あらゆる診療科で役立つ皮膚科の薬 症状からの治療パターン60+3 改訂版

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2021-05-20
分野: 臨床医学:内科  >  皮膚科
ISBN: 9784758123723
電子書籍版: 2021-05-20 (第2版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

4,290 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,290 円(税込)

特記事項:

商品紹介

63の皮膚症例を厳選し,症状からの治療のパターンを伝授!診断のパターン,治療のコツ,落とし穴,専門医へのコンサルトなど,すぐに役立つ知識が満載!クイズ形式で,診断と治療の「型」が楽しく身につきます.

目次

  • 第1章 痒みのある疾患
    1. 繰り返す痒い皮疹
    2. アトピー性皮膚炎患者の顔
    3. アトピー性皮膚炎患者の頭
    4. アトピー性皮膚炎患者の痒み
    5. アトピー性皮膚炎患者の皮疹が悪化!
    6. 子どもの顔が荒れている!
    7. 子どもが掻くのをやめない!
    8. 寒くなると脚が痒くなる
    9. 背中が痒くて仕方がない!
    10. 顔が赤い,薬を塗っても治らない!
    11. 全身の痒みに四肢のしこり
    12. 眼の周りが赤い!
    13. 手荒れがひどい!
    14. 痒い皮疹が出没する
    15. 突然,全身に皮疹!
    16. 目の前の蕁麻疹,早くおさめたい!
    17. 蕁麻疹が治らない!
    18. 蕁麻疹患者が妊娠した!
    19. 妊婦に痒い皮疹!
    20. 全身に激しい痒み!
    21. 臀部の紅斑が治らない!
    [主なステロイド外用薬一覧表]
    [主な抗ヒスタミン薬一覧表]

    第2章 創傷,腫瘍,その他
    22. 日焼けした…
    23. ついさっき,やけどした
    24. 大転子部の黒い褥瘡
    25. 仙骨部の黄色い褥瘡
    26. 大転子部の赤い褥瘡
    27. 頭の潰瘍が治らない!
    28. 女性の顔のニキビ
    29. 中学生の顔のニキビ
    30. 歩くと,足が痛い!
    31. 子どもの足に「魚の目」が!
    32. 女性の髪が抜ける!
    33. 若いのに髪が薄くなった!
    34. 女性の顔の「しみ」(その1)
    35. 女性の顔の「しみ」(その2)
    36. 踵に潰瘍と色素斑
    37. 子どもの出血が止まらない!
    38. 胸の隆起が治らない
    39. 肘と膝の皮疹
    40. 全身の乾癬!
    41. わけのわからない皮疹!?
    42. これまた,わけのわからない皮疹!?
    [皮膚疾患の救急対応]

    第3章 感染症など
    43. 水虫…?
    44. 鏡検で確かに水虫
    45. 指の間の皮が剥ける
    46. 体に多数の褐色斑
    [外用抗真菌薬一覧表]
    47. 水虫患者の爪が分厚い
    48. 爪の水虫(その1)
    49. 爪の水虫(その2)
    50. 足が痒い,水虫が治らない!
    51. ふけが出やすい,「ふけ症」だ
    52. 唇に水ぶくれ
    53. 痛み止めを飲んだら水疱が出来た!
    54. 胸部の帯状疱疹
    55. 顔面の帯状疱疹,激しく痛い!
    56. 帯状疱疹のあとがまだ痛い!
    57. 発熱と皮疹!
    58. 子どもの体に「ぶつぶつ」!
    59. 子どもの鼻に「じくじく」!
    60. 手足が膿をもつ!
    61. 背中が腫れ上がった!
    62. 風邪薬を飲んだら皮疹が出現!
    63. 頰が赤い!

