循環器臨床サピア 5 患者アウトカムからみた不整脈の薬物治療

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2010-02-25
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784521731650
シリーズ: 循環器臨床サピア
電子書籍版: 2010-02-25 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

10,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

10,800 円(税込)

商品紹介

本書は,実地臨床において「治療すべき不整脈」「放置してよい不整脈」をどのようにに見分け,いかに薬を使うべきかについて,変遷をとげる不整脈治療に習熟する第一線の臨床医がわかりやすく解説した最新版のテキストである。

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • Quick Index わが国でよく使われる抗不整脈薬
  • 執筆者一覧
  • 1章 不整脈薬物療法の基礎
  • 不整脈の基質とは
  • [COLUMN] 糖尿病が生み出す不整脈の基質とは ?
  • イオンチャネルの基礎知識
  • [COLUMN] 心筋における活動電位の伝導
  • [COLUMN] 心筋細胞内外のイオン分布と恒常性の維持
  • 抗不整脈薬の作用と分類
  • [COLUMN] I群抗不整脈薬のNaチャネルへの抑制様式
  • [COLUMN] ATPの抗不整脈効果の機序
  • [COLUMN] Kチャネルのサブタイプ
  • [COLUMN] 薬剤による二次性QT延長症候群
  • 抗不整脈薬以外の薬物
  • 不整脈の基質修飾
  • 不整脈に合併する血栓塞栓症予防に用いられる薬物
  • 抗不整脈薬による催不整脈作用
  • [COLUMN] Torsade de pointesとは ?
  • [COLUMN] Reverse use - dependent blockとは ?
  • 高齢者に対する薬物療法の注意点
  • [COLUMN] 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2005
  • 不整脈の概日リズムと薬物治療
  • [COLUMN] 夜間発生する心房細動には抗コリン作用の効果あり
  • 2章 治療すべき不整脈・放置してよい不整脈
  • 不整脈の疫学と罹患人口
  • [COLUMN] 日本循環器学会による心房細動疫学調査研究
  • 放置すべきか ? 治療すべきか ? その基本的考え方
  • [COLUMN] 心房細動のタイプと自覚症状
  • [COLUMN] 心室期外収縮減少度と自覚症状改善度
  • 3章 上室性不整脈の薬物療法
  • 心房期外収縮
  • [COLUMN] 心房期外収縮に随伴する現象
  • 発作性上室頻拍
  • 心房粗動
  • [COLUMN] 波形以外の分類
  • 心房細動
  • [COLUMN] リズムコントロールvsレートコントロール
  • 心房細動による脳梗塞の予防
  • [COLUMN] 抗血小板療法と抗凝固療法, 互いに代替は可能か ?
  • 無症候性WPW ( Wolff - Parkinson - White ) 症候群
  • 4章 心室性不整脈の薬物療法
  • 心室期外収縮
  • 非持続性心室頻拍
  • 持続性心室頻拍
  • 心室細動
  • 心室細動治療の基本的考え方 - 一次予防と二次予防
  • [COLUMN] I群薬での心室細動予防は可能か ?
  • [COLUMN] III群薬は心室細動一次予防に有効か ?
  • [COLUMN] 各種薬剤の心室細動一次予防効果
  • [COLUMN] 心機能が保たれている症例でのIII群薬の心室細動二次予防効果は ?
  • Brugada症候群
  • [COLUMN] ICD装着後の薬物治療 - Ohgoらの報告から
  • QT延長症候群
  • 不整脈源性右室異形成症
  • [COLUMN] ARVCの新診断基準 ( 案 )
  • 心サルコイドーシス
  • [COLUMN] 心室性不整脈合併心サルコイドーシスにおける治療の組み合わせ ( 併用療法 ) について
  • 肥大型心筋症
  • electrical stormとは
  • 5章 徐脈性不整脈の薬物療法
  • 洞不全症候群と房室ブロック
  • 神経調節性失神
  • [COLUMN] NMSに自律神経がどのように関与しているのか ?
  • [COLUMN] 実地診療での薬剤選択のポイント
  • [COLUMN] β遮断薬はNMSに本当に効果がないのか ?
  • [COLUMN] tiltトレーニングとは
  • 6章 合併症に伴う不整脈治療
  • 心不全に合併する上室性不整脈
  • [COLUMN] リズムコントロールvsレートコントロール論争
  • 心不全に合併する心室性不整脈
  • [COLUMN] CAST ( Cardiac Arrhythmia Suppression Trial )
  • 虚血性心疾患に合併する不整脈
  • [COLUMN] 冠動脈結紮モデルにおける心室性不整脈
  • CKD ( 慢性腎疾患 ) に合併する不整脈
  • [COLUMN] ADMA
  • 妊娠に合併する不整脈
  • [COLUMN] tilt - table検査 ( tilting test )
  • 7章 不整脈薬物療法と非薬物療法
  • 不整脈薬物療法と非薬物療法の位置づけと今後の動向
  • [COLUMN] 不整脈治療のあるべき姿
  • 付録 抗不整脈薬一覧
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 不整脈薬物療法の基礎

