脂質異常症診療Q&A

出版社: 日本医学出版
著者:
発行日: 2011-01-11
分野: 臨床医学:一般  >  栄養/食事/輸血
ISBN: 9784902266481
電子書籍版: 2011-01-11 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症の日常診療における様々な疑問点を139のQ&A形式にて第一線の臨床の専門家が解説。冒頭に座談会「ガイドラインを実地診療に活かすには」を掲載。

目次

  • 脂質異常症診療Q&A

    ―目次―

    第1章 脂質異常症治療の基本的な考え方(Q1〜9)
    第2章 脂質異常症の検査・診断(Q10〜30)
    第3章 脂質異常症の食事療法(Q31〜43)
    第4章 脂質異常症の運動療法(Q44〜60)
    第5章 脂質異常症の薬物療法(Q61〜79)
    第6章 原発性高脂血症の治療(Q80〜88)
    第7章 続発性高脂血症の治療(Q89〜95)
    第8章 メタボリックシンドロームに伴う脂質異常症の治療
        (Q96〜100)
    第9章 慢性腎疾患(CKD)疾患に伴う脂質異常症の治療(Q101〜104)
    第10章 脳卒中の脂質異常症の治療(Q105〜108)
    第11章 高齢者の脂質異常症の治療(Q109〜112)
    第12章 女性の脂質異常症の治療(Q113〜116)
    第13章 小児の脂質異常症の治療(Q117〜121)
    第14章 各種疾患に伴う脂質異常症の治療(Q122〜127)
    第15章 脂質異常症治療薬の概説(Q128〜139)
    第16章 脂質異常症キーワード解説

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第3章 脂質異常症の食事療法

P.40 掲載の参考文献
1) 多田紀夫 : 動脈硬化Q & A「検診の結果, 紹介来院した会社員」, J Atherosclr Thromb NEWS & ASCOPE 16 (4) supple (通巻45号) : 9-12, 2009
2) Keys A, Aravanis C, Blackburn H et al : Epidemiological studies related to coronary heart disease : characteristics of men aged 40-59 in seven countries. Acta Med Scand Suppl 460 : 1-392, 1967
6) 多田紀夫 : 多価不飽和脂肪酸と疾患 4) 脂質異常症. 治療学43 (8), 850-6, 2009
P.42 掲載の参考文献
1) 多田紀夫 : 高脂血症治療の新たなステラテジー. 高脂血症の病態と診断. 「高脂血症の発生機序」, 治療82 (5) : 1487-1493, 2000
2) 多田紀夫 : メタボリックシンドロームの治療 : 食事療法 Prog Med 24 (9) : 2242-2248, 2004
P.44 掲載の参考文献
1) 多出紀夫 : HDLの臨床的意義-介入試験の成績から. Therapeutic Res 23 (6) : 1135-1142, 2002
2) 多田紀夫 : 低HDL-コレステロール血症. 臨床と研究78 (5) : 830-836, 2001
3) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版, 日本動脈硬化学会, 東京, 2007
P.45 掲載の参考文献
P.48 掲載の参考文献
P.49 掲載の参考文献
P.51 掲載の参考文献
1) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年版
2) 医歯薬出版 : 臨床栄養 111 (No.1) : 135, 2007
3) 医歯薬出版 : 臨床栄養 110 (No.5) : 605, 2007
4) 医歯薬出版 : 臨床栄養 111 (No.3) : 399, 2007
P.52 掲載の参考文献
1) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年版
2) 医歯薬出版 : 臨床栄養 113 (No.4) : 521-525, 2008
3) 多田紀夫 : その他の非薬物療法 (サプリメントの評価). 日本臨床65 (増刊号7) : 451-457, 2007
4) 厚生労働省 : 平成20年 国民健康栄養調査報告
P.53 掲載の参考文献
1) 医歯薬出版 : 臨床栄養 113 (No.4) : 521-525, 2008
2) 日本臨床 : 65 増刊号7 : 451-457, 2007
3) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年版
P.54 掲載の参考文献
1) 文部科学省 : 五訂増補日本食品標準成分表2005
2) 東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部 : 栄養出納表 2009
3) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年版
4) 薬事日報社 : 機能性食品素材便覧臨床栄養2004年版, 139頁
P.55 掲載の参考文献
P.57 掲載の参考文献
P.59 掲載の参考文献
1) Keys A, Aravanis C, Blackburn H et al : Epidemiological studies related to coronary heart disease : characteristics of men aged 40-59 in seven countries. Acta Med Scand Suppl 460 : 1-392, 1967
4) 日本循環器管理協議会 : 「1980年循環器疾患基礎調査」追跡調査報告書, 35~81, 1995
7) 太田保世 : 理想の食事-武玉川に見る元禄の食事とマクガバン・レポート-. 東海大学出版会, 神奈川, 2009
8) Sekikawa A, Curb JD, Ueshima H et al ; ERA JUMP (Electron-Beam Tomography, Risk Factor Assessment Among Japanese and U. S. Men in the Post-World War II Birth Cohort) Study Group : Marine-derived n-3 fatty acids and atherosclerosis in Japanese, Japanese-American, and white men : a cross-sectional study. J Am Coll Cardiol 52 (6) : 417-24, 2008

