医学と薬学 78/3 2021年3月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2021-02-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 敗血症―再考,そして未来へ(II)
電子書籍版: 2021-02-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,540 円(税込)

目次

  • 特集 敗血症―再考,そして未来へ(II)

    敗血症の治療
    敗血症の診断マーカー
    敗血症とARDS
    敗血症と腎障害
    敗血症とDIC
    敗血症と多臓器不全

    薬理・薬剤
     アセトアミノフェンおよびグリシンのブルーライト誘発眼精疲労モデルに対する効果

    研究
     一般生活者を対象とした緑内障治療薬選択とアドヒアランスに関するアンケート調査

    症例報告
     オキサリプラチンにより眼瞼下垂が生じた1 例

    Diagnosis
     全自動化学発光免疫測定装置CL-JACK NX専用試薬CL SP-D「ヤマサ」NXの基礎的検討
     間質性肺炎マーカー測定試薬「Maxpia lp KL-6試薬」の基本性能評価
     コバス PCR メディアの使用によるSARS-CoV-2不活化の検討
     全自動免疫生化学統合システムVITROSによるSARS-CoV-2 IgG抗体測定の基礎的検討
     3種類のCBA法による抗MOG抗体測定の比較検討

    Cosmetic
     スキンケア化粧品“LVリンクルホワイト”の4週間連続使用が加齢肌に与える影響
    「HOTARU PERSONALIZED」を使用したアンチエイジング効果:シミ,シワ,保湿の評価

