非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル

出版社: 日本プランニングセンター
著者:
発行日: 2004-03-31
分野: 医療技術  >  介護/福祉
ISBN: 4931197655
電子書籍版: 2004-03-31 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,465 円(税込)

商品紹介

本書は、呼吸筋補助の介入法を広く知ってもらうことを目的とし、平易な用語を用い、貴重な写真やイラストを数多く示し、クリティカル(重要な)情報をわかりやすく提供しています。神経筋疾患患者における心肺合併症の予防法について知識を得ることができる一冊。

目次

  • 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル

    ―目次―

    第1部 NIVが役立つ可能性(概論)
    第2部 NIV成功へのアイテム
    第3部 NIV活用のテクニック
    第4部 全身のチェックとケア
    第5部 NIVのより豊かな活用への工夫
    第6部 NIVに関わるチームづくり
    第7部 NIVのケアシステム充実

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I部 NIVが役立つ可能性(概論)

P.14 掲載の参考文献
1) Pierson DJ: Ventilatory failure. Pierson DJ (eds): Foundations of respiratory care, p303-310, Churchill Livingstone, New York, 1992.
2) Bach JR. A historical perspective on the use of noninvasive ventilatory support alternatives. Respir Care Clin North Am 12: 161-181,1996
3) 石原英樹, 木村謙太郎, 縣俊彦: 在宅呼吸ケアの現状と課題-平成13年度全国アンケート調査報告-. 厚生省特定疾患呼吸不全調査研究班平成13年度研究報告書, p68-71,2002
4) Carlucci A. Richard J-C, Wysocki M, Lepage E. Brochard L and the SRLF Collaborative Group on Mechanical Ventilation. Noninvasive versus conventional mechanical ventilation. An epidemiologic survey. Am J Respir Crit Care Med 163: 874-880,2001
P.17 掲載の参考文献
3) Bach JR, ed. Noninvasive mechanical ventiation, Hanley & Belfus Philadelphia, 2002
4) Simonds AK, ed. Noninvasive respiratory support. A practical handbook (second edition), Amold, A member of the Hodder Headline group, London, 2001
5) Bach JR著, 大澤真木子監訳: 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京, 1999.
P.21 掲載の参考文献
1) Bach JR, ed. Management of patients with neuromuscular disease, Hanley & Belfus, Philadelphia, 2004
2) Zaidat OO, Suarez JI, Hejal RB: Critical and respiratory care in neuromuscular diseases. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn, p384-399, 2002
3) Bach JR著, 大澤真木子監訳. 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京 1999
4) 河原仁志編著: 筋ジストロフィーってなあに?. 診断と治療社, 200
5) 石川悠加: 神経筋疾患の診断と治療. 理療 32;1-13, 2002
6) Bach JR. ed. Pulmonary Rehabilitation. Hanley & Belfus, Philadelphia, 1997
7) 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費, 筋ジストロフィー患者のケアシステムに関する総合的研究班 石川悠加 (編): 筋ジストロフィーと呼吸リハビリテーション. 2001
8) 石川悠加, 三浦利彦: 神経筋疾患. 本間生夫, 田中一正, 柿崎藤泰編. 呼吸運動療法の理論と技術. メジカルビュー社 p237-260, 2003
9) Chen AC, Bach JR. Prevention of pulmonary morbidityfor patients with neuromuscular disease. Chest 218: 1390-1396,2000
P.25 掲載の参考文献
1) Bach JR, ed. Noninvasive mechanical ventiation, Hanley & Belfus, Philadelphia, 2002
2) Simonds AK, ed. Noninvasive respiratory support. A practical handbook (second edition), Arnold, A member of the Hodder Headline group, London, 2001
3) Haddad GG and Perez Fontan: Respiratory failure. ln: Behrman RE, Kliegman R, Nelson WE: Nelson Textbook of Pediatrics W. B. Saunders company, p1248-50, 2000
4) Mathers LH and Frankel LR: Stabilization of the critically ill child. In: Behrman RE, Kliegman R, Nelson WE eds.: Nelson Textbook of Pediatrics W. B. Saunders company, p251-273, 2000
5) 北住映二. 重度脳性麻痺児の療育の基盤としての医療-QOL改善のためのケアの進歩と課題. 脳と発達 30: 207-214, 1998
6) Manzur AY, Muntoni F, Simonds A. Muscular dystrophy campaign sponsoredworkshop: recommendation for respiratory care of children with spinal muscular atrophy type II and III. 13th February 2002, London, UK Neuromuscular disorders;13: 184-189, 2003
7) 石川 悠加: 呼吸ケア. SMAハンドブック作成委員会;SMA (脊髄性筋萎縮症) ってなに?SMA (脊髄性筋萎縮症) 家族の会, p34-54, 2002

