糖尿病関連注射薬の新展開 インスリン・GPL-1・グルカゴン

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2007-11-10
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784939048456
電子書籍版: 2007-11-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

3,456 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

商品紹介

本書の編集方針としては、インスリン治療の適応と醍醐味を今日のコンセンサスに基づき、実際の症例を提示しながらまとめることとした。また、インスリン治療とはもはや不可分の関係にある血糖自己測定や、厳格な血糖管理の際には回避しにくい低血糖のメカニズムとその対策としてのグルカゴン注射にも言及した。さらに、まもなくの上市が期待されている吸入インスリンやGLP-1関連注射製剤に関する2007年9月時点での最新情報も盛り込んでいる。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • I インスリン注射とGLP-1製剤 ―糖尿病の薬物治療におけるポジショニング―
  • II インスリン製剤の進歩と応用
  • 1. 糖尿病の病態とインスリン治療
  • A. 1型糖尿病
  • B. 2型糖尿病
  • 2. インスリン製剤の臨床薬理とその適応
  • A. 超速効型・速効型
  • B. 混合型 (アナログ製剤含む)
  • C. 中間型持効型
  • 3. インスリン注射デバイスの特徴と注意点
  • 4. インスリン処方の実際 (症例を中心に)
  • A. 1型糖尿病
  • B. 2型糖尿病
  • 1) SU薬二次無効例
  • 2) 糖毒性を呈した例
  • 3) 肥満合併例
  • 4) 経口薬との併用療法切り替え
  • αグルコシダーゼ阻害薬
  • ビグアナイド薬・チアゾリジン誘導体
  • インスリン分泌促進薬
  • 5. シックデイ・ケトアシドーシスの治療
  • 6. インスリン治療と血糖自己測定 (SMBG)
  • 7. 注射指導のポイント
  • 8. 吸入インスリン
  • III GLP-1に期待するもの
  • 1. リラグルチド liraglutide
  • 2. エキセナチド exenatide
  • IV グルカゴンと低血糖対策
  • 資料:インスリン製剤・グルカゴン製剤一覧
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I インスリン注射とGLP-1製剤 ―糖尿病の薬物治療におけるポジショニング―

P.15 掲載の参考文献
1) U.K.Prospective Diabetes Study Group:UKPDS 16. Overview of 6 Years' therapy of type 2 diabetes:a progressive disease. Diabetes 44:1249-1258, 1995
3) 難波光義ほか:インクレチンとメタボリックシンドローム-GLP-1関連薬剤を用いる糖尿病の新たな予防と治療策. 日本消化器病学会雑誌 102:1398-1404, 2005