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 敗血症 - 再考, そして未来へ ( II ) 】

P.211 掲載の参考文献
1) Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al : The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3). JAMA 315 (8) : 801-810, 2016.
2) Rhodes A, Evans LE, Alhazzani W, et al : Surviving Sepsis Campaign : International Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock : 2016. Crit Care Med 45 (3) : 486-552, 2017.
3) 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 他 : 日本版敗血症診療ガイドライン 2016. 日救急医会誌 28 (Suppl 1) : S1-232, 2017.
4) 江木盛時, 小倉裕司, 矢田部智昭, 他 : 日本版 敗血症診療ガイドライン 2020 オンライン早期公開版. doi : 10.1002/jja2.S0024.
5) Rudd KE, Johnson SC, Agesa KM, et al : Global, regional, and national sepsis incidence and mortality, 1990-2017 : analysis for the Global Burden of Disease Study. Lancet 395 (10219) : 200-211, 2020.
6) 厚生労働省 : 平成29年患者調査 (傷病分類編) 傷病別年次推移表 敗血症. https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/10syoubyo/dl/h29syobyo.pdf (2020年12月22日閲覧)
15) American College of Emergency Physicians : ACEP Statement on SSC Hour-1 Bundle. https://www.acep.org/by-medical-focus/sepsis/ (2020年12月22日閲覧)
P.216 掲載の参考文献
1) 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 他 : 日本版敗血症診療ガイドライン 2016, 日本集中治療医学会誌 24 : S1-232, 2017.
2) 日本版敗血症診療ガイドライン 2020 (J-SSCG2020).
5) Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al : The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3). JAMA 315 : 801-810, 2016.
7) Mandell G, Bennett JE, Dolin R : chapter 47 Temperature Regulation of Fever : Acute Phase Responses. Principle and Practice of Infectious Disease 6th edition, pp.709-712, Churchill Livingstone, London, 2005.
14) Meisner M, Tschaikowsky K, Palmaers T, et al : Comparison of procalcitonin (PCT) and C-reactive protein (CRP) plasma concentrations at different SOFA scores during the course of sepsis and MODS. Crit Care 3 : 45-50, 1999.
18) 三鴨廣繁, 山岸由佳, 他 : 感染症診療における新しいバイオマーカー「プレセプシン」. 感染症誌 88 : 520-521, 2014.
P.223 掲載の参考文献
4) Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al : The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3). JAMA 315 : 801-810, 2016.
12) 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会, ARDS診療ガイドライン作成委員会 : 委員会報告 ARDS診療ガイドライン 2016. 日集中医誌 24 : 57-63, 2017.
14) ARDS診療ガイドライン2016作成委員会編 : ARDS診療ガイドライン 2016, 2016
20) Villar J, Ferrando C, Martinez D, et al : Dexamethasone treatment for the acute respiratory distress syndrome : a multicentre, randomised controlled trial. Lancet Respir Med 8 : 267-276, 2020.
21) 玉熊正悦, 柴忠明, 平澤博之, 他 : 好中球エラスターゼ阻害剤 ; ONO-5046・Naの全身性炎症反応症候群に伴う肺障害に対する有効性と安全性の検討-前期第III相二重盲検比較試験-. 臨床医薬 14 : 289-318, 1998.
P.228 掲載の参考文献
1) Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al : The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3). JAMA 315 : 801-810, 2016.
2) KDIGO AKI Working Group. KDIGO clinical practice guideline for acute kidney injury. Kidney Int 2 (Suppl 1), 2012.
11) STARRT-AKI Investigators; Canadian Critical Care Trials Group; Australian and New Zealand Intensive Care Society Clinical Trials Group ; United Kingdom Critical Care Research Group ; Canadian Nephrology Trials Network ; Irish Critical Care Trials Group, Bagshaw SM, Wald R, Adhikari NKJ, et al : Timing of Initiation of Renal-Replacement Therapy in Acute Kidney Injury. N Engl J Med 383 (3) : 240-251, 2020.
13) AKI (急性腎障害) 診療ガイドライン作成委員会編 : AKI (急性腎障害) 診療ガイドライン 2016. 日腎会誌 59 : 419-533, 2017.
P.234 掲載の参考文献
1) Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al : The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3). JAMA 315 (8) : 801-810, 2016.
7) 日本版敗血症診療ガイドライン 2020 (J-SSCG 2020).
12) Vincent JL, Ramesh MK, Ernest D, et al : A randomized, double-blind, placebo-controlled, Phase 2b study to evaluate the safety and efficacy of recombinant human soluble thrombomodulin, ART-123, in patients with sepsis and suspected disseminated intravascular coagulation. Crit Care Med 41 (9) : 2069-2079, 2013.
P.241 掲載の参考文献
2) Members of the American College of Chest Physicians/Society of Critical Medicine Consensus Conference Committee : Difinitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. Chest 101 : 1644-1655, 1992.
3) Cinel I, Opal SM : Molecular biology of inflammation and sepsis : a primer. Crit Care Med 37 : 291-304, 2009.
4) 平澤博之 : Severe Sepsis/Septic shockの病態生理と急性血液浄化法によるその制御. 日本急性血液浄化学会雑誌 1 (1) : 3-16, 2010.
6) 平澤博之 : 私と急性血液浄化法-思いつくままに-. 日本急性血液浄化学会誌 8 : 3-9, 2017.
12) 鈴木泰, 佐藤信博, 小鹿雅博ら : 敗血症性多臓器不全に対する血液浄化法. ICUとCCU 33 (2) : 135-140, 2009.
13) Kidney Disease : Improving Global Outcomes (KDIGO) Acute Kidney Injury Work Group. KDIGO Clinical Practice Guideline for Acute Kidney Injury. Kidney int Suppl 2 : 1-138, 2012.
14) 丸藤哲, 射場敏明, 江口豊, 他 : 急性期DIC診断基準. 日救急医会誌 16 : 188-202, 2005.
17) 真弓俊彦 : 救急集中治療領域における最新の敗血症治療-surviving sepsis campaign guidelinesとその後の知見-. エンドトキシン血症救命治療研究会誌 14 : 27-34, 2010.

【薬理・薬剤】

P.248 掲載の参考文献
1) 石原忍 : 小眼科学 : 10-11, 1979.
2) 総務省情報通信政策研究所「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」報告書
3) 大野志郎 : ネット逃避の現状. 情報通信政策研究 2 (2) : 49-65, 2019.
8) 菅原岳史 : ERGでみる網膜光障害. 眼科診療プラクティス 眼の光障害 5 (7) : 44-47, 2002.
16) Andersson DA, Gentry C, Alenmyr L, et al : TRPA1 mediates spinal antinociception induced by acetaminophen and the cannabinoid Δ (9)-tetrahydrocannabiorcol. Nat Commun 2 : 551, 2011.

【研究】

P.255 掲載の参考文献
2) 日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会. 緑内障診療ガイドライン (第4版). 日眼会誌 122 (1) : 5-53, 2018.
3) European Glaucoma Society. Terminology and guidelines for glaucoma (4th edition). pp.131-138, Publicomm, Savona, Italy, 2014.
6) 河本光平, 坂口麻理子, 島野卓史, 他. スギ花粉症治療における患者中心の薬剤選択の試み. 耳鼻と臨床 59 (6) : 260-274, 2013.
7) 田中敏博, 近藤美鈴, 淵上あき, 他 : 緑内障患者通院継続支援システム導入による緑内障患者の通院継続率に及ぼす影響. 眼科 62 (9) : 801-807, 2020.

