専門医のための精神科臨床リュミエール15 難治性精神障害へのストラテジー

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2010-03-20
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784521731292
シリーズ: 専門医のための精神科臨床リュミエール
電子書籍版: 2010-03-20 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

7,480 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

7,480 円(税込)

商品紹介

治療薬に反応しない,副作用がひどい,コンプライアンスが悪い,衝動的・短絡的で行動異常を頻繁に起こす,などなど,精神科臨床医は日頃から治療に難渋する「難治性」「治療抵抗性」の患者と相対しなければならない。本書では,治療者および患者にとって満足のいく治療効果が得られにくい疾患・病態について,精神医学各分野の第一人者がその捉え方・考え方,克服の戦略を解説する。

目次

  • 専門医のための精神科臨床リュミエール15
    難治性精神障害へのストラテジー

    ―目次―

    I.難治性、治療抵抗性とは?

    II. さまざまな難治性精神障害とその取り組みの実際
     1.治療抵抗性統合失調症とその治療
     2.アルコール・薬物依存
     3. 双極うつ病への対応
     4.非定型うつ病
     5.血管性うつ病
     6,強迫性障害ーいわゆる難治例とその対応
     7.発達障害(小児)
     8.発達障害(成人)
     9. 高次脳機能障害 脳外傷を中心に
     10. 境界性パーソナリティ障害
     11.認知症における周辺症状
     12. 精神科医にとっての難治てんかん
     13. PTSD
     14.電気けいれん療法(ECT)の適応と限界

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I 難治性, 治療抵抗性とは

P.10 掲載の参考文献
4) 稲垣中, 八木剛平, 内村英幸. 治療抵抗性分裂病-その疫学と治療. 精神医学 1999 ; 41 : 570-576.
7) Thase ME. The clinical, psychosocial, and pharmacoeconomic ramifications of remission. Am J Manag Care 2001 ; 7 (11 Suppl) : S377-S385.
12) 稲垣中, 不破野誠一. 国立精神病院・療養所の入院患者における治療抵抗性統合失調症の実態調査. 第13回日本臨床精神神経薬理学会, 弘前市, 2003.
13) National Institute for Clinical Excellence. Clinical Guideline 1. Schizophrenia : Care Interventions in the Treatment and Management of Schizophrenia in Primary and Secondary Care. London : NICE ; 2002.

