小児抗菌薬マニュアル

出版社: 日本医学館
著者:
発行日: 2008-03-30
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784890446544
電子書籍版: 2008-03-30 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

3,240 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,620 円(税込)

小児感染症総論、抗菌薬各論など、小児の感染症治療について臨床医が知っておかなければならない重要事項を数多く記載し、基本から実践まで幅広く網羅。抗菌薬一覧を付す。

目次

  • 表紙
  • 推薦の言葉
  • 推薦の言葉
  • はじめに
  • 目次
  • [1] 小児感染症総論
  • [1] 1 感染症診療の基本概念
  • [1] 2 抗菌薬投与, その前に
  • [1] 3 抗菌薬開始前にするべきこと
  • [1] 4 血液培養
  • [1] 5 抗菌薬の選択
  • [1] 6 抗菌薬をつくる (希釈) ・投与する (IV or DIV)
  • [1] 7 抗菌薬の代謝・排泄
  • [1] 8 抗菌薬併用療法
  • [1] 9 抗菌薬を評価する
  • [1] 10 薬剤耐性菌を増やさないために
  • [1] 11 抗菌薬の適正使用
  • [1] 12 妊娠・授乳中時の抗菌薬
  • [1] 13 小児への経口抗菌薬留意点
  • SUPPLEMENT 太っている子の投与量
  • SUPPLEMENT 手洗いで呼吸器感染症を予防!
  • [2] 抗菌薬各論
  • [2] 1 抗菌薬の分類
  • [2] 2 ペニシリン系 / 古典的ペニシリン
  • [2] 3 広域ペニシリン (アミノペニシリン)
  • [2] 4 抗耐性ブドウ球菌ペニシリン
  • [2] 5 抗緑膿菌用ペニシリン
  • [2] 6 β - ラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン
  • [2] 7 第1世代セフェム系薬 (セファゾリン)
  • [2] 8 第2世代セフェム系薬セファマイシン系 : セフメタゾール
  • [2] 9 第2世代セフェム系薬・その他 (セフォチアム)
  • [2] 10 第3世代セフェム系薬 : 抗緑膿菌活性なし (セフォタキシム, セフトリアキソン)
  • [2] 11 第3世代セブェム系薬 : 抗緑膿菌活性あり : セフタジジム, スルバクタム・セフォペラゾン
  • [2] 12 第3世代セフェム系薬 : 抗緑膿菌活性のみ (セフスロジン)
  • [2] 13 オキサセフェム系薬 (ラタモキセフ, フロモキセフ)
  • [2] 14 第4世代セフェム系薬 (セフピロム, セフェピム, セフォゾプラン)
  • [2] 15 内服ペニシリン系薬
  • [2] 16 内服セフェム系薬
  • [2] 17 カルバベネム系薬 (イミペネム, メロペネム, パニベネム)
  • [2] 18 モノバクタム系 (アズトレオナム)
  • [2] 19 マクロライド系 (エリスロマイシン)
  • [2] 20 リンコマイシン系 (クリンダマイシン)
  • [2] 21 アミノグリコシド系薬 (ゲンタマイシン, トブラマイシン, アミカシン, アルベカシン)
  • [2] 22 グリコペプチド系薬 (バンコマイシン, テイコプラニン)
  • [2] 23 ホスホマイシン系薬 (ホスミシンなど)
  • [2] 24 クロラムフェニコール系薬
  • [2] 25 キノロン系 (シプロフロキサシン)
  • [2] 26 スルファメトキサゾール・トリメトプリム (ST合剤)
  • [2] 27 リファンピン
  • [2] 28 リネゾリド
  • [2] 29 抗真菌剤の分類
  • [2] 30 AMPH-B (アムホテリシンB), L-AMB
  • [2] 31 5-FC (フルシトシン)
  • SUPPLEMENT 髄膜炎の起炎菌
  • [2] 32 MCZ (ミコナゾール) 局所投与
  • [2] 33 FLCZ (フルコナゾール), F-FLCZ
  • [2] 34 VRCZ (ボリコナゾール)
  • [2] 35 ITCZ (イトラコナゾール)
  • [2] 36 MCFG (ミカファンギン)
  • [2] 37 γ-グロブリン
  • [3] 臨床感染症各論
  • [3] 1 Sepsis (敗血症)
  • [3] 2 化膿性髄膜炎
  • SUPPLEMENT De-escalationとは
  • [3] 3 脳腫瘍
  • [3] 4 市中肺炎
  • [3] 5 院内肺炎
  • SUPPLEMENT 薬剤熱
  • [3] 6 膿胸
  • [3] 7 胆嚢炎・胆管炎
  • [3] 8 腹膜炎 (二次性)
  • [3] 9 PD関連腹膜炎
  • [3] 10 抗菌薬関連下痢症 (クロストリジウム・ディフィシル下痢症を含む)
  • [3] 11 急性腎盂腎炎
  • [3] 12 尿道カテーテル感染
  • [3] 13 蜂巣炎
  • [3] 14 骨膜炎・関節炎
  • [3] 15 心内膜炎
  • [3] 16 CVライン感染