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 痒みのある疾患

P.13 掲載の参考文献
1)-[1] 加藤則人ほか : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2431-2502, 2018
2)-[1] 加藤則人ほか : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2431-2502, 2018
3)-(2) 梅林芳弘 : 「アトピー性皮膚炎」と思うが? 「Common diseaseから入る皮膚疾患」 (土田哲也/編), pp104-111, 文光堂, 2012
3)-[1] 加藤則人ほか : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2431-2502, 2018
3)-(1) 「アトピー性皮膚炎診療が楽しくなる! 」 (竹原和彦/著), 南江堂, 2011?
3)-(3) 梅林芳弘 : アトピー性皮膚炎の診断と鑑別疾患. Mebio, 32 : 44-50, 2015
P.15 掲載の参考文献
4) 大谷道輝ほか : 軟膏剤・クリーム剤の混合の現状と問題点. 「軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版」 (大谷道輝ほか/編), pp3-12, じほう, 2015
P.17 掲載の参考文献
6) 北村包彦, 川村太郎 : 小皮膚科学 9版. 金原出版, 1973
P.19 掲載の参考文献
7)-[1] 加藤則人ほか : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2431-2502, 2018
P.27 掲載の参考文献
18) 「軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版」 (大谷道輝ほか/編), じほう, 2015.?
P.29 掲載の参考文献
21)-(4) 梅林芳弘 : アトピー性皮膚炎. Medical Practice, 32 : 1317-1324, 2015
21)-(5) 梅林芳弘 : 高齢者の痒み. 成人病と生活習慣病, 47 : 107-110, 2017
P.33 掲載の参考文献
24)-[2] 佐藤貴浩ほか : 痒疹診療ガイドライン 2020. 日皮会誌, 130 : 1607-1626, 2020
P.35 掲載の参考文献
26) 石黒久子ほか : フラジオマイシンによる接触皮膚炎. 日立医誌, 35 : 119-123, 1998
27)-[3] 高山かおるほか : 接触皮膚炎診療ガイドライン 2020. 日皮会誌, 130 : 523-567, 2020
P.39 掲載の参考文献
33)-[4] 秀道広ほか : 蕁麻疹診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2503-2624, 2018
P.45 掲載の参考文献
39) Zuberbier T, et al : EAACI/GA2LEN/EDF/WAO guideline : management of urticaria. Allergy, 64 : 1427-1443, 2009
P.47 掲載の参考文献
41) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
43) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
44) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
44)-[4] 秀道広ほか : 蕁麻疹診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2503-2624, 2018
45)-[4] 秀道広ほか : 蕁麻疹診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2503-2624, 2018
45) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
46)-[4] 秀道広ほか : 蕁麻疹診療ガイドライン 2018. 日皮会誌, 128 : 2503-2624, 2018
46)-(6) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
P.49 掲載の参考文献
48) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
P.51 掲載の参考文献
50) 林正幸 : 疥癬とはどのような病気か?「疥癬対策パーフェクトガイド」(南光弘子/編), pp42-63, 秀潤社, 2008
51)-(7) 「疥癬はこわくない」 (大滝倫子ほか/著), 医学書院, 2002
53)-[5] 石井則久ほか : 疥癬診療ガイドライン (第3版追補). 日皮会誌, 128 : 2791-2801, 2018
53)-(7) 「疥癬はこわくない」 (大滝倫子ほか/著), 医学書院, 2002
P.55 掲載の参考文献
8) 梅林芳弘 : Case 33 高齢者陰部の難治性紅斑. 「内科で役立つ 一発診断から迫る 皮膚疾患の鑑別診断」 (出光俊郎/編), pp244-250, 羊土社, 2013
P.60 掲載の参考文献
55) 森田栄伸 : 皮膚アレルギーフロンティア, 11 : 75-79, 2013.?

