循環器臨床サピア 7 CKDと心血管病を理解する

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2010-03-15
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784521731674
シリーズ: 循環器臨床サピア
電子書籍版: 2010-03-15 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

12,960 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

12,960 円(税込)

近年,「心腎連関」という概念が提唱されている。特に慢性腎臓病(CKD)は強力な心血管リスクであり,CKD患者は透析に至るより心血管病を発症し死亡する確率のほうがはるかに高い。本書は循環器内科医のみならず幅広い内科医が,CKDを狭い腎疾患ととらえることなく診療にあたるべく,CKDと心血管病,さらに心腎連関を理解するために必要な知識を詳述した。

目次

  • 表紙
  • 編集者一覧
  • 刊行にあたって
  • 略語一覧
  • CONTENTS
  • Quick Index
  • 執筆者一覧
  • 1章 疫学から現状を理解する
  • わが国のCKDの現状
  • [ COLUMN ] レミッション・クリニック
  • [ COLUMN ] 老化と腎機能低下の関連
  • 心血管リスクとしてのCKD
  • [ COLUMN ] 久山町研究
  • [ COLUMN ] アルブミン尿
  • 世界と日本における腎疾患対策の方針
  • CKDの医療経済
  • [ COLUMN ] 健診における蛋白尿検査の意義
  • [ COLUMN ] 日本で糸球体腎炎による透析導入が減少した背景
  • 2章 必要な検査を理解する
  • GFR
  • [ COLUMN ] 腎クリアランスと血漿クリアランス
  • [ COLUMN ] GFR推算式
  • [ COLUMN ] GFRの体表面積補正に関して
  • [ COLUMN ] Ccr推算式 ( Cockcroft - Gaultの式 : CG式 )
  • アルブミン尿・蛋白尿
  • [ Mini Lecture ] 尿中L - FABP
  • 血中マーカー ( 腎臓から )
  • [ Mini Lecture ] 血中メチルグリオキサール
  • 血中マーカー ( 循環器から )
  • [ Mini Lecture ] アドレノメデュリン
  • 心エコー ( 心機能評価 )
  • [ COLUMN ] 左室充満圧 - 心拍出量関係
  • 腎動脈エコー
  • [ COLUMN ] 腎機能の予後評価
  • 3章 基礎的病態を理解する
  • 腎血流調節
  • [ COLUMN ] 腎臓病治療はアンチエイジング ? : スマートエイジングという考え方
  • [ COLUMN ] strain vessel仮説
  • NO
  • [ COLUMN ] NO合成酵素 ( nitric oxide synthase : NOS )
  • [ COLUMN ] 糸球体血管壁の透過性の制御機構
  • [ COLUMN ] アルブミン尿と蛋白尿の相違
  • [ COLUMN ] 微量アルブミン尿は「微量」なのか : 「超」微量アルブミン尿の意義
  • 動脈硬化
  • 血管石灰化
  • [ COLUMN ] 血管石灰化の病理学的特徴と臨床的意義
  • [ COLUMN ] 血管石灰化の分子機序と調節因子
  • 心筋リモデリング
  • [ COLUMN ] 心筋リモデリングとは
  • [ COLUMN ] 心筋リモデリングと心不全発症リスク
  • 4章 臨床上の課題と対策を理解する
  • 高血圧
  • CKDにおける高血圧治療の課題と対策
  • 腎血管性高血圧
  • [ COLUMN ] 薬物療法と腎動脈形成術との比較
  • 糖尿病
  • [ Advice From Expert ] インスリン抵抗性
  • 脂質異常症
  • 冠動脈疾患
  • [ COLUMN ] 不安定プラークの破綻
  • [ COLUMN ] 虚血進展のカスケードと心血管バイオマーカー
  • [ Mini Lecture ] 造影剤腎症
  • [ Mini Lecture ] コレステロール塞栓症
  • 心不全
  • [ COLUMN ] 心不全における腎機能評価法
  • [ COLUMN ] 利尿薬抵抗性
  • [ Mini Lecture ] 心不全における貧血
  • 脳卒中
  • 維持透析
  • [ COLUMN ] 左室肥大の発症にリンはどのように関与しているか ?
  • 貧血
  • [ COLUMN ] cardio - renal - anemia syndromeとは ?
  • [ COLUMN ] ヘモグロビンサイクリング
  • 高尿酸血症
  • [ COLUMN ] 尿酸トランスポータ : URAT1
  • 5章 心腎保護を目指した治療戦略を理解する
  • 利尿薬
  • Advice From Expert 利尿薬抵抗性の対策
  • RA系抑制薬 ( 循環器から )
  • RA系抑制薬 ( 腎臓から )
  • hANP ( 循環器から )
  • [ COLUMN ] hANPの血管拡張作用
  • [ COLUMN ] 心筋梗塞に対する有用性
  • hANP ( 腎臓から )
  • [ COLUMN ] 尿細管のエネルギー消費に注目
  • 抗不整脈薬
  • [ COLUMN ] 抗不整脈薬の標的
  • スタチン
  • エリスロポエチン
  • [ COLUMN ] CRA症候群と貧血治療
  • [ Mini Lecture ] エリスロポエチンの心保護作用
  • 冠動脈インターベンション
  • 経皮的腎動脈形成術
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 疫学から現状を理解する