II さまざまな難治性精神障害とその取り組みの実際

P.32 掲載の参考文献
1) 稲垣中. 臨床実地におけるclozapine. 臨床精神薬理 2006 ; 9 : 397-406.
2) 稲垣中. 治療抵抗性統合失調症の歴史的変遷. 臨床精神薬理 2009 ; 12 : 1349-1361.
3) 日本臨床精神神経薬理学会クロザピン検討委員会. クロザピン (クロザリル(R)) 適正使用ガイダンス. 東京 : 協和企画 ; 2009.
4) クロザリル(R) 25 mg 錠, クロザリル(R) 100 mg 錠添付文書 http://www.novartis.co.jp/product/clo/pi/pi_clo.pdf
5) 稲垣中. 精神分裂病治療における抗精神病薬の多剤併用に関する日本と諸外国との比較. 臨床精神薬理 2001 ; 4 : 1381-1388.
6) 角田健一, 稲垣中. 統合失調症治療におけるhaloperidolの至適用量. 臨床精神薬理 2005 ; 8 : 1185-1190.
8) Sandoz Research Institute. Double-blind comparative evaluation of oral clozaril versus chlorpromazine plus benztropine in treatment-resistant schizophrenic patients who have failed on haloperidol plus benztropine. Study No 100-129-30. East Hannnover, NJ, April 8, 1985.
10) Argo TR, et al. Texas medication algorithm project : Procedural manual : Schizophrenia treatment algorithms. 2008. http://www.dshs.state.tx.us/mhprograms/pdf/SchizophreniaManual_060608.pdf
13) Miller AL, et al. TIMA Procedural Manual : Schizophrenia Module. 2003.
14) Taylor D, Paton C, Kerwin R. The Maudsley Prescribing Guidelines, 9th edition. London : Informa Healthcare ; 2007.
ノバルティスファーマ株式会社のwebページ <http://www.clozaril.jp/m_medical/index.html>
稲垣中. 臨床実地におけるclozapine. 臨床精神薬理 2006 ; 9 : 397-406.
P.47 掲載の参考文献
1) 薬物乱用・依存等の疫学的研究及び中毒性精神病患者等に対する適切な医療のあり方についての研究班 (主任研究者 : 和田清). 平成10年度厚生科学研究費補助金 (医薬安全総合研究事業) 研究報告書. 1999. p187.
2) 成人の飲酒実態と関連問題の予防に関する研究 : 厚生労働省科学研究費補助金総括研究報告書 (主任研究者 : 樋口進). 2004.
3) 松本俊彦. 薬物依存症の治療 : 覚醒剤依存症に対する統合的外来治療プログラムの試み. 日本アルコール精神医学会雑誌 2009 ; 16 : 11-18.
4) Victor M, Wolfe SM. Causation and treatment of the alcohol withdrawal syndrome. In : Browne PG, et al (eds). Alcoholism. New York : Academic Press ; 1973. pp137-149.
5) Victor M, Adams RD. The effect of alcohol on the nervous system. Assoc Res Nerv Ment Dis Res Publ 1978 ; 32 : 526-573.
8) Miller WR, Rollnick S (松島義博, 後藤惠訳). 動機づけ面接法. 東京 : 星和書店 ; 2007.
9) 猪野亜朗. アルコール性臓器障害と依存症の治療マニュアル. 東京 : 星和書店 ; 1996. pp171-198.
10) 広瀬秀雄. 内科医・関連スタッフが配慮すべきこと. 猪野亜朗ほか (編). アルコール依存症とその予備軍. 大阪 : 永井書店 ; 2003. pp153-155.
11) 小沼杏坪. 覚せい剤依存と関連精神障害. 佐藤光源ほか (編). 臨床精神医学講座 第8巻 薬物・アルコール関連障害. 東京 : 中山書店 ; 1999. pp236-253.
Miller WR, Rollnick S (松島義博, 後藤惠訳). 動機づけ面接法. 東京 : 星和書店 ; 2007.
猪野亜朗. アルコール性臓器障害と依存症の治療マニュアル. 東京 : 星和書店 ; 1996.
猪野亜朗, 高瀬幸次郎, 渡邉省三 (編). アルコール依存症とその予備軍. 大阪 : 永井書店 ; 2003.
独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センターホームページ 情報ボックス アルコール関連分野 http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/J1.html
