前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A 〜泌尿器科医のための〜

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 2009-04-10
分野: 臨床医学:外科  >  泌尿器科学
ISBN: 9784884075507
電子書籍版: 2009-04-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,400 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,200 円(税込)

商品紹介

前立腺肥大症に伴う排尿障害について、「Q&A」形式で実践的に分かりやすく解説。現在のわが国における前立腺肥大症、排尿障害の治療の現状から、QOLを考慮した治療戦略、実践的な服薬指導の方法、日々の生活における排尿ケアなど、全28項目にわたり、具体的に紹介。各質問にそれぞれ第一線で活躍する専門医が回答した、泌尿器科医にとって必読の書。

目次

  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A 〜泌尿器科医のための〜

    ―目次―

    総論 前立腺肥大症に伴う排尿障害診療の現在と問題点

    Part1 前立腺肥大症に伴う排尿障害治療の現状をみる
          ―近年の治療法からみる前立腺肥大症に伴う
          排尿障害の治療:
           『わたしはこうして治療している』―
     Q1.α1遮断薬による治療を選択した症例と治療における
        ポイントを教えてください
     Q2. 勃起障害(ED)に対しPDE-5阻害薬を服用している症例と
        治療のポイントを教えてください
     Q3.経尿道的前立腺切除術(TURP)を選択した症例と
        治療におけるポイントを教えてください
     ほか

    Part2 前立腺肥大症にともなう蓄尿症状の治療戦略をみる
          ―夜間頻尿および夜間多尿を中心に―
     Q9.α1遮断薬の蓄尿症状改善効果について教えてください
         ―前立腺肥大症治療薬による過活動膀胱の改善効果―
     Q10.近年のα1遮断薬の特徴と有効性について教えてください.
        これまでの薬剤とどのような違いがありますか? 
        また,α1遮断薬の受容体選択性と選択性の違いによる
        薬剤の使い方を教えてください
     Q11.夜間頻尿および夜間多尿と,睡眠障害との関係を
        教えてください
     ほか

    Part3 QOL向上の視点から前立腺肥大症にともなう
         排尿障害治療の展望をみる
           ―QOL向上のために今何ができるか―
     Q14.排尿障害の治療における病診連携の重要性と,
        内科の先生へどのように説明をしたらよいか,その
         ポイントを教えてください
     Q15.前立腺肥大症の病態評価・QOL評価について教えてください
     Q16.近年とくに注目されている過活動膀胱の治療における
        過活動膀胱症状質問票(OABSS)の活用法を教えてください
     ほか

    Part4 きめの細かい服薬指導のために知識を得る
          ―服薬指導の重要性からみる治療戦略―
     Q21.基礎疾患を伴った前立腺肥大症の患者さんへの
        服薬指導のポイントについて教えてください
     Q22.処方薬の有効性,安全性を服薬指導の中でどのように
        患者さんへ伝えたらよいでしょうか?服薬指導において
        注意すべきポイントについて教えてください
     Q23.院外処方における注意点と処方時のポイント,
        有効な患者指導法について教えてください
     ほか

    Part5 日常生活における排尿ケアのポイントを知る
     Q26.排尿ケアの現状と,課題とされている点がありましたら
         教えてください
     Q27.前立腺肥大症の治療には周囲の人の理解と協力が
         必要とのことですが,患者さんの家族に対する
          説明のポイントを教えてください
     Q28.排尿障害を改善するための日常生活指導の
         ポイントについて教えてください

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

総論 前立腺肥大症に伴う排尿障害診療の現在と問題点

P.12 掲載の参考文献
1) 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班 : EBMに基づく前立腺肥大症診療ガイドライン, じほう, 東京, 2001

PART1 前立腺肥大症に伴う排尿障害治療の現状をみる-近年の治療法からみる前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療:「わたしはこうして治療している」-

