シンプルにわかる外科初期研修ハンドブック

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2023-07-15
分野: 臨床医学:外科  >  外科学一般
ISBN: 9784758105866
電子書籍版: 2023-07-15 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

外科初期研修の前準備や外科手術の必須知識,手技・処置の方法,ベッドサイド・病棟での動き方など厳選して解説!箇条書きのシンプルな記載で知りたいことがすぐに見つかります.外科以外に進む研修医もおすすめ!

目次

  • I ローテーションの前準備としてやっておくこと
     1. 仕事の流れを把握する
     2. 知識のつけ方,学び方
     3. メンバーの把握
     4. 挨拶

    II 病棟からのコールにいかに対応するか
     1 周術期管理
      【A】代表的な手術のクリニカルパス
       0. すべてのクリニカルパスに共通すること
       1. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
       2. 腹腔鏡下胆嚢摘出術
       3. 腹腔鏡補助下S状結腸切除術
       4. 幽門側胃切除術
       5. 腹腔鏡下虫垂切除術
      【B】手術前日にやること
       ● 必ず行うチェック項目
      【C】手術当日にやること
       1. 入室前の作業
       2. 入室後の作業
       3. 手術中の行動
       4. 手術後の作業
      【D】術後にすべきこと
       1. 帰室~翌朝のケア
       2. 疼痛でコールされたときのケア
       3. 発熱でコールされたときのケア
       4. シャワーや入浴のケア
       5. 創部の観察や抜糸によるケア
       6. 患者さんからの質問への対処法
       7. 退院後の指示
     2 よくある合併症への対処法
      1. 吻合不全
      2. 手術部位感染(SSI)
      3. せん妄
      4. 深部静脈血栓症/肺血栓塞栓症(DVT/PTE)
     3 各種ドレーンやステントの管理
      【A】経皮的に挿入したドレーン
       1. 経皮経肝的胆嚢ドレナージ(PTGBD)
       2. 膿瘍ドレナージ
      【B】内視鏡的に挿入したステント
       1. 内視鏡的逆行性胆汁ドレナージ術(ERBD)
       2. 大腸ステント
       3. 胆道ステント
      【C】手術の際に留置したドレーン
       1. 胆嚢摘出術後
       2. 肝切除後
       3. 膵切除術後
       4. 消化管吻合/腹膜炎手術後
       5. 呼吸器外科手術後
    III ベッドサイドや外来で行う外科処置
     1 機器や診療材料の種類と用途
      【A】機器
       1. 鉗子
       2. 鑷子
       3. 剪刃
       4. 持針器
      【B】診療材料
       1. ガーゼ
       2. 被覆材
     2 糸結びと縫合
      ● 使う糸と実際の手技
     3 創部のドレッシング
      1. 被覆材を用いたドレッシング
      2. 局所陰圧閉鎖療法(NPWT)
     4 腹腔穿刺/腹水ドレナージ
      ● 挿入・抜去の手順と管理
     5 胸腔穿刺/胸腔ドレナージ
      ● 挿入・抜去の手順と管理
     6 静脈カテーテル
      1. 中心動脈(CV)カテーテル
      2. 末梢挿入中心静脈カテーテル(PICC)
      3. 中心静脈(CV)ポート
     7 ストーマ
      1. 単孔式ストーマとループ式ストーマ
      2. 大腸ストーマと小腸ストーマ

    IV 知っておきたい外科手術の基本知識
     1 手術機器
      1. エネルギーデバイス
      2. 自動縫合器/自動吻合器
      3. 牽引に用いる機械類
     2 各種手術のアプローチ
      1. 腹腔鏡手術
      2. 開腹手術と閉腹手術
     3 代表的な手術
      1. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
      2. 腹腔鏡下胆嚢摘出術
      3. 腹腔鏡補助下S状結腸切除術
      4. 幽門側胃切除
      5. 腹腔鏡下虫垂切除術
     4 概要だけは知っておきたい手術
      1. 乳癌の手術/乳房
      2. ビデオ補助下胸部手術(VATS)
      3. 肝切除術
      4. 膵切除術

    Column
    (1)略語・用語に注意しよう
    (2)外科ことはじめ

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[I ローテーションの前準備としてやっておくこと]