e-ヘルスネット 情報提供 アルコール http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/index.html
厚生労働省 : 成人の飲酒実態と関連問題の予防について http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/houkoku/061122b.html
P.60 掲載の参考文献
1) Geddes JR, et al. Lithium plus valproate combination therapy versus monotherapy for relapse prevention in bipolar I disorder (BALANCE) : A randomized open-label trial. Lancet : Published Online December 23, 2009 DOI : 10.1016/S0140-6736 (09) 61828-6
8) 坂元薫. 単極うつ病との関連-双極スペクトラム概念の臨床的意義を探る. 大森哲郎 (編). 専門医のための精神科臨床リュミエール 6 双極性障害. 東京 : 中山書店 ; 2008. pp54-69.
9) 坂元薫. 双極スペクトラム障害の治療. 精神経誌 2009 ; 111 : 638-646.
11) 笠原嘉. うつ病の病前性格について. 笠原嘉 (編). 躁うつ病の精神病理 1. 東京 : 弘文堂 ; 1976.
13) 坂元薫. 気分障害における 病前性格の生物学的意義. 精神科 2002 ; 1 : 433-443.
17) Hirschfeld RMA, et al. Practice Guideline for the Treatment of Patients with Bipolar Disorder, 2nd edition. Washington DC : American Psychiatric Association ; 2002. (http://www.psych.org/)
31) Sachs GS, et al. A double-blind trial of bupropion versus desipramine for bipolar depression. J Clin Psychiatry 1994 ; 55 : 391-393.
35) McIntyre RS, et al. The antidepressant effects of risperidone and olanzapine in bipolar disorder. Can J Clin Pharmacol 2004 ; 11 (2) : 218-226.
36) 辻敬一郎, 田島治. 双極うつ病-新たな治療戦略の登場. 臨床精神薬理 2005 ; 8 : 307-315.
37) Hirschfeld RMA, et al. Practice guideline for the treatment of patients with bipolar disorder, 2nd edition. Washington DC : American Psychiatric Association ; 2002. (http://www.psych.org/)
41) 坂元薫. 気分障害 (うつ病・躁うつ病). 林直樹 (編). 専門医のための精神科臨床リュミエール 9 精神科診療における説明とその根拠. 東京 : 中山書店 ; 2009. pp40-55.
日本うつ病学会双極性障害委員会 : 躁うつ病 (双極性障害) を正しく理解していただくための解説書. 躁うつ病 (双極性障害) とつきあうために. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/index.html
神庭重信, 坂元 薫, 樋口輝彦. 気分障害の臨床-エビデンスと経験. 東京 : 星和書店 ; 1999.
Goodwin FK, Jamison KR. Manic-Depressive Illness. Second Edition. New York ; Oxford University Press : 2007.
P.73 掲載の参考文献
2) 貝谷久宣, 宮前義和. パニック障害における抑うつ状態 パニック性不安うつ病 (1) 頻度と症状. 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). パニック障害研究最前線. 東京 : 日本評論社 ; 2000. pp55-78.
3) 貝谷久宣. パニック障害における性格変化. 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). パニック障害の精神病理学. 東京 : 日本評論社 ; 2002. pp41-74.
4) 貝谷久宣. パニック性不安うつ病-不安・抑うつ発作を主徴とするうつ病. 心療内科 2008 ; 12 (1) : 30-37.
5) 貝谷久宣, 林恵美. パニック障害と非定型うつ病. 樋口輝彦, 久保木富房, 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). うつ病の亜型分類. 東京 : 日本評論社 ; 2003. pp41-59.
7) Klein DF, et al. Chronic Dysphoria. In : Diagnosis and Drug Treatment of Psychiatric Disorders : Adalt and Children, 2nd edition. Baltimore/London : William & Wilkins ; 1980. pp243-250.