P.17 掲載の参考文献
1) 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班編 : 前立腺肥大症ガイドライン, じほう, 東京, 2001
2) 排尿障害臨床試験ガイドライン作成委員会編 : 排尿障害臨床試験ガイドライン, 医学図書出版東京, 1997
3) 山口脩, 深谷保男, 白岩康夫ほか : 前立腺肥大症に伴う排尿障害に対するナフトピジルの用量反応性および臨床的有用性の検討. 基礎と臨床 31 : 1315-1360, 1997
4) 鈴木康之, 高坂哲, 鈴木英訓ほか : 排尿障害と睡眠障害-α遮断剤はBPHの睡眠障害を改善するか-臨床泌尿器科 61 : 997-1001, 2007
5) 勝岡洋治訳 : 前立腺肥大症日常診療マニュアル 改訂第2版 医学図書出版, 東京, 2003
6) 武田正之編 : 前立腺疾患のマネジメント, 医薬ジャーナル, 大阪, 2001
7) MaConnell J et al : Male Lower Urinary Tract Dysfunction. Evaluation and Management. 6th International Consultation on New Developments in Prostate Cancer and Prostate Diseases. Edition 2006. EDITIONS21 Paris. (edition21@wanadoo.fr)
8) 日本排尿機能学会編 : 過活動膀胱膀胱診療ガイドライン, ブラックウェルパブリッシング, 東京, 2005
9) 吉野恭正, 大石幸彦, 小野寺昭一ほか : 排尿障害患者の残尿量と尿路感染の関連. 臨床泌尿器科 54 : 455-457, 2000
10) 西沢理編 : 下部尿路障害 医薬ジャーナル, 大阪, 2007
P.20 掲載の参考文献
2) 天野俊康, 小堀善友, 松下友彦ほか : シルデナフィルにて排尿障害改善を認めた神経因性膀胱の1例. 日性会誌 19 : 51-54, 2004
3) 天野俊康, 尾哲也, 竹前克朗ほか : シルデナフィルおよびバルデナフィル同時投与による両剤の比較調査~長野市における多施設共同研究~. 日泌会誌 100 : 1~6, 2009
6) Braun M, Wassmer G, Klotz T et al : Epidemiology of erectile dysfunction : results of the‘Cologne Male Survey’. Int J Impot Res 12 : 305-311, 2000
7) 天野俊康 : 射精障害症例の臨床的検討. 日性会誌 15 : 15-19, 2000
P.24 掲載の参考文献
1) 内田豊昭, 小柴健 : 経尿道的前立腺切除術 (TUR-P) . 泌尿器科内視鏡Urological Endoscopy, 秋元成太, 三木誠編, 医学書院, 東京, 1996, pp.111-132
2) 内田豊昭 : EBMに基づく前立腺肥大症診療 : 手術療法. 泌尿器外科 15 : 1025-1029, 2002
3) 内田豊昭 : 前立腺肥大症に対する手術療法の変遷と展望-経尿道的前立腺切除術は現在でも標準的手術法か? 臨床泌尿器科 57 : 283-290, 2003
4) 内田豊昭 : 前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術 (TURP). 臨床泌尿器科 60 : 101-110, 2006
5) Walsh PC, Retik AB, Vaughan ED et al : Campbell's Urology, 8th edition (CD-ROM版), Saunders, Philadelphia, 2002
P.27 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
5) 黒松功, 今村哲也, 杉村芳樹 : 高出力 (80w) KTPレーザーを用いた前立腺蒸散術 (PVP) の経験~本邦初57例の短期成績~. 日泌会誌 97 : 815-822, 2006
6) 長久保一朗, 桑原勝孝, 堀場優樹ほか : 前立腺肥大症に対するPVP (光選択的前立腺蒸散術) TURP (経尿道的前立腺切除術) の比較検討. 泌尿器外科 20 : 1221-1226, 2007
9) Schatzl G, Madersbacher S, Djavan B et al : Tow year results of trausurethral resection of the prostate versus four‘less invasive' treatment options. Eur Urol 37 : 695-701, 2000
P.37 掲載の参考文献
1) 小柴 健, 内田豊昭 : 前立腺肥大症, 経尿道治療をめぐるcontroversy, 臨泌 50 : 97-101, 1996
4) 中川健 : 前立腺肥大症に対する新しい低侵襲治療 : その現状と手術の実際 TUEB. Urology View vol.5 no.6 95-99, 2007
P.40 掲載の参考文献
1) 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班 : EBMに基づく前立腺肥大症診療ガイドライン, じほう, 東京, 2001
4) 合谷信行, 東間紘 : 前立腺肥大症に対する経尿道的エタノール注入療法-3年後成績-, 泌尿器疾患の最新医療, 吉田修, 東間紘, 村井勝編, 先端医療技術研究所, 東京, 2003, pp.250-254
9) 合谷信行, 石川暢夫, 伊藤文夫ほか : 前立腺肥大症に対するエタノール注入療法後のTUR-Pnt (Prostatic necrotic tissue) . Japanese Journal of Endourology and ESWL 18 : 228, 2005
10) 古賀祥嗣, 秦野直, 坂本昇ほか : 経尿道的前立腺エタノール注入術の効果発現メカニズムの検討 日泌会誌 95 : 368, 2004
P.45 掲載の参考文献

