絶対わかる 抗菌薬はじめの一歩

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2010-04-01
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784758106863
電子書籍版: 2010-04-01 (第13刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,564 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,564 円(税込)

商品紹介

「抗菌薬は覚えることが多すぎる…」とお悩みの研修医の方,必読!必須知識を超厳選,ポイントが一目でわかるからみるみる理解が深まり,演習問題で応用力も鍛えられる!妊婦への投与など,臨床で役立つ付録表付き!

目次

  • 表紙
  • Contents
  • 本書をより有効にお使いいただくために
  • 本書の構成
  • Lecture 1 スッキリわかる感染症へのアプローチ
  • 1. 感染症診療の基本事項
  • 1. 抗菌薬を使用する際の思考プロセス
  • 2. 感染症診療のトライアングル
  • 3. 発熱基本検査セット ( Fever work - up )
  • 4. 培養検体
  • 5. 感染症の分類
  • 6. 抗菌薬の評価法
  • 7. 抗菌薬を投与する場合の留意点
  • 2. 抗菌薬の基本事項
  • 1. 抗菌薬の表記方法
  • 2. 抗菌薬の作用メカニズム
  • 3. 抗菌薬を理解するうえでのポイント
  • 4. 抗菌薬の薬物動態 ( PK - PD ) における分類
  • 5. 抗菌薬の諸外国における標準的使用量と国内の保険適用量
  • 6. 抗菌薬の併用について
  • Lecture 2 これが必須の知識~各抗菌薬の特徴と使い方~
  • 1. ペニシリン系抗菌薬
  • 2. セフェム系抗菌薬とモノバクタム系抗菌薬
  • 3. カルバペネム系抗菌薬
  • 4. グラム陽性球菌カバー薬
  • 5. アミノグリコシド系抗菌薬
  • 6. ニューキノロン系抗菌薬
  • 7. マクロライド系抗菌薬
  • 8. クリンダマイシン
  • 9. テトラサイクリン系抗菌薬
  • 10. メトロニダゾール
  • 11. ST合剤
  • いざ実践 ! CaseStudy
  • Case1~5
  • 付録
  • 1. 成人 ( 腎機能が正常な場合 ) における国内の保険適用量と諸外国 ( 米国の例 ) での一般的な投与量
  • 2. 成人における腎機能による抗菌薬の用量調節
  • 3. 妊婦および授乳婦への抗菌薬投与
  • 4. バンコマイシンの適正使用 ( 上級編 ) におけるトラフ値の測定法と用量調節
  • 索引
  • 奥付
  • 本電子書籍に関するご注意

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

本書をより有効にお使いいただくために

P.7 掲載の参考文献
1) 「Principles and Practice of Infectious Diseases 7th Edition」 (Mandell GL, ほか/著), Churchill Livingstone, 2010
1) 「レジデントのための感染症診療マニュアル 第2版」 (青木眞/著), 医学書院, 2007
2) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」(Gilbert DN, ほか/編), Antimicrobial Therapy Inc., 2009 (毎年改定) 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, ライフサイエンス出版, 2009
2) 「Clinical Infectious Disease」 (Schlossberg D/編), Cambridg University Press, 2008
3) Archer GL and Polk RE. Treatment and prophylaxis of bacterial infections.Chapter 118, Section 4 : Approach to therapy for bacterial infections. 「Harrison's Principles of Internal Medicine 16 th Edition」(Dennis LK, ほか/著), p. 789-806, McGwaw-Hill Professional, 2004
3) 「Clinical Infectious Disease」 (Schlossberg D/編), Cambridg University Press, 2008
4) Web上での無料の抗菌薬情報サイト http://hopkins-abxguide.org/
4) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), Antimicrobial Therapy Inc., 2009 (毎年改定) 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, ライフサイエンス出版, 2009
5) 「Mayo Clinic Antimicrobial Therapy」 (Wilson JW , Esters LL/編), Mayo Clinic Scientific Press, 2008
6) www.uptodate.com Version 17.3 (各抗菌薬につき)
7) 「The Washington Manual of Medical Therapeutics 32nd Edition」 (Cooper DH, ほか/編), Lippincott Williams & Wilkins, 2007
8) 米国感染症学会 (Infectious Diseases Society of America : IDSA) の各種ガイドライン http://www.idsociety.org/content.aspx?id=4434#tm (無料ダウンロード可能)