  • SUPPLEMENT 小児の水分量
  • SUPPLEMENT 常在細菌と共存共栄
  • [4] 臨床微生物各論
  • [4] 1 Staphylococcus aureus (黄色ブドウ球菌)
  • [4] 2 Staphylococcus epidermidis (表皮ブドウ球菌)
  • [4] 3 Streptococcus pneumoniae (肺炎球菌)
  • [4] 4 Streptococcus pyogenes (A群β溶連菌)
  • [4] 5 Streptococcus agalactiae (B群溶連菌 : GBS)
  • SUPPLEMENT 風邪に抗菌薬
  • [4] 6 Enterococcus faecalis
  • [4] 7 Enterococcus faecium
  • [4] 8 Moraxella catarrhalis (モラキセラ・カタラリス)
  • [4] 9 Haemophilus influenzae (インフルエンザ菌)
  • [4] 10 Escherichia coli (大腸菌)
  • [4] 11 Klebsiella oxytoca
  • [4] 12 Klebsiella pneumoniae (肺炎桿菌)
  • [4] 13 Enterobacter cloacae
  • [4] 14 Acinetobacter baumannii
  • [4] 15 Pseudomonas aeruginosa (緑膿菌)
  • [4] 16 Serratia marcescens (セラチア)
  • SUPPLEMENT 看護師のするどい視点
  • SUPPLEMENT 細菌検査室をもっと活用しよう
  • [5] 抗菌薬一覧
  • [5] 1 抗菌薬一覧
  • ペニシリン系 / 古典的ペニシリン
  • 広域ペニシリン (アミノペニシリン)
  • 抗耐性ブドウ球菌ペニシリン
  • 抗緑膿菌用ぺニシリン
  • β-ラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン
  • 第1世代セフェム系薬 (セファゾリン)
  • 第2世代セフェム系薬セファマイシン系 : セフメタゾール
  • 第2世代セフェム系薬・その他 (セフォチアム)
  • 第3世代セフェム系薬 : 抗緑膿菌活性なし (セフォタキシム, セフトリアキソン)
  • 第3世代セフェム系薬 : 抗緑膿菌活性あり : セフタジジム, スルバクタム・セフォペラゾン
  • 第3世代セフェム系薬:抗緑膿菌活性のみ (セフスロジン)
  • オキサセフェム系薬 (ラタモキセフ, フロモキセフ)
  • 第4世代セフェム系薬 (セフピロム, セフェビム, セフォゾプラン)
  • カルバペネム系薬 (イミペネム, メロペネム, パニペネム)
  • モノバクタム系 (アズトレオナム)
  • マクロライド系 (エリスロマイシン)
  • リンコマイシン系 (クリンダマイシン)
  • アミノグリコシド系薬 (ゲンタマイシン, トブラマイシン, アミカシン, アルベカシン)
  • グリコペプチド系薬 (バンコマイシン, テイコプラニン)
  • ホスホマイシン系薬 (ホスミシンなど)
  • クロラムフェニコール系薬
  • キノロン系 (シプロフロキサシン)
  • スルファメトキサゾール・トリメトプリム (ST合剤)
  • リファンビン
  • リネゾリド
  • 内服ペニシリン系薬
  • 内服セフェム系薬
  • [5] 2 アミノグリゴシド系薬一覧 (腎障害時投与法)
  • GM, TOB, AMK, ABK
  • [5] 3 抗真菌剤一覧
  • AMPH-B (アムホテリシンB), L-AMB
  • 5-FC (フルシトシン)
  • MCZ (ミコナゾール) 局所投与
  • FLCZ (フルコナゾール), F-FLCZ
  • VRCZ (ボリコナゾール)
  • ITCZ (イトラコナゾール)
  • MCFG (ミカファンギン)
  • γ-グロブリン
  • SUPPLEMENT 発熱 = 感染症?
  • SUPPLEMENT ローカルデータの重要性
  • Appendix
  • 1. 抗菌薬の希釈, 注射速度
  • 2. VCM使用制限
  • 3. Sepsis shockの全身管理
  • 4. 髄膜炎初期治療フローチャート
  • 5. 菌種別薬剤感受性率 (%) 病院全体 (平成16年度)
  • 6. 菌種別薬剤感受性率 (%) 病院全体 (平成17年度)
  • 7. 小児感染症 [まとめ1] 潜伏期間と感染期間
  • 8. 小児感染症 [まとめ2] 個室隔離期間
  • 9. 感染症曝露後の二次感染予防法
  • 10. 薬の色と味
  • 参考文献
  • 索引(和文索引, 欧文索引)
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[1] 小児感染症総論

P.4 掲載の参考文献
Reese and Betts' a partical approach to infections disease. Table 27A, p970.
P.23 掲載の参考文献
戸塚恭一: Teicoplanin の臨床例における血中濃度の検討. 日本化学療法学会雑誌 1993, 41 (Suppl. 2):110-114.