II インスリン製剤の進歩と応用

P.20 掲載の参考文献
P.27 掲載の参考文献
2) Marshall S et al:Discovery of a metabolic pathway mediating glucose-induced desensitization of the glucose transport system. Role of hexosamine biosynthesis in the induction of insulin resistance. J Biol Chem 266:4706-4712, 1991
4) Laedtke T et al:Overnight inhibition of insulin secretion restores pulsatility and proinsulin/insulin ratio in type 2 diabetes. Am J Physiol Endocrinol Metab 279:E520-528, 2000
7) Vague P, Moulin JP:The defective glucose sensitivity of the β-cell in non insulin dependent diabetes:improvement after twenty hours of normoglycemia. Metabolism 31:139-142, 1982
8) Kloppel G et al:Islet pathology and the pathogenesis of type 1 and type 2 diabetes mellitus revisited. Surv Synth Pathol Res 4:110-125, 1985
P.31 掲載の参考文献
P.35 掲載の参考文献
P.40 掲載の参考文献
2) Pieber TR et al:Efficacy and safety of HOE 901 vesrus NPH insulin in patients with type 1 diabetes. The European Study Group of HOE 901 in type 1 diabetes. Diabetes Care 23:157-162, 2000
4) Yki-Jarvinen H et al:Less nocturnal hypoglycemia and better post-dinner glucose control with bedtime insulin glargine compared with bedtime NPH insulin during insulin combination therapy in type 2 diabetes. HOE 901/3002 Study Group. Diabetes Care 23:1130-1136, 2000
5) Dreyer M et al:Comparison of the pharmacokinetics/dynamics of Gly (A21)-Arg(B31, B32)-human insulin with NPH-insulin following subcutaneous injection by using euglycemic clamp technique. Diabetologia 37:A78(abstract), 1994
P.47 掲載の参考文献
1) 朝倉俊成ほか:インスリン自己注射導入指導における注入器の種類と指導所要時間との関係. Prog Med 23:3381-3385, 2003
2) 朝倉俊成, 清野弘明:2種のインスリンカートリッジ注入器(ヒューマペンラグジュラとノボペン300) の糖尿病患者を対象とした使用性評価と基礎試験による比較. 医療薬学 31(12):993-1003, 2005
3) Asakura T et al:A Comparison of the Usability of Two Types of Disposable Pen (FlexPen Versus Humalog Kit)Containing Rapid-Acting Insulin Analogs. Diabetes 52(suppl 1):A102, 2003
4) 朝倉俊成ほか:高齢者にやさしいインスリン注射器を考える-イノレット使用感調査報告-. 薬事新報 2117:941-948, 2001
5) Asakura T et al:Auditory and Sensory Confirmation of Correct Insulin Dose Is Better with FlexPen and NovoPen3 Compared with Other Insulin Delivery Devices. Diabetes 53(suppl 2):A465, 2004
6) 朝倉俊成, 清野弘明:各種ペン型インスリン注入器の注入時クリック音の音量と注入終了確認に関する一考察. 先進インスリン療法研究会誌 2:1-4, 2005
8) 朝倉俊成ほか:インスリン注入器の単位測定ダイヤルの回転トルクと患者の使用性についての一考察. 糖尿病 50(suppl 1):s-172, 2007
9) 朝倉俊成ほか:インスリン・プレフィルド製剤を用いたマイクロテーパー針(TN-3305)の基礎的研究. 医療薬学 30:368-376, 2004
10) 朝倉俊成ほか:市販のインスリン注入器と専用注射針を用いた注入抵抗の比較と患者への手技指導上の留意点. 医療薬学 32(8):723-728, 2006
11) 朝倉俊成ほか:インスリン注入器の注入ボタン変位と患者の使用性. プラクティス 21(6):740-744, 2004
12) Asakura T:Comparison of the dosing accuracy of two insulin injection devices. Journal of Clinical Research 8:33-40, 2005
P.55 掲載の参考文献
1) The Diabetes Control and Complications Trial(DCCT)Research Group:The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression on long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 329:977-986, 1993
3) 小林 正編:第6章インスリン注射の実際A強化インスリン療法, インスリン療法マニュアル, 第3版, 東京, 文光堂, 2005, pp38-58
4) 小林 正編:第7章持続皮下インスリン注入法(CSII), インスリン療法マニュアル, 第3版, 東京, 文光堂, 2005, pp70-79
6) 日本糖尿病学会編:8薬物治療Dインスリン処方の実際, 糖尿病専門医研修ガイドブック, 第3版, 東京, 診断と治療社, 2006, pp122-123
P.59 掲載の参考文献