第2章 創傷, 腫瘍, その他

P.61 掲載の参考文献
56)-[6] 吉野雄一郎ほか : 熱傷診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2261-2292, 2017
57)-[6] 吉野雄一郎ほか : 熱傷診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2261-2292, 2017
59) 満尾正 : 輸液計画. 「最新の熱傷臨床-その理論と実際-」 (平山峻ほか/編), pp109-119, 克誠堂出版, 1994
60) 橋本彰 : 熱傷の深度, 面積の推定方法. 「新しい創傷治療のすべて」 (尹 浩信ほか/編), pp250-252, 中山書店, 2013
61)-[6] 吉野雄一郎ほか : 熱傷診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2261-2292, 2017
P.63 掲載の参考文献
62) 梅林芳弘ほか : 外用薬の種類と使い分け. 日皮会誌, 121 : 2237-2245, 2011
63)-[6] 吉野雄一郎ほか : 熱傷診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2261-2292, 2017
63) 藤原修ほか : 熱傷, 34 : 71-79, 2008
63) 小室明人ほか : 熱傷, 35 : 27-39, 2009?
64)-(6) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020?
P.65 掲載の参考文献
66)-[8] 藤原浩ほか : 褥瘡診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 1933-1988, 2017
66)-(6) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
66)-[7] 井上雄二ほか : 創傷一般ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 1659-1687, 2017
66)-[9] 日本褥瘡学会教育委員会ガイドライン改訂委員会 : 褥瘡予防・管理ガイドライン (第4版). 褥瘡会誌, 17 : 487-557, 2015
P.67 掲載の参考文献
67-[7] 井上雄二ほか : 創傷一般ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 1659-1687, 2017
69-[8] 藤原浩ほか : 褥瘡診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 1933-1988, 2017
69-[9] 日本褥瘡学会教育委員会ガイドライン改訂委員会 : 褥瘡予防・管理ガイドライン (第4版). 褥瘡会誌, 17 : 487-557, 2015
70) 倉繁祐太ほか : 坐骨部のポケット褥瘡に対してカデキソマー・ヨウ素を使用し皮下膿瘍を形成した1例. 褥瘡会誌, 13 : 572-575, 2011
P.69 掲載の参考文献
71)-[8] 藤原浩ほか : 褥瘡診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 1933-1988, 2017
P.71 掲載の参考文献
73) 梅林芳弘ほか : 有棘細胞癌 (Bowen病を含む). 皮膚臨床, 51 : 1520-1530, 2009?
P.73 掲載の参考文献
75-[10] 林伸和ほか : 尋常性ざ瘡治療ガイドライン 2017. 日皮会誌, 127 : 1261-1302, 2017
76-[10] 林伸和ほか : 尋常性ざ瘡治療ガイドライン 2017. 日皮会誌, 127 : 1261-1302, 2017
P.75 掲載の参考文献
80)-(6) 「妊娠と授乳 改訂3版」 (伊藤真也, 村島温子/編), 南山堂, 2020
P.77 掲載の参考文献
81)-(9) 梅林芳弘 : 長年の鶏眼. 皮膚病診療, 30 : 937-938, 2008
P.79 掲載の参考文献
82)-[11] 渡辺大輔ほか : 尋常性疣贅診療ガイドライン 2019 (第1版). 日皮会誌, 129 : 1265-1292, 2019
82)-(10) 「疣贅 [いぼ] のみかた, 治療のしかた」 (江川清文/編著), 学研メディカル秀潤社, 2017
84)-[11] 渡辺大輔ほか : 尋常性疣贅診療ガイドライン 2019 (第1版). 日皮会誌, 129 : 1265-1292, 2019
85)-[11] 渡辺大輔ほか : 尋常性疣贅診療ガイドライン 2019 (第1版). 日皮会誌, 129 : 1265-1292, 2019
85)-(10) 「疣贅 [いぼ] のみかた, 治療のしかた」 (江川清文/編著), 学研メディカル秀潤社, 2017
P.81 掲載の参考文献
88) 森下美和子ほか : 円形脱毛症のsquaric acid dibutylestel外用療法. 日皮会誌, 97 : 61-64, 1987