【症例報告】

P.259 掲載の参考文献
9) 野口裕介, 川島悠吾, 瓦比呂子, 他 : Oxaliplatinによる眼障害に関する後方視的検討. 癌と化学療法 42 (11) : 1401-1405, 2015.

【Diagnosis】

P.267 掲載の参考文献
3) 高橋弘毅, 白鳥正典, 千葉弘文 : IPFのバイオマーカー 2) SP-D, SP-A. 呼吸器内科 19 (6) : 597-604, 2011.
4) 大屋沙織, 山口雄平, 小野仁, 他 : 全自動化学発光免疫測定装置「CL-JACK NX」を用いた「デタミナーCLレニン」の基本性能. 医療と検査機器・試薬 39 (4) : 391-397, 2016.
5) 田中誠仁, 佐藤高明, 永江尚人, 他 : 肺サーファクタント蛋白質D (SP-D) の短時間測定法SP-Dキット「ヤマサ」EIA IIの開発. 医学と薬学 59 (3) : 439-446, 2008.
6) 村田誠, 宇津貴央, 荒井智, 他 : 全自動化学発光免疫測定装置CL-JACK専用試薬CL SP-D「ヤマサ」の基礎的検討. 医学と薬学 71 (12) : 2303-2308, 2014.
P.274 掲載の参考文献
1) 河野修興 : KL-6. 呼吸 16 : 391-397, 1997.
3) 近藤圭一, 河野修興 : KL-6抗原. 臨床化学 32 : 234-239, 2003.
4) 錦織昌明, 川中玲子, 坂本祐子, 他 : ラテックス凝集比濁法を用いた生化学自動分析装置日立ラボスペクト008による血中KL-6測定法の基礎的検討. 日赤検査 45 (2) : 17-20, 2012.
5) 河野修興, 日和田邦男, 小林淳, 他 : 電気化学発光免疫測定法によるKL-6測定キットED066の間質性肺炎に対する診断能. 臨床と研究 75 (5) : 217-222, 1998.
P.280 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 病原体検査の指針 第2版, 2020年11月11日
2) 一般社団法人日本環境感染学会 : 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版, 2020年5月8日
P.288 掲載の参考文献
1) WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19-11 March 2020. World Health Organization, home page. 11 March 2020. https://www.who.int/director-general/speeches/detail/who-director-general-s-opening-remarksat-the-media-briefing-on-covid-1911-march-2020〔2020年12月〕
2) Dong E, Du H, Gardner L, et al : An interactive web-based dashboard to track COVID-19 in real time [manuscript published online ahead of print 19 February 2020] Lancet Infect Dis 2020 COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU). https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6) 2020年12月〕
3) Peng Zhou, Xing-LouYang, XianGuang Wang, et al : A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin. Nature 579 : 270-273, 2020.
7) Summers M, Booth T, Brockas H, et al : Luminogenic reagent using 3-choro 4-hydroxy acetanilide to enhance peroxidase/luminol chemiluminescence. Clin Chem 41 : S73, 1995.
P.291 掲載の参考文献
2) Mader S, Gredler V, Schanda K, et al : Complement activating antibodies to myelin oligodendrocyte glycoprotein in neuromyelitis optica and related disorders. J Neuroinflammation 8 : 184, 2011. doi : 10.1186/1742-2094-8-184. PMID : 22204662 ; PMCID : PMC3278385.
6) Reindl M, Schanda K, Woodhall M, et al : International multicenter examination of MOG antibody assays. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm 7 (2) : e674, 2020. doi : 10.1212/NXI.0000000000000674. Erratum in : Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm. 2020 Mar 20 ; 7 (3) : PMID : 32024795 ; PMCID : PMC7051197.