P.9 掲載の参考文献
1) Wijffels MC, et al. Atrial fibrillation begets atrial fibrillation. Circulation 1995 ; 92 : 1954-1968.
2) Kato T, et al. Progressive nature of paroxysmal atrial fibrillation : Observations from a 14-year follow-up study. Circ J 2004 ; 68 : 568-572.
6) GISSI-AF investigators. Valsartan for prevension of recurrent atrial fibrillation. N Engl J Med 2009 ; 360 : 1606-1617.
P.19 掲載の参考文献
2) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
5) 井上博, 山下武志 (編). 不整脈クリニカルプラクティス-不整脈専門医をめざして. 東京 : 南江堂 ; 2009.
P.26 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS 2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
3) 加藤貴雄. 不整脈薬物療法の新しい考え方Sicilian Gambitの臨床応用. J Nippon Med Sci 2002 ; 69 : 7-12.
4) 抗不整脈薬ガイドライン委員会 (編). 抗不整脈薬ガイドライン-CD-ROM版ガイドラインの解説とシシリアンガンビットの概念. 東京 : ライフメディコム ; 2000.
P.33 掲載の参考文献
5) Den Ruijter HM, et al. Pro- and antiarrhythmic properties of a diet rich in fish oil. Cardiovasc Res 2007 ; 73 : 316-325.
8) Packer M, et al. The effect of carvedilol on morbidity and mortality in patients with chronic heart failure. U. S. Carvedilol Heart Failure Study Group. N Engl J Med 1996 ; 334 : 1349-1355.
P.40 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年合同研究班報告). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2008年改訂版 <JCS2008>). Circ J 2008 ; 72 (Suppl IV) : 1581-1638.
4) 青崎正彦ほか (監修). Warfarin適正使用情報, 第3版. 東京 : エーザイ ; 2006.
5) Albers GW, et al ; SPORTIF Executive Steering Committee for the SPORTIF V Investigators. Ximelagatran vs warfarin for stroke prevention in patients with nonvalvular atrial fibrillation : A randomized trial. JAMA 2005 ; 293 : 690-698.
6) 後藤信哉. 冠動脈疾患と抗血小板薬. 木村一雄, 土師一夫 (編). 新・心臓病診療プラクティス 5 冠動脈疾患を診る II. 東京 : 文光堂 ; 2005. pp. 35
P.47 掲載の参考文献
P.52 掲載の参考文献
P.59 掲載の参考文献
1) Ludmer PL, et al. Circadian variation of sudden cardiac death. J Am College Cardiol 1986 ; 7 (2) : 209A.
2) Lawn B, et al. Sleep and ventricular premature beats. Circulation 1973 ; 48 : 691-701.
4) 赤城格ほか. 発作性心房細動発現直前の自律神経緊張変化とジソピラミドの有効性について. 循環器科 2006 ; 59 (2) : 191-197.

2章 治療すべき不整脈・放置してよい不整脈

P.68 掲載の参考文献
2) 加藤勲. 生徒の不整脈の特徴. WPW 症候群と心室性期外収縮. 若年者心疾患対策協議会誌 2005 ; 33 : 57-64.
3) 奥村謙. 上室性不整脈 (2) 発作性上室頻拍. 井上博 (編). エキスパートをめざす循環器診療 不整脈. 東京 : 南江堂 ; 2006. pp165-177.
6) 橋場邦武. 老年者の不整脈. 日老医誌 1989 ; 26 : 101-110.
9) 北村明彦ほか. 秋田農村における心房細動に関する疫学的検討. 日本公衛誌 1991 ; 38 : 95-105.
10) 奥村謙ほか. 心原性脳塞栓のクリティカルケア-心房細動の管理の重要性. クリニシアン 2007 ; 54 : 343-353.
11) The Atrial Fibrillation Follow-up Investigation of Rhythm Management (心房細動 FIRM) Investigators. A comparison of rate control and rhythm control in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med 2002 ; 347 : 1825-1833.
P.74 掲載の参考文献

