセス 2020年7月19日]
6) 日本健康・栄養食品協会 : [トクホ] ごあんない 2019年版. 日本健康・栄養食品協会 特定保健用食品部. 東京, 2019.
7) 都築和香子 : MCTオイル. 日本食品化学工学会誌 66 (11) : 440-441, 2019.
8) 大隈一裕, 松田功, 勝田康夫, 他 : 難消化性デキストリンの開発. Journal of applied glycoscience 53 (1) : 65-69, 2006.
9) 望月和樹, 木村真由, 川村武蔵, 他 : エネルギー産生回路とエピジェネティックスを介した中鎖脂肪酸の代謝改善作用. オレオサイエンス 18 (8) : 11-17, 2018.
10) 笠井通雄 : 特定保健用食品としての中鎖脂肪酸. 脂質栄養学 15 (1) : 55-61, 2006.
11) 宮里祥子, 大隈一裕 : 難消化性デキストリンの新たな生理機能-腸内発酵を介した生体調節機能-. 応用糖質化学 5 (4) : 204-207, 2015.

最近チェックした商品履歴

Loading...