もう迷わない! 肝癌薬物療法ナビ

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2024-06-20
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784524234639
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

5,830 円(税込)

商品紹介

近年,新たな分子標的治療薬の承認が相次ぎ,大きな進歩を見せている肝癌(肝細胞癌)の薬物療法について,一次治療/二次治療以降における薬剤選択の基本から,各種診断マーカーを用いた症例選択,治療が奏効しなかった場合の対応,局所療法との複合的な治療戦略,有害事象発生時の対処方法までを網羅し,解説.各施設のエキスパートが,判断に迷う課題を整理し,肝癌治療に携わる臨床医へ最新の知見を示した一冊.

目次

  • 第1章 薬物療法開始前に
     1.肝細胞癌治療の考え方
     2.病態に応じた治療選択
     3.薬物療法の評価法
     4.有害事象の評価~CTCAE~
     5.薬物療法開始前のスクリーニング~肝機能、静脈瘤、自己免疫疾患、心疾患~

    第2章 各レジメンの使い方と注意点
     1.アテゾリズマブ+ベバシズマブ
     2.ヂュルバルマブ+トレメリムマブ
     3.レンバチニブ
     4.ソラフェニブ
     5.レゴラフェニブ
     6.ラムシルマブ
     7.カボザンチニブ
     8.冠動脈化学療法

    第4章 併用療法
     1.分子標的治療薬+肝動脈科学塞栓療法(TACE)
     2.薬物療法+切除
     3.薬物療法+アブレーション
     4.薬物療法+放射線治療

    第4章 副作用対策
     1.免疫関連有害事象
     2.抗VEGF薬

    付録
     1.インフォームドコンセントフォーム
     2.ケースリポートフォーム

最近チェックした商品履歴

Loading...