[3] 臨床感染症各論

P.178 掲載の参考文献
森川嘉郎:細菌性髄膜炎. 綜合臨牀 第56巻増刊号, p917-923. 2007年
P.203 掲載の参考文献
比較的下痢を起こしにくい抗菌薬: アミノグリコシド, バンコマイシン, メトロニダ ゾール, ドキシサイクリン
P.214 掲載の参考文献
Circulation Journal vol. 67 Suppl IV 2003 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2001~2002年度合同研究班報告)

[4] 臨床微生物各論

P.235 掲載の参考文献
長谷川恵子・他: 感染症誌 78:835-845, 2004.

Appendix

P.282 掲載の参考文献
オーストラリア治療ガイドライン委員会:抗生物質治療ガイドライン. 医薬ビジランスセンター
P.283 掲載の参考文献
佐竹幸子, 源河いくみ:バンコマイシン耐性菌の伝播防止のためのCDCガイドライン. インフェクションコントロール別冊. メディカ出版, 1997, p18
P.284 掲載の参考文献
Dellinger Rp et al.:Criit Care Med 2004, 32(3):858-873, 一部改変
P.289 掲載の参考文献
Red book 2000, 25th Edition 編集米国小児科学会:小児感染症マニュアル 日本小児感染症学会編・東京医学社
P.290 掲載の参考文献
長野県立こども病院:感染対策マニュアルより

参考文献

P.293 掲載の参考文献
>Rennie J M. (竹内徹他・監訳): ロバートン新生児集中治療マニュアル. 改訂第2版, メディカ出版, 2003.
>Reese and Betts': A Practical Approach To Infectious Disease. Important Questions to Answer Routinely Before Selecting an Antibiotics. Lippincott Williams & Wilkins, 2002.
>http://www. cdc. gov/drugresistance/healthcare/children/12steps-children. htm
>抗生物質治療ガイドライン: オーストラリア治療ガイドライン委員会. 医薬ビジランスセンター, 2002.
>日本化学療法学会, 日本感染症学会・編: 抗菌薬使用の手引き, 2001.
>紺野昌俊: 抗菌薬療法の考え方. (第1, 2, 3巻), 株式会社ミット, 2003.
>Burke A: Antibiotic essentials 2005. Physicians's press, 2006.
>John G Barlett: THE ABX Guide. Thomson PDR, 2005.
>John G Bartlett: 2004 Pocket Book of Infectious Disease Therapy. lippincott willams & willkins, 2004.
>佐竹幸子, 源河いくみ: バンコマイシン耐性菌の伝播防止のためのCDCガイドライン. インフェクションコントロール別冊. メディカ出版, 1997, p18
>大野博司: 感染症入門レクチャーノーツ. 医学書院, 2006.
>米国内科学会(岡田正人・訳): アレルギー診療ガイド. 2000.
>PCCM6 (1), 2005.
>Phillip Dellinger R: Surviving Sepsis Campaign guidelines for management of severe sepsis and septic shock. Crit Care Med 32(3), 2004.
>森川嘉郎: 抗菌薬療法の急所 <敗血症, 細菌性髄膜炎>, 小児内科 36(2):225-230, 2005.
>Circulation Journal 67(Suppl IV), 2003 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2001-2002年度合同研究班報告)
>小児PD研究会: 小児PD治療マニュアル. http://www. linkclub. or. jp/~pedpdjpn/PDMan100. pdf
>中村功: 臨床細菌学ガイド. 永井書店, 2003.
>R-BOOK 2003. (日本版).
>日本小児感染症学会・編: 小児感染症マニュアル. 東京医学社, 2003.
>青木眞: レジデントのための感染症診療マニュアル. 医学書院, 2000.
>五味田裕, 荒木博陽: プロブレムリスト活用による小児の服薬指導. 医歯薬出版, 2006.
>木下博子: 服薬コンプライアンスを上げるためのくふう. 小児科診療 66(5):771-777, 2003.
>戸塚恭一: Teicoplaninの臨床例における血中濃度の検討. 日本化学療法学会雑誌 1993, 41(Suppl. 2)110-114.
>PK/PDによる抗菌薬の適正使用. 月刊薬事 46(12):2127-2177, 2004. 11
>PK/PD理論を考慮したTDMと抗菌薬の投与法-基礎と臨床-. 化学療法の領域 20(12):1791-1865, 2004.
>小野寺昭一, 生方公子・監修: 基礎から理解するPK/PD. 協和企画, 2005, p43.
>各社添付文書
>各社インタビューフォーム
>松田静治・編: 妊婦と薬物治療の考え方. ヴァンメディカル, 2004.
>菅原和信, 豊口禎子: 薬剤の母乳への移行. 南山堂, 1999.

最近チェックした商品履歴

Loading...