9) 貝谷久宣. はじめに. 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). 非定型うつ病. 東京 : 日本評論社 ; 2008. ppi-v.
22) 貝谷久宣 (訳). 非定型うつ病診断スケール (ADDS). 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). 非定型うつ病. 東京 : 日本評論社 ; 2008. pp167-175.
25) 貝谷久宣. 不安・抑うつ発作-見過ごされていた症状. 不安障害研究 2009 ; 1 : 42-48.
26) Thase ME, et al. Clinical siginificance of reversal vegetative subtype of recurrent depression. Psychopharmacol Bull 1991 ; 27 : 17-22.
30) 貝谷久宣. 非定型うつ病. 東京 : 第6回日本うつ病学会 ; 2009.
31) 貝谷久宣. 「非定型うつ病」の診断はなぜ使われないのか. 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 (編). 非定型うつ病. 東京 : 日本評論社 ; 2008. pp21-60.
32) 貝谷久宣. きまぐれ「うつ」病-誤解される非定型うつ病. ちくま新書. 東京 : 筑摩書房 ; 2007.
34) Stahl SM. Multifunctional Antidepressants : Combining several mechanisms of action to enhance efficacy and reduce side effects. ミルザタピン発売記念大阪講演会. 2009.11.11. ヒルトン大阪
P.83 掲載の参考文献
9) Robinson RG. The Clinical Neuropsychiatry of Stroke. Cambridge : Cambridge University Press ; 1998/遠藤俊吉, 木村真人 (監訳). 脳卒中における臨床神経精神医学. 東京 : 星和書店 ; 2002.
10) 木村真人. 卒中後/血管性うつ病. 脳と精神の医学 2006 ; 17 : 231-241.
P.97 掲載の参考文献
1) 松永寿人, 前林憲誠, 切池信夫. 強迫性障害 (Obsessive-Compulsive Disorder ; OCD) の多様性と分類システムの検討-その変遷と現況, そして問題点. 精神経誌 2008 ; 110 (3) : 161-174.
3) Koran LM, et al. Practice guideline for the treatment of patients with obsessivecompulsive disorder. Am J Psychiatry 2007 ; 164 (Suppl) ; 1-56.
4) March J, et al. Expert consensus guidelines ; Treatment of obsessive-compulsive disorder. J Clin Psychiatry 1997 ; 58 (Suppl 4) : 1-72/大野裕 (訳). エキスパートコンセンサスガイドラインシリーズ-強迫性障害 (OCD) の治療. 東京 : ライフ・サイエンス ; 1999.
7) 松永寿人. 強迫性障害に対する現在の薬物療法 ; その実際と効果予測. 臨床精神薬理 2009 ; 12 (9) : 1923-1932.
8) 越野好文. 不安障害における薬と精神療法. 精神療法 2009 ; 35 (4) : 442-450.
松永寿人, 切池信夫. 重症の強迫性障害患者に対する入院治療. 精神科治療学 2000 ; 15 (7) : 779-786.
松永寿人, 切池信夫. DSM-V における強迫性障害 (obsessive compulsive disorder) の診断基準改定の動向. 精神科診断学 2008 ; 1 (1) : 15-27.
渡邉昌祐. SSRIプロファイルの違いとその使い分け. 臨床精神薬理 2007 ; 10 : 295-307.
飯倉康郎. 強迫性障害の治療ガイド. 大阪 : 二瓶社 ; 1999.
山上敏子. 行動療法 2. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 1997. pp1-36.
Matsunaga H, et al. The clinical utility of symptom dimensions in obsessive-compulsive disorder. Psychiatr Res (in press)
P.109 掲載の参考文献
1) Kleinman A. The illness nerrative : Suffering, Healing and Human Condition. New York : Basic Books ; 1988/江口重幸ほか (訳). 病いの語り 慢性の病いをめぐる臨床人類学. 東京 : 誠信書房 ; 1996.
2) 山崎晃資. 成人期における診断と就労支援の課題. そだちの科学 2009 ; 13 : 136-138.
