高血圧診療マニュアル

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2007-07-10
分野: 衛生・公衆衛生  >  予防/健康管理
ISBN: 9784939048470
電子書籍版: 2007-07-10 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,080 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,540 円(税込)

商品紹介

高血圧は最もポピュラーな疾患であるので、日常診療において医師であれば誰でも必ず遭遇する疾患であるともいえる。一方、ポピュラーな疾患であるからこそ、多くの合併症や偶発症、あるいは臓器障害をともなうことも少なくない。腎臓障害を

目次

  • 高血圧診療マニュアル

    ―目次―

    1.高血圧の要点
    2.合併症を伴う高血圧の症例と薬物治療の実際
    3.資料
      ガイドライン(JSH2004より)
      各種ガイドライン
      主要高血圧治療薬一覧

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 高血圧診療の要点

P.14 掲載の参考文献
P.18 掲載の参考文献
9) Kario K, et al:Abnormal nocturnal blood pressure falls in elderly hypertension:clinical significance and determinants. J Cardiovasc Pharmacol 41(Suppl 1):S61-S66, 2003
10) 小原克彦:血圧調節機構からみた夜間・早朝血圧. BIO Clinica 20:121-124, 2005
11) 篠邉龍二郎, 塩見利明:睡眠時無呼吸症候群とメタボリックシンドローム. 呼吸 25:1009-1014, 2006
P.21 掲載の参考文献
P.28 掲載の参考文献
P.34 掲載の参考文献
1) 内山聖:小児の高血圧をめぐる最近の話題と今後の問題. 小児保健研究 64:729-736, 2005
2) 田中聡子ほか:本邦小児の高血圧における基礎疾患の疫学的検討(口演). 第12回小児高血圧研究会, 2005年8月, 東京
3) Rahneva RD, et al:Ten-year follow-up study of children with primary hypertension from Sofia, Bulgaria. J Clin Hypertens 3:713-718, 1987
6) Abe Cet al:lower birth weight is associated with higher resting heart rate during boyhood. Hypertens Res (in press).
8) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン2004, ライフサイエンス出版, 東京, 2004
P.37 掲載の参考文献
P.40 掲載の参考文献
P.43 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会:高血圧治療ガイドライン2004. 日本高血圧学会, 東京, 2004
3) Sacks FM, et al:Effects on blood pressure of reduced dietary sodium and the Dietary Approaches to Stop Hypertension(DASH) diet. DASH-Sodium Collaborative Research Group. N Engl J Med 344:3-10, 2001