第4章 脂質異常症の運動療法

P.61 掲載の参考文献
1) Morris JN et al : Coronary heart disease and physical activity of work. Lancet2 : 1207~1210, 1953
2) Paffenbarger RS Jr et al : Physical activity, all-cause mortality, and longevity of college alum-mi. N Engl J Med 314 : 605~613, 1986
3) Blair SN et al : Physical fitness and all-cause mortality-a prospective study on healthy men and women-. JAMA 262 : 2395~2401, 1989
P.63 掲載の参考文献
P.73 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献
1) 我が国の心疾患患者の学校, 職域, スポーツにおける運動許容条件に関するガイドライン2008年改訂版
2) 上嶋健治 : 先進医療としての心臓. 日内会誌 96 : 2546-2553, 2007
P.76 掲載の参考文献
1) 野村秀樹, 井口昭久 : 運動療法 新老年学 折茂肇編集, p399-404, 東京大学出版, 東京, 2000年6月
P.77 掲載の参考文献
1) American College of Sports Medicine : Guideline for Exercise Testing and Prescription, 4th Ed, Lea & Febiger, Philadelphia, 1991 ; 日本体力医学会体力科学編集委員会 : 運動処方の指針, 南江堂, 東京, 1993
P.78 掲載の参考文献

第7章 続発性高脂血症の治療

P.101 掲載の参考文献
P.102 掲載の参考文献
P.105 掲載の参考文献
P.106 掲載の参考文献
P.107 掲載の参考文献
P.109 掲載の参考文献

第8章 メタボリックシンドロームに伴う脂質異常症の治療

P.115 掲載の参考文献

第10章 脳卒中の脂質異常症の治療

P.122 掲載の参考文献
1) Imanura T et al : Stroke 40 : 382-388, 2009
P.123 掲載の参考文献
P.124 掲載の参考文献

第11章 高齢者の脂質異常症の治療

P.132 掲載の参考文献

第12章 女性の脂質異常症の治療

P.136 掲載の参考文献

第14章 各種疾患に伴う脂質異常症の治療

P.144 掲載の参考文献
P.146 掲載の参考文献
P.148 掲載の参考文献
1) Havel RJ : Pathogenesis, differentiation and management of hypertriglyceridemia. Adv Intern Med 15 : 117-154, 1969
P.149 掲載の参考文献
1) Schwartz GG, Olsson AG, Ezekowitz MD, Ganz P, Oliver MF, Waters D, Zeiher A, Chaitman BR, Leslie S, Stern T ; Myocardial Ischemia Reduction with Aggressive Cholesterol Lowering (MIRACL) Study Investigators : Effects of atorvastatin on early recurrent ischemic events in acute coronary syndromes : the MIRACL study : arandomized controlled trial : JAMA 285 : 1711-1718, 2001
P.151 掲載の参考文献
P.152 掲載の参考文献

第15章 脂質異常症治療薬の概説

P.155 掲載の参考文献
P.157 掲載の参考文献
P.160 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
P.164 掲載の参考文献
1) Niacin-Based Therapy for Dyslipidemia : Past Evidence and Future Advances. Mattew K Ito, Pharm D : The American Journal of Managed Care. 8 (NO.12) Supl, 2002
2) 日本動脈硬化学会編 : 動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療ガイド2008年版
P.165 掲載の参考文献
P.166 掲載の参考文献
P.168 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...