P.9 掲載の参考文献
2) National Kidney Foundation. K/DOQI Clinical Practice Guidelines for Chronic Kidney Disease. Evaluation, Classification, and Stratification. Am J Kidney Dis 2002 ; 39 (Suppl 1) : S170-S212.
3) 図説 : わが国の慢性透析療法の現況 (2005年12月31日現在). 日本透析医学会統計調査委員会 2006年6月22日 (東京).
4) 井関邦敏. 疫学調査から見た慢性腎疾患対策の重要性. 日内会誌 2005 ; 94 : 163-168.
9) 日本腎臓学会 (編). CKD診療ガイド. 2009.
P.17 掲載の参考文献
3) 二宮利治ほか. 一般住民における慢性腎臓病と心血管病発症の関係 : 久山町研究. 日本透析医学会雑誌 2006 ; 39 : 94-96.
8) 日本腎臓学会 (編). エビデンスに基づくCKD診察ガイドライン 2009. 東京 : 東京医学社 ; 2009. pp.1-16.
P.23 掲載の参考文献
P.29 掲載の参考文献
2) 日本透析医学会 (編). わが国の慢性透析療法の現況 (2008年12月31日現在). http://docs.jsdt.or.jp/overview/

2章 必要な検査を理解する

P.39 掲載の参考文献
P.46 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会 (編). CKD診療ガイド 2009. 東京 : 東京医学社 ; 2009.
1) 猪股茂樹ほか. 糖尿病性腎症の新しい診断基準. 糖尿病 2005 ; 48 : 757-759.
2) 羽田勝計. 特集「糖尿病 : 診断と治療の進歩 ; 合併症対策の進歩」腎症. 日本内科学会雑誌 2009 ; 98 (4) : 61-66.
P.48 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
P.53 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
5) McCullough PA, et al. B-type natriuretic peptide and renal function in the diagnosis of heart failure : An analysis from the Breathing Not Properly Multinational Study. Am J Kidney Dis 2003 ; 41 : 571-579.
P.63 掲載の参考文献
1) 加藤丈司ほか. アドレノメデュリンの基礎と新たな可能性. 循環器科 2008 ; 64 : 448-455.
2) 北村和雄. アドレノメデュリン. 日本臨牀増刊号 (分子腎臓病学 : 分子生物学的アプローチと分子病態生理学) 2006 ; 64 : 217-221.
3) 北村和雄, 江藤胤尚. アドレノメデュリン. 日本臨牀増刊号 (広範囲血液・尿化学検査, 免疫学的検査 : その数値をどう読むか) 2005 ; 63 : 592-594.
P.72 掲載の参考文献
P.78 掲載の参考文献