3) 市川宏伸. 発達障害の診断と治療. 市川宏伸, 内山登紀夫 (編). 発達障害ケースブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2009. p1.
4) 小倉清. 愛着・甘えと子どもの精神科臨床. そだちの科学 2006 ; 7 : 123-125.
5) 末吉景子. えっくんと自閉症-ABAアメリカ早期療育の記録-. 東京グラフ社 ; 2009.
6) Kushner H. When Bad Things Happen to Good People, 2nd edition. New York : Schocken Books ; 1989/斎藤武 (訳). なぜ私だけが苦しむのか 現代のヨブ記. 東京 : 岩波書店 ; 2008.
7) 中島洋子. 親自身に自閉症スペクトラムまたはその傾向のある場合. 児童心理臨時増刊 906, 142-146. 2009.
8) 浅井朋子ほか. 高機能広汎性発達障害の母子例への対応. 小児の精神と神経 2005 ; 45 (4) : 353-362.
9) 吉野源三郎. 君たちはどう生きるか. 東京 : 岩波書店 ; 1982.
10) 樹村みのり. おとうと-弟-. 菜の花畑 (編). 樹村みのり作品集 菜の花畑のむこうとこちら. 東京 : ヘルスワーク協会 ; 1999. pp239-259.
11) 臺弘. 解説. 分裂病の生活臨床. 東京 : 創造出版 ; 1978. pp1-7.
12) 臺弘. 精神医学の思想, 第3版. 東京 : 創造出版 ; 2006.
海津敦子. 発達に遅れのある子の親になる-子どもの「生きる力」を育むために. 東京 : 日本評論社 ; 2002.
クシュナー HS. なぜ私だけが苦しむのか-現代のヨブ記. 齊藤武 (訳). 岩波現代文庫. 東京 : 岩波書店 ; 2008.
吉川かおり : 発達障害のある子どものきょうだいたち-大人へのステップと支援. 東京 : 生活書院 ; 2008.
ウエルズ HG. 盲人国. タイムマシン所収. 橋本槇矩 (訳). 岩波文庫. 東京 : 岩波書店 ; 1991.
ミルトン・メイヤロフ. ケアの本質-生きることの意味. 田村真, 向野宜之 (訳). 東京 : ゆみる出版 ; 2006.
柳澤桂子. 認められぬ病-現代医療への根源的問い. 中公文庫. 東京 : 中央公論社 ; 1998.
P.122 掲載の参考文献
1) 特集 アスペルガー症候群と統合失調症辺縁群. 精神科治療学 2008 ; 23 (2) : 125-238.
1) 大野 裕 : こころが晴れるノート. 東京 : 創元社 ; 2003.
2) 平木典子. 図解 自分の気持ちをきちんと伝える技術. 東京 : PHP研究所 ; 2007.
2) 特集 成人期のアスペルガー症候群・I. 精神医学 2008 ; 50 (7) : 641-688.
3) Alberto PA, Troutman AC. Applied Behavior Analysis for Teachers, 5th edition. /佐久間徹, 谷晋二, 大野裕史 (訳). はじめての応用行動分析, 日本語版第2版. 大阪 : 二瓶社 ; 2004.
3) 特集 成人期のアスペルガー症候群・II. 精神医学 2008 ; 50 (8) : 749-799.
4) おかあさんのための感覚統合療法. http://home4.highway.ne.jp/matsu1/
4) 特集 成人期臨床における広汎性発達障害. 臨床精神医学 2008 ; 37 (12) : 1511-1586.
5) Berg IK. Family Based Services : A solution-focused approach. 1994/磯貝希久子 (監訳). 家族支援ハンドブック ソリューション・フォーカスト・アプローチ. 東京 : 金剛出版 ; 1997.
5) 特集 発達障害者支援のこれから-自閉症とアスペルガー症候群を中心に. 精神科治療学 2009 ; 24 (10) : 1161-1275.
6) 佐々木正美, 梅永雄二 (監修). 大人のアスペルガー症候群. 東京 : 講談社 ; 2008.
6) 兼田康宏ほか : 統合失調症認知機能評価尺度 日本語版 (BACS-J). 2008 ; 精神医学 50 : 913-917.
7) 佐々木正美 (監修). 健康ライブラリーイラスト版. 自閉症のすべてがわかる本. 東京 : 講談社 ; 2007.
7) 東豊. セラピスト入門 システムズアプローチへの招待. 東京 : 日本評論社 ; 1993.
8) Miller WR, Rollnick S (松島義博, 後藤恵訳). 動機づけ面接法. 東京 : 金剛出版 ; 2007.
8) 佐々木正美 (監修). 健康ライブラリーイラスト版. AD/HDのすべてがわかる本. 東京 : 講談社 ; 2006.
9) 中村干城, 井出孝樹, 田中 祐. 都立精神保健福祉センターにおける広汎性発達障害のコミュニケーション・トレーニング・プログラムについて. デイケア実践研究 2008 ; 12 (2) : 65-72.
10) 野中猛, 高室成幸, 上原久. ケア会議の技術. 東京 : 中央法規出版 ; 2007.
11) Frankel AJ, Gelman SR. Case Management : An Introduction to Concepts and Skills, 2nd edition. Chicago : Lyveum Books ; 2004/野中猛 (監訳). ケースマネジメントの技術. 東京 : 金剛出版 ; 2006.