Lecture 2 これが必須の知識~各抗菌薬の特徴と使い方~

P.46 掲載の参考文献
1) 矢野晴美 : ペニシリン系抗菌薬の使い方. 抗菌薬適正使用生涯教育テキスト (日本化学療法学会/編), p. 43-59, 2008
P.50 掲載の参考文献
1) 胆管炎の抗菌薬治療のガイドライン (「Tokyo Guidelines」という, 筆者も関与したガイドライン). J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 : 59-67, 2007 http://www.springerlink.com/content/k4170w575664l851/fulltext.pdf
2) IDSAの合併症を伴う腹腔内感染症の抗菌薬治療のガイドライン. Clin Infect Dis 50 : 133-164, 2010 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/649554 50
P.62 掲載の参考文献
1) IDSAの市中肺炎のガイドライン. Clin Infect Dis 44 : S27-S72, 2007 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/511159
P.63 掲載の参考文献
1) IDSAの細菌性髄膜炎のガイドライン. Clin Infect Dis 39 : 1267-1284, 2004 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/425368
P.81 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th EDITION」(Gilbert DN, ほか/編), p.91, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」,p.158,ライフサイエンス出版,2009
P.87 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
1) American Heart Association感染性心内膜炎の診断, 治療のガイドライン. Circulation 111 : e394-e433, 2005 http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/111/23/e394
2) 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン 2008年改訂版 (日本循環器学会・日本胸部外科学会・日本小児循環器学会・日本心臓病学会合同研究班) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_miyatake_h.pdf
P.90 掲載の参考文献
1) IDSAのカテーテル関連血流感染のガイドライン. Clin Infect Dis 49 : 1-45, 2009 http://www.idsociety.org/WorkArea/showcontent.aspx?id=14602
P.91 掲載の参考文献
1) IDSAの細菌性髄膜炎のガイドライン. Clin Infect Dis 39 : 1267-84, 2004 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/425368
P.92 掲載の参考文献
1) IDSAの尿路カテーテル関連感染のガイドライン. Clin Infect Dis 50 : 625-663, 2010 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/650482
P.96 掲載の参考文献
1) 「Principles and Practice of Infectious Diseases 7th Edition」 (Mandell GL, ほか/著), Churchill Livingstone, 2010
2) 「Harrison's Principles of Internal Medicine」 (Eugane Braunwald, ほか/編), McGwaw-Hill professional, 2004
P.101 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p. 96, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p.166, ライフサイエンス出版, 2009
2) 「Mayo Clinic Antimicrobial Therapy」 (Wilson JW, Esters LL/編), p.79-87, Mayo Clinic Scientific Press, 2008
3) 「The Washington manual of medical therapeutics 31st edition」 (Green GB, ほか/編), p.276-278, Lippincott Williams & Wilkins, 2004
P.103 掲載の参考文献
1) American Heart Association感染性心内膜炎の診断, 治療のガイドライン. Circulation. 111 : e394-e433, 2005 http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/111/23/e394
2) 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン 2008年改訂版 (日本循環器学会・日本胸部外科学会・日本小児循環器学会・日本心臓病学会合同研究班) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_miyatake_h.pdf
P.108 掲載の参考文献
・ CDCによる2006年 性行為感染症ガイドライン (2007年補足分) http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5614a3.htm?s_cid=mm5614a3_e
P.115 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p.194, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p301, ライフサインス出版, 2009
P.117 掲載の参考文献
1) Travel Medicineのガイドライン. Clin Infect Dis 43 : 1499-1539, 2006 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/508782
2) 旅行者下痢症 (Traveler's diarrhea) の総説. Nature Clinical Practice Gastroenterology & Hepatology 2 : 191-198, 2005 http://www.nature.com/nrgastro/journal/v2/n4/pdf/ncpgasthep0142.pdf
P.125 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」, (Gilbert DN, ほか/編), p. 195, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p. 302-303, ライフサイエンス出版, 2009
P.126 掲載の参考文献
P.128 掲載の参考文献
1) IDSAの市中肺炎のガイドライン. Clin Infect Dis 44 : S27-S72, 2007 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/511159
P.130 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p. 118, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド2009 39版」, p.195, ライフサイエンス出版, 2009
1) 米国疾病対策センター (CDC) の性行為感染症のガイドライン 2006 http://www.cdc.gov/std/treatment/2006/rr5511.pdf
2) 米国胸部学会 (ATS) の非定型抗酸菌のガイドライン. Am J Respir Crit Care Med 175 : 367-416, 2007 http://www.idsociety.org/WorkArea/showcontent.aspx?id=9276
2) アジスロマイシン添付文書. ファイザー (株) http://products.pfizer.co.jp/documents/jin/ztm01jin.pdf (2009年11月改訂)
3) アジスロマイシン添付文書. ファイザー (株) http://products.pfizer.co.jp/documents/jin/ztm01jin.pdf (2009年11月改訂)
P.133 掲載の参考文献
P.135 掲載の参考文献
P.138 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p.172, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p.271. ライフサイエンス出版, 2009
2) American Heart Association感染性心内膜炎の予防のガイドライン. Circulation 116 : 1736-1754, 2007 http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/CIRCULATIONAHA.106.183095
3) 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン 2008年改訂版 (日本循環器学会・日本胸部外科学会・日本小児循環器学会・日本心臓病学会合同研究班) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_miyatake_h.pdf
P.139 掲載の参考文献
1) IDSAの皮膚軟部組織感染のガイドライン. Clin Infect Dis 41 : 1373-1406, 2005 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/497143
P.147 掲載の参考文献
1) IDSAの市中肺炎のガイドライン. Clin Infect Dis 44 : S27-S72, 2007 http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/511159
P.150 掲載の参考文献
P.151 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p.196, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版 : 「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p.303, ライフサイエンス出版, 2009
P.155 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL THERAPY 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p.125, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p. 206, ライフサイエンス出版, 2009
P.161 掲載の参考文献
1) 細川直登 : ST合剤およびテトラサイクリンの使い方. 抗菌薬適正使用生涯教育テキスト (日本化学療法学会/編), p.136-145, 2008
P.163 掲載の参考文献