3章 上室性不整脈の薬物療法

P.81 掲載の参考文献
1) Katoh T, et al. Multicenter survey on the validity of the CD-ROM guideline for antiarrhythmic drug therapy produced by the Japanese Circulation Society and the Japanese Society on Electrocardiology : Preliminary report of the survey of the Japanese guideline for arrhythmia management by individual therapy (J-GAMBIT). Circ J 2005 ; 69 : 1357-1360.
3) 児玉逸雄. Na チャネル遮断作用-modulated receptor仮説. 小川聡ほか (編). 抗不整脈薬のすべて. 東京 : 先端医学社 ; 1997. pp. 71-82.
4) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
P.86 掲載の参考文献
P.91 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
2) Isaabelle C, et al. A comparison of rate control and rhythm control in patient with recurrent persistent atrial fibrillation. N Engl J Med 2002 ; 347 : 1834-1840.
5) ACC/AHA/ESC 2006 Guidelines for the Management of Patients With Atrial Fibrillation-Executive Summary : A Report of the American College Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines and the European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines (Writing Committee to Revise the 2001 Guidelines for the Management of Patients With Atrial Fibrillation). Developed in Collaboration With the European Heart Rhythm Association and the Heart Rhythm Society. Circulation 2006 ; 144 : 700-752.
6) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年度合同研究班報告). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2008年改訂版 <JCS 2008>). Circ J 2008 ; 72 (Suppl IV) : 1581-1638.
7) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
P.105 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年度合同研究班). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2008年改訂版 <JCS 2008>). Circ J 2008 ; 72 (Suppl IV) : 1581-1638.
5) Atrial Fibrillation Investigators : Risk factors for stroke and efficacy of antithrombotic therapy in atrial fibrillation : Analysis of pooled data from five randomized controlled trials. Arch Intern Med 1994 ; 154 : 1449-1457.
6) Yamaguchi T for Japanese NVAF-Embolism Secondary Prevention Cooperative Study Group. Optimal intensity of warfarin therapy for secondary prevention of stroke in patients with nonvalvular atrial fibrillation. A multicenter prospective randomized trial. Stroke 2000 ; 31 : 817-821.
10) The ACTIVE Writing Group on behalf of the ACTIVE Investigators. Clopidogrel plus aspirin versus oral anticoagulation for atrial fibrillation in the Atrial fibrillation Clopidogrel Trial with Irbesartan for prevention of Vascular Events (ACTIVE W) : A randomised controlled trial. Lancet 2006 ; 367 : 1903-1912.
P.109 掲載の参考文献
2) Montoya PT, et al. Ventricular fibrillation in the Wolff-Parkinson-White syndrome. Eur Heart J 1991 ; 12 : 144-150.