第II部 NIV成功へのアイテム

P.32 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳: 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京, 1999.
2) Kang S-W, Bach JR: Maximum lnsufflation Capacity. Chest 118: 61-65, 2000
3) Kang S-W, Bach JR: Maximum Insufflation Capacity. Vital Capacity and cough flows in neuromuscular disease. Am J Phys Med Rehabil 79: 222-227, 2000
4) 石川悠加, 三浦利彦: 神経筋疾患. 本間生夫, 田中-正, 柿崎藤泰編. 呼吸運動療法の理論と技術. メジカルビュー社, p230-260, 2003
5) Bach JR, Saporito LR: Indications and criteria for decannulation and transition from invasive to noninvasive long-term ventilatory support. Respir Care 39: 515-31, 1994
6) 石川悠加, 石川幸辰, 南良二. Duchenne型筋ジストロフィーの睡眠時無呼吸症候群に対するカプノグラフオキシメーターによる夜間モニタリングの有用性. 医療 46: 398-402. 1992
7) 石川悠加. 呼吸機能障害評価基準をめぐって-小児神経内科の立場から-日本呼吸管理学界雑誌12: 186-190, 2002
8) Zaidat OO, Suarez JI, Hejal RB: Critical and respiratory care in neuromuscular diseases. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn, p384-399, 2002
P.43 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳, 神経筋疾患の評価とマネジメント, 診断と治療社, 東京, 1999
2) 三浦利彦 Duchenne型筋ジストロフィーにおける喀疾喀出能カ-最大呼気流速と関連因子の考察- 理学療法学 Vol.26 p143-148 1999
3) Bach JR. The Prevention of Ventilatory Failure due to Inadequate Pump Function. Respiratory Care 42: p403-413, 1997
4) JR Bach: Mechanical lnsufflation Exsufflation Comparison of peak expiratory flow with manually assisted and unassisted coughing techniques. CHEST, 104, 1553-1562, 1993
6) Gomez-Merino E,: Mechanical Insufflation-Exsufflation Pressure, Volume, and Flow Relationships and the Adequacy of the Manufacturers Guidelines. Am. J. Phys. Med. Rehabi1. 81, 2002
7) 石川悠加, 三浦利彦, (監) 本間生夫, 呼吸運動療法-理論と実際-メディカルビュー 2003
8) Bach JR and Haas F, ed. Pulmonary rehabilitation. Physical medicine and rehabilitation. Clinics of north America. W. B. Saunders company, Philadelphia, 1996

