• HOME
  •  > 
  • 基礎医学
  •  > 
  • 免疫/血清
  •  >  エンドトキシン研究11 新生「日本エンドトキシン・自然免疫研究会」の発展を願って

エンドトキシン研究11 新生「日本エンドトキシン・自然免疫研究会」の発展を願って

出版社: 医学図書出版
著者:
発行日: 2009-11-07
分野: 基礎医学  >  免疫/血清
ISBN: 9784871513609
電子書籍版: 2009-11-07 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,080 円(税込)

本書は、去る2007年10月19日、20日の両日にわたって鹿児島市で開催された第13回日本エンドトキシン研究会の講演内容をまとめたものである。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • もくじ
  • 第1章 イブニングレクチャー「最近のトピックス」
  • 1. 抗炎症性脂質メディエーター レゾルビンと炎症性肺疾患
  • 2. ブレークスルー「新しい高感度エンドトキシン測定法の開発 - それでなにが分かるか ? - 」
  • 第2章 シンポジウム「敗血症ショックの治療標的」
  • 侵襲に対する生体反応の予測と制御~HMGB1を標的とした新たな治療戦略
  • 第3章 平成19年度日本エンドトキシン研究会奨励賞受賞講演
  • Endotoxin toleranceの機構解析とその臨床的応用に関する研究
  • 第4章 一般演題
  • 1. MyD88およびIRAK - 1によるNF - κBの活性化には異なる様式でTRAF6が関与する
  • 2. Toll - like receptor 4への作用が期待される敗血症治療薬候補とリード化合物について
  • 3. Campylobacter jejuni LPSと疾患との関わり合い
  • 4. サルモネラのリポ多糖脱アシル化と抗菌ペプチド抵抗性
  • 5. LPS刺激によるToll - like receptor ( TLR ) を介したIL - 18ならびにIL - 1βの分泌
  • 6. 熱ショック蛋白質 ( HSP ) のToll - likeリセプターアゴニスト作用と抗HSP自己抗体による増強作用
  • 7. Cathelicidinファミリーの生体防御ペプチドCAP11を用いた敗血症性メディエーターの制御
  • 8. 致死的メディエーター対策としてのステロイドの可能性
  • ご案内
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

P.3 掲載の参考文献
6) Hasturk H, Kantarci A, Ohira T, et al. : RvE1 protects from local inflammation and osteoclastmediated bone destruction in periodontitis. FASEB J 20 : 401-403, 2006
P.8 掲載の参考文献
1) 丸山征郎 : 生体反応の相互関連. 救急医学 30 : 1021-1024, 2006
3) 井上一知, 瀬戸山博, 今村正之 : 臓器相関. 小川道雄, 斎藤英昭編, 臨床侵襲学. へるす出版 1998, p434-441
7) 丸山征郎 : 炎症とHMGB1/RAGEシステム. 血管医学 6 : 519-523, 2005
27) Bianchi ME : DAMPs, PAMPs and alarmins : all we need to know about danger. J Leukoc Biol 81 : 1-5, 2007
P.15 掲載の参考文献
1) Members of the American College of Chest Physician/Society of Critical Care Medicine Consensus Committee : Definitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. Crit Care Med 20 : 864-874, 1992
4) Neviere RR, Cepinskas G, Madorin WS, et al. : LPS pretreatment ameliorates peritonitis-induced myocardial inflammation and dysfunction : role of myocytes. Am J Physiol 277 : H885-892, 1999
5) Barroso-Aranda J, Chavez-Chavez RH, Mathison JC, et al. : Circulating neutrophil kinetics during tolerance in hemorrhagic shock using bacterial lipopolysaccharide. Am J physiol 266 : H415-421, 1994
6) Remi RN, FuYan L, Tejdip S : Endotoxin induces adose-dependent myocardial cross-tolerance to ischemia-reperfusion injury. Crit Care Med 28 : 1439-1444, 2000
9) 畑尾史彦, 室井正志, 棚元憲一, 他 : エンドトキシン活性に及ぼすToll-like receptor刺激薬によるcross toleranceの効果. 日本エンドトキシン研究会編, エンドトキシン研究 7. 医学図書出版 2004, p117-122
P.19 掲載の参考文献
P.21 掲載の参考文献
P.25 掲載の参考文献
2) 三澤尚明 : カンピロバクター感染症の新展開. 日本食品微生物学会雑誌 20 : 91-97, 2003
3) Skirrow WB, Blaser MJ : Clinical aspects of Campylobacter infection. In "Campylobacter" 2nd Edition, eds Nachamkin I, Blaser MJ, ASM Press, Washington DC, 2000, p69-88
6) 柴田淑子, 笠原由美子, 天野憲一 : 培養条件におけるCampylobacter jejuniとCampylobacter coliの形態変化とそれに伴う菌体成分の比較. 日本細菌学雑誌 46 : 921-927, 1991
P.28 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
P.35 掲載の参考文献
P.40 掲載の参考文献
7) Varga K, Wagner JA, Bridgen DT, et al. : Platelet-and macrophage-derived endogenous cannabinoids are involved in endotoxin-induced hypotension. Faseb J 12 : 1035-1044, 1998
P.44 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...