1) Giorgio S et al:The Arg972 variant in insulin receptor substrate-1 is associated with an increased risk of secondary failure to sulfonylurea in patients with type 2 diabetes. Diabetes Care 27:1394-1398, 2004
2) Giorgio S et al:The E23K variant of KCNJ11 encoding the pancreatic beta cell adenosine 5'-triphosphate-sensitive potassium channel subunit Kir6.2 is associated with an increased risk of secondary failure to sulfonylurea in patients with type 2 diabetes. JCEM 91:2334-2339, 2006
4) 菅田有紀子ほか:2型糖尿病のインスリン療法におけるインスリン離脱可否の予測因子に関する検討. 糖尿病 47:271-275, 2004
P.64 掲載の参考文献
1) 前川 聡:ブドウ糖毒性とインスリン抵抗性. 最新医学 57:1827-1833, 2002
2) 日本糖尿病学会:薬物療法. 糖尿病治療ガイド2006-2007, 岩本安彦ほか, 東京, 文光堂, 2006, pp41-57
5) 松岡健平:2型:インスリン2回注射/開始. Staged Diabetes Management (日本語版2004), 松岡健平ほか, 東京, SDM研究会, 2004, p51
P.69 掲載の参考文献
P.74 掲載の参考文献
1) Guvener N, Gedik O:Effect of combination of insulin and acarbose compared with insulin and gliclazide in type 2 diabetic patients. Acta Diabetol 36:93-97, 1999
2) 渡辺伸明ほか:インスリン治療NIDDMに対するα-グルコシダーゼ阻害剤の併用効果. 糖尿病 39:679-685, 1996
5) 神田勤ほか:経口血糖降下剤二次無効・非肥満NIDDMにおける毎食前速効型インスリン注射療法とα-グルコシダーゼ阻害剤の併用効果. 糖尿病 39:183-190, 1996
P.78 掲載の参考文献
1) Aviles-Santa L et al:Effects of metformin in patients with poorly controlled, insulin-treated type 2 diabetes mellitus. A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Ann Intem Med 131(3):182-188, 1999
2) Yki-Jarvinen H et al:Comparison of bedtime insulin regimens in patients with type 2 diabetes mellitus. A randomized, controlled trial. Ann Intem Med 130(5):389-396, 1999
6) Rosenstock J et al:Efficacy and safety of pioglitazone in type 2 diabetes:a randomised, placebo-controlled study in patients receiving stable insulin therapy. Int J Clin Pract 56(4):251-257, 2002
P.82 掲載の参考文献
1) 沖田考平ほか:2型糖尿病におけるInsulin Glargine・Nateglinide併用療法の有効性に関する検討. 糖尿病 48(Supplement 2):S-255, 2005
2) 酒井武則ほか:2型糖尿病におけるナテグリニドとグラルギン併用療法の有用性の検討. 糖尿病 48 (Supplement 2):S-255, 2005
4) 小野吹美ほか:2型糖尿病のコントロール不良例に対するグラルギン1回注射+ミチグリニド3回内服療法の検討. 第6回先進インスリン療法研究会Program & Abstracts:10, 2006
P.86 掲載の参考文献
1) 荒木栄一ほか:糖尿病-診断から自己管理まで-緊急時の対応2. シックデイ. 日本内科学会雑誌 89:104-107, 2000
2) 島田 朗:「シックデイ」時のインスリン治療のコツ. 診断と治療 93:764-767, 2005
4) Kitabchi AE et al:American Diabetes Association:Hyperglycemic crises in diabetes. Diabetes Care 27(Suppl 1):S94-102, 2004
5) Trachtenbarg DE:Diabetic ketoacidosis. Am Fam Physician 71:1705-1714, 2005
6) 磯谷治彦ほか:糖尿病ケトアシドーシス. 糖尿病最新の治療2004-2006, 河盛隆造ほか編, 南江堂, 東京, 2004, pp146-150
7) 松谷 朗:糖尿病-診断から自己管理まで-緊急時の対応 1. 急性合併症. 日本内科学会雑誌 89:99-103, 2000
8) 山下滋雄:高血糖緊急時のインスリン治療のコツ. 診断と治療 93:757-763, 2005
P.91 掲載の参考文献
1) 佐藤利彦ほか:SMBG-1型糖尿病患者の管理面における活用. 難波光義, 矢澤幸生編集 糖尿病カレントライブラリー(6) 糖尿病の薬物療法, 文光堂, 東京, 2006, pp104-109
3) 富永真琴ほか:血糖自己測定機器の機種間差に関する共同実験2002について(糖尿病関連検査の標準化に関する委員会報告). 糖尿病 46:889-897, 2003
P.97 掲載の参考文献
1) 朝倉俊成:インスリン療養指導と注入器選択の最適化に向けて~患者さんにやさしいインスリン注射器の選択~プラクティス 23(3):341-346, 2006
2) 清水正子ほか:外来インスリン導入の教育システムの考案-患者のニーズに沿った視点から-. 日本看護学会誌 13(1):17-27, 2003
P.101 掲載の参考文献
4) Rosenstock J et al:Inhaled human insulin (Exubera(R))therapy shows sustained efficacy and is well tolerated over a 2-year period in patients with Type 2 diabetes. Diabetes 55(suppl 1):A26, 2006
6) Becker RH et al:The effect of smoking cessation and subsequent resumption on absorption of inhaled insulin(Exubera). Diabetologia 46(suppl 2):A278, 2003