90)-[12] 坪井良治ほか : 日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017年版. 日皮会誌, 127 : 2741-2762, 2017
91)-[12]坪井良治ほか : 日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017年版. 日皮会誌, 127 : 2741-2762, 2017
P.83 掲載の参考文献
WG Harcha, et al : A randamized, active-and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia. J Am Acad Dermatol, 70 : 489-498, 2014
92)-[13] 眞鍋求ほか : 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版. 日皮会誌, 127 : 2763-2777, 2017
94) 赤坂俊英 : 皮膚の汚れと洗浄, pH. 「美容皮膚科学 第2版」 (宮地良樹ほか/編), pp91-101, 南山堂, 2009
95)-[13] 眞鍋求ほか : 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版. 日皮会誌, 127 : 2763-2777, 2017
P.85 掲載の参考文献
98-[14] 中村泰大ほか : メラノーマ診療ガイドライン 2019. 日皮会誌, 129 : 1759-1843, 2019
98-[15] 悪性黒色腫. 「皮膚悪性腫瘍取扱い規約 (第2版) 」 (日本皮膚悪性腫瘍学会/編), pp26-39, 金原出版, 2010
98-(11) 「メラノーマ・誤診・訴訟-増補改訂版-~皮膚悪性腫瘍診断と訴訟の間に~」 (日本抗加齢美容医療学会/著), 三恵社, 2013
96)-(8) 梅林芳弘 : Case 33 高齢者陰部の難治性紅斑. 「内科で役立つ 一発診断から迫る 皮膚疾患の鑑別診断」 (出光俊郎/編), pp244-250, 羊土社, 2013
97) Pflugfelder A, et al : Incisional biopsy and melanoma prognosis : facts and cotroversies. Clin Dermatol, 28 : 316-318, 2010?
P.87 掲載の参考文献
99) 葛西健一郎 : レーザートーニングの真実. 日皮会誌, 129 : 1627-1632, 2019).?
P.89 掲載の参考文献
100) 梅林芳弘 : 潰瘍をみたとき. J Visual Dermatol, 13 : 450-455, 2014
102)-[16] 伊藤孝明ほか : 下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2239-2259, 2017?
104)-[16] 伊藤孝明ほか : 下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン. 日皮会誌, 127 : 2239-2259, 2017
104) 梅林芳弘 : 有棘細胞癌, 疣状有棘細胞癌. 皮膚臨床, 42 : 1570-1573, 2000).?
P.93 掲載の参考文献
107)-[17] ケロイド・肥厚性瘢痕診断・治療指針 2018 (瘢痕・ケロイド治療研究会/編), 全日本病院出版会, 2018
108)-[17] ケロイド・肥厚性瘢痕診断・治療指針 2018 (瘢痕・ケロイド治療研究会/編), 全日本病院出版会, 2018
109) 神田奈緒子 : 肥厚性瘢痕・ケロイド. 「今日の皮膚疾患治療指針 第4版」 (塩原哲夫ほか/編), pp716-717, 医学書院, 2012)?
110) 利根川守ほか : ケロイド vs 隆起性皮膚線維肉腫. J Visual Dermatol, 4 : 56-57, 2005
110)-[17] ケロイド・肥厚性瘢痕診断・治療指針 2018 (瘢痕・ケロイド治療研究会/編), 全日本病院出版会, 2018
P.95 掲載の参考文献
112)-[18] 大槻マミ太郎ほか : 乾癬における生物学的製剤の使用ガイダンス (2019年版). 日皮会誌, 129 : 1845-1864, 2019
113) 江藤隆史 : ステロイド外用薬. 「ここまでわかった乾癬の病態と治療」 (大槻マミ太郎/編), pp218-225, 中山書店, 2012
115)-[18] 大槻マミ太郎ほか : 乾癬における生物学的製剤の使用ガイダンス (2019年版). 日皮会誌, 129 : 1845-1864, 2019
P.97 掲載の参考文献
117)-(12) 大槻マミ太郎/編 : 皮膚科で使うMTXの完全マニュアル. J Visual Dermatol, 18 : 11-107, 2019
121)-(12) 大槻マミ太郎/編 : 皮膚科で使うMTXの完全マニュアル. J Visual Dermatol, 18 : 11-107, 2019
P.99 掲載の参考文献
123) 梅林芳弘 : 全身に播種する丘疹性紅斑. J Visual Dermatol, 10 : 587-588, 2011

