メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の意義とその管理

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2010-01-10
分野: 臨床医学:内科  >  内分泌/代謝
ISBN: 9784862700261
電子書籍版: 2010-01-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,700 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,350 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 巻頭言
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 1. メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の疫学
  • 2. 尿酸と脂肪組織機能~メタボリックシンドローム診療の新しい視点~
  • 3. 尿酸と酸化ストレス
  • 4. 尿酸とインスリン抵抗性
  • 5. 尿酸とアディポネクチン
  • 6. 尿酸とメタボリックシンドローム (周辺疾患も含めて)
  • 1) 尿酸と肥満
  • 2) 尿酸と糖代謝異常
  • 3) 尿酸と高血圧
  • 4) 尿酸と脂質異常症
  • 5) 尿酸と動脈硬化症
  • 6) 尿酸とCKD
  • 7) 尿酸とNASH・NAFLD
  • 7. メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の管理と薬物療法
  • 1) 高尿酸血症の食事療法
  • 2) 高尿酸血症の運動療法
  • 3) 高尿酸血症の薬物療法
  • おわりに
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1. メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の疫学

P.14 掲載の参考文献
5) 足達 寿:疫学的に見た高尿酸血症の重要性~田主丸研究からみた高尿酸血症動向~. 医薬の門 48:397-400, 2008
6) 東浦勝浩ほか:メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の意義. 医学と薬学 57:169-171, 2007
9) Sui X et al:Uric acid and the development of metabolic syndrome in women and men. Metabolism 57:845-852, 2007
11) 辻 裕之, 原 茂子:メタボリックシンドロームと高尿酸血症. 高尿酸血症と痛風 16:25-29, 2008
14) Fam AG: Gout, diet, and the insulin resistance syndrome. J Rheumatol 29:1350-1355, 2002
15) Nakagawa T et al: A causal role for uric acid in fructose-induced metabolic syndrome. Am J Physiol Renal Physiol 290:F625-F631, 2006
16) 藤森 新:メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症とその管理. 日本臨床 64(増刊):438-444, 2006

2. 尿酸と脂肪組織機能~メタボリックシンドローム診療の新しい視点~

P.23 掲載の参考文献

3. 尿酸と酸化ストレス

P.28 掲載の参考文献
3) Palmieri VO et al: Systemic oxidative alterations are associated with visceral adiposity and liver steatosis in patients with metabolic syndrome. J Nutr 136:3022-3026, 2006
11) Rao GN et al: Uric acid stimulates vascular smooth muscle cell proliferation by increasing platelet-derived growth factor A-chain expression. J Biol Chem 266:8604-8608, 1991
17) Krieger-Brauer HI et al: Human fat cells possess a plasma membrane-bound H2O2-generating system that is activated by insulin via a mechanism bypassing the receptor kinase. J Clin Invest 89:1006-1013, 1992

4. 尿酸とインスリン抵抗性

P.34 掲載の参考文献
9) Quinones Galvan A et al: Effect of insulin on uric acid excretion in humans. Am J physiol 268:E1-5, 1995

5. 尿酸とアディポネクチン

P.41 掲載の参考文献
7) 山田祐也ほか:メタボリックシンドロームにおける尿酸代謝とアディポネクチン濃度の関連. J Metabolic Syndrome 3:32-35, 2006

6. 尿酸とメタボリックシンドローム (周辺疾患も含めて)