4章 心室性不整脈の薬物療法

P.117 掲載の参考文献
1) Task force of the working group on arrhythmia of the European Society of Cardiology. The Sicilian Gambit : A new approach to the classification of arrhythmic drugs based on their action on arrhythmogenic mechanisms. Circulation 1991 ; 84 : 1831-1851.
2) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS 2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
3) Echt DS, et al. Mortality and morbidity in patients receiving encanide, flecainide, or placebo : The Cardiac Arrhythmia Suppression Trial. New Engl J Med 1991 ; 324 : 781-788.
4) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年度合同研究班報告), 急性心筋梗塞 (ST 上昇型) の診療に関するガイドライン. Cir J 2008 ; 72 (Suppl IV) : 1375.
5) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2005年度合同研究班報告), 不整脈の非薬物治療ガイドライン (2006年改訂版 <JCS 2006>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_kasanuki_h.pdf
P.126 掲載の参考文献
1) Buxton AE, et al. A randomized study of the prevention of sudden death in patients with coronary artery disease. N Engl J Med 1996 ; 341 : 1882-1890.
9) Bardy GH, et al. Sudden Cardiac Death in Heart Failure Trial (SCD-HeFT ) Investigators. Amiodarone or implantable cardioverter-defibrillator for congestive heart failure. N Engl J Med 2005 ; 352 : 225-237.
P.134 掲載の参考文献
2) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS 2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
4) Ezekowvitz JA, et al. Implantable cardioverter defibrillators in primary and secondary prevention : A systematic review of randomized, controlled trials. Ann Intern Med 2003 ; 138 : 445-452.
P.142 掲載の参考文献
1) Snellen HA. History of Cardiology. Rotterdam : Donker Academic Publications ; 1984. p. 141.
3) Epstein AE. Ventricular fibrillation. In : Zipes DP, et al (editors ). Cardiac Electrophysiology : From Cell to Bedside, 4th edition. Philadelphia : WB Saunders ; 2005. pp. 705-709.
P.147 掲載の参考文献
1) Zipes DP, et al. ACC/AHA/ESC 2006 guidelines for management of patients with ventricular arrhythmias and the prevention of sudden cardiac death : A report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force and the European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines (Writing Committee to Develop Guidelines for Management of Patients with Ventricular Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death). J Am Col Cardiol 2006 ; 48 : e247-e346.
P.154 掲載の参考文献
P.160 掲載の参考文献
P.168 掲載の参考文献
P.172 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006年度合) 同研究班報告). 肥大型心筋症の診療に関するガイドライン (2007年改訂版).
2) Sumimoto T, et al. Effect of disopyramide on left ventricular diastolic function in patients with hypertrophic cardiomyopathy : Comparison with diltiazem. Cardiovasc Drugs Ther 1992 ; 6 : 425-428.
P.181 掲載の参考文献
1) Kowey PR. An overview of antiarrhythmic drug management of electrical storm. Can J Cardiol 1996 ; 12 (Suppl B) : 3B-8B.
5) Zipes DP, et al. ACC/AHA/ESC 2006 Guidelines for Management of Patients With Ventricu lar Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death : A report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force and the European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines (writing committee to develop Guidelines for Management of Patients With Ventricular Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death) : Developed in collaboration with the European Heart Rhythm Association and the Heart Rhythm Society. Circulation 2006 ; 114 : e385-484.

5章 徐脈性不整脈の薬物療法

P.190 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2005年度合同研究班報告). 不整脈の非薬物治療ガイドライン (2006年改訂版 <JCS 2006>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_kasanuki_h.pdf
4) 中里祐二. 症例から学ぶ不整脈治療におけるシロスタゾールの有用性. 臨床と研究 2007 ; 84 (9) : 108-112.
5) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
P.195 掲載の参考文献

6章 合併症に伴う不整脈治療

P.204 掲載の参考文献
P.211 掲載の参考文献
1) Lopez-Sendon J, et al. Expert consensus document on β-adrenergic receptor blockers The Task Force on Beta-Blockers of the European Society of Cardiology. Eur Heart J 2004 ; 25 : 1341-1362.
2) Echt DS, et al ; CAST investigators. Mortality and morbidity in patients receiving encainide, flecainide, or placebo : The cardiac arrhythmia suppression trial. N Engl J Med 1991 ; 324 : 781-788.
P.219 掲載の参考文献
P.225 掲載の参考文献
P.235 掲載の参考文献
1) Perloff JK, Koos B. Pregnancy and congenital heart disease : The mother and the fetus. In : Perloff JK, et al (editors). Congenital Heart Disease in Adults, 2nd edition. Philadelphia : WB Saunders ; 1998. pp. 144-164.
2) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2003-2004年度合同研究班報告). 心疾患患者の妊娠・出産の適応, 管理に関するガイドライン (JCS 2005). Circ J 2005 ; 69 (Suppl IV ) : 1267-1328.
2) Robson SC, et al. Serial study of factors influencing changes in cardiac output during human pregnancy. Am J Physiol 1989 ; 256 : H1060-1065.
6) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告). 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版 <JCS 2009>). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
7) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2006-2007年度合同研究班報告). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2008年改訂版 <JCS 2008>). Circ J 2008 ; 72 (Suppl IV ) : 1581-1638.

7章 不整脈薬物療法と非薬物療法

P.244 掲載の参考文献
1) 山下武志. 心筋細胞の電気生理学-イオンチャネルから, 心電図, 不整脈へ. 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2002.
2) 山下武志. 心が動けば医療も動く!? 医師と患者の治療選択. 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2009.

最近チェックした商品履歴

Loading...