第3章 感染症など

P.105 掲載の参考文献
129) 大塚篤司 : 皮膚科における悪魔の証明-KOH検査. 臨皮, 73 (5 増) : 117, 2019
P.107 掲載の参考文献
130)-[19] 望月隆ほか : 日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン 2019. 日皮会誌, 129 : 2639-2673, 2019
131) 南條育子ほか : 各種外用抗真菌薬のin vitro抗真菌活性の測定. 日皮会誌, 117 : 149-152, 2007
132)-[19] 望月隆ほか : 日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン 2019. 日皮会誌, 129 : 2639-2673, 2019
132) 梅林芳弘ほか : ラノコナゾールによる接触皮膚炎. 皮膚臨床, 44 : 1075-1078, 2002
P.111 掲載の参考文献
133) 常深祐一郎 : 抗真菌外用薬の適応と使用法. 「皮膚真菌症を究める」 (望月隆ほか/編), pp68-76, 中山書店, 2011
135) 梅林芳弘 : 感染症に対する外用薬. 日本医事新報, 4760 : 30-36, 2015
P.117 掲載の参考文献
139)-[19] 望月隆ほか : 日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン 2019. 日皮会誌, 129 : 2639-2673, 2019
141) Evans EG, et al : Double blind, randomised study of continuous terbinafine compared with intermittent itraconazole in treatment of toenail onychomycosis. The LION Study Group. BMJ, 318 : 1031-1035, 1999
142)-[19] 望月隆ほか : 日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン 2019. 日皮会誌, 129 : 2639-2673, 2019
P.119 掲載の参考文献
144) 五十嵐敦之 : ホスラブコナゾールによる爪白癬治療. 臨皮, 73 (5 増) : 118-122, 2019
P.121 掲載の参考文献
148-(13) Japan Foot Week研究会 : 本邦における足・爪白癬の疫学調査成績. 日皮会誌, 111 : 2101-2112, 2001
145) 梅林芳弘 : 白癬と痒み. 皮膚臨床, 46 : 605-607, 2004
145)-(13) Japan Foot Week研究会 : 本邦における足・爪白癬の疫学調査成績. 日皮会誌, 111 : 2101-2112, 2001
147)-[3] 高山かおるほか : 接触皮膚炎診療ガイドライン 2020. 日皮会誌, 130 : 523-567, 2020
148) 真菌症. 「皮膚科学 第10版」 (大塚藤男/著), pp843-886, 金芳堂, 2016
P.125 掲載の参考文献
152) 今福信一 : 口唇ヘルペスの治療選択. 「目からウロコのヘルペス診療ハンドブック」 (白濱茂穂, 渡辺大輔/編), pp124-127, 南江堂, 2017
153) 梅林芳弘 : 中指の紅斑・水疱. 「皮膚科医の「見る技術」! 一瞬で見抜く疾患 100」 (梅林芳弘/編著), pp75-76, 秀潤社, 2014
P.127 掲載の参考文献
155) 石田奈津子ほか : 抗ヘルペスウイルス薬の種類と使用法. 「ウイルス性皮膚疾患ハンドブック」 (浅田秀夫ほか/編), pp84-87, 中山書店, 2011
156) 浅田秀夫 : 外用薬使用の意義. 「目からウロコのヘルペス診療ハンドブック」 (白濱茂穂, 渡辺大輔/編), pp155, 南江堂, 2017
P.131 掲載の参考文献
158)-(14) Cohen JI : Clinical practice : Herpes zoster. N Eng J Med, 369 : 255-263, 2013
159)-(14) Cohen JI : Clinical practice : Herpes zoster. N Eng J Med, 369 : 255-263, 2013
159) 岡崎美知治 : 帯状疱疹の初期治療. 「皮膚科診療のコツと落とし穴 (4) 治療」 (西岡清/編), pp106-107, 中山書店, 2006
160) 村上信五 : Ramsay Hunt症候群. 「帯状疱疹Up-to-Date」 (稲田英一ほか/編), pp102-104, 診断と治療社, 2012
160)-(14) Cohen JI : Clinical practice : Herpes zoster. N Eng J Med, 369 : 255-263, 2013
P.133 掲載の参考文献
161)-[20] 帯状疱疹後神経痛 (慢性期). 「神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン改訂第2版」 (一般社団法人日本ペインクリニック学会神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン改訂版作成ワーキンググループ/編), pp90-93, 真興交易 (株) 医書出版部, 2016
P.135 掲載の参考文献
漆畑修 : 帯状疱疹. 「ヘルペスウイルス感染症」 (新村眞人ほか/編), pp204-212, 中外医学社, 1996
松尾光馬 : 帯状疱疹. Medical Practice, 32 : 1325-1329, 2015
今福信一 : 抗体価測定. 「目からウロコのヘルペス診療ハンドブック」 (白濱茂穂, 渡辺大輔/編), pp56-59, 南江堂, 2017
164) 飯田慶治 : ウイルス感染症診断に用いる検査の特徴と結果の解釈. 「第2回HZ・Sフォーラム 帯状疱疹の疫学・検査」, pp1-2, マルホ株式会社, 2019
P.137 掲載の参考文献