いざ実践 ! CaseStudy

P.169 掲載の参考文献
1) American Heart Association 感染性心内膜炎の診断, 治療のガイドライン. Circulation 111 : e394-e433, 2005 http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/111/23/e394
2) 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン 2008年改訂版 (日本循環器学会・日本胸部外科学会・日本小児循環器学会・日本心臓病学会 合同研究班) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_miyatake_h.pdf
P.173 掲載の参考文献
1) 米国疾病対策センター (CDC) の性行為感染症のガイドライン http://www.cdc.gov/std/treatment/2006/rr5511.pdf
1) 米国疾病対策センター (CDC) の性行為感染症のガイドライン http://www.cdc.gov/std/treatment/2006/rr5511.pdf
2) アジスロマイシンの添付文書. (株) ファイザー http://products.pfizer.co.jp/documents/jin/ztm01jin.pdf
P.187 掲載の参考文献
1) 「THE SANFORD GUIDE TO ANTIMICROBIAL Therapy 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), p. 180-182, Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版「サンフォード感染症治療ガイド 2009 39版」, p. 284, 289, ライフサイエンス出版 , 2009
1) IDSAのカテーテル関連血流感染のガイドライン. Clin Infect Dis 49 : 1-45, 2009 http://www.idsociety.org/WorkArea/showcontent.aspx?id=14602
P.189 掲載の参考文献
1) IDSAカテーテルの関連血流感染のガイドライン. Clin Infect Dis 49 : 1-45, 2009 http://www.idsociety.org/WorkArea/showcontent.aspx?id=14602

付録

P.191 掲載の参考文献
1) 「The Sanford Guide to Antimicrobial Therapy 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版「サンフォード感染症治療ガイド 39版」, ライフサイエンス出版, 2009
P.193 掲載の参考文献
1) 「The Sanford Guide to Antimicrobial Therapy 39th edition」 (Gilbert DN, ほか/編), Antimicrobial Therapy Inc., 2009 翻訳版「サンフォード感染症治療ガイド 39版」, ライフサイエンス出版, 2009
2) 「Clinical Infectious Diseases」 (Schlossberg D/編), p.1457-1498, Cambridge University Press, 2008
3) 「Principles and Practice of Infectious Diseases Seventh edition」 (Mandell, ほか/編), p. 720-721, Churchill Livingstone, 2010
P.199 掲載の参考文献
1) 「Clinical Infectious Diseases」 (Schlossberg D/編), p. 1457-1498, Cambridge University Press, 2008
2) www.uptodate.com version 17.3, accessed on February 15, 2010

最近チェックした商品履歴

Loading...