PART2 前立腺肥大症に伴う蓄尿症状の治療戦略をみる-夜間頻尿および夜間多尿を中心に-

P.51 掲載の参考文献
1) 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班編 : EBMに基づく前立腺肥大症診療ガイドライン. じほう, 東京, 2001
2) 日本排尿機能学会過活動膀胱ガイドライン作成委員会 : 過活動膀胱診療ガイドライン. Black-well publishing, 東京, 2005
4) Djavan B, Marberger M : A meta-analysis on the efficacy and tolerability ofα1-adrenoceptor antagonists in patients with lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic obstruction. Eur Urol 36 : 1-13, 1999
5) Chen Q, Takahashi S, Zhong S et al : Function of the lower urinary tract in mice lacking α1d-adrenoceptor, J Urol 174 : 370-374, 2005
6) Ishihama H, Momota Y, Yanase H et al : Activation of α1D adrenergic receptors in the rat urothelium facilitates the micturition reflex. J Urol 175 : 358-364, 2006
7) Takahashi S, Tajima A, Matsushima H et al : Clinical efficacy of an α1A/D-adrenoceptor blocker (naftopidil) on overactive bladder symptoms in patients with benign prostatic hyperplasia. Int J Urol 13 : 15-20, 2006
9) Pinggera GM, Mitterberger M, Pallwein L et al : α-blockers improve chronic ischaemia of the lower urinary tract in patients with lower urinary tract symptoms. BJU Int 101 : 319-324, 2008
P.55 掲載の参考文献
1) Caine M : The present role of α-adrenergic blockers in the treatment of benign prostatic hypertrophy. J Urol 136 : 1-4, 1986
2) Kawabe K, Moriyama N, Hamada K et al : Density and localization of α1 adrenoceptors in hypertrophied prostate. J Urol 143 : 592-595, 1990
3) Schwinn DA : Novel role for α1-adrenergic receptor subtypes in lower urinary tract symptoms. BJU Int 86 (suppl 2) : 11-20, 2000
4) Kawabe K, Yoshida M, Homma Y et al : Silodosin, a new α1A-adrenoceptor-selective antagonist for treating benign prostatic hyperplasia : results of a phase III randomized, placebo-controlled, double-blind study in Japanese men. BJU Int 98 : 1019-1024, 2006
5) Chen Q, Takahashi S, Zhong S et al : Function of the lower urinary tract in mice α1d-adrenoceptor. J Urol 174 : 370-374, 2005
6) Nishino Y, Masue T, Miwa K et al : Comparison of two α1-adrenoceptor antagonists, naftopidil and tamsulosin hydrochloride, in the treatment of lower urinary tract symptoms with benign prostatic hyperplasia : arandomized crossover study. BJU Int 97 : 747-751, 2006
8) Kojima Y, Sasaki S, Shinoura H et al : Quantification of α1-adrenoceptor subtypes by realtime RT-PCR and correlation with age and prostate volume in benign prostatic hyperplasia patients. Prostate 66 : 761-767, 2006
P.59 掲載の参考文献
3) 菅谷公男, 西島さおり. 夜間頻尿の成因と治療. 臨床泌尿器科 58. 103-111, 2004
P.63 掲載の参考文献
P.69 掲載の参考文献
1) 白川修一郎, 田中秀樹, 駒田陽子ほか : 高齢者の睡眠障害と夜間頻尿. 泌尿器外科 16 : 15-20, 2003
3) 石井泰憲, 金子昌司, 梶原隆広 : 前立腺肥大症の夜間頻尿に対するゾルピデム (マイスリー(R)) の効果の検討. Pharm Med 20 : 165-168, 2002
4) 内村直尚, 松山誠一朗 : 不眠症. 薬局 56 : 373-384, 2005
5) 内村直尚 : 不眠症に対する薬物療法. 治療 89 : 58-64, 2007
6) 上島国利, 藤代典子 : 睡眠薬依存を作らないために. Mod Physician 21 : 1547, 2001
8) Cox D, Ahmed Z, McBride AJ : Diphenhydramine dependence. Addiction 96 : 516-517, 2001
9) 松山誠一朗, 内村直尚, 大島博治ほか : 塩酸ジフェンヒドラミン (ドリエル) を大量服用したアルコール依存症患者の1例. 日アルコール精医誌 13 : 33-36, 2006