Asperger H (油井邦雄 訳). 児童期の自閉的精神病質. 精神科治療学2008 ; 23 : 229-238.
World Health Organization. International Classification of Functioning, Disability and Health. Geneva : World Health Organization ; 2001/厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課. 国際生活機能分類-国際障害分類 改訂版. 2002. http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html
Medalia A, Revheim N, Herlands T. Remediation of Cognitive Deficits in Psychiatric Patients. /中込和幸, 最上多美子 (監訳). 「精神疾患における認知機能障害の矯正法」臨床家マニュアル. 東京 : 星和書店 ; 2008.
P.140 掲載の参考文献
1) 中島八十一, 寺島彰 (編). 高次脳機能障害ハンドブック 診断・評価から自立支援まで. 東京 : 医学書院 ; 2006.
2) Richardson JTE. Mechanisms of structural pathology. In : Clinical and Nneuropsychological Aspects of Closed Head Injury, 2nd edition. Philadelphia : Psychology Press ; 2000. pp39-71.
3) 立神粧子. ニューヨーク大学医療センター・ラスク研究所における脳損傷者通院プログラム. 総合リハ 2006 ; 34 : 487-492.
4) 先崎章. 高次脳機能障害. 精神医学・心理学的対応ポケットマニュアル. 東京 : 医歯薬出版 ; 2009.
5) Eames PG. Distinguishing the neuropsychiatric, psychiatric, and psychological consequences of acquired brain injury. In : Wood RLl, Mcmillan TM (eds). Neurobehavioural Disability and Social Handicap Following Traumatic Brain Injury. Philadelphia : Psychology Press ; 2001. pp29-45.
6) Silver JM, et al. Psychopharmacology. In : Silver JM, et al (eds). Textbook of Traumatic Brain Injury. Washington DC : American Psychiatry Publishing ; 2005. pp609-639.
8) Warden DL, Labbate LA. Posttraumatic stress disorder and other anxiety disorders. In : Silver JM, et al (eds). Textbook of Traumatic Brain Injury. Washington DC : American Psychiatry Publishing ; 2005. pp231-243.
9) Robinson RG, Jorge RE. Mood disorders. In : Silver JM, et al (eds). Textbook of Traumatic Brain Injury. Washington DC : American Psychiatry Publishing ; 2005. pp201-212.
10) Stuss DT, et al. Differentiation of states and causes of apathy. In : Borod JC (ed). The Neuropsychology of Emotion. Oxford : Oxford University Press ; 2000. pp340-363.
12) Carlson NR. Physiology of Behavior, 9th edition. 2007/泰羅雅登, 中村克樹 (監訳). 反応パターンとしての情動. 第2版カールソン神経科学テキスト, 脳と行動. 東京 : 丸善 ; 2008. pp368-385.
14) 三村將. 社会的行動障害への介入法-精神医学的観点からの整理. 高次脳機能研究 2009 ; 29 : 26-33.
橋本圭司. 高次脳機能障害. PHP 新書. 東京 : PHP研究所 ; 2007.
山鳥重ほか. 高次脳機能障害マエストロシリーズ 1 基礎知識のエッセンス. 東京 : 医歯薬出版 ; 2007.
先崎章. 高次脳機能障害. 精神医学・心理的対応ポケットマニュアル. 東京 : 医歯薬出版 ; 2009.
Miller RL, Cummings JL (eds). The human frontal lobes-Functions and disorders, 2nd edition. New York : The Guilford Press ; 2007.
泰羅雅登, 中村克樹 (監訳). 第2版カールソン神経科学テキスト, 脳と行動. 東京 : 丸善 ; 2008.