P.36 掲載の参考文献
1) 瀬尾恵美子, 他:初期臨床研修における研修医のストレスに関する多施設研究. 2013:https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22590452/

[II 病棟からのコールにいかに対応するか]

P.50 掲載の参考文献
P.68 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会:2022年改訂版 非心臓手術における合併心疾患の評価と管理に関するガイドライン. https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/03/JCS2022_hiraoka.pdf
2) 日本循環器学会. 2020年JCSガイドライン フォーカスアップデート版 冠動脈疾患患者における抗血栓療法. https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/04/JCS2020_Kimura_Nakamura.pdf
P.76 掲載の参考文献
1) Brown TR, et al:A clinical evaluation of chlorhexidine gluconate spray as compared with iodophor scrub for preoperative skin preparation. Surg Gynecol Obstet, 158:363-366, 1984(PMID:6710300)
P.82 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
1) Siparsky N:Overview of postoperative fluid therapy in adults. UpToDate, 2021
2) 「消化器外科 周術期合併症のminimal requirements 重症度の階層化とその対策」(白石憲男, 上田貴威/編, 北野正剛/監), メジカルビュー社, 2015
3) CHAPTER 12 Surgical Complications. 「Sabiston Textbook of Surgery, 21st ed.」(Courtney M. T. Jr., et al), pp238-283, Elsevier, 2021
5) 日本循環器学会:2022年改訂版 非心臓手術における合併心疾患の評価と管理に関するガイドライン.2022 https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/03/JCS2022_hiraoka.pdf
P.93 掲載の参考文献
3) Mariano ER:Management of acute perioperative pain in adults. UpToDate, 2022
4) 「Sabiston Textbook of Surgery, 21st ed. Biological Basis of Modern Surgical Practice」(Country M, et al), Elsevier, 2021
P.98 掲載の参考文献
1) Weed HG, et al:Fever in the surgical patient. UpToDate, 2022
3) Dauleh MI, et al:Open versus laparoscopic cholecystectomy:a comparison of postoperative temperature. J R Coll Surg Edinb, 40:116-118, 1995(PMID:7776273)
6) Mangram AJ, et al:Guideline for Prevention of Surgical Site Infection, 1999. Centers for Disease Control and Prevention(CDC)Hospital Infection Con-trol Practices Advisory Committee. Am J Infect Control, 27:97-132;quiz 133-134;discussion 96, 1999(PMID:10196487)
P.100 掲載の参考文献
1) 「Wounds and Lacerations Emergency Care and Closure Fourth Edition」(Trott AT), p313, Elsevier, 2012
2) 針原 康:第7章 手術部位感染 IX. 創管理. 日本手術医学会:手術医療の実践ガイドライン 改訂第三版.2019 http://jaom.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20210616135951-48BD57DC717273CD728785686C6592D9FF323FBF97D4BAC7ECA952EB16C01D2B.pdf
3) Armstrong DG & Meyr AJ:Basic principles of wound management. UpTo-Date, 2022
P.105 掲載の参考文献
2) 「Wounds and Lacerations Emergency Care and Closure Fourth Edition」(Trott AT), Elsevier, 2012〔翻訳本:「ERでの創処置 縫合・治療のスタンダード 原著第4版」(岡 正二郎/監訳), 羊土社, 2019〕
3) Armstrong DG & Meyr AJ:Basic principles of wound management. UpTo-Date, 2022
6) 大毛宏喜:第1章7. 周術期の感染予防のエビデンス. 「レジデントノート増刊 外科の基本 手術前後の患者さんを診る 手術の流れや手技, 周術期管理が身につき, 外科がわかる, 好きになる」(畑 啓昭/編):14, pp3158-3159, 羊土社, 2013
P.117 掲載の参考文献
P.131 掲載の参考文献
1) 藤本一眞, 他:抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 54:2075-2102, 2012
2) 加藤元嗣, 他:抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン 直接経口凝固薬(DOAC)を含めた抗凝固薬に関する追補2017. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 59:1547-1558, 2017
P.136 掲載の参考文献
P.143 掲載の参考文献
P.145 掲載の参考文献
P.149 掲載の参考文献
3) Van Buren G 2nd, et al:A randomized prospective multicenter trial of pan-creaticoduodenectomy with and without routine intraperitoneal drainage. Ann Surg, 259:605-612, 2014(PMID:24374513)
6) Van Buren G 2nd, et al:A Prospective Randomized Multicenter Trial of Distal Pancreatectomy With and Without Routine Intraperitoneal Drainage. Ann Surg, 266:421-431, 2017(PMID:28692468)
8) Bassi C, et al:The 2016 update of the International Study Group(ISGPS) definition and grading of postoperative pancreatic fistula:11 Years After. Surgery, 161:584-591, 2017(PMID:28040257)
P.153 掲載の参考文献