PART3 QOL向上の視点から前立腺肥大症に伴う排尿障害治療の展望をみる-QOL向上のために今何ができるか-

P.79 掲載の参考文献
1) 日本排尿機能学会・過活動膀胱ガイドライン作成委員会 : 過活動膀胱診療ガイドライン, ブラックウェルパブリッシング, 東京, 2005, pp.24-27
3) 後藤百万, 吉川羊子, 近藤厚哉ほか : 前立腺肥大症におけるconventional urodynamic study (尿流測定・残尿測定・膀胱内圧測定) の有用性と限界. 日泌会誌 87 : 1321-1330, 1996
5) Donovan JL, Brookes ST, de la Rosette JJ et al : The responsiveness of the ICSmale questionnaire to outcome : evidence from the ICS-‘BPH'study. BJU Int 83 : 243-248, 1999
7) O'Leary MR Roehrborn C, Andriole G et al : Improvements in benign prostatic hyperplasia specific quality of life with dutasteride, the novel dual 5α-reductase inhibitor. BJU Int 92 : 262-266, 2003
P.82 掲載の参考文献
1) 本間之夫 : 診断 症状に基づく診断. 過活動膀胱診療ガイドライン, 日本排尿機能学会・過活動膀胱ガイドライン作成委員会編, ブラックウェルパブリッシング, 東京, 2005, pp.24-28
P.86 掲載の参考文献
1) 本間之夫, 柿崎秀宏, 後藤百万ほか : 排尿に関する疫学的研究. 日排尿機能会誌 14 : 1-12, 2003
2) Abrams P, Kelieher CJ, Kerr LA et al : Overactive bladder significantly affects quality of life. Am J Manag Care 6 : S580-S590, 2000
4) Coyne K, Revicki D, Hunt T et al : Psychometric validation of an overactive bladder symptom and health-related quality of life questionnaire : The OAB-q. Qual Life Res 11 : 563-574, 2002
5) 本間之夫, 後藤百万, 安藤高志ほか : 尿失禁QOL質問票の日本語版の作成. 日神因性膀胱会誌 10 : 225-236, 1999
6) 本間之夫, 安藤高志, 後藤百万ほか : 尿失禁QOL質問票日本語版の妥当性の検討. 日排尿機能会誌 13 : 247-257, 2002
7) 本間之夫, 後藤百万 : Overactive bladder questionnaire (OAB-q) の日本語版の作成と言語学的妥当性の検討, 日排尿機能会誌 17 : 241-249, 2006
8) 本間之夫, 後藤百万, 横山修ほか : Overactive bladder questionnaire (OAB-q) の日本語版の計量心理学的検討. 日排尿機能会誌 17 : 250-256, 2006
9) Coyne K, Lai J-S, Zyczynski T et al : An overactive bladder symptom and quality of life short form : development of the overactive bladder questionnaire short form (OAB-q SF) . Poster, 34 the Joint meeting of the International Continence Society and the International Urogynecological Association;Paris, France, August, 2004
P.91 掲載の参考文献
1) Athanasopoulos A, Gyftopoulos K, Giannitsas K et al : Combination treatment with an α-blocker plus an anticholinergic for bladder outlet obstruction. A prospective, randomized, controlled study. J Urol 169 : 2253-2256, 2003
8) 柿崎秀宏, 北雅史, 和田直樹ほか : BPHの手術適応決定-Pressure-flow studyに勝るものはあるか- Urology View vol.5 no.6 : 72-77, 2007
P.95 掲載の参考文献
2) 吉田修編 : ベッドサイド泌尿器科学-診断・治療編改訂第3版. 南江堂, 東京, 2000
3) 松本成史 : LUTSの基礎的検討 (2) -下部尿路閉塞と膀胱血流について-. 排尿障害プラクティス11 : 289-295, 2003
5) Te AE, Kaplan SA : Urodynamics and benign prostatic hyperplasia. In : Textbook ot benign prostatic hyperplasia, ed. by Kirdy R, McConnell JD, Fitzpatrick JM, ISIS Medical Media, 0xford, 1996, pp.187-198
7) 荒木勇雄 三神裕紀, 寺本咲子ほか : プライマリ・ケア医のための下部尿路機能障害の診かた : 各疾患に対するプライマリ・ケア : 低活動膀胱. 治療 88 : 417-423, 2006
P.100 掲載の参考文献
2) 関聡 : ウロダイナミックス. よくわかって役に立つ排尿障害のすべて, 西澤理編, 永井書店, 大阪, 2007, pp.30-45
3) 山西友典 : 薬剤性排尿障害. よくわかって役に立つ排尿障害のすべて, 西澤理編, 永井書店, 大阪, 2007, pp.148-159
4) Abrams P, D'Ancona C, Griffiths D et al : Lower urinary tract symptom : etiology, patient assessment and predicting outcome from therapy. In : Male lower urinary tract dysfunction : Evaluation and management. ed by McConnell J, Abrams R Denis L et al, Editions 21, Paris, 2006, pp.69-142
5) McConnell J, Abrams P, Khoury S et al : 6th International consultation on new developments in prostate cancer and diseases. Recommendations of the international scientific committee : Evaluation and treatment of lower urinary tractsymptoms (LUTS) in old men. In : Male lower urinary tract dysfunction : Evaluation and management. ed by McConnell J, Abrams P, Denis L et al, Editions 21, Paris, 2006, pp.387-398

