再生歯科のテクニックとサイエンス

出版社: クインテッセンス出版
著者:
発行日: 2005-11-10
分野: 歯科学  >  臨床歯科学
ISBN: 4874178812
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

14,300 円(税込)

商品紹介

歯周組織の再生治療は、臨床応用されて25年以上の歳月が流れ、驚異的なスピードで発達している。本書においては、(1)「歯周組織・再生」「審美・再生」「インプラント・再生」の3部構成、(2)「細胞」「足場」「増殖因子」を基盤としたコンセプトの確立、(3)超一流の臨床家による「現在編」と、5〜10年後に具現化する「近未来編」、(4)「適応症」「材料・機器の選択」「テクニカルポイント」の明確化、という4つのブレイクスルーを試みている。この本を契機に、真の再生・組織工学ワールドへの第一歩を踏み出してほしい。

目次

  • 再生歯科のテクニックとサイエンス

    ―目次―

    序文:組織工学と歯周再生医学の将来展望
     0-1.再生ベーシック用語ガイド
     0-2.再生医療のオーバービュー

    第1編 歯周組織・再生
     1-0-1.歯周組織・再生のコンセプト
     1-1-1.ボーングラフト
     1-1-2.GTR法
     1-1-3.エナメル基質タンパク(EMD)
     1-2-1.多血小板血漿(PRP)
     1-2-2.塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)
     1-2-3.培養歯根膜シート
     1-2-4.幹細胞を応用した歯周組織再生

    第2編 審美・再生
     2-0-1.審美・再生のコンセプト
     2-0-2.審美・再生の動向
     2-1-1.軟組織移植による根面被覆
     2-1-2.マイクロサージェリーによる
         歯周形成外科根面被覆を中心に
     2-1-3.無細胞真皮(アロダーム)
     2-2-1.口腔粘膜培養シート

    第3編 インプラント・再生
     3-0-1.インプラント周囲組織・再生のコンセプト
     3-0-2.インプラント周囲組織・再生の動向
     3-1-1.インプラント周囲のソフトティッシュマネジメント
     3-1-2.GBR法
     3-1-3.歯槽骨延長
     3-2-1.歯根膜再生型インプラント
     3-2-2.オッセオインテグレーション・エンジニアリング
        ―組織工学パラダイムからみたインプラント生物学

    第4編 Appendix
     4-1.再生療法製品リスト
     4-2.索引

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...