見えてきたグリニド

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2011-02-01
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784862700308
電子書籍版: 2011-02-01 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,700 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,350 円(税込)

商品紹介

本書は,新たなポジショニングが見出されつつあるグリニドの作用機序から多彩な作用・使い方まで,順天堂大学代謝内分泌学教室の先生方に解説いただきました。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 1. 日本人の2型糖尿病とグリニドの役割
  • 1) 日本人2型糖尿病のインスリン分泌動態
  • 2) グリニドの作用機序―膵β細胞への作用
  • 3) グリニドの血糖変動に対する効果―SU薬とどう違うのか!?
  • 2. グリニドの膵外作用とその評価
  • 1) 食後高脂血症に対する効果
  • 2) 動脈硬化に対する効果―血管内皮機能改善作用, IMT退縮作用
  • 3) 肝臓への作用
  • 4) 抗酸化作用
  • 3. 大規模臨床試験 NAVIGATOR
  • 4. グリニドの使い方
  • ・単独療法
  • ・併用療法
  • 1) αグルコシダーゼ阻害薬
  • 2) インスリン抵抗性改善薬 (ビグアナイド薬, チアゾリジン薬) との併用
  • 3) インクレチン薬との併用
  • 4) インスリン製剤との併用
  • 5) 高血圧症例 : ARBとの併用
  • 5. 低血糖・体重増加
  • 6. 禁忌・慎重投与
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1. 日本人の2型糖尿病とグリニドの役割

P.16 掲載の参考文献
2) 小坂樹徳:糖尿病におけるインスリン初期分泌反応. Diabetes Frontier 6:7-22, 1995
13) 清野裕:日本人糖尿病特徴とインスリン分泌異常. Medical Science Digest 30:248-250, 2004
14) 河盛隆造:薬物療法-αGIをどう使うか-. 治療 92:643-651, 2010
P.25 掲載の参考文献
2) 長嶋一昭, 清野 裕:糖尿病治療の進歩と新展開 新しい薬物療法. 糖尿病学の進歩2004, pp71-75
3) Ichikawa K et al:Study of the insulinotropic effect of the novel antihyperglycemic agent KAD-1229 using HIT T15 cells, a hamster's insulinoma cell line. Arzneimittelforschung 52:605-609, 2002
9) Mukai E et al:Metabolic inhibition impairs ATP-sensitive K+ channel block by sulfonylurea in pancreatic beta-cells. Am J Physiol 274:E38-44, 1998
P.31 掲載の参考文献

2. グリニドの膵外作用とその評価

P.35 掲載の参考文献
6) 三根智幸ほか:高脂肪食摂取による肝中性脂肪蓄積に対するナテグリニドの効果の検討. Prog Med 25:1125-1132, 2005
P.40 掲載の参考文献
P.45 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
2) Kashiwagi A et al:Endothelium-specific activation of NAD(P)H oxidase in aortas of exogenously hyperinsulinemic rats. Am J Physiol Endocrinol Metab 277:976-983, 1999
11) Li Y et al:Effect of short-term therapy with different insulin secretagogues on gltlcose metabolism, lipid parameters and oxidative stress in newly diagnosed Type 2 Diabetes Mellitus. Diabetes Res Clin Pract 88:42-47, 2010

3. 大規模臨床試験 NAVIGATOR

P.57 掲載の参考文献

4. グリニドの使い方

P.62 掲載の参考文献
2) 寺田央:2型糖尿病に対するナテグリニドの長期投与における二次無効および安全性についての検討. 臨床と研究 82:383-388, 2005
3) 田中俊一ほか:2型糖尿病患者に対する速効性・短時間作用型インスリン分泌促進剤ミチグリニドの長期投与試験. 薬理と治療 35:S-23-S-37, 2007
P.73 掲載の参考文献
1) Yulia H et al:Improved control of mealtime glucose excursions with coadministration of nateglinide and metformin. Diabetes Care 23:349-353, 2000
3) Marre M et al:Nateglinide improves glycemic control when added to metformin monotherapy:results of a randomized trial with type 2 diabetes patients. Diabetes Obes Metab 4:177-186, 2000
5) 菊池方利ほか:塩酸メトホルミン単独療法で血糖管理不十分な2型糖尿病患者に対するナテグリニドと塩酸メトホルミン併用の臨床効果-二重盲検群間比較法を用いた用量反応試験-. 臨床医薬 24(8):717-739, 2008
6) Julio R et al:Combination therapy with nateglinide and a thiazolidinedione improves glycemic control in type 2 diabetes. Diabetes Care 25:1529-1533, 2002
8) 菊池方利ほか:塩酸メトホルミン単独療法で血糖管理不十分な2型糖尿病患者に対するナテグリニドと塩酸メトホルミン併用の臨床効果-第II/III相二重盲検群間比較試験-. 臨床医薬 25(1):35-56, 2009
9) Ward AJ et al:Health and economic impact of combining metformin with nateglinide to achieve glycemic control:Comparison of the lifetime costs of complication in the U.K. Cost Eff Resour Alloc 2:2, 2004
P.79 掲載の参考文献
P.85 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献

5. 低血糖・体重増加

P.95 掲載の参考文献

6. 禁忌・慎重投与

P.102 掲載の参考文献
1) 池上孝雄, 近藤信雄:速効短時間型血糖降下薬ナテグリニド (ファスティック(R), スターシス(R)) の薬効薬理. 日薬理誌 116:171-181, 2000
2) 生島一真ほか:新規速効型インスリン分泌促進薬ミチグリニドカルシウム水和物 (グルファスト(R)錠) の薬理学的特徴および臨床試験成績. 日薬理誌 124:245-255, 2004
3) 能登谷洋子, 菊池方利:非スルホニル尿素系インスリン分泌促進薬の適応と使用法の実際. 診断と治療 91:144-148, 2003
5) 伊藤直人ほか:腎不全期糖尿病患者の血糖コントロールにおけるナテグリニドの使用経験. Diabetes Frontier 13:803-807, 2002
9) 瀧 宏登ほか:高齢者糖尿病に対する速効型食後血糖降下剤ナテグリニド (ファスティック(R), スターシス(R)) の有効性および安全性について. Geriat Med 44(3):405-408, 2006

最近チェックした商品履歴

Loading...