【Cosmetic】

P.303 掲載の参考文献
1) 山田秀和 : 最近の女性に多いシワの種類に対する傾向と対策. COSMETIC CTAGE 12 (2) : 1-7, 2017.
2) 山崎律子 : 加齢による皮膚の変化とスキンケア. 繊維製品消費科学 55 (11) : 823-826, 2014.
3) 三浦渚, 村上泉子, 小池都子, 他 : 三次元画像相関法を用いた顔面皮膚表面ひずみ測定 (皮膚に生じるひずみと皮膚性状の関係). 日本機械学会論文集 79 (802) : 774-778, 2013.
4) 濱田一輝, 溝上陽子, 菊地久美子, 他 : 肌画像における肌色の弁別特性. 日本色彩学会誌 42 (2) : 50-58, 2018.
5) 日本香粧品学会編集事務局 : <化粧品機能評価法ガイドライン> 新規効能取得のための医薬部外品美白機能評価試験ガイドライン. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 333-337, 2006.
6) 日本香粧品学会編集事務局 :抗シワ製品評価ガイドライン. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 316-332. 2006.
7) 柳井久江 : 4 Steps エクセル統計 第4版. オーエムエス出版, 東京, 2015.
8) 日本化粧品工業会 : 化粧品統計 : 化粧品と薬用化粧品. https://www.jcia.org/user/statistics/cosmeceuticals〔最終アクセス2021年1月22日〕
9) 植木拓朗 : 化粧品の使用場面に合わせた品質保証に必要な観点. 安全性評価-原料・商品・発売後-. 日本化粧品技術者会誌 54 (4) : 309-314, 2020.
10) 丹野修 : ビタミン類の新機能と化粧品への応用ナイアシンアミドの皮膚での新しい作用と化粧品への応用. フレグランスジャーナル 32 (2) : 35-39, 2004.
11) 森貞夫, 高垣欣也, 中山樹一郎 : フラバンジェノールの美白・美肌作用. Food style 21 8 (6) : 38-40, 2004.
12) 倉橋敦, 小黒芳史 : 麹甘酒に含まれる成分について. 日本醸造協会誌 112 (10) : 668-674, 2017.
13) 棟方明博 : 肌色の見えから顔色の見えへの昇華. 日本香粧品学会誌 40 (3) : 174-178, 2016.
14) 正木仁 : 機能性化粧品の展望. 薬剤学 75 (5) : 313-316, 2015.
15) 中村睦子, 征也智美, 丹野修 : 官能特性用語「肌のなめらかさ」の解析~消費者意識・目視評価・皮膚整理パラメータ計測を用いて~. 日本化粧品技術者会誌 45 (4) : 306-314, 2011.
16) 田嶋和夫, 今井洋子 : 三相乳化法 : 通常の海面活性剤によらない乳化技術. 日本化粧品技術者会誌 50 (4) : 283-293, 2016.
17) 山下裕司 : 化粧品分野における界面活性剤の新展開. 色材協会誌 93 (3) : 84-90, 2020.
P.313 掲載の参考文献
1) 山田秀和 : 最近の女性に多いシワの種類に対する傾向と対策. COSMETIC CTAGE 12 (2) : 1-7, 2017.
2) 山崎律子 : 加齢による皮膚の変化とスキンケア. 繊維製品消費科学 55 (11) : 823-826, 2014.
3) 金辰也 :抗シワ化粧品の最新評価技術と製品開発. COSMETIC CTAGE 12 (2) : 8-13, 2017.
4) 日本香粧品学会編集事務局 : 抗シワ製品評価ガイドライン. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 316-332, 2006.
5) 日本香粧品学会編集事務局 : <化粧品機能評価法ガイドライン> 新規効能取得のための医薬部外品美白機能評価試験ガイドライン. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 333-337, 2006.
6) 高橋康之「保湿化粧品とその作用」. 日本香粧品学会誌 42 (4) : 280-287, 2018.
7) 早川淳一, 吉川麻美 : 美白評価技術とアンチエイジンク素材「枸杞 (クコ) 果実エキス」Food style 21 16 (5) : 92-94, 2012.
8) 柳井久江 : 4 Steps エクセル統計 第4版. オーエムエス出版, 東京, 2015.
9) 小出千春, 鈴木正, 水谷友紀, 他 : 日本人のしみ, そばかす, および美白化粧品等の実態に関するアンケート調査. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 306-310, 2006.
10) 正木仁 : 機能性化粧品の展望 75 (5) : 313-316, 2015.
11) 岡野由利 : スキンケア化粧品のコンセプトの変化-角質を保湿することの重要性-. J Soc Cosmet Chem Jpn 50 (2) : 91-97, 2016.

最近チェックした商品履歴

Loading...