名古屋市総合リハビリテーションセンター高次脳機能障害 http://nagoya-rehab.or.jp/kojinosien/index.html
高次脳機能障害支援モデル事業 (国立障害者リハビリテーションセンター) http://www.rehab.go.jp/ri/brain/index.shtml
大阪脳損傷リハビリテーションネットワーク http://www.gulf.or.jp/~yuter/index.html
堺脳損傷協会 http://www.nayaclinic.com/bias/
P.152 掲載の参考文献
2) Herman JL. Trauma and Recovery. New York : Basic Books ; 1992/中井久夫 (訳). 心的外傷と回復. 東京 : みすず書房 ; 1996. pp181-201.
4) 牛島定信. 境界性パーソナリティ障害の日本版治療ガイドライン. 牛島定信 (編). 境界性パーソナリティ障害 日本版治療ガイドライン. 東京 : 金剛出版 ; 2008. pp25-52.
5) American Psychiatric Association. Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorder, 4th edition, Text Revision. Washington DC : APA ; 2000/高橋三郎, 大野裕, 染谷俊幸 (訳). DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル. 東京 : 医学書院 ; 2002.
6) 平島奈津子, 上島国利, 岡島由佳. 境界性パーソナリティ障害の薬物療法. 牛島定信 (編). 境界性パーソナリティ障害 日本版治療ガイドライン. 東京 : 金剛出版 ; 2008. pp135-152.
7) American Psychiatric Association. Practice guideline for the treatment of patients with borderline personality disorder. Am J Psychiatry 2001 ; 158 (Suppl).
9) Linehan MM. Cognitive-behavioral treatment of borderline personality disorder. New York : Guilford Press ; 1993/大野裕 (監訳). 境界性パーソナリティ障害の弁証法的行動療法DBTによるBPDの治療. 東京 : 誠信書房 ; 2007.
10) Bateman A, Fonagy P. Psychotherapy for borderline personality disorder. Mentalization-based treatment. London : Oxford University Press ; 2004/狩野力八郎, 白波瀬丈一郎 (監訳). メンタライゼーションと境界性パーソナリティ障害MBTが拓く精神分析的精神療法の新たな展開. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 2008.
山中康裕, 森省二. 境界例の精神病理. 現代のエスプリ「境界例の精神病理」1982 ; 175 : 5-23.
Gunderson JG. Borderline Personality Disorder : A Clinical Guide. Washington DC : American Psychiatric Publishing ; 2001/黒田章史 (訳). 境界性パーソナリティ障害 クリニカルガイド. 東京 : 金剛出版 ; 2006.
牛島定信 (編). 境界性パーソナリティ障害 日本版治療ガイドライン. 東京 : 金剛出版 ; 2008.
Linehan MM. Cognitive-behavioral treatment of borderline personality disorder. New York : Guilford Press ; 1993/大野裕 (監訳). 境界性パーソナリティ障害の弁証法的行動療法DBTによるBPDの治療. 東京 : 誠信書房 ; 2007.
Bateman A, Fonagy P. Psychotherapy for borderline personality disorder. Mentalization-based treatment. London : Oxford University Press ; 2004/狩野力八郎, 白波瀬丈一郎 (監訳). メンタライゼーションと境界性パーソナリティ障害MBTが拓く精神分析的精神療法の新たな展開. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 2008.
Clarkin JF, Yeomans FE, Kernberg OF. Psychotherapy for borderline personality. Focusing on object relations. Washington DC : American Psychiatric Publishing ; 2006.
P.162 掲載の参考文献
1) 中村祐. 認知症. 病気とくすりの説明ガイド 2007. 薬局増刊号 2007 ; 58 (4) : 437-448.