P.48 掲載の参考文献
1) 嶺尾郁夫:メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の病態意義:歴史的経緯から最近の知見まで. 痛風と核酸代謝 32:121-132, 2008
2) 嶺尾郁夫:肥満と高尿酸血症:動脈硬化症の成因をめぐる病態意義について. 治療 88: 2729-2735, 2006
6) 嶺尾郁夫ほか:肥満と高尿酸血症. 高尿酸血症と痛風 7:108-114, 1999
7) Chang HY et al: Body mass index and obesity-related metabolic disorders in Taiwanese and US whites and blacks: implications for definitions of overweight and obesity for Asians. J Clin Nutr 79:31-39, 2004
13) Yamashita S et al: Studies on the impaired metabolism of uric acid in obese subjects: marked reduction of renal urate excretion and its improvement by a low-calorie diet. Int J Obes 10:255-264, 1986
15) Lopez-Suarez A et al: Serum urate levels and urinary uric acid excretion in subjects with metabolic syndrome. Med Clin(Barc) 126:321-324, 2006 [Spanish]
18) Johnson RJ et al: Potential role of sugar (fructose) in the epidemic of hypertension, obesity and the metabolic syndrome, diabetes, kidney disease, and cardiovascular disease. Am J Clin Nutr 86:899-906, 2007
P.55 掲載の参考文献
3) Erdberg A et al: Urine uric acid excretion in patients with insulin-dependent diabetes mellitus, Nephron 60:134-137, 1992
4) Alexander M et al: Insulin regulation of protein biosythesis in differentiated 3T3 adipocytes; Regulation of glyceraldehydes-3-phosphate dehydrogenase. J Biol Chem 260:11978-11985, 1985
5) Kusner LL et al: Nuclear translocation of glyceraldehydes-3-phosphate dehydrogenase: A role in high glucose-induced apoptosis in retinal Muller cells. Invest Ophthalmol Vis Sci 45:1553-1561, 2004
6) Johnson RJ et al: Potential role of sugar (fructose) in the epidemic of hypertension, obesity and the metabolic syndrome, diabetes, kidney disease, and cardiovascular disease. Am J Clin Nutr 86:899-906, 2007
8) Nakagawa T et al: A causal role for uric acid in fructose-induced metabolic syndrome. Am J Physiol Renal Physiol 290:F625-631, 2006
P.63 掲載の参考文献
2) Tykarski A: Evaluation of renal handling of uric acid in essential hypertension: hyperuricemia related to decreased urate secretion. Nephron 59(3):364-368, 1991
5) 村上英之ほか:本態性高血圧患者におけるインスリン抵抗性と尿酸代謝. Therapeutic Research 22:1289-1292, 2001
12) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン作成委員会:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第1版, 日本痛風・核酸代謝学会, 東京, 2002
13) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会:高血圧治療ガイドライン2009, 日本高血圧学会, 東京, 2009
14) 浜田紀宏ほか:N型カルシウム拮抗薬シルニジピンの筋原性高尿酸血症抑制作用. 診断と新薬 43:382-386, 2006
P.68 掲載の参考文献
6) 日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版, 東京, 2007
12) Matsuzaki M et al: Large scale cohort study of the relationship between serum cholesterol concentration and coronary events with low-dose simvastatin therapy in Japanese patients with hypercholesterolemia. Circ J 66(12):1087-1095, 2002
P.78 掲載の参考文献
14) Hotamisligil GS et al: Adipose expression of tumor necrosis factor-α:direct role in obesity-linked insulin resistance. Science 259:87-91, 1993
19) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン作成委員会:日本痛風・核酸代謝学会高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第1版), 日本痛風・核酸代謝学会, 東京, 2002
P.87 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会:CKD診療ガイド2009. 東京, 東京医学社, 2009
2) 日本透析医学会:図説 わが国の慢性透析療法の現況2008年12月31日現在, 2009
4) Vaziri ND et al: Effect of chronic experimental renal insufficiency on urate metabolism. J Am Soc Nephrol 6:1313-1317, 1995
6) Syrjanen J et al: Hypertriglyceridaemia and hyperuricaemia are risk factors for progression of IgA nephropathy. Nephrol Dial Transplant 15:34-42, 2000
9) Rudolf P et al: Elevated uric acid increases the risk for kidney disease. J Am Soc Nephrol 19:2407-2413, 2008
12) 内田俊也:慢性腎臓病(CKD)に合併する高尿酸血症に対するベンズブロマロンの臨床的有用性の検討. 医学と薬学 57:879-882, 2007
14) 大野岩男ほか:腎機能障害を合併する痛風・高尿酸血症症例におけるアロプリノール・ベンズブロマロン併用療法の有用性 オキシプリノール動態の検討から. 日腎会誌 50(4):506-512, 2008
P.95 掲載の参考文献
1) 日本肝臓学会編:NASH・NAFLDの診療ガイド, 文光堂, 2006
2) Ludwig J et al: Nonalcoholic steatohepatitis: Mayo Clinic experiences with a hitherto unnamed disease. Mayo Clin Proc 55:434-438, 1980
3) 西原利治編:NASH診療 best approach, 中外医学社, 2008
4) 日本痛風・核酸代謝学会編:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン. http://www. tukaku. jp/guideline. pdf

7. メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の管理と薬物療法

P.102 掲載の参考文献
7) Yamamoto T et al: The role of acetaldehyde and erythrocyte aldehyde dehydrogenase in acetaldehyde-induced erythrocyte purine degradation. Jap J Rheumatology 5:355-361, 1995
P.107 掲載の参考文献
1) 伊藤朗ほか:各種運動時の血清尿酸値の動態. 尿酸 8:38-47, 1984
2) 小笠原正志ほか:運動強度の差がammoniaおよびoxypurine動態に及ぼす影響. 体力化学 37:85-92, 1988
3) 山中 寿:痛風・高尿酸血症の運動療法. 今月の治療 3:845-854, 1995
5) Davis JA et al: Anaerobic threshold and maximal aerobic power for three modes of exercise. J Appl Physiol 41:544-550, 1976
6) 伊藤 朗:高尿酸血症の運動処方. 日本臨牀 58(増刊号):431-436, 2000
11) 細谷龍男ほか:長距離走による尿酸代謝の動態と性差. プリン・ピリミジン代謝 18:11-17, 1994
12) 橋詰直孝ほか:長距離・マラソンランナーの血清尿酸値の動態と意義. プリン・ピリミジン代謝 16:93-97, 1992
13) 伊藤 朗ほか:高尿酸血症の運動処方に関する研究-最大運動後の軽運動が運動性高尿酸血症に及ぼす影響-. 筑波大学体育科学系紀要 16:99-106, 1993
P.114 掲載の参考文献
1) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン作成委員会編:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第1版. 日本痛風・核酸代謝学会, 東京, 2002
2) 中村 徹:高尿酸血症の成因と病態. 実地医家のための高尿酸血症・痛風の診療(中村 徹 編), メディカルレビュー社, 大阪, 2001, pp21-38
4) Li-Yu J et al: Treatment of chronic gout. Can we determine when urate stores are depleted enough to prevent attacks of gout? J Rheumatol 28:577-580, 2001

最近チェックした商品履歴

Loading...