フィブラート Update ―幅広い使い方と新たなエビデンス―

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2008-12-01
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784862700216
電子書籍版: 2008-12-01 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,700 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,350 円(税込)

商品紹介

歴史的には最も古い脂質代謝改善薬のひとつでありながら、正確な情報に乏しかったフィブラート。脂質代謝、動脈硬化に造詣の深い医療関係者が、自身の使用経験や文献的考察を交えてフィブラートの最新の情報を紹介する。

目次

  • 表紙
  • 巻頭言
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • ◆ 第1章 : フィブラートの幅広い使い方
  • 1. フィブラート系薬剤使用の臨床的意義
  • 2. 何故, 高TG血症治療にはフィブラートなのか?
  • 3. トリグリセライドはどこまで治療すべきか, 中性脂肪管理の重要性
  • 4. 2型糖尿病における脂質異常とフィブラート
  • 5. メタボリックシンドロームにおける脂質代謝異常とフィブラート
  • 6. 新しい脂質異常症の治療法―エゼチミブとの併用療法
  • 7. 相互作用, 安全性から見たフィブラート療法
  • 8. 臨床検査値から読むフィブラートの使い方
  • ◆ 第2章 : フィブラートの新たなエビデンス
  • 1. PPARα作動薬としてのフィブラートの種類
  • 2. フィブラートの大規模臨床試験の歴史
  • 3. 糖尿病網膜症の治療薬
  • 4. エビデンスが示したフィブラートの低HDLコレステロール血症改善による冠動脈疾患発症予防効果
  • 5. フィブラートとスタチン併用のエビデンス
  • ◆ Topics : PPARα―最近の知見―
  • 1. PPARsの機能と研究の歴史
  • 2. PPARαの分布が多い臓器
  • 3. PPARα作動薬の多様な作用
  • 4. PPARαの臓器障害抑制の可能性
  • 5. 尿酸低下作用を有するフィブラート
  • 6. フィブラートの睡眠リズム改善作用
  • ◆ 特別対談
  • 「これからの糖尿病治療のあり方とフィブラートに期待する役割」
  • 終わりにかえて
  • 執筆者プロフィール
  • 索引
  • 資料
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

◆ 第1章 : フィブラートの幅広い使い方

P.12 掲載の参考文献
P.16 掲載の参考文献
1) メタボリックシンドローム診断基準検討委員会. メタボリックシンドロームの定義と診断基準 日本内科学会雑誌 2005; 94: 794-809.
2) Lamarche B et al. A prospective, population-based study of low density lipoprotein particle size as a risk factor for ischemic heart disease in men. Can J Cardiol 2001;17:859-865.
P.21 掲載の参考文献
2) Saito M, Eto M. Accelerated nephropathy in type 2 diabetic patient with type III hyperlipoproteinemia(apoE 2/2 genotype) and the detrimental effects of their remnant lipoproteins on human mesangial cells. Diabetologia(Suppl.1) 2007;50:31-32.
5) Saito M et al. Effectiveness and safety of rosuvastatin administration in type 2 diabetic patients with hypercholesterolemia. Jpn Pharmacol Ther 2007;35:1077-1083.
6) Saito M et al. Effectiveness and safety of ezetimibe monotherapy in hyperlipidemic patients-ezetimibe reduces plasma remnant cholesterol-. Jpn Pharmacol Ther 2008;36-411-416.
P.25 掲載の参考文献
1) 日本動脈硬化学会. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版.
2) Third Report of the National Cholesterol Education Program(NCEP) Expert Panel on Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Cholesterol in Adults(Adult Treatment Panel III) final report. Circulation 2002;106:3143-3421.
P.29 掲載の参考文献
P.33 掲載の参考文献
P.38 掲載の参考文献
1) Committee of Principal Investigators. A co-operative trial in the primary prevention of ischaemic heart disease using clofibrate. Report from the Committee of Principal Investigators. Br Heart J 1978;40:1069-1118.
4) 梶山梧朗ほか. GRS-001 (fenofibrate) のヒト胆汁脂質に与える影響について. Prog Med 1995; 15(Suppl 1) : 1037-1045.
P.43 掲載の参考文献

◆ 第2章 : フィブラートの新たなエビデンス

P.49 掲載の参考文献
P.54 掲載の参考文献
1) Heart Protection Study Collaborative Group. MRC/BHF Heart Protection Study of cholesterol lowering with simvastatin in 20, 536 high-risk individuals:a randomised placebo-controlled trial. Lancet 2002;360:7-22.
3) Rubins HB et al. Gemfibrozil for the secondary prevention of coronary heart disease in men with low levels of high-density lipoprotein cholesterol. Veterans Affairs High-Density Lipoprotein Cholesterol Intervention Trial Study Group. N Engl J Med 1999;341:410-418.
4) The BIP study group. Secondary prevention by raising HDL cholesterol and reducing triglycerides in patients with coronary artery disease:the Bezafibrate Infarction Prevention (BIP) study. Circulation 2000;102:21-27.
P.58 掲載の参考文献
P.63 掲載の参考文献
P.67 掲載の参考文献

◆ 特別対談

P.91 掲載の参考文献
1) JDCS 8年次中間報告
2) 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年度版: 15-18
3) 河盛隆造. 日本糖尿病学会ハーゲドーン賞受賞講演:"糖の流れ"における肝・糖取り込み率制御因子の解明. 糖尿病 2006; 49: 771-775.
7) Schoonjans K et al. Role of the peroxisome proliferator-activated receptor(PPARs) in mediating the effects of fibrates and fatty acid on gene expression. J Lipid Res 1996;37:907-925.
11) 山下 毅. フェノフィブラート. 日本臨牀 2001; 59 (増刊号3) : 618-624
13) 笠山宗正ほか. PPARαリガンドであるフェノフィブラートの血管におけるpleiotropic effect-抗炎症作用, 血管内皮細胞に及ぼす効果を踏まえて-.
14) The BIP study group. Secondary prevention by raising HDL cholesterol and reducing triglycerides in patients with coronary artery disease:the Bezafibrate Infarction Prevention(BIP) study. Circulation 2000;102:21-27.
15) Idzior-Walus B et al. Effects of comicronised fenofibrate on lipid and insulin sensitivity in patients with polymetabolic syndrome X. Eur J Clin Invest 2000;30:871-878.
16) 島袋充生. メタボリックシンドロームと脂肪毒性. 日本内科学会雑誌 2006; 95: 1721-1725.
18) Ferrara N. Role of vascular endothelial growth factor in regulation of physiological angiogenesis. Am J Physiol Cell Physiol 2001;280:C1358-1366.
21) Ryan KE et al. Role of vascular endothelial growth factor in regulation of physiological angiogenesis. Atherosclerosis 2007;194:e123-130.

最近チェックした商品履歴

Loading...