循環器臨床サピア 10 心電図パーフェクトガイド

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2010-08-25
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784521731704
シリーズ: 循環器臨床サピア
電子書籍版: 2010-08-25 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

11,880 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

11,880 円(税込)

商品紹介

本書は心電図を活用している臨床医が“再度,基礎から心電図を理解し,さらに臨床に役立てる”ために企画された。趣旨の通り,基礎からきちんと解説してあり,パターン認識で異常波を読んでいた臨床医も,なぜこの病態でこの異常波がでるのか理解できるようになっており,さらに初心者にも大いに役立つ内容である。

目次

  • 表紙
  • 編集者一覧
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • 1章 基本編 - 心電図を前にしたときに
  • 心電図は何を記録しているのか ?
  • [ COLUMN ] Na + - K + 交換系の電流特性
  • [ COLUMN ] 心房再分極波 ( Ta波 )
  • [ COLUMN ] 簡単な電気軸判定法
  • リズム異常の読み方
  • [ COLUMN ] Bachmann束は洞結節からの興奮を左房に伝える
  • [ COLUMN ] 心電図判読にQRS幅はきわめて重要
  • [ COLUMN ] 抗不整脈薬による徐脈頻脈症候群の助長
  • [ COLUMN ] 促進型接合部調律と促進型心室固有調律
  • [ COLUMN ] 房室解離と房室ブロックの違い
  • [ COLUMN ] "上室" の意味するもの
  • [ COLUMN ] 心房静止
  • [ COLUMN ] 心房粗動の分類
  • P波, QRS波, ST部分, T波の読み方
  • [ COLUMN ] 誘導と心室部位
  • [ COLUMN ] 異常Q波類似所見
  • [ COLUMN ] 二次性ST - T変化
  • [ COLUMN ] 心室興奮到達時間
  • [ COLUMN ] 付加誘導
  • [ COLUMN ] Bazettの公式
  • 2章 応用編 - 診断名が絞られてきたときに
  • 弁膜症
  • [ COLUMN ] 重症の大動脈弁閉鎖不全症
  • 先天性心疾患
  • [ COLUMN ] 先天性心疾患と上室性不整脈
  • 狭心症
  • 急性心筋梗塞
  • 後壁梗塞・右室梗塞
  • 脚ブロック時の心筋梗塞
  • 肥大型心筋症
  • [ COLUMN ] 肥大型心筋症 ( HCM ) と心臓性突然死
  • [ COLUMN ] 肥大型心筋症 ( HCM ) の血行動態 = 拡張不全
  • 拡張型心筋症, 二次性心筋症
  • 肺性心, 肺塞栓症
  • 心膜炎, 心筋炎
  • WPW症候群
  • [ COLUMN ] 12誘導心電図のデルタ波から副伝導路部位を推定
  • [ COLUMN ] WPW症候群に合併した心房細動の診断と治療はどうするか ?
  • Brugada型心電図, Brugada症候群
  • [ COLUMN ] 本邦におけるBrugada症候群の心電図自動診断基準
  • QT延長症候群
  • [ COLUMN ] torsade de pointes ( TdP )
  • [ COLUMN ] T wave alternans ( TWA, T波交互脈 )
  • 電解質異常
  • 薬物 ( ジギタリスなど ) による心電図異常
  • [ COLUMN ] I群抗不整脈薬により心電図変化をきたした症例
  • 非心臓病による心電図変化
  • [ COLUMN ] 胸部大動脈瘤と大動脈炎症候群の心電図変化
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 基本編 - 心電図を前にしたときに

P.26 掲載の参考文献
1) Friedman HH. Diagnostic Electrocardiography and Vectorcardiography, 3rd edition. New York : McGraw-Hill book Company ; 1985.
2) MacFarlane PW, Lawrie TDV. Comprehensive Electrocardiology : Theory and Practice in Health and Disease. New York : Pergamon Press ; 1989.
3) de Luna AB. Clinical Electrocardiography : A Textbook. New York : Futura Publishing Company, Inc ; 1993.
4) 倉智嘉久. 心筋細胞イオンチャネル-心臓のリズムと興奮の分子メカニズム. 東京 : 文光堂 ; 2000.
5) 山下武志. 心筋細胞の電気生理学-イオンチャネルから, 心電図, 不整脈へ. 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2002.
P.59 掲載の参考文献
1) 稲葉茂樹ほか. Persistent atrial standstill. 呼吸と循環 1988 ; 36 : 361-369.
1) 倉智嘉久. 心筋細胞イオンチャネル-心臓のリズムと興奮の分子メカニズム. 東京 : 文光堂 ; 2000.
2) 奥村謙. 心房粗動の発症機序 (2) -電気生理学的所見. 早川弘一, 笠貫宏 (編), 心房細動・粗動・頻拍. 東京 : 医学書院. 1999.
2) 山下武志. 心筋細胞の電気生理学-イオンチャネルから, 心電図, 不整脈へ. 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル ; 2002.
3) 櫻田春水. 不整脈薬物治療のゴール. 東京 : メディカルレビュー社 ; 1998. pp.197-228.
3) Dubin D. Ion Adventure in the Heartland : Exploring the Heart's Ionic-Molecular Microcosm. Tampa : Cover Pub Co ; 2003 /高橋尚彦 (訳). イオン・アドベンチャー. 東京 : 文光堂 ; 2008.
4) 橋場邦武. 最新心電図診断学. 東京 : 金原出版 ; 1992.
5) 井上博, 奥村 謙 (編). EPS-臨床心臓電気生理検査, 第2版. 東京 : 医学書院 ; 2007.
6) 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.4 循環器症候群 (第2版) I. 東京 : 日本臨牀社 ; 2007.
7) 早川弘一, 笠貫宏 (編). 心房細動・粗動・頻拍. 東京 : 医学書院 ; 1999.
P.97 掲載の参考文献