3章 基礎的病態を理解する

P.86 掲載の参考文献
5) Ito S, et al. Heterogeneity of angiotensin action in renal circulation. Kidney Int 1997 ; 63 : S128-S131.
7) Hillege HL, et al. Prevention of Renal and Vascular End Stage Disease (PREVEND) Study Group. Urinary albumin excretion predicts cardiovascular and noncardiovascular mortality in general population. Circulation 2002 ; 106 : 1777-1782.
P.98 掲載の参考文献
P.104 掲載の参考文献
P.114 掲載の参考文献
P.119 掲載の参考文献

4章 臨床上の課題と対策を理解する

P.131 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会・日本高血圧学会 (編). CKD (慢性腎臓病) 診療ガイド-高血圧編. 日本腎臓学会・日本高血圧学会合同学術企画. 東京 : 東京医学社 ; 2008.
2) Saruta T, et al. Effect of candesartan and amlodipine on cardiovascular events in hypertensive patients with chronic kidney disease : Subanalysis of the CASE-J Study. Hypertens Res 2009 ; 32 : 505-512.
P.139 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン 2009年版 (JSH 2009). 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2009.
1) Bax L, et al. Stent placement in patients with atherosclerotic renal artery stenosis and impaired renal function : A randomized trial. Ann Intern Med 2009 ; 150 : 840-848.
2) Stephen C. Textor, renovascular hypertension and ischemic nephropathy. In : Brenner BM, et al (editors). Brenner & Rector's The Kidney, 7th edition. Philadelphia : W. B. Saunders ; 2003. pp.2065-2108.
2) Wheatley K, et al, ASTRAL Collaborative Group. Lack of benefit of renal artery revascularization in atherosclerotic renovascular disease (ARVD) : Results of the ASTRAL Trial. Presented at Renal Week 2008, 41st Annual Meeting & Scientific Exposition, Philadelphia, 4-9 November 2008. Abstract F-FC206.
3) 長谷部直幸, 菊池健次郎. 循環器学2005年の進歩 高血圧研究の進歩. 循環器専門医 2006 ; 14 (1) : 98-102.
P.146 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病対策推進会議 (日本医師会・日本糖尿病学会・日本糖尿病協会) 「糖尿病治療のエッセンス作成委員会」 (編). 糖尿病治療のエッセンス. 2007年版. http://www.med.or.jp/chiki/diabetesp.pdf.
2) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病治療ガイド 2008-2009. 東京 : 文光堂 ; 2008.
3) 日本糖尿病学会 (編). 糖尿病食事療法のための食品交換表, 第6版. 東京 : 文光堂 ; 2008.
P.151 掲載の参考文献
P.156 掲載の参考文献
13) MRC/BHF Heart Protection Study of cholesterol lowering with simvastatin in 20,536 highrisk individuals : A randomised placebo-controlled trial. Lancet 2002 ; 360 : 7-22.
17) K/DOQI clinical practice guidelines for management of dyslipidemias in patients with kidney disease. Am J Kidney Dis 2003 ; 41 : I-IV, S1-S91.
P.164 掲載の参考文献
P.167 掲載の参考文献
P.170 掲載の参考文献
P.178 掲載の参考文献
9) Ellison DH. Diuretic therapy and resistance in congestive heart failure. Cardiology 2001 ; 96 : 132-143.
P.181 掲載の参考文献
P.188 掲載の参考文献
5) 内山真一郎ほか. 脳疾患と腎機能. シンポジウム : 心血管イベント危険因子としての慢性腎臓病 (CKD). 日内会誌 2008 ; 97 : 2137-2141.
6) 丸山健二ほか. 第48回日本神経学会総会発表. 名古屋. 2007.
11) 脳卒中合同ガイドライン委員会. 脳卒中治療ガイドライン 2009. 日本脳卒中学会ほか (編). 2009.
12) K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients: Guideline 9 cerebrovascular disease. Am J Kidney Dis 2005 ; 45 (Suppl 3) : 18-21.
P.194 掲載の参考文献
3) 日本透析医学会 (編). わが国の慢性透析療法の現況 (2008年12月31日現在). http://docs.jsdt.or.jp/overview/
5) McIntyre CW, et al. Hemodialysis-induced cardiac dysfunction is associated with an acute reduction in global and segmental myocardial blood flow. Clin J Am Soc Nephrol 2008 ; 3 : 19-26.
9) Strozecki P, et al. Parathormon, calcium, phosphorus, and left ventricular structure and function in normotensive hemodialysis patients. Ren Fail 2001 ; 23 : 115-126.
P.199 掲載の参考文献
P.204 掲載の参考文献
2) 富田真佐子ほか. 血清尿酸値の変動が生命予後に及ぼす影響-固定集団の長期追跡調査. プリン・ピリミジン代謝 1998 ; 22 : 133-139.
3) 箱田雅之ほか. 心血管疾患リスクファクターとしての尿酸値の意義 : 原爆被爆者の長期追跡調査による解析. 痛風と核酸代謝 2000 ; 24 : 61.
10) 藤森新. 高尿酸血症の薬物治療. 医薬の門 2007 ; 47 : 44-50.