II. 合併症を伴う高血圧の症例と薬物治療の実際

P.48 掲載の参考文献
P.53 掲載の参考文献
3) Pfeffer MA, et al:Valsartan, captopril, or both in myocardial infarction complicated by heart failure, left ventricular dysfunction, or both. N Engl J Med 349:1893-1906, 2003
P.57 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
P.66 掲載の参考文献
8) 児玉逸雄ほか:不整脈薬物治療に関するガイドライン. Jpn Circ J 68 (supple IV):981-1053, 2004
P.71 掲載の参考文献
P.76 掲載の参考文献
5) Wachtell K, et al:Cardiovascular morbidity and mortality in hypertensive patients with a history of atrial fibrillation. The Losartan Intervention for End Point Reduction in Hypertension (LIFE) Study. Am J Coll Cardiol 45:705-711, 2005
6) European Heart Rhythm Association;Heart Rhythm Society;Fuster V, et al:American College of Cardiology, American Heart Association Task Force on Practice Guidelines;European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines;Writing Committee to Revise the 2001 Guidelines for the Management of Patients With Atrial Fibrillation. ACC/AHA/ESC 2006 guidelines for the management of patients with atrial fibrillation-executive summary:a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines and the European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines (Writing Committee to Revise the 2001 Guidelines for the Management of Patients With Atrial Fibrillation). J Am Coll Cardiol 48:854-906, 2006
P.80 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
P.87 掲載の参考文献
P.91 掲載の参考文献
P.96 掲載の参考文献
P.100 掲載の参考文献
10) 長尾哲彦, 藤島正敏:降圧薬の脳循環への影響. 日本臨牀 58(増刊号, 高血圧, 下巻):237-240, 2000
P.104 掲載の参考文献
P.108 掲載の参考文献
P.111 掲載の参考文献
P.114 掲載の参考文献
1) 消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍). 内科学第八版. 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦編, 朝倉書店, 東京, 2003, pp. 961-966
2) 科学的根拠に基づく胃潰瘍診療ガイドラインの策定に関する研究班編:EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン, じほう, 2003
P.117 掲載の参考文献
1) 日本肝臓学会:NASH・NAFLDの診療ガイド, 文光堂, 東京, 2006
2) 大西三朗ほか:非アルコール性脂肪肝炎(NASH) の診断と治療. 日本内科学会雑誌 95:1876-1880, 2006
3) 横浜吏郎ほか:アンジオテンシンII受容体拮抗薬の臨床応用. 日本臨牀 64:1153-1156, 2006
P.122 掲載の参考文献
2) 沼部敦司:高齢者高血圧の治療上の注意点 腎障害. 松岡博昭編 高齢者高血圧, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2007, pp64-69
4) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会:高血圧治療ガイドライン2004, 日本高血圧学会, 東京, 2004, p43
5) Zoccali C:Hypertension. Ed by Daugirdas JT, Blake PG, Ing TS, Handbook of Dialysis(4th edition) , Lippincott Williams & Wilkins, a Wolters Kluwer buisiness, Philadelphia, 2007, pp508-521
P.125 掲載の参考文献
1) 中井 滋ほか:わが国の慢性透析療法の現況(2005年12月31日現在). 日本透析医学会雑誌 40:1-30, 2007
4) 沼部敦司ほか:慢性高血圧患者の1日血圧モニタリング. Annual Review腎臓1998, 中外医学社, 東京, 1998, pp123-126
P.128 掲載の参考文献
P.131 掲載の参考文献
1) 家入蒼生夫ほか:疾患の診断治療のために最小限必要な検査. 甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症. 検査と技術(増刊号) 31:1075-1079, 2003
2) 甲状腺疾患診断ガイドライン(第7次案), 日本甲状腺学会, http://thyroid.umin.ac.jp
P.134 掲載の参考文献
P.137 掲載の参考文献
P.142 掲載の参考文献
1) Shimamoto K, Miura T:Treatment for hypertension with diabetes mellitus. Nippon Rinsho 64:2097-2101, 2006
2) Ikewaki K, Tohyama J:Dyslipidemia in metabolic syndrome. Nippon Rinsho 62:1099-1103, 2004
4) Sacks FM, et al:The effect of pravastatin on coronary events after myocardial infarction in patients with average cholesterol levels. Cholesterol and Recurrent Events Trial investigators. N Engl J Med 335:1001-1009, 1996
P.145 掲載の参考文献
1) メタボリックシンドローム診断基準検討委員会:メタボリックシンドロームの定義と診断基準. 日本内科学会雑誌 94:794-809, 2005
3) 山田信博:メタボリックシンドロームの病態. 治療学 39:565-569, 2005
P.149 掲載の参考文献
1) Tokunaga K, et al:Ideal body weight estimated from the body mass index with the lowest morbidity. Int J Obes 1:1-5, 1991
2) 日本肥満学会肥満症診断基準検討委員会:新しい肥満の判定と肥満症の診断基準. 肥満研究 6:1-9, 2000
3) 日本肥満学会編:肥満・肥満症の指導マニュアル(第2版), 医歯薬出版, 東京, 2001, pp1-11
4) 日本肥満学会肥満症診断基準検討委員会:新しい肥満の判定と肥満症の診断基準. 肥満研究 6:19-28, 2000
6) Krieger DR, et al:Neuroendocrine mechanisms in obesty-related hypertension. Perspective in Hypertension 2:Endocrine mechanisms in Hypertension. Raven Press, New York, 1989, pp105-128
P.154 掲載の参考文献
2) 藤森 新:メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症とその管理. 日本臨牀 64 増刊 メタボリックシンドローム:438-444, 2006
3) 日本痛風・核酸代謝学会:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン (http://www.tukaku.jp)
P.156 掲載の参考文献
2) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会:高血圧治療ガイドライン2004, 日本高血圧学会, 東京, 2004
P.160 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
P.166 掲載の参考文献
1) 松岡秀洋ほか:二次性高血圧症 臨床 多血症. 日本臨牀 58 増刊高血圧 (下):586-591, 2000
P.169 掲載の参考文献
P.173 掲載の参考文献
P.175 掲載の参考文献
1) Ballenger, JC:Panic disorder and agoraphobia. In Gelder MG, Lopez-Ibor JJ, Andreasen N(eds):New Oxford Textbook of Psychiatry. Oxford, Oxford University Press, 2000, pp807-822
2) 宗像正徳:成因・背景因子を考慮した高血圧管理の実際 高血圧の成因としての精神心理要因の重要性はどこまでわかったか? Medical Practice 21:237-239, 2004
P.180 掲載の参考文献
P.183 掲載の参考文献
P.189 掲載の参考文献
P.193 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン2004, ライフサイエンス出版, 東京, 2004
2) 伊藤佳依ほか:高血圧患者が来院したら. 歯科展望 107:1262-1269, 2006
3) スティーブンT. ソニスほか:高血圧症(島原政司ほか監訳), 口腔内科学シークレット, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2004, pp 12-22

最近チェックした商品履歴

Loading...