2章 応用編 - 診断名が絞られてきたときに

P.108 掲載の参考文献
3) Bonow RO, Braunwald E. Valvular heart disease. In : Zipes DP, et al (editors). Heart Disease, 7th edition. Philadelphia : Elsevier Saunders ; 2005. pp.1553-1632.
4) Mirvis DM, Goldberger AL. Electrocardiography. In : Zipes DP, et al (editors). Heart Disease, 7th edition. Philadelphia : Elsevier Saunders ; 2005. pp.107-151.
6) 井上博. 応用編, 症例19. 井上博 (編). 心電図を読み解く. 東京 : 文光堂 ; 1997. pp.251-253.
7) 井上博. 応用編, 症例4. 井上博 (編). 心電図を読み解く. 東京 : 文光堂 ; 1997. pp.200-202.
P.120 掲載の参考文献
P.128 掲載の参考文献
1) 田邉晃久ほか. ホルター心電図法における虚血ST変化と体位ST変化の鑑別に関する研究. 日本内科学会雑誌 1984 ; 73 : 15-23.
2) 西村恒彦. 心筋血流イメージング, 心筋シンチグラフィー. 石井裕正ほか監. 生体・機能検査のABC. 日本医師会雑誌 1998 ; 120 : S318-S319.
3) 池田隆徳. T-wave alternans. 田邉晃久編. 心臓突然死を予知するための不整脈ノンインベイシブ検査. 東京 : 医学書院 ; 2010. pp.221-240.
P.136 掲載の参考文献
1) 小菅雅美. 虚血性心疾患 : 診断と治療の進歩-心電図検査の役割. 日本内科学会雑誌 2009 ; 98 : 25-32.
2) 小沢友紀雄ほか. 高位後壁梗塞. 五島雄一郎ほか監. 大林完二ほか編. 心電図のABC. 日本医師会雑誌 1989 ; 101 : 66-67.
P.142 掲載の参考文献
1) 小沢友紀雄ほか. 高位後壁梗塞. 五島雄一郎ほか監. 大林完二ほか編. 心電図のABC. 日本医師会雑誌 1989 ; 101 : 66-67.
2) 本宮武司. 心筋梗塞. 高久文麿ほか監. 新臨床内科学第8版. 東京 : 医学書院 ; 2002. pp.497-506.
P.149 掲載の参考文献
1) 田邉晃久. QRS 波幅の異常から何がわかるか. Modern Physicician 2009 ; 29 : 271-278.
2) 兼本成斌ほか. 心電図を易しく理解するために. 五島雄一郎ほか監, 大林完二ほか編. 心電図のABC. 日本医師会雑誌 1989 ; 101 : 1-16.
3) 小沢友紀雄ほか. 心室内伝導障害. 五島雄一郎ほか監, 大林完二ほか編. 心電図のABC. 日本医師会雑誌 1989 ; 101 : 100-105.
P.160 掲載の参考文献
1) 北畠顕, 友池仁暢 (編). 心筋症・診断の手引きとその解説. 厚生労働省難治性疾患克服研究事業特発性心筋症調査研究班 ; 2005.
2) Richardson P, et al. Report of the 1995 World Health Organization/International Society and Federation of Cardiology task force on the definition and classification of cardiomyopathies. Circulation 1996 ; 93 : 841-842.
P.172 掲載の参考文献
1) 河合忠一ほか. 特発性心筋症の診断基準について-アンケート第2次集計報告, 厚生省特定疾患調査研究班昭和50年度研究報告集, 1976 ; 88-99.
2) 古賀義則. 拡張型心筋症の心筋病変をどう読むか. 小川聡 (編), 心電図検査のコツと落とし穴. 東京 : 中山書店 ; 2003. pp.232-233.
3) 木村勝智, 森本紳一郎. 特発性心筋症症候論と心電図所見. 日本臨床 2000 ; 58 : 23-28.
7) 斎藤靖浩ほか. 拡張型心筋症の心電図所見と予後. 心臓 1999 ; 31 : 13-17.
8) 竹中俊宏, 鄭忠和. 6. 鑑別のポイント, e. 心Fabry病. Heart View 2004 ; 8 : 554-558.
P.179 掲載の参考文献
2) World Health Organization. Chronic cor pulmonale : Report of an expert committee. Circulation 1953 ; 27 : 594-615.
P.189 掲載の参考文献
2) 河村慧四郎ほか. ウイルス性あるいは特発性心筋炎に関する全国アンケート調査, 第3報 : 昭和57年度および昭和60年度における調査の集計. 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班昭和60年度研究報告集, 1986. p.23.
P.203 掲載の参考文献
P.213 掲載の参考文献
P.222 掲載の参考文献
P.231 掲載の参考文献
P.236 掲載の参考文献
1) Tonkon MJ, et al. Effect of digitalis on the exercise electrocardiogram in normal adult subjects. Chest 1972 ; 72 : 714-717.
2) 佐原真ほか. ジギタリス効果. 相澤義房ほか (編), 心電図を読む. 東京 : メジカルビュー社 ; 2004. p.116-118.
P.243 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...