165) 日野治子 : 学校感染症とその取り扱い. 「ウイルス性皮膚疾患ハンドブック」 (浅田秀夫ほか/編), pp194-200, 中山書店, 2011
166)-(15) 山本剛伸ほか : 学校感染症 第三種 その他の感染症 : 皮膚の学校感染症とプールに関する統一見解に関する解説. 日皮会誌, 125 : 1203-1204, 2015
P.139 掲載の参考文献
167)-[21] 渡辺晋一ほか : 皮膚軟部組織感染症. 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2019」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), pp183-201, 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2019
168) 古村速ほか : 小児の伝染性膿痂疹の細菌学的, 臨床的検討. 小児感染免疫, 19 : 405-412, 2007
170)-(17) 「薬疹情報 第18版」 (福田英三, 福田英嗣/編), 2019
170)-(16) 「抗菌薬の考え方, 使い方 ver. 4」 (岩田健太郎/著), 中外医学社, 2018
171)-[21] 渡辺晋一ほか : 皮膚軟部組織感染症. 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2019」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), pp183-201, 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2019
172)-[21] 渡辺晋一ほか : 皮膚軟部組織感染症. 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2019」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), pp183-201, 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2019
173) Miller LS : Superficial cutaneous infections and pyodermas. In : Fitzpatrick's dermatology in general medicine, 9th Ed. (ed. by Kang S, et al), p2719-2745, McGraw-Hill, 2019
174)-(16) 「抗菌薬の考え方, 使い方 ver. 4」 (岩田健太郎/著), 中外医学社, 2018
175) Wannamaker LW : Differences between streptococcal infections of the throat and of the skin. N Engl J Med, 282 : 23-31, 1970
176)-[21] 渡辺晋一ほか : 皮膚軟部組織感染症. 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2019」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), pp183-201, 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2019
176) Volovitz B, et al : Absence of tooth staining with doxycycline treatment in young children. Clin Pediatr (Phila), 46 : 121-126, 2007
176)-(16) 「抗菌薬の考え方, 使い方 ver. 4」 (岩田健太郎/著), 中外医学社, 2018
176)-(17) 「薬疹情報 第18版」 (福田英三, 福田英嗣/編), 2019
P.141 掲載の参考文献
177)-(18) 小林里実 : 掌蹠膿疱症の治療方針. 「乾癬・掌蹠膿疱症」 (山本俊幸/編), pp378-384, 中山書店, 2020
178)-(18) 小林里実 : 掌蹠膿疱症の治療方針. 「乾癬・掌蹠膿疱症」 (山本俊幸/編), pp378-384, 中山書店, 2020
180) 相馬良直 : ビオチン療法の総括. 皮膚臨床, 52 : 1537-1541, 2010
181)-(18) 小林里実 : 掌蹠膿疱症の治療方針. 「乾癬・掌蹠膿疱症」 (山本俊幸/編), pp378-384, 中山書店, 2020
P.143 掲載の参考文献
184)-[21] 渡辺晋一ほか : 皮膚軟部組織感染症. 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2019」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), pp183-201, 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2019
P.145 掲載の参考文献
185) 梅林芳弘 : ツツガムシ病. J Visual Dermatol, 6 : 1308-1315, 2007
186) 梅林芳弘 : レジデントに伝えたい皮膚病変のみかたと診断の道筋. レジデントノート, 11 : 1430-1436, 2010?
P.147 掲載の参考文献
189)-(17) 「薬疹情報 第18版」 (福田英三, 福田英嗣/編), 2019
189)-(16) 「抗菌薬の考え方, 使い方 ver. 4」 (岩田健太郎/著), 中外医学社, 2018
190)-(19) 出光俊郎 : Case 32 発熱, 意識障害, 紫斑. 「内科で役立つ一発診断から迫る皮膚疾患の鑑別診断」 (出光俊郎/編), pp236-243, 羊土社, 2013
191)-(19) 出光俊郎 : Case 32 発熱, 意識障害, 紫斑. 「内科で役立つ一発診断から迫る皮膚疾患の鑑別診断」 (出光俊郎/編), pp236-243, 羊土社, 2013

最近チェックした商品履歴

Loading...