III GLP-1に期待するもの

P.108 掲載の参考文献
8) Bregenholt S et al:The long-acting glucagon-like peptide-1 analogue, liraglutide, inhibits β-cell apoptosis in vitro. Biochem Biophys Res Commun 330:577-584, 2005
9) Rolin B et al:The long acting GLP-1 derivative NN2211 ameliorates glycemia and increases β-cell mass in diabetic mice. Am J Physiol Endocrinol Metab 283:E745-E752, 2002
10) Friedrichsen BN et al:Stimulation of pancreatic β-cell replication by incretins involves transcriptional induction of cyclin D1 via multiple signaling pathways. J Endocrinol 188:481-492, 2006
15) Chang AM et al:The GLP-1 derivative NN2211 restores β-cell sensitibity to glucose in type 2 diabetic patients after a single dose. Diabetes 52:1786-1791, 2003
16) Degn KB et al:One week's treatment with the long-acting glucagon-like peptide 1 derivative liraglutide (NN2211)markedly improves 24-h glycemia and α-and β-cell function and reduces endogenous glucose release in patients with type 2 diabetes. Diabetes 53:1187-1194, 2004
P.113 掲載の参考文献

IV グルカゴンと低血糖対策

P.120 掲載の参考文献
1) Kimball CP et al:Aqueous extracts of pancreas. III Some precipitation reactions of insulin. J Biol Chem 58:337-346, 1924
4) 篠村恭久ほか:上部消化管X線検査の前処置における遺伝子組み換え法によるグルカゴン(GL-G)の臨床効果と安全性-膵グルカゴンを対照とした多施設二重盲検比較試験-. ホルモンと臨床 38:1165-1174, 1990
5) 難波光義ほか:バイオ医薬品-ヒトとクスリの新たな関係-グルカゴン. 薬局 48:751-756, 1997
6) Gerich JE:Hypoglycemia. Endocrinology, Degroot LJ, Jameson JL, editors, 4th ed, Philadelphia, WB Saunders, 2001, pp921-940
7) Glaser B et al:Hypoglycemia. Joslin's Diabetes Mellitus, Kahn CR, Weir GC, King GL, Jacobson AM, Moses AC, Smith RJ, editors, 14th ed, Philadelphia, Lippincott Williams & Wilkins, 2005, pp1147-1175
9) 日本糖尿病学会編:低血糖およびシックデイ. 糖尿病治療ガイド2006-2007, 日本糖尿病学会編, 東京, 文光堂, 2006, pp58-61
10) 日本糖尿病学会編:低血糖. 糖尿病専門医研修ガイドブック, 糖尿病学会編, 改訂第3版, 東京, 診断と治療社, 2006, pp189-191
12) 日本糖尿病学会編:副作用とその対策. 糖尿病専門医研修ガイドブック, 糖尿病学会編, 改訂第3版, 東京, 診断と治療社, 2006, pp130-136
13) 山田研太郎:低血糖に随伴する自律神経障害. PRACTICE 17:260-264, 2000

最近チェックした商品履歴

Loading...