第III部 NIV活用のテクニック

P.71 掲載の参考文献
2) Bach JR, ed. Management of patients with neuromuscular disease, Hanley & Belfus, Philadelphia, 2004
P.78 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳, 神経筋疾患の評価とマネジメント. 診断と治療社, 東京, 1999
2) Bach JR, ed. Management of patients with neuromuscular disease, Hanley & Belfus Philadelphia, 2004
3) 石川悠加, ジョン・ロバート・バック. 総説 ポストポリオ症候群としての呼吸障害. 呼吸と循環, 51: 1121-1127, 2003
4) 佐藤圭右, 石川悠加, 石川幸辰, 泉達郎, 岡部稔, 南良二. 福山型先天性筋ジストロフィー年長患者における臨床経過と各種人工呼吸療法の臨床効果と評価. 脳と発達. 34: 12-23, 2002
5) 石川悠加, ジョン・ロバート・バック. 総説 ポストポリオ症候群としての呼吸障害. 呼吸と循環, 51: 1121-1127, 2003
P.82 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳, 神経筋疾患の評価とマネジメント. 診断と治療社, 東京, 1999
2) Bach JR, Ishikawa Y, Kim H: Prevention of pulmonary morbidity for patients with Duchenne muscular dystrophy. Chest112: 1024-28, 1997
3) 石川悠加, ジョン・ロバート・バック. 総説 ポストポリオ症候群としての呼吸障害. 呼吸と循環, 51: 1121-1127, 2003
4) 石川 悠加: 呼吸ケア. SMAハンドブック作成委員会;SMA (脊髄性筋萎縮症) ってなに?, SMA (脊髄性筋萎縮症) 家族の会, 2002, p34-54.
P.85 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳, 神経筋疾患の評価とマネジメント. 診断と治療社, 東京, 1999
2) Pope JF, Birnkrant DJ: Noninvasive ventilation to facilitate extubation in a pediatric intensive care unit. J Intensive Care Med 15: 99-103, 2000
3) 長門五城, 三浦利彦, 石川悠加ら. 呼吸理学療法により抜管できた, 急性呼吸不全を呈したDuchenne型筋ジストロフィーの1例. 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 12: 24-30, 2001
P.90 掲載の参考文献
1) Bach JR著, 大澤真木子監訳, 神経筋疾患の評価とマネジメント. 診断と治療社, 東京, 1999
2) 石川悠加, 三浦利彦: 神経筋疾患. 本間生夫, 田中一正, 柿崎藤泰編. 呼吸運動療法の理論と技術. メジカルビュー社, p237-260, 2003
P.101 掲載の参考文献
1) 角地祐幸, 野木宏: 特集 AHAの心肺蘇生国際ガイドライン2000の普及に向けて. 新ガイドラインによる-次救命処置. 呼吸と循環 511: 095-1101, 2003
2) 小濱啓次: 心肺 (脳) 蘇生法の実際. 心停止, 呼吸停止における緊急処置. へるす出版, 東京, 1994
P.133 掲載の参考文献
1) 多田羅勝義;正確な情報を収集して敢然と進め-飛行機への人工呼吸器問題対応策-, 難病と在宅ケア, 9: 7-13, 2003
2) 梶山シゲル;難病ボランティアのため息, 難病と在宅ケア, 8: 27-30, 2002

第IV部 全身のチェックとケア

P.137 掲載の参考文献
1) Urtizberea JA, et al, Dilated cardiomyopathy and related cardiac disorders in muscular dystrophy. Emery AEH eds. The muscular dystrophies. Oxford university press. p202-222. 2001
P.143 掲載の参考文献
1) Yuka Ishikawa. Cardiac management. In Bach JR, ed. Management of patient with neuromuscular disease, Hanley & Befus, Philadelphia, 2004
2) 青柳昭雄, 田村拓久, 渋谷統寿ら「心不全」プロジェクト研究・マニュアル作成チーム: 心不全マニュアル. 厚生省神経疾患研究委託費・筋ジストロフィー研究第4班「筋ジストロフィー症の療養と看護に関する臨床的, 心理的研究」, 1991
3) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (1998-1999年度合同研究班報告): 慢性心不全治療ガイドライン. Japanese Circulation Journal 64, Suppl IV, 1023-1079, 2000
4) 南良二, 木内ふみ子ら: ACE阻害剤内服中の慢性心不全患者の看護. 平成4年度厚生省神経疾患研究委託費・筋ジストロフィー研究第4班「筋ジストロフィー症の療養と看護に関する総合的研究研究報告書, p129-132, 1993
5) 石川悠加, 佐藤久美子, 野村平子ら: DMD心不全急性増悪期の看護. 平成12年度厚生省神経疾患研究委託費による研究報告集, p76, 2000
6) 石川悠加, 藤瀬修江, 米澤絵理子ら: 慢性心不全患者の自己管理指導を考える. 平成12年度厚生省神経疾患研究委託費による研究報告集, p75, 2000
P.149 掲載の参考文献
1) Bensen ES, Jaffe KM, Tarr PI. Acute gastric dilatation in Duchenne muscular dystrophy: a case report and review of the literature. Arch Phys Med Rehabil, 77: 512-514, 1996
2) Barohn RJ, Levine EJ, Olson JO, Mendell JR. Gastric Hypomotility in Duchenne muscular dystrophy. N Engl J Med ;319: 15-18, 1988
3) Fois A. Gastrointestinal disorders in muscular dystrophies. Journal of Pediatric Gastroenterology and Nutrition;25: s20-21, 1997
5) Bach JR著, 大澤真木子監訳: 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京, 1999.
P.156 掲載の参考文献
1) 田角勝 河原仁志編著: 子どもの摂食指導. 診断と治療社, 2003
2) 河原仁志編: 筋ジストロフィーと摂食・嚥下障害. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のケアシステムに関する総合的研究班, 2001
3) Bach JR著, 大澤真木子監訳: 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京, 1999.
4) 河原仁志編著: 筋ジストロフィー患者さんのための楽しい食事. 診断と治療社, 2002
5) 鈴木央: 栄養療法と耐圧分散寝具のすすめ方. 在宅褥瘡治療のエッセンス(1). 難病と在宅ケア 9: 67-75, 2003
8) 松村剛, 斎藤利雄, 宮井一郎, 野崎園子ら: 中心静脈栄養による炭水化物過剰投与でPaCO2上昇をきたしたデュシェンヌ型筋ジストロフィーの1例. 臨床神経, 38: 822-825, 1998
P.158 掲載の参考文献
東海林ちえみ, 他: 経管栄養患者. エキスパートナース13, 臨時増刊号: 149-153. 1997
P.161 掲載の参考文献
1) 南良二, 他: Duchenne型筋ジストロフィーの血清シスタチンCによる腎機能評価の有用性, 脳と発達, 35;431-433,2003
P.170 掲載の参考文献
1) 河原仁志 編著: 筋ジストロフィーってなあに? 診断と治療社, 東京, 2001
P.173 掲載の参考文献
1) 川村佐和子監修: 在宅療養支援のための医療処置管理看護プロトコール. 日本看護協会出版会, 2000
2) 小倉朗子: HMV療養者訪問看護の実際. 平成15年度在宅医療機器に関する指導者養成講習会テキスト, 医療機器センター, p80-108, 2003