PART4 きめの細かい服薬指導のために知識を得る-服薬指導の重要性からみる治療戦略-

P.107 掲載の参考文献
2) Athanasopoulos A, Gyftopoulos K, Giannitsas K et al : Combination treatment with an α-blocker plus an anticholinergic for bladder outlet obstruction : a prospective, randomized, controlled study. J Urol 169 : 2253-2256, 2003
3) Koiso K, Akaza H, Kikuchi K et al : Pharmacokinetics of tamsulosin hydrochloride in patients with renal impairment : effects of α1-acid glycoprotein. J Clin Pharmacol 36 : 1029-1038, 1996
5) Tatemichi S, Kobayashi K, Maezawa A et al : α1-adrenoceptor subtype selectivity and organ specificity of silodosin (KMD-3213) . Yakugaku Zasshi 126 : 209-216, 2006
P.112 掲載の参考文献
1) 上島悦子, 三上洋, 森本茂人ほか : 老年患者の服薬コンプライアンス. 日老医誌 29 : 855-862, 1992
2) Walden PD et al : Localization and expression of the α1A-1, α1B andα1D adrenoceptors in hyperplastic and non-hyperplastic human prostate. J Urol 161 : 635-640, 1999
3) Kojima Y, Sasaki S, Shinoura H et al : Quantification of α1-adrenoceptor subtypes by realtime RT-PCR and correlation with age and prostate volume in benign prostatic hyperplasia patients. Prostate 66 : 761-767, 2006
4) Kojima Y, Sasaki S, Kubota Y et al : Expression of α1-adrenoceptor subtype mRNA as a predictor of the efficacy of subtype selective α1-adrenoceptor antagonists in the management of benign prostatic hyperplasia. J Urol 179 : 1040-1046, 2008
5) あすか製薬 : プロスタール錠インタビューフォーム
6) 志田圭三ほか : ホルモンと臨床28 : 49-77, 1980
7) アステラス製薬 : ハルナールD錠インタビューフォーム
P.119 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成18年社会医療診療行為別調査結果の概況 (http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/sinryo/tyosaO6/index.html)
2) 杉浦宗敏, 中島克佳, 鈴木洋史 : 薬剤情報のつたえ方. 新版これからの薬剤情報 あつめ方, よみ方, つたえ方, 折井孝男編, 中山書店, 東京, 2005, pp.197-204
3) 旭満里子, 市村藤雄 : 処方せんの点検ミクス薬学シリーズ(7)臨床調剤学, 中島恵美編, ミクス, 東京, 2001, pp.26-48
4) 日本薬剤師会編 : 処方と処方せん. 第十一改訂調剤指針, 薬事日報社, 東京, 2004, pp.12-15
5) 松山賢治, 柳川忠二, 堀美智子編 : ジェネリック医薬品Q&A-後発医薬品を的確・正確に理解し使用するために-, じほう, 東京, 2006, pp.39-40
6) 水島裕監 : 今日のジェネリック医薬品, 北村正樹, 「今日の治療薬」編集室編, 南江堂, 東京, 2006, pp.399-403
P.123 掲載の参考文献
1) 本田義輝, 中野眞汎 : ファモチジン口腔内崩壊錠の服用性に関する患者意識調査. 病院薬学24 : 533-540, 1998
2) 杉原正泰ほか : 厚生省厚生科学研究「高齢者に投与最適な新規製剤及び新規包装容器の作成研究」. 1988
3) 宿前貴子 : 薬はなぜ水でのむの?. ファルマシア28 : 52-55, 1992
4) 横山修ほか : 塩酸タムスロシン口腔内崩壊錠0.2mgと0.2mgカプセルの食後投与でのヒトにおける生物学的同等性試験. 薬理と治療 33 : 521-526, 2005
5) 横山修ほか : 塩酸タムスロシン口腔内崩壊錠0.2mgと0.2mgカプセルの空腹時投与でのヒトにおける生物学的同等性試験薬理と治療 33 : 527-534, 2005
6) 横山修ほか : 塩酸タムスロシン口腔内崩壊錠0.2mgと口腔内崩壊錠0.1mgのヒトにおける生物学的同等性試験. 薬理と治療 33 : 535-540, 2005
7) 朴英哲 : ハルナールD錠 (塩酸タムスロシン口腔内崩壊錠) の使用経験-カプセルから口腔内崩壊錠への切り替えについて-薬理と治療 34 : 387-394, 2006
P.129 掲載の参考文献
1) 山田浩樹, 上島国利 : 服薬アドヒアランスとは-コンプライアンスからアドピアランスへ. Schizophrenia Frontier 7 : 155-159, 2006
2) 城崎真弓 : 服薬アドヒアランス形成支援. 第20回日本エイズ学会シンポジウム記録より. 日エイズ会誌 9 : 100-101, 2007
3) 林誠, 鈴木達男ほか : 虚血性心疾患患者における服薬アンケート調査とコンプライアンス向上に関する検討. 日本病院薬剤師会雑誌 41 : 1403-1406, 2004
4) 各社提供資料 (添付文書, インタビューフォーム, インタビューフォーム引用文献等)
5) 佐川賢一, 矢後和夫 : 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック第4版. じほう, 東京, 2006
6) 倉田なおみ, 藤島一郎 : 内服薬経管投与ハンドブック第2版. じほう, 東京, 2006