5章 心腎保護を目指した治療戦略を理解する

P.213 掲載の参考文献
P.215 掲載の参考文献
1) Ellison DH. Diuretic therapy and resistance in congestive heart failure. Cardiology 2001 ; 96 : 132-143.
P.223 掲載の参考文献
P.231 掲載の参考文献
1) Parving HH, et al. The effect of irbesartin on the development of diabetic nephropathy in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 2001 ; 345 : 870-878.
6) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 (編). 高血圧治療ガイドライン 2009. 日本高血圧学会, 2009.
7) 日本腎臓学会 (編). CKD診療ガイド 2009. 東京 : 東京医学社 ; 2009.
8) 日本腎臓学会 (編). エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン 2009. 東京 : 東京医学社 ; 2009.
12) 日本腎臓学会・日本高血圧学会 (編). CKD診療ガイド-高血圧編. 東京 : 東京医学社 ; 2008.
P.237 掲載の参考文献
P.241 掲載の参考文献
1) 笠原正登ほか. 急性腎障害 (AKI) の保存的診療-造影剤腎症. Intensivist 2009 ; 1 : 543-550.
2) Kasahara M, et al. Ameliorated glomerular injury in mice overexpressing brain natriuretic peptide with renal ablation. J Am Soc Nephrol 2000 ; 11 : 1691-1701.
3) Suganami T, et al. Overexpression of brain natriuretic peptide in mice ameliorates immune-mediated renal injury. J Am Soc Nephrol 2001 ; 12 : 2652-2663.
P.249 掲載の参考文献
2) Morikawa M, et al. Effects of moderate hyperkalemia on sinus node. Evaluation in anesthetized dogs. ASAIO Trans 1990 ; 36 : 40-42.
5) Patfrey PS, et al. The clinical course of left ventricular hypertrophy in dialysis patients. Nephron 1990 ; 55 : 114-120.
6) 相澤義房, 筒井牧子. 透析患者の不整脈の診断. 透析患者の循環器合併症-その管理と治療のこつ. 東京 : 中外医学社 ; 1997.
P.255 掲載の参考文献
1) 日本腎臓病学会 (編). CKD診療ガイド 2009. 東京 : 東京医学社 ; 2009.
2) 日本動脈硬化学会 (編). 脂質異常症治療ガイド 2008年度版. 東京 : 協和企画 ; 2008.
3) Benson D, et al. Chronic kidney disease and statins : Improving cardiovascular outcomes. Curr Atherosclerosis Rep 2009 ; 11 : 301-308.
5) 前田真貴子ほか. 治療薬の代謝と薬物相互作用. 山下静也 (編). 脂質異常症. 大阪 : 最新医学社 ; 2008. pp.335-343.
6) 日本動脈硬化学会 (編). 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年度版. 東京 : 協和企画 ; 2008.
P.260 掲載の参考文献
3) 椿原美治ほか. 図解CRA症候群. 大阪 : 医薬ジャーナル社 ; 2008.
P.262 掲載の参考文献
P.268 掲載の参考文献
P.273 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...