第V部 NlVのより豊かな活用への工夫

P.179 掲載の参考文献
1) Kilmer DD, Aitkens S: The role of exercise in the treatment of neuromuscular diseases. In Neuromuscular Disease in Exercise in Rehabilitation Medicine. Human Kinetic. p253-266, 1999
2) Wagner MB, Katirji B: Rehabilitation management and care of patients with neuromuscular diseases. In Neuromuscular disorders in clinical practice. Katirji B ed. Butterworth-Heinemann. Woburn. p344-363. 2002
3) John R Bach著 大澤真木子監訳: 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド 診断と治療社 1999
4) Carter GT: Rehabilitation management in neuromuscular disease. J Neuro Rehab 11: p69-80, 1997
5) Bennett RI. Et al: Overwork weakness in partially denerveted skeletal muscle. Clin Orthop 12: p22-29, 1958
6) 臼田 滋ほか. 神経筋疾患に対する筋力増強訓練: PTジャーナル. Vol27. No41993
7) Bridwell, Keith H. MD;Baldus, Christy LPN;Ifirig, Theresa M. BA;Lenke, Lawrence G. MD;Blanke, Kathy RN: Process Measures and Patient/Parent Evaluation of Surgical Management of Spinal Deformities in Patients With Progressive Flaccid Neuromuscular Scoliosis (Duchenneis Muscular Dystrophy and Spinal Muscular Atrophy) Spine 24: 1300-1309, 1999
8) 三浦利彦: 神経筋疾患の理学療法 理療 Vol. 32 p 32・46, 2002
P.185 掲載の参考文献
1) 西村重男: 車いす環境の運動と姿勢-脳性まひと筋ジストロフィーの人たちへのシーティング経験から-, 車いすシーティング国際セミナー2002テキスト, 11-20, 日本リハビリテーション工学協会車いすSIG・SIG姿勢保持, 2002
2) 長門五城・他: DMDに対するシーティングの検討, 厚生省精神・神経疾患研究委託費「筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究」平成10年度研究成果報告書, 277-279 , 1999
3) 宇野光人・他: デュシェンヌ型筋ジストロフィーにおける下肢手術の理学療法, 厚生省精神・神経疾患研究委託費「筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究」平成10年度研究成果報告書, 308-310, 1999
4) 本木寛・他: ウレタンクッションの性能評価, 第17回リハ工学カンファレンス講演論文集, 53-56, 2002
5) 長門五城・他: 筋ジストロフィー患者の座位・臥位環境に必要な対処方法, 第18回リハ工学カンファレンス講演論文集, 29-30, 2003
6) 長門五城・他: デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者におけるエルコフレックスを用いた体幹装具の効果, 北海道リハビリテーション学会雑誌, 30, 65-70, 2002