PART5 日常生活における排尿ケアのポイントを知る

P.135 掲載の参考文献
1) 本間之夫, 柿崎秀宏, 後藤百万ほか : 排尿に関する疫学的研究. 日排尿機能会誌 14 : 266-277, 2003
2) ボストン・サイエンティフィックジャパン株式会社 : 前立腺肥大症 NEWS LETTER No.2 2006
3) 上田朋宏 : 過活動膀胱の疫学. 排尿障害プラクティス15 : 125-129, 2007
4) 仙石淳, 酒井麻衣子, 原勲ほか : LUTの展望. 排尿障害プラクティス11 : 315-320, 2003
5) 本間之夫 : 排尿障害のQOL評価. 排尿障害プラクティス13 : 279-289, 2005
P.139 掲載の参考文献
1) 菊池直美, 青木有加里 : 前立腺肥大症による排尿障害. ウロ・ナーシング2003年夏季増刊ケースで納得! 排尿障害のケア 病棟・外来編 メディカ出版, 大阪, 2003, pp.16-43
2) 荒木勇雄, 渡邊美奈子, 羽根田破ほか : 前立腺肥大症に対する薬物療法. 泌尿器ケア13 : 160-166, 2008
3) Roger S Kirby. Jhon D McConnell : 前立腺肥大症 日常診療マニュアル, 勝岡洋治訳, 医学図書出版, 東京, 2001, pp.50-51
4) 大島伸一, 西沢理, 平尾佳彦ほか : 治療における経済性. EBMに基づく前立腺肥大診療ガイドライン, じほう, 東京, 2001, p10
5) Roger S Kirby. Jhon D McConnell : 前立腺肥大症 日常診療マニュアル, 勝岡洋治訳, 医学図書出版, 東京, 2001, pp.50-51
6) 関成人, 相島真美子 : 経尿道的前立腺切除術. 泌尿器ケア13 : 154-159, 2008
P.143 掲載の参考文献
1) 田中順子 : 保存的治療の管理と援助 外来治療の患者はどうやって援助すればいいの? 泌尿器ケア7 : 1174-1180, 2002
2) 関成人, 内藤誠二 : 低侵襲手術のアウトカムを検証する. 排尿障害プラクティス14 : 153-157, 2006

最近チェックした商品履歴

Loading...