感染症まるごと この一冊

出版社: 南山堂
著者:
発行日: 2011-03-20
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784525231613
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,180 円(税込)

商品紹介

これから病棟に立つ医学生・研修医の方へ。将来何科に進んでも避けることができないのが感染症です。本書は臨床微生物や抗菌薬の知識のみならず,感染防御や感染患者との医療面接についても解説されている感染症臨床の入門書。グラム染色,重症感染症の写真も満載です。

目次

  • 感染症まるごと この一冊

    ―目次―

    第?章 感染管理の基本
     1.医療従事者のワクチン接種
     2.病院内での感染対策
     3.職業曝露予防

    第II章 臨床医学の基本
     1.医療面接と身体所見
     2.感染症で重要な病歴のとり方
     3.口頭での症例プレゼンテーション

    第III章 感染症診療の基本
     1.感染症診療のトライアングル
     2.感染症診療の思考プロセス
     3.培養・感受性検査の解釈の仕方

    第IV章 微生物の基本
     1.細菌の分類
     2.グラム陽性球菌
     3.グラム陽性桿菌
     4.グラム陰性菌
     5.嫌気性菌
     6.そのほかの重要な細菌

    第?章 抗菌薬の基本
     1.抗菌薬のイントロダクション
     2.ベータラクタム系抗菌薬
     3.グラム陽性菌のカバー薬
     4.アミノグリコシド系抗菌薬
     5.ニューキノロン系抗菌薬
     6.マクロライド系抗菌薬
     7.テトラサイクリン系抗菌薬
     8.そのほかの抗菌薬

    第VI章 重要な感染症へのアプローチ
     1.医療関連感染症のマネジメント
     2.市中感染のマネジメント

    第VII章 世界の標準的なワクチン
     1.日本でのワクチン接種
     2.諸外国でのワクチン接種状況
     3.ワクチンの基本知識

    第VIII章 チャレンジクイズとケーススタディ
     1.感染管理の基本について
     2.医療面接と身体所見について
     3.抗菌薬の各論クイズ
     4.感受性検査の結果の見方と最適治療への変更の仕方
     5.ケーススタディ

    おわりに 〜血液培養のエビデンス〜

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...