第VI部 NIVに関わるチームづくり

P.216 掲載の参考文献
1) 河原仁志;筋ジストロフィーってなあに?, 診断と治療社, 2001
2) 田城孝雄: 在宅医療ハンドブック. 中外医学社, 2001.
3) 遺伝子性筋疾患児を抱える親への子育て支援研究委員会;筋疾患児の子育てQ&A, 社団法人日本筋ジストロフィー協会, 平成15年
4) 内藤とし子;医療ソーシャルワーカーの役割, 診断と治療社,小児科診療65: 117-120, 2002
5) リハビリテーションハンドブック改訂版;札幌市身体障害者更生相談所 平成15年
6) 医科点数表の解釈, 社会保険研究所 平成14年
P.220 掲載の参考文献
1) 石川悠加: 神経筋疾患の診断と治療, 理療, 32: 1-13, 2002.
2) 坪井栄貴監修, 田城孝雄編著: 在宅医療ハンドブック. 中外医学社, 2001.
3) 宮田広善著: 子育てを支える療育. ぶどう社, 2001.
4) 奥山眞紀子編著: 小児科の相談と面接-心理的理解と支援のために-. 医歯薬出版株式会社, 1998.

第VII部 NIVのケアシステム充実

P.250 掲載の参考文献
1) 渡辺一史: こんな夜更けにバナナかよ. 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち. 北海道新聞社, 2003年 (第25回講談社ノンフィクション賞受賞)
2) 中島孝: 総論・緩和ケアとは何か, 難病と在宅ケア 9巻8号 p7-11, 2003
P.254 掲載の参考文献
1) Bach JR, ed. Management of patients with neuromuscular disease, Hanley & Belfus, Philadelphia, 2004
2) Bach JR, ed. Noninvasive mechanical ventiation, Hanley & Belfus, Philadelphia, 2002
3) Polkey MI, Lyall RA, Moxham J, Leigh PN: Respiratory aspects of neurological disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 66: 5-15, 1999
4) Simonds AK, ed. Noninvasive respiratory support. A practical handbook (second edition), Arnold, A member of the Hodder Headline group, London, 2001
5) Manzur AY, Muntoni F, Simonds A. Muscular dystrophy campaign sponsoredworkshop: recommendation for respiratory care of children with spinal muscular atrophy type II and III. 13th February 2002, London, UK Neuromuscular disorders 13: 184-189, 2003
7) Yuka Ishikawa. Symptomatische Therapie. Denis Bron, ed. Verdacht auf Muskeldystrophie Duchenne, was nun? Ein praktischer Leitfaden fur Padiater/Hausarzte/Neurologen, (Switzerland) 2003 (in press)
8) Bach JR. Amyotrophic lateral sclerosis. Prolongation of life life by noninvasive respiratory aids. Chest 122: 92-98, 2002
10) Servera E, Sancho J, Gomez-Marino E, Briones ML, Vergara P, Perez D, Marin J. Non-invasive management of an acute chest infection for a patient With ALS. Neurol Sci 209: 111-113, 2003
11) Oppenheimer EA. Editorial. Treating respiratory failure in ALS: the details are becoming clearer. J Neurol Sci 209: 1-4, 2003
12) Bourke SC, Bullock RE, Williams TL, Shaw PJ, Gibson GJ. Noninvasive ventilation in ALS. Indications and effect on quality of life. Neurology 61: 171-177, 2003
13) Emery AEH, Muntoni F Management in Duchenne muscular dystrophy. Third edition, Oxford university press, New York, p207-246, 2003
P.256 掲載の参考文献
1) 福永秀敏: 難病と生きる, 春苑堂出版, 1999
2) 川村佐和子 (編著): 筋・神経系難病の在宅看護-医療依存度が高い人々に対する看護-. 日本プランニングセンター, 1994

最近チェックした商品履歴

Loading...