[III ベッドサイドや外来で行う外科処置]

P.179 掲載の参考文献
1) VATA Suture Techniques Course Video:https://youtu.be/Akyr4zlBS9E
P.189 掲載の参考文献
1) Robson KM:Diagnostic and therapeutic abdominal paracentesis. UpToDate, 2022
P.197 掲載の参考文献
P.200 掲載の参考文献
P.206 掲載の参考文献

[IV 知っておきたい外科手術の基本知識]

P.218 掲載の参考文献
1) Enrique S&Tommaso F:Chapter 112. Trocar Placement.「Atlas of Pelvic Anatomy and Gynecologic Surgery, 5th ed.」(Michael S, et al, eds), 1285-1291, Elsevier, 2020
P.223 掲載の参考文献
1) 「ネッター解剖学アトラス 原書第7版」(Netter FH/著, 相磯貞和, 今西宣晶/監訳), 南江堂, 2022
2) Deerenberg EB, et al:Updated guideline for closure of abdominal wall inci-sions from the European and American Hernia Societies. Br J Surg, 109:1239-1250, 2022(PMID:36026550)
P.236 掲載の参考文献
1) Ansaloni L, et al:2016 WSES guidelines on acute calculous cholecystitis. World J Emerg Surg, 11:25, 2016(PMID:27307785)
2) Okamoto K, et al:Tokyo Guidelines 2018:flowchart for the management of acute cholecystitis. J Hepatobiliary Pancreat Sci, 25:55-72, 2018(PMID:29045062)
P.243 掲載の参考文献
1) I.規約3 所見の記載法. 「大腸癌取扱い規約 第9版」(大腸癌研究会/編), p19, 金原出版, 2018
2) Steven LC&Lee AF:Evaluation of cardiac risk prior to noncardiac surgery. UpToDate, 2023
3) 「新DS NOW2下部消化管癌に対する標準手術 手技習得へのナビゲート[Web動画付]」(山口茂樹/編), pp44-67, メジカルビュー社, 2019
P.252 掲載の参考文献
1) 「胃癌取扱い規約 第15版」(日本胃癌学会, 編), 金原出版, 2017
2) 「胃癌治療ガイドライン 医師用2021年7月改訂 第6版」(日本胃癌学会, 編), 金原出版, 2017
3) 窪田忠夫:腹部手術後のマネジメント.「重症患者管理マニュアル」(平岡栄治, 他/編), pp380-385, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2018
P.267 掲載の参考文献
1) 「乳癌診療ガイドライン1治療編2022年版 第5版」(日本乳癌学会/編), 金原出版, 2022
2) 「臨床・病理乳癌取扱い規約 第18版」(日本乳癌学会/編), 金原出版, 2018
3) 「外科医が修得すべき乳がん手術」(大野真司/編), メジカルビュー社, 2011
4) 窪田智行, 三浦重人:VI-C 全乳房切除のKnack & Pitfalls 1. 全乳房切除+腋窩郭清. 「乳腺外科の要点と盲点第2版」(幕内雅敏/監, 霞富士雄/編), p271, 文光堂, 2005
P.282 掲載の参考文献
1) 「肝癌診療ガイドライン2021年版」(日本肝臓学会/編), 金原出版, 2021
P.286 掲載の参考文献
1) Bassi C, et al:The 2016 update of the International Study Group(ISGPS) definition and grading of postoperative pancreatic fistula:11 Years After. Surgery, 161:584-591, 2017(PMID:28040257)

最近チェックした商品履歴

Loading...