2) 星恵子 (責任編集). 臨床医薬品集 2009. 東京 : 薬事日報社 ; 2009. pp594-595.
3) McEvoy JP, Scheifler PL, Frances A (eds). The Expert Consensus Guidelines(TM) : Treatment of Schizophrenia. J Clin Psychiatry 1999 ; 60 (Suppl 11).
4) 白川治. 老年者に対する抗うつ薬の選び方と治療の実際-新規抗うつ薬をどう使い分けるか-老年期うつ病の薬物療法の実際. Geriatric Medicine 2002 ; 40 : 451-459.
5) 上島国利, 小山司, 樋口輝彦 (編). SNRIのすべて. 東京 : 先端医学社 ; 2002. pp192-204.
6) 星恵子 (責任編集). 臨床医薬品集 2009. 東京 : 薬事日報社 ; 2009. pp562-563.
P.175 掲載の参考文献
1) 兼本浩祐, 大島智弘. てんかんとco-morbidity. Prog Med 2008 ; 28 : 2142-2147.
2) 兼本浩祐. てんかん学ハンドブック (第二版). 東京 : 医学書院 ; 2006.
3) 兼本浩祐. てんかん. 上島国利 (監). 児童期精神障害. 精神科臨床ニューアプローチ 7 東京 : メジカルビュー社 ; 2005. pp42-50.
9) Kanemoto K. Is there really epileptic psychosis? In : Kanner AM, Schachter SC (eds). Psychiatric Controversies in Epilepsy. New York : Elsvier ; 2008.
P.184 掲載の参考文献
3) American Psychiatric Association. Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 4th edition. Washington DC : American Psychiatric Association ; 1994.
5) National Institute of Clinical Excellence. Post-traumatic stress disorder (PTSD) : The management of PTSD in adults and children in primary and secondary care. National Institute of Clinical Excellence ; 2005.
21) Janet P. L'automatisme psychologique. Paris : Felix Alcan ; 1889.
30) The International Psychopharmacology Algorithm Project. IPAP--Post-Traumatic Stress Disorder (PTSD) Algorithm. 2006. /金吉晴, 原恵利子 (訳). PTSD薬物療法アルゴリズム. 東京 : メディカルフロントインターナショナル ; 2007. http://www.ipap.org/ptsd/index.php
31) National Academy of Sciences. Treatment of Posttraumatic Stress Disorder : An Assessment of the Evidence. 2007.
33) Foa EB, Hembree EA, Rothbaum BO. Prolonged Exposure Therapy for PTSD. Oxford : Oxford University Press ; 2007. /金吉晴, 小西聖子 (監訳). PTSDの持続エクスポージャー療法 トラウマ情動処理のために. 東京 : 星和書店 ; 2009.
P.197 掲載の参考文献
10) 塩田勝利, 福地貴彦, 西嶋康一. 強迫性障害の電気けいれん療法. 精神医学 2007 ; 22 : 647-652.
11) 諏訪浩. パーキンソン病に対するECT. 首都圏ECTネットワーク第1回研究会. 東京. 2009.
12) 土井永史ほか. 電気痙攣療法の痛み治療への応用-適応と留意点. ペインクリニック 2003 ; 24 : 1151-1159.
日本精神神経学会電気けいれん療法の主義と適応基準の検討小委員会 (監訳). 米国精神医学会タスクフォースレポート. ECT実践ガイド. 東京 : 医学書院 ; 2002.
Royal College of Psychiatrists. The ECT Handbook ; The Second Report of the Royal College of Psychiatrists' Special Committee on ECT. London : Royal College of Psychiatrists ; 1995.
本橋伸高. ECTマニュアル-科学的精神医学をめざして. 東京 : 医学書院 ; 2000.
Ottosson JO, Fink Ma (中村満訳). 電気けいれん療法の実践的倫理. 東京 : 星和書店 ; 2006.
Abrams R (一瀬邦弘, 本橋伸高, 中村満訳). 電気けいれん療法 (Electroconvulsive Therapy). 東京 : へるす出版 ; 2005.

